レイアウトプラン紹介 (準備中)
2017年12月10日 (7)

軍畑鉄橋塗装など

軍畑鉄橋 (奥沢橋梁) Nゲージレイアウト (ジオラマ)最近,軍畑橋梁を模した鉄橋や,その下を流れる川,高度を稼ぐためのループ線を擁する青梅線周回の山岳セクションへ継続的に手を入れています.
この土日は,先週,鉄製の橋脚を調達して仮設置した軍畑鉄橋 (奥沢橋梁) を塗装し,周囲の地盤も塗装・ターフの散布をしました.また,青梅寄りのコンクリート橋脚の部分には,現実世界にあるコンクリート製の擁壁を再現すべく,津川洋行製のデザインペーパー 'ブロック擁壁' を使って作ってみました.
鉄道模型以前にやっていた趣味の中で数年前に手に入れたあるお宝商品を,今年の春にヤフオク!に出品したところ,購入価格の 25倍もの価格で落札され,'あぶく銭' を手にしました.このあぶく銭を元手に,このところ,車両の収集ばかりやっていたので,本格的なレイアウト作成は久々な気がします.いやぁ,走らせるよりもこうやってレイアウトを作っている方が楽しいですね.

まずは鉄橋の塗装です.一応サフを吹いて乾かしてから,タミヤカラーの TS-18 メタリックレッドで塗装.現実の奥沢橋梁を再現するためにはどんな色がいいのかなと思いましたが,おぉ,結構いい感じで再現出来た気がします (もうちょっと明るい赤でもよかったのでしょうね).あ... 手すり部分は別の色 (実際に合わせてエメラルドグリーン?) にしようと思っていたのに,ついそのまま全部同じ色で塗装してしまいました.とほほ.この上から緑を塗るとどうなるのかな... 比較用として,先週も載せた,今年の夏に撮影した画像を再度載せておきます.

青梅線 軍畑鉄橋 (奥沢橋梁)
奥多摩寄り
青梅線 軍畑鉄橋 (奥沢橋梁)
青梅寄り

なお,鉄製橋脚と鉄橋は接着する予定はなく,単に橋脚が鉄橋を支えているだけです.接着しなくとも,鉄橋を車両を通過したときに沈み込まないよう支えますので,見た目だけでなく実用的な橋脚にもなっています.

次は擁壁です.津川洋行のこの製品は,軟らかい素材なので加工がし易くて便利です.あ... 下側の大きな方の擁壁の,排水管の位置を間違えちまいました.どうせ,目を凝らして見ないと判りませんから,まぁいいか...
さらに地面を絵の具で塗って,その上にターフを撒きます.プラスタークロス・石膏を使った部分はすぐに絵の具が吸収されてしまって,ボンド水を使わないとターフを接着出来ません.スタイロフォームの上に直接絵の具を塗った部分は,スタイロフォームが水を弾くためしばらく濡れたままです.このため,絵の具を塗ったすぐ後にターフを撒けば,絵の具が乾くと同時に接着されるので面倒なくターフを固定出来ます.ターフを撒かなかった部分は,コースターフやフォーリッジクラスターで緑化しようかと思います.
山岳セクションの背景でもあり,反対側の立川駅方向から見たときにはビル群の遠景ともする目隠しをこんな感じで発泡スチレンボード素板で立てようと思っているので,冒頭の写真は仮置きして撮影しました.
最後に,冒頭の画像には写っていませんが,KATO の水底カラー ダークグリーン・モスグリーンを使って,鉄橋の下を流れる川 (下溝川) の川底などを塗装.水素材を入れてしまうと,以降,掃除が大変そうなので,しばらくはこのままとしておきます.この水底カラー,118ml 入りなんですが,1/10 も使いませんでした (^_^; 水底カラー 1瓶の定価は ¥1,000 ですが,せめて半分の 60ml くらいの量を半額で売ってくれるといいな... もちろん,大規模に海や池を作る場合はたくさん使うでしょうけれども.


ここまでの支出額 ¥1,144,371
今回の買い物
  • TAMIYA TS-18 TAMIYA COLOR メタリックレッド ¥488
  • 津川洋行 NDP24 Nゲージ ブロック擁壁150 (グレー) 2枚入 ¥430×2
     
タグ:レイアウト
posted by tachikawa at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
2017年12月08日 (5)

E655系「和 (なごみ)」・特別車両に室内灯取り付け

KATO 10-1123 E655系 なごみ (和) 5両セット・KATO 4935-1 特別車両・KATO 4930 クロ E654-101 (お召し列車仕様)・KATO 4934 クモロ E654-101 (お召し列車仕様)・KATO 11-213 LED 室内灯 クリア 電球色 6両分入毎週金曜日は入線の日.……なんですが,立川駅を発着する定期旅客列車・臨時列車に使われる電車・客車はひととおり集めることが出来ました (ただし,少なくともここ数年の間に実績のあるもののみ) ので,本日は特に入線車両はない状況です.その代わりにと言っては何ですが,室内灯配備を.

夏から秋にかけて,E655系「和 (なごみ)」特別車両を購入しましたが,作りのよさから,室内灯も是非装備したいと思っていました.そこで今回,楽天のスーパーセールというやつでポイント付与率が高まっている & さらに高めるためもあって,KATO の純正室内灯の 11-213 電球色タイプの 6両分セットを購入.Amazon.co.jp の方が表面的なお値段は安いのですが,楽天で今回買った場合,実質的にはそこから 13% 引きくらいになるため,こちらの方がかなり安くなります.
早速,E655系 5両+特別車両の計 6両に組み込みました.

「和 (なごみ)」「特別車両」ともに,ボディ側の室内パーツに導光板を押さえるための出っ張りがあり,嵌合性はばっちりです.けれど,なぜかちょいと時間がかかってしまいました.室内パーツと床下パーツとかがすぐに外れてしまい,何度も何度も組み立てるはめに...
もちろん,それでも室内灯を自作するより圧倒的に早く組み立て完了しましたが.

やっぱり,純正室内灯だと光量が今ひとつ足らないのですが,綺麗に収まってますのでよしとしましょうか...


ここまでの支出額 ¥1,143,023
今回の買い物
  • KATO 11-213 LED 室内灯 クリア 電球色 6両分入 ¥2,928
posted by tachikawa at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
2017年12月07日 (4)

『標識と信号で広がる鉄の世界 - 線路と運転のルールがわかる本 -』

標識と信号で広がる鉄の世界 - 線路と運転のルールがわかる本 -レイアウト作成の参考書としてこんな本を買いました. 私がレイアウトを作成する前に,立川駅の配線を調べ始めたとき,参考にするために買った『配線略図で広がる鉄の世界』という書籍と同じ著者の本です.この本の存在はその本を買ったときに知ったのだと思いますが,配線の方は 2版も出ていて,旧版はお安く買えた一方,こちらは ¥4,000 を超えるアホみたいなマーケットプレイス商品しかなく,入手を諦めていました.私が住む公立図書館にも備えられておらず,勤務先がある自治体の図書館にあることをやっと確認.市内在勤者であれば使えるのですが,行くのは面倒だなぁ,と,お目にかかれないでずっといました.

ところが先日,Amazon.co.jp の欲しいものリストに入れているこれを何気なく見てみたら,いつの間にか,定価±αでたくさんマーケットプレイス商品が出ているではないですか!! いつ登録されたんだろう... というか,ほんの 1,2か月前までは 1冊か 2冊しかプレミア価格で出ていなかったのに,何で一挙に 5冊も 6冊も出品されているのか,不可解です...
そんなことはともかく,定価より少し安いお値段で買えるのですから,即断.すぐに届きました.いやぁ〜,入手まで長かった... (`・ω・´)


早速斜め読み & 飛ばし読み.私が知りたかったことがかなり書いてあります.私のレイアウトには,線路脇の標識類は信号をいくつか付けた以外はまだ設置していませんが,今後,標識類を設置していくときには必要になる知識が満載です.
ただ,惜しむらくは,もう少し堅い感じでもよかったかなと.すべて?の標識類を写真で紹介しているのはよいのですが,かえってそれが判りづらいページもあります.写真もカラーではないので,「点灯状態」「消灯状態」と言われてもピンとこない写真も... また,たくさんの標識が一度に写っている場合,どれのことを解説しているのかが判りづらいものもあります.そうなってしまうくらいなら,イラストで書いてくれた方がよかったなぁ,と.あるいは,写真を使うにしても,吹き出しを入れるなりして,解説している標識がどれなのかすぐに判るようにする工夫があってもよいかと思います.
免許更新のときにもらえる教則本?に乗っている交通標識の解説のような形式の方がよいように感じました.

とはいえ,勾配標や曲線標がどのように設置されているのかなど,知ることが出来たおかげでレイアウト作成に役立つ有意義な記載がたくさんあり,買ってよかったと思います.「車両接触限界標識」なんて,プラ棒で早速作ってみたくなりました.


今回の支出額 ¥2,072 (N ゲージとは直接関連しないので,支出総額としてカウントしない)
今回の買い物
  • 標識と信号で広がる鉄の世界 - 線路と運転のルールがわかる本 - ¥2,072
 
posted by tachikawa at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
2017年12月04日 (1)

奥沢橋梁 (軍畑鉄橋) を作る

青梅線周回 山岳セクション昨日は,185系臨時列車を撮影しに行った後は,久々にレイアウト作成を進めました.

私が作成している '縮小立川駅レイアウト' にふたつある周回路のうちの青梅線周回にある山岳セクション.そこに作っている軍畑鉄橋を模した鉄橋部分に手を入れました.今までは,夏に中古で買った PC 勾配橋脚をふたつ使って,鉄橋の両端を支えていました.今日は,ここに現実世界と同じく,真ん中寄りにふたつ鉄の橋脚を設置しました.
使ったのは

TOMYTEC 情景コレクション 情景小物 102-2 電波塔 B2 (定価 ¥2,160)

です.これは既に,鉄道模型を始める前からなぜか持っていた (旧製品の 102 の方ですが) ものです.手許のものを見て,この鉄橋の橋脚としてちょうどいいのではないかと思って調達しました.この電波塔 B2 のパーツのうち,下側の鉄塔部分を使います.少し長いので,上の方をちょっと切断するとこのようにいい感じに納まりました.
現実世界の軍畑鉄橋の橋脚は 40m 近くあるようなのですが,私のレイアウトでは建築限界を意識しなければならない程度の高さしかありません (^_^; なのでこのように,建築限界測定車の代わりに,私の保有車両のうち一番デカい HX-A1H-D を使ったカメラカーが余裕を持って通れるかチェックします.……問題なさそうですね.

実際の奥沢橋梁はこんな感じです.昨夏行ったときに撮影したものです.橋の中央部に鉄の赤い橋脚がふたつ.その間を道路 (都道193号線) と川 (平溝川) が通っています.橋の両端に近いところにコンクリート橋脚がひとつずつ.鉄橋よりコンクリート橋脚の方が高さが低い (短い) です.線路のところにある手すりの色はエメラルドグリーンのような緑.手すりをどうするかは今後考えますが,鉄橋は赤く塗ろうと思います.この色,何という色の塗料を使えばよいのですかね... ルビー色とでも言うのかな?

青梅線 軍畑鉄橋 (奥沢橋梁)
奥多摩寄り
青梅線 軍畑鉄橋 (奥沢橋梁)
青梅寄り

現実世界では,上記のように赤い鉄の橋脚の間を都道と川が通っているのに対し,私のレイアウトでは都道の代わりに線路が走ってしまっていますし,川も鉄の橋脚とコンクリートの橋脚の間を流れているなど,現実世界をきちんと反映していませんが,まぁ仕方ないですね...


また,山岳セクションのループ部分を発泡スチレンボード素板で囲いました.この後,いよいよ '山' を作るための準備です.このように覆ってしまうと,反対側のパワーユニットを置いている 'ホームポジション' から,ループ部分を走っている車両が見通せなくなってしまうんですよね... でもどうせこのループ部分はトンネルになってしまいますから,いずれにせよ見えなくなるので構わないのかも.


ここまでの支出額 ¥1,140,095
今回の買い物
  • TOMYTEC 102-2 情景コレクション 情景小物 電波塔B2 ¥1,615
posted by tachikawa at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
2017年12月03日 (7)

185系200番台撮影 PartV

9422M 団体臨時列車 185系200番台 大宮総合車両センター B3編成 立川駅 4番線今日は早起きして (いつも会社に行くのよりも早い時間でした...),185系で運行される臨時団体列車を撮影に行って来ました.185系は先月も撮影しているのですが,5番線 (往路)・3番線 (復路) でした.今回は,青梅線から南武線直通ということで,往路で 4番線に入線します.実は,先月の勤労感謝の日も同様の運行があって撮影に行ったのですが,隣の 5番線に中央線快速電車が停車しており,5・6番線ホームからの撮影が出来ず... ということで今日はリベンジです.
撮影対象の 9422M は 8:21〜8:25 に立川駅に停車.一方,5番線には 8:20 に中央線快速高尾行きが到着,8:22 に 6番線から発車するスーパーあずさ 5号の待ち合わせをして,8:24 に発車というダイヤです.ダイヤどおりであれば,8:24〜8:25 の 1分間だけ,5番線から 4番線に停車している 185系 200番台が見通せる訳です.……って,『点と線』の 4分間よりも厳しい条件ですがな(;´Д`)
下りが中途半端に遅れれば,8:21〜8:25 の 185系の停車時間中ずっと 'ふた' をされる可能性があります.大幅に遅れれば問題ないかも知れませんが,今度は,185系 200番台が青梅短絡線から 4番線に入れなくなって,やはり撮影出来ないという可能性もあります.

という訳でどきどきはらはらでしたが,8:20,定刻どおり 185系200番台が青梅短絡線から 4番線に入線,停止する前に.5番線に高尾行きも入線,いったん見通しが効かなくなります.すぐ後を追うようにスーパーあずさが 6番線に入線,1分という短い停車時間で 8:22 にあっという間に定刻どおり発車.そのわずか 2分後,5番線の高尾行きが発車! 無事,5番線から 4番線に停車中の 185系 200番台が見渡せました.
最短だと (高尾行き定刻が 8:24:45 発で,185系臨時団体列車の定刻が 8:25:00 発だったりすると) 15秒ほどの余裕しかