レイアウトプラン紹介 (準備中)
2018年09月21日 (5)

MicroAce A-6274 伊豆急2100系 5次車「アルファ・リゾート21」改造後 8両セット 入線

A-6274 伊豆急2100系 5次車「アルファ・リゾート21」改造後 8両セット毎週金曜日は入線の日 :-) 今日は,いったん集めようと思ったものの,過去に何度か (?) 立川駅に臨時列車として入線したことがあるだけで,撮影した訳でもないし,その後はまったく入線していないため,'過去に入線したことがある車両' に過ぎないので集めるのはやっぱりやめよう,と決めたはずだったこれ,MicroAce A-6274 伊豆急2100系 5次車「アルファ・リゾート21」改造後 8両セットです.
この伊豆急 2100系「アルファ・リゾート21」は,2012〜2014 の 3年間だけ,「リゾート踊り子」として,以下のように運転されたようです.

それ以降は残念ながら設定されていないようですね... と思ったらそうかこの車両は,2017年には "THE ROYAL EXPRESS" に改造されちゃって,今はもう存在しないんですね... そのうちまた立川駅に入線したら欲しくなるのは当然の成り行きで,いざ探したら (高くて) 手に入らず,地団駄を踏まなくて済むようにと思って買ったのですが,しまった,もう二度と撮影するチャンスはなかったのか (^_^;
ま,逆に言うと再生産や,ほかのメーカーから製品化されることもなさそうなので,今後は入手が難しくなる一方のような気はしますね.以前,ヤフオク!で探したときはプレミア価格だったのであきらめていたのですが,今回は送料込みでも定価より安く,以前買った同じくマイロエースの伊豆急 2100系 4次車「黒船電車」よりもだいぶ安い値段だったので,つい落札してしまいました.でも今後,'立川駅に過去に入線したことがある車両' を全部集めない限り (それはチャレンジすべき課題じゃないですね),要らなかったかも... もし今後,値上がりするような状況なら,そのうち売っちゃおうかな.幸いにもこの製品は,ユーザー取付パーツはいっさいなく,購入したこのままの状態で遊べますので,売っても特段不利にはならないでしょうし.



ここまでの支出額 ¥1,645,777
今回の買い物
  • A-6274 伊豆急2100系 5次車「アルファ・リゾート21」改造後 8両セット ¥23,300
posted at 00:00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
2018年09月20日 (4)

鉄道ピクトリアル 1992年12月号

鉄道ピクトリアル 1992年12月号 (第42巻第12号 通巻568号)南武線・青梅線が特集されている『鉄道ピクトリアル』2014年04月号と同時に注文 (ヤフオク!の落札) していたもう 1冊が届きました.こちらは,その 12年前にも今度は五日市線を含め特集していた 1992年12月号です.送料込みでも何せ数百円と安いですから,気軽に買うことが出来ます.発売されてから 20年以上,綺麗な状態を保って保管してくれていたこれまでの所有者に感謝したいですね.

ところで最近思うのは,こうして 20年前の本を何の問題もなく読めるのも,紙という物理的な存在だからこそではないかということ.例えば Kindle のデータを,20年後に何の問題もなく読めるでしょうか? 加えて,要らなくなっても売却することが (中古で買うことが) 出来ない電子書籍.本にしろ,鉄道模型にしろ,中古市場が形成されているからこそ買う・手に入る場合もあると思います.電子書籍ではそれが出来ません.
例えば私の場合,息子が中学生になってくらいから,実家にあった中高生時代に読んだ本を持って来て,かなりの数,息子に渡しました.そのうちの結構な数を読んでいるようです.売らないとしても,このように,保管さえしておけば次世代に簡単に渡せるのが書籍です.今私が買った電子書籍を 30年後に,息子もしくは孫世代に渡すことが出来るのでしょうか? 既にフロッピーディスク (しかももしかしたら 8インチ!) なんて読めないよ,という状況が起きているのと同様,今買う電子書籍は 20年もすれば読めなくなってしまうのではないでしょうか?
20年前にフロッピーに入れたデータを,新しいメディアが出るたびに移し替え続ければ今でも読めるのと同じように,常に新しい形式に変換し続ければよいかも知れませんが,単なるデータではない電子書籍の場合,事業者側の勝手な都合でそうしたことが出来ないことも多くありそうですし,そもそも,そんな作業をし続けるのは不可能です.一方,紙なら,保管にある程度気をつければ,これらのように 20年でも 30年経っても問題なく読めるのですから.

さて,肝心の中身は,既に読んでいた 2014/4 号と当然ながら重複する部分があり,そちらに知りたいことがほとんど載っていて既に読んだ内容も多く,数件,ピンポイントで役立ったのみでした.でも,その数件の情報によって,青梅線・南武線に走っていた 101系だとか 103系だとかの運行開始日・終了日といった具体的な日付が判明したりもしましたので,これも買って損はなかったと思います.2014/4 号含めもうちょっと整理しながら読んで,後ほど情報をまとめたいと思います.


今回の支出額 ¥244
今回の買い物
  • 鉄道ピクトリアル 1992年12月号 (第42巻第12号 通巻568号) ¥244
タグ:中央線
posted at 00:00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
2018年09月18日 (2)

鉄道ピクトリアル 2014年4月号

鉄道ピクトリアル 2014年4月号 (第61巻第4号 通巻888号)何かで特集が「JR南武線・青梅線」と知ったこれを買いました.クモハ40 を組み立て72・73系電車を買い,101系の中央線色南武線 (中央緩行線) 色を買って,40系以降の電車をひととおり集めたのではと思っています.それが検証したいと思い,青梅線・南武線に以前,どんな車両が走っていたかを知るためです.……って,中身を見ずに買っているので,載っているかは 'かけ' なのですが.

今と同じ,比較的薄い本ですが,中身は濃いので読み応えがありました.クモハ40・72/73系が青梅線・南武線で走っていたことが判り (細かなバリエーションがあり過ぎて,入手したものがプロトタイプとしたものが実際に走っていたかは判然としませんが),資料として買って正解でした.TOMIX 92067 の 72/73系を先走って買ってしまった訳ですが,これも昔の青梅線・南武線 (と中央線もかな) を再現するのに適切な車両だったことが裏付けられ,ほっとしました.
さて,旧型国電は,

車両種類青梅線南武線
17m 車クモハ11
モハ10
クハ16
20m 車クモハ41
クモハ60
モハ72
クモハ73
クモハ40
クハ55
クハ79
○1964/2時点,◎1969時点

といった多種多様の形式が使われていたようで,さらには形状も多岐に渡っていたようですから,とてもじゃないですけれど「集める」ことなんて目標にはしない方がよさそうです :-)
コンプリートはしないとして,どうやら,クモハ40 と 72・73形電車は相当の期間,併用されていたようですね.となると,クモハ40・72・73形を既に集めたということで,1960年代 (もっと前?) 以降の代表的な系列は揃えられたという感じでしょうか.

(101系や 103系含め) それぞれの形式がいつからいつまで走っていたかの正確な記録が記載されていないのが少し残念ですね.このころはごちゃ混ぜ過ぎて,それどころじゃなかったのかも知れませんが...


今回の支出額 ¥650
今回の買い物
  • 鉄道ピクトリアル 2014年4月号 (第61巻第4号 通巻888号) ¥650
posted at 00:00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
2018年09月17日 (1)

KATO 10-1428 115系1000番台 長野色 3両基本セット 入線

この 3連休は久々に何の予定もなく,ゆっくりと過ごせる週末となっています.昨日は,DD51 のディティールアップをした後,レイアウトルームを置いている嫁さん実家の庭の芝生に雑草が伸び放題だったので,草刈り機で雑草除去もして,綺麗になってこちらも満足.さて,一昨日に続いての入線です.今日が休みでよかった... 今日届いたのは,KATO 10-1428 115系1000番台 長野色 3両基本セットです.

中央東線列車用としては,現行の 211系 2000番台 長野色 (2代目長野色) と,過去に走っていた 115系 1000番台 横須賀色とを持っているので十分だなと思っていたのですが,保有車両のデータ整理をしていて,115系の長野色 (同) を持っていないことに改めて気付きました.歴史的には 115系 横須賀色→115系 長野色→211系 長野色ですから,中間が抜けてますね.115系の横須賀色を持っていなくて長野色を持っているのなら,古いのには興味ないぜ,と強がれるのですが,真ん中が抜けているのはまさに '間抜け'.これじゃ,115系 長野色が欲しくなってしまいます...

ホビーセンターカトーオンラインショップてな訳で,発売されてからまだ 1年半も経っていない KATO 10-1428 を探します.がっ,こんな製品なのにもう市場にほとんど残っていません(;´Д`) 自分が欲しいのを棚に上げてですが,何でこんなのが発売間もないのに残ってないの... ヤフオク!でも案外いいお値段になっています.うーむ.メインを張るような車両じゃないと思うんだけれどもねぇ... 何が人気なのでしょう?
さんざん探したら何と,'総本山' ことホビーセンターカトーのオンラインショップに 1セットだけ在庫がありました.もちろん定価で,送料もかかります.仕方ないのですがここから購入です.送料がかかって実質的に定価越えですか... とほほ.

それにしても,相変わらずホビーセンターカトーのオンラインショップのサイト作り,EC サイトとは到底思えないダメさですね.特に,詳細検索の画面がヒド過ぎます.

  • サイト全体が HTTPS になっておらず,検索画面は未だに HTTP です.なぜ HTTPS にしないのでしょう?
  • なぜ「品番」がふたつあるのでしょう?
  • "セット抱き合わせ"・"ジャンル区分名テスト" っていったい何なんですか? 株式会社ホビーセンターカトーは,開発環境と本番環境との区別すらしていないのでしょうか? あるいはこのサイト,外部からの攻撃によって改竄されているのでしょうか?

これ以外にも,注文をすると「注文内容のご案内」メール,「出荷手続きのご案内」メールがプロセスが進むにつれて送られて来るのはよいのですが,「出荷手続き」という割には荷物の追跡番号が記されていません."ゆうパック" とだけ記されていても,ほとんど何の意味も持たないのだけれど... 大丈夫なのかな,この会社.
……と思っていたら,前回は来なかったメールが日本郵便から来ました."このお知らせは、ご依頼主様からのお申込みにより送付しています。" だそうです.そこにはきちんとお届け予定日時・追跡番号が記されていました.ホビーセンターカトーからの「出荷手続きのご案内」メールが送られてから半日くらい経ってからでしたけれどね.これならまぁ許せますね.

さて,そんなこんなで届いた 10-1428.最近の製品,かつ,リニューアル品だけあっていい出来です.カプラーは KATO カプラー密連形 #2 新性能電車用で,実感的です.細かいところまできちんと再現されていますね.パンタグラフの避雷器や信号炎管が最初から取り付けられているのはうれしいポイントです.ユーザー取付部品はジャンパ栓のみ.ホースありとなしとを選ぶことが出来ます.せっかくなので,ここは当然ホースありを選択です.がこれも塗り分けられていないので,つや消し黒でホース部分を塗装しました.10-1389 の 165系のときはジャンパ栓がきちんとはまらず,ピンバイスで穴を広げましたが,今回はそうした問題は起きませんでした.
この製品は方向幕も印刷済み.「長野」です.ん〜でもなぁ,立川駅だから... 面倒なのでいつもは方向幕は貼らないのですが,方向幕なしと,違うものが印刷済みなのはちょっと違うのと,今回は 3両編成で貼るか所も少ないので,「松本」を貼りました.まぁまぁの出来映えかな.

走行もまったく問題ありません.スムースに低速から走ってくれます.やっぱり,新品は気持ちがいいですね :-)

どうせ買うなら,1年前の発売直後に買っとけば ¥3,000〜4,000 安く買えたのに... とは思いますが,諦めるしかないでしょう.プレミア価格で買わずに済んだだけラッキーと思うことにします.


先週,E233系 0番台の台車を分解清掃をしたら,大量のホコリが出て来たので今日は,同じくらい走らせている E233系 8000番台も分解清掃してみました.が,思ったより汚れは少なく,綺麗な状態でした.……とは見えたものの,レールに戻していつものように自動運転ユニットで単純往復の運転をしてみたら,停止位置がかなり延びました.それだけ,スムースに走るようになったという訳です.やっぱり,年に 1回くらいは分解清掃した方がよさそうですね.
その分解清掃をしたときに少しこぼしてしまったこともあって,無水エタノールがそろそろなくなりそうなので,追加で買っておきました.むむ,1年前に買ったときより少し高くなってるぞ...
それと,ホロの在庫もなくなっていたので追加.これ,送料無料で安定的に買えないのがちょっと残念なところです.そこで今度は多めに 3セット,60個買っておきました.これで全部で 100個.そんなに使うのかな...
(と思っていた 1年前に買ったときにも思っていたのが使い尽くしたので)


昼過ぎ,嫁さん実家から帰って来るときに E353系が試運転しているのをみかけました.乗務員の習熟訓練でしょうか.E257系のライナーからの撤退は近そうですね.


ここまでの支出額 ¥1,622,477
今回の買い物
  • KATO 10-1428 115系1000番台 長野色 3両基本セット ¥12,580
  • 無水エタノールP 500ml ¥1,280
  • KATO Z05-0808' ホロ (灰) 20入 ¥472×3
     
posted at 00:00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
2018年09月16日 (7)

DD51 ディティールアップ

TOMIX 2213 国鉄 DD51 800形 ディーゼル 機関車
TOMIX 2213 国鉄 DD51 800形 ディーゼル 機関車

DD51 のナンバープレート作成用に朱色 4号の塗料を買って思い出しました.これまでに買っている TOMIX 2213MicroAce A8521 のそれぞれの DD51 800番台,いずれも車端部の手すりに付いているジャンパ栓受け?近辺が真っ白で,実車と違うんですよね...
そのうち,きちんと塗り分けられている KATO 7008-6 の Assy パーツを使うなどして改造しようと思っていたのですが,メーカーが違うため,当然パーツ構成も違い,ポン付けが出来ないのでどうしようかと思っていました.

今回,朱色 4号の塗料を買いましたから... 出来映えは今ひとつになるかも知れませんが,塗った方が早いだろうとということで,早速チャレンジ.


1枚目の画像が TOMIX 2213 のオリジナルの状態です.このように,手すり・ジャンパ栓受けがすべて白で表現されています.ここに,F MODELS FARBE #20 の朱色 4号を筆塗りします.

2枚目の画像が手すり部のジャンパ栓受けを朱色 4号で筆塗りしたもの.マスキングもほとんど出来ない場所ですし,非常に細かな部分ですから,おおざっぱにしか塗れていませんが,まぁ,雰囲気は出たんじゃないかと思います :-)

TOMIX 2213 国鉄 DD51 800形 ディーゼル 機関車・MicroAce A8521 DD51-1805 佐倉 ラストナンバーTOMIX 2213 のディティールアップがうまく行きましたので,続けて MicroAce A8521 も.2台並べてのショットです.ま,こんなもんでいいんじゃないですかね.遠くから見れば (走っていれば) 細かい塗り分けなんて見えませんし...

それにしても,TOMIX とマイクロエースとでだいぶ色が違いますね... TOMIX と KATO はほぼ同じです.F MODELS の塗料も TOMIX と同じ色合い.実車もこちらの方が近いと思います.

   
タグ:車両 DD51
posted at 00:00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
2018年09月15日 (6)

鉄道ダイヤ情報 2018年10月号

鉄道ダイヤ情報 2018年10月号 文句を言いつつも結局毎号回続けている『鉄道ダイヤ情報』.10月号が届きました.今号は,特集が京阪電車ということで,私にはまったく興味のない内容で残念でしたが (でもこればかりは仕方ありません),ダイヤ情報自体にはいくつか気にすべきものが掲載されていました.
まずはマヤ検ですね.ついに立川駅にマヤ50-5001 を連結した East i-E が入線します.常識的な時間に撮影出来るチャンスは 2回.こりゃ,行かないとですね... あとは始発時間帯に 1回.クルマで行きゃ,構内には入れますが,さぁて...
それと,189系 N102 編成が「かいじ 188号」として明るい時間帯に立川駅に上り電車として来ます.今後,N102 編成を撮影するチャンスは少なくなって行くでしょうから,これも押さえておきたいかな.3番線での N102 編成は既に撮影済みですが,夜間のためいまいちな写りなので,明るい時間に撮りたい.
それと珍しく,E655 系の運転予定が載っています.って,これ以外にも色々走ると思うけど.

もうひとつ気付いたのは,修学旅行臨が大宮の 185系から松本の E257系になっていること.E353系の投入により余剰となった E257系が波動輸送用に移され,185系は廃車が進むってことですね.


今回の支出額 ¥895
今回の買い物
  • 鉄道ダイヤ情報 2018年10月号 ¥895
タグ:鉄道 撮り鉄
posted at 00:00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
2018年09月14日 (5)

TOMIX 92067 国鉄72・73形通勤電車 4両基本セット 入線

TOMIX 92067 国鉄72・73形通勤電車 4両基本セット毎週金曜日は '入線の日'.今週はこんなものを買ってしまいました... TOMIX 92067 国鉄72・73形通勤電車 4両基本セットです.
青梅鉄道公園に静態保存されているクモハ40054を再現するためにリトルジャパンモデルスのキットを 7月に組み立てました.さらには,中央線色の 101系南武線色の 101系も買ってしまったので,この 72系を買えば,40系以降の電車がすべて揃うかなぁ,と...

HG 仕様のようで,旧型国電なのに :-) カプラーはボディマウントの TN カプラーでした.ホロもあります.こりゃすげぇ.でもさすが TOMIX,車番はインレタ対応です.2006年製造の製品らしく,インレタは未使用でしたがかなり劣化していて,少し触ると文字がぽろぽろと落ちる始末... 何とか,4両ともインレタを貼付することが出来ました.車番はもうどうでもいいやってことで,適当に,貼れるものを貼りました.
これ以外にも,台車に付ける排障器,カプラーに付けるステップが別付けパーツとなっていて,いずれも細かな作業でちょいとばかり難儀しました.
(今まで,ステップなんて別付けパーツかどうかにかかわらず,再現されていた製品なんてなかったと思うのだけれど... 何でこんな (苦笑) 旧国に限って再現しているのだろう?)

そんなこんなで,わずか 4両編成ですが相当に整備に時間がかかり,やっとこさ入線.走りは問題ありませんでした.ほっ.
前照灯も,若干光量が足らないかなとは感じますが,屋根上に飛び出たこんな形状にもかかわらず,きちんと点灯することに驚きです.


あ,今気付きましたけれど,クモハ40もトレーラー車としては機能するはずですし,たまたまですが TN カプラーを装備していますから,この 4両編成と併結 (4両編成の中に連結) して走らせてみるのもよいのでした.今度やってみよう.

それにしても,お盆休み中の 5編成・18両に続く 4週連続の 5編成・27両の '入線'.いくら何でもちょいとお金使い過ぎかもな.セーブしたいところですが... さて.


ここまでの支出額 ¥1,607,201
今回の買い物
  • TOMIX 92067 国鉄72・73形通勤電車 4両基本セット ¥8,850
タグ:車両 72系
posted at 00:00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
2018年09月13日 (4)

TOMIX レイアウト関連製品中長期使用レポート

レイアウト構築・作成にあたって必須ではないのだけれど,何となく買って使ってみたいなと思って買ってしまった製品がいくつかあります.それぞれの購入時には記事を書いていますが,実際にある程度以上の期間使い続けた後の感想はこれまでほとんど書いていませんでした.レイアウトを作成し始めてから 2年半近く.これまで買って来たそれらの 6製品について,簡単にまとめてみました.一番最近買った N-S2-CL でも 5か月使っての感想です.
これらの製品を買うべきか買わざるべきかの判断材料とするため,ネットでの評判・評価をあらかじめ調べたいと思っている人も多いでしょうから,そうした人たちが口コミ・レポートを期待して検索したときにこの記事がヒットしたらいいなぁと思います.

パワーユニットはほかにも N-1001-CL,N-600 を持っていますが,これらはスタンダード品なので特にレポートする必要もないかと思うので,割愛します.また,TOMIX のレールシステムと混在使用出来る KATO 製品もあるとは思いますが,今のところは (車両以外は) すべて TOMIX 製品ばかりですね.

メーカー 品番 品名
(購入時記事にリンク)
定価/
購入価格
コスト
パフォーマンス
実用性 使用頻度 満足度 総評
TOMIX 5521 TCS パワー & サウンドユニット N-S2-CL ¥138,240
¥95,210
(中古で購入)
★☆☆☆☆ ★★☆☆☆ ★★★★★ ★★★★☆ 何しろレイアウトに栄えるし,慣れると操作もあまり面倒とは感じなくなるし,使用感は抜群.しかし値段が高過ぎるし,設置の自由度が乏しくなる馬鹿デカさだけは「×」.また,故障なのか,鉄橋・フランジ音が相対的に小さいので満足度を★ひとつ減点.修理受付も終わっており,故障した場合の修理には安くないものだけに大いに不安.電源は内蔵とすべき.
TOMIX 5529 TCS ハイパワーポイント電源 N ¥5,184
¥3,850
★★☆☆☆ ★★★★★ ★★★★★ ★★★★☆ こんな装置が外付けで必要ないようにするのが本筋ではあるが,転轍不良がほとんど起きなくなる効果は絶大.また,パワーユニットとポイントコントロールボックスとを独立して配置出来るようになり,設置の自由度が高まる点は「◎」.電源は内蔵とすべき.
TOMIX 5563 TCS 自動運転ユニット N ¥10,584
¥7,615
★★★★☆ ★★★★☆ ★★★☆☆ ★★★☆☆ 運転パターンに自由度がないのが最大の欠点だが,単純な (プリセットされている) パターンであれば自動化出来,一度セッティングしてしまえばメンテナンスフリーとなり,威力を発揮.電源は内蔵とすべき.また,いい加減そろそろリニューアルして機能強化すべきでは?
※これ以外にもセンサーが複数必要
TOMIX 6415 マルチ車輪クリーニング PC レール (F) ¥4,536
¥4,098
★☆☆☆☆ ★☆☆☆☆ ★☆☆☆☆ ★☆☆☆☆ 効果がないとは言わないが,車輪の汚れがひどくなると,結局,車両を分解して清掃する必要があるし,レイアウトの中ですべての車両が通過する位置に設置しないと,ここに車両を通すこと自体が面倒ゆえ,実用性としては「?」.ヤードを持ち,車両の出し入れは必ずヤードを通すようなレイアウトには好適?
TOMIX 6425 マルチレールクリーニングカー (青) ¥5,400
¥3,436
☆☆☆☆☆ ★☆☆☆☆ ★☆☆☆☆(故障しないのなら★3つ) ☆☆☆☆☆ これで掃除するにはすべての車両をレイアウトから引き上げておき,すべてのレールにポイント・パワーユニットを切り替えながら順次走らせる必要がある.これが思った以上に手間で,結局,手作業の方が早い & 確実... 手作業なら,経路上の車両をちょっとだけどかせば清掃出来るし,極端には,車両を走らせたままにしてもタイミングを見計らって清掃することも出来る.
また,湿式・乾式モードではポイントやリレーラーレールを通過出来ないため,実質的に吸引専用.掃除機の方が早い & 確実... せめて,トンネルの中のレール清掃用に使いたかったのだが...
私のように 'ハズレ' を引くと故障ばかりしていてまったく役立たない.私にとっての「TOMIX 買ってはいけない製品」ダントツナンバーワン.
TOMIX 6923 鉄道模型レイアウター F 2013 ¥3,024
¥2,345
★★★★★ ★★★★☆ ★☆☆☆☆
(レイアウト作成前は★4つ)
★★★☆☆ レールシステムで TOMIX を選んだのもこの製品の存在が一因.レイアウトプラン確定後はほとんど使わなくなったが,プランニング時には必須と言える.価格は安くとてもよいが,Windows ソフトとしてはあり得ない,訳の判らないユーザーインターフェースは「×」256個.ただし,2013年 (?) の発売以来一切のアップデートがなく,以降発売のレール類に非対応なまま放置されているのはあり得ない.2年前に購入・使用したときは満足出来たが,このままだと今後,満足度はどんどん低下するでしょう.現に,私が買ってから既に 2年以上が経過していますので,現時点で既にお薦め出来なくなっているかも知れませんね.

むむ,レビューはどうしても厳しめになると思いますが,買って・使って満足している製品はあまりないってことですね... ほぼ同じレイアウトをもう一度構築するとして,そのときも買うか? という観点では,TCS ハイパワーポイント電源 N・TCS 自動運転ユニット N のふたつだけかも知れません.予算が許せばもちろん TCS パワー & サウンドユニット N-S2-CL も.マルチ車輪クリーニング PC レール (F)・マルチレールクリーニングカー (青) は不要ですね...

         
posted at 00:00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
2018年09月09日 (7)

DD51 888 完成!

[★ ] 半年くらい前に買った KATO 7008-6 の DD51 800番台中学生のころに 2回撮影した DD51-888 を再現しかったのですが,付属のナンバープレートには残念ながら 808号機はなし.そこで,DD51 808 を収録しているくろま屋のインレタを購入したのですが,DD51 のボディカラーの朱色 4号の塗料の持ち合わせがなく,側面のプレートは作れないでいました.

朱色 4号の塗料は何社からか出ていますが,F MODELS のものが一番再現性がよいという噂.手に入れようと思ったのですが,簡単に入手出来る店がなく,1か月以上そのままになっていました.
先日,F MODELS の塗料を売っている楽天市場の店で,たまたまほかの (鉄道模型とは関係ない) 買い物をすることになり,ついでに購入することが出来ました.とはいえ,送料無料まであと ¥200 くらい足らず,どうせだからとふたつ買ってしまいました.今思えば,同じ朱色 4号をふたつ買うのではなく,何か別の色とか,別のパーツを買っておけばよかったな... このままじゃ,朱色 4号は一生かかっても使い切れそうにないです (^_^;

で,インレタが届いてから 1か月以上経ってしまいましたが,やっと施工しました.まずは,KATO 7008-6 に付属しているほかの番号のプレートを #2000 のやすりで削って,車番を消します.そこにサフを吹いてから FMODELS の朱色 4号を筆塗り.そのままだと筆塗りゆえ凸凹なので,乾いてから再度 #2000 のペーパーで軽く削って表面を整えてから,いよいよインレタを貼付.今回はうまくいきました.その上からクリアを軽く吹いて完了です.
早速取り付けましたが... 取り付けるときにボディに押し込んだ際に,文字が書けちゃいました(;´Д`) せっかく,転写まではうまく行ったのになぁ... あまりにも繊細過ぎてこりゃ,手に負えませんな... "888" は読み取れるのでまぁいいか.でも,銀河モデルからパーツが発売されれば,それを買って装着した方がよさそうです.

とまぁかなり難アリな出来ではありますが,30年以上前に千葉で,そして昨年,高崎で撮影した DD51 888 を再現出来たのでよしとします.


ここまでの支出額 ¥1,598,351
今回の買い物
  • F MODELS FARBE #20 朱色4号 ¥224×2
posted at 00:00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
2018年09月08日 (6)

レール掃除は何がいい?

今日はレイアウトルームで,みっちりとレール掃除をしたり,以下に書くように 1編成 6両の台車の分解清掃をするなどして 3時間ほど過ごしました.このメンテをしていて思い出したこと.それは,Nゲージを始めて始めて知って,びっくりしたいくつかのことです.大小たくさんありますが,決定的なものをいくつか挙げると...

  1. Nゲージ製品 (特に車両) は 1ロットしか生産しないものが多い.カタログに載っていても,売っていないものがかなりある.発売前に予約するか,発売直後に買わないとすぐに売り切れ,何年後になるか判らない '再生産' を待たねばならない
    (その分,鉄道模型販売店・今だとネットオークションでの中古市場がかなり発達しているので,新品にこだわらなければ,欲しいものは概ね買える)
  2. レールに車両を載せるのには専用の治具 (リレーラー) が必要で,結構面倒くさい.加えて,正面衝突させたりしなくともポイント・カーブなどで容易に脱線するので,レイアウトプラン作成時には,急カーブを作らないなど,慎重に検討する必要がある
  3. レールや車両の車輪はかなり短い時間で '汚れる'.従って,頻繁にメンテナンス (清掃) が必要.レール・車輪が少しでも汚れていると,灯火類がちらつく
  4. 信号機など,特定の機器をレイアウト上に後から追加して接続したい場合,TOMIX であれば S70,KATO なら 123mm の直線線路とセットになっているため,該当する直線レールの位置にしか接続出来ない.このため,例えば信号機を将来接続したいのであれば,これをあらかじめ見込んで当該位置には 70mm なり 123mm なりの直線レールを入れておかなければならない
  5. ひとつの車両を制御するにはひとつのパワーユニット (パワーパック) が必要である.電流を流すひとつの区間には,ひとつの車両しか走らせることが出来ない.例えばぐるぐると回る周回路には,同時にひとつの車両しか走らせることが出来ない.すれ違いを実現するためには,レールを電気的に完全に分離し (ポイントで繋がっているのは可),複数の電気的な区間を設け,それぞれの区間ごとに別のパワーユニットが必要である.よって,私のように「中央線」「南武線」「青梅線」を同時に動かしたいのであれば,電気的に区切られた 3つの区間と,3台のパワーユニットが必要となる
  6. 'カタログ' はタダでもらえるものではなく,買うものである

といったあたりでしょうか.この中で,1./5./6. はいったん知ればあとは慣れるだけというか,この世界のルールに従うだけなので尾は引きません.特に 5./6. はカネさえ出せば解決出来ますし... (あ,1. もカネですかね)
4. は私の場合,気付くのが遅くなったため,ひととおりレールは組み上げ,かなりの部分固定も終わった後に信号機や自動運転のためのセンサーを付けようとしたので,一部,大がかりな改修になったり,思ったところに機器を付けられない状態となってしまいました.でもなぁ,"Nゲージを始める前に" これを判っておけ,というのはかなり無理があるような?


さて,ある意味一番大きな想定外は 3. でした.私の場合,レイアウトで遊べるのは週末のせいぜい数時間,長期休暇時を除けば 1か月に 1,2回程度はまるまる 1日遊ぶ時間があるかな,くらいです.となると例えば,土曜日に自宅とは別の嫁さん実家に作ったレイアウトルームに行って,まずやるのはレール磨き.で,1時間くらいかけて,中央線周回・青梅線周回・南武線単純往復のレールを磨いて,2時間遊んで終わり,次の日の日曜日はレイアウトルームには行けず,という状態です.ヘタをすると土日の 2日間に 3時間遊ぶのに 1時間レール磨き,という状態になる訳で,毎週毎週レール磨きばかりしていて,走らせる時間なんてほとんどないのか... もしかして,かなりヤバい趣味を始めてしまったのか? と愕然としたのでした.が,これも,今から書く「レール磨きをどうするか?」でだいぶ違うようで,今でもレール・車輪掃除が重要なことには変わりありませんが,やり方によってはだいぶ楽になった気がします.

無水エタノール

Nゲージのレール掃除の様子結論から言うと,今使っているのは無水エタノールです.これを使い始めてから,レール磨きが必須な頻度はかなり落ちました.もちろん,1週間あるいは 2週間ぶりに走らせるときに掃除した方がよいのは当然なのですが,しなくてもそこそこには走ります.さすがに,1か月・2か月放置しているとかなり動きが怪しくなる場所が発生します.
拭き道具としては,キムワイプを当初は使っていましたが,これはホコリは出ないものの,無水エタノールなどの溶液に浸してレールを磨くと,すぐに破れてしまいます.濡らした状態での耐久性はあまりありませんね.このため今では,使い古しのシャツを適宜の大きさに切って,無水エタノールを染み込ませ,レイアウトボードを作ったときに出た端材に巻き付けてレールを磨いています.これだと,磨く部分を変えつつ,ぼろ布をしばらく使うことが出来ます.
この方法に変えてからは,メンテナンスしていない状態だと緑青のような,黒っぽいというか緑っぽいというかの色の汚れが相変わらず生じて,レールを掃除するとぼろ布に付着しますが,多少汚れていてもそれなりに走行出来る (室内灯等がちらつかない) ようになりました.
無水エタノールは Amazon.co.jp で買っています.昨年夏に 500ml 入りのびん (¥927) を買ってから 1年以上経ちましたが,まだ何分の 1かは残っています.集電の悪くなった台車を,別の容器に入れた無水エタノールの中に台車ごとしばらく沈めた後取り出して布で磨いて汚れを取る,といった使い方もしています.このように,特に節約を意識しないで週に 1,2回のペースで使っても 1年以上使えて,¥1,000 しないというのはコストパフォーマンス的にも問題ありませんね.

ZIPPO オイル

無水エタノールの前は,TOMIX/KATO が出しているレールクリーナーと成分が実はあまり変わらないという話を聞きましたので,ZIPPO オイルを使っていました.これも確かに汚れは取れますし,可燃性なので気を遣うという点以外は,無水エタノールに較べてデメリットも特になかったと思います.何せ,喫煙者の皆さまのおかげで,コンビニでも買えて入手が容易なのは魅力ですね.2年前,レイアウトを作り始めてしばらくして買ったときは 355ml で ¥627 でした.無水エタノールに切り替えるまでの 1年くらい使っていましたが,やはりかなり残っていましたので,コストパフォーマンス的にはこちらも問題ありませんでした.
無水エタノールに切り替えて以降,使わなくなった残りは,庭の雑草を燃やすのに使い切りました :-)

塗料うすめ液

その前は,塗料のうすめ液を使っていました.要するにシンナーですね.これは,部屋が臭くなるし,綺麗になったように見えてもべたつくのか,車輪にあっという間に汚れがこびりついているという経験をしたので,使うのをやめました.このころは,毎週掃除をしないと全然動かない状態が起きていたと思います.シンナーを使ってはいけないということですね... キムワイプに染み込ませてレールを拭くと,無水エタノール同様に,いい感じに汚れが取れるように見えるのは同じなのですが...
尤も,上記の,あっという間に汚れがこびりついた経験というのは,うすめ液は関係なくて,バラストを撒いた後に半乾きだったボンド水溶液の上に車両を走行させたためという気もしますが.

#2000 紙やすり

その前,一番初めは,#2000 の耐水ペーパーを使っていました.ってこれ,一番やってはいけないことらしいです (^_^; まず,#2000 とはいえ,均質に磨くことが出来ず,凸凹になってしまうからでしょうね.また,基本的に,シンナーや ZIPPO オイル,無水エタノールがレールの汚れを溶かして取り除くだけで,レール素材の洋白を削らないのに対し,やすりは汚れだけではなくレールそのものも削ってしまう可能性が高いからですね.やってはいけません... はい.
ちなみに,#2000 のペーパーで磨くと,汚れがあるときは非常に黒い色になり,手応えもあります.汚れが取れるとレール本来の色の汚れになり (ってそれはレールが削れてるってこと...),手応えもなくなります.でもずっと続けていたらレールが目に見えて摩耗するでしょうねぇ...

純正レールクリーナー

メーカー純正のレールクリーナーももちろん TOMIX/KATO それぞれから出ていて,TOMIX 6415 マルチ車輪クリーニングPCレール (F) を買ったときに,TOMIX の純正クリーナー 6402 レールクリーナーも合わせて買いました.このレールクリーナーはランニングコストが悪いので,マルチ車輪クリーニング PC レール専用としていて,ふだんのレール磨きには使っていません.


以下がこれまでに使ってきた溶液と,KATO/TOMIX 純正のレールクリーナーのお値段.

品名 容量 価格 価格
(1ml あたり)
無水エタノール 500ml ¥927 ¥1.85
ZIPPO オイル 355ml ¥627 ¥1.77
TOMIX 6402 レールクリーナー 50ml ¥504 ¥10.08
KATO 24-020 ユニクリーナー 60ml ¥850 ¥14.17

純正品は無水エタノールの 5〜8倍もするんですね...


今日は,立川駅 2番線 (私が作っている '縮小立川駅レイアウト' の,です) に停めっぱなしだった E233系 0番台 H編成を久しぶりに走らせたら,やけにぎくしゃく運転だったのと,室内灯のちらつきもひどかったので,全 6両の台車を徹底的に掃除しました.初めて動力車の台車も全部分解しました.ホコリをかなり巻き込んでいました.こりゃ,ぎくしゃく運転にもなりますね... 1時間近くかかった気もしますが,おかげで,スムースに走行するようになりました.あれほどに汚れていることが判ってしまうと,ほかの車両も分解清掃したいけれど,1日かけても終わらないだろうしなぁ...

         
posted at 00:00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
Amazon.co.jpアソシエイト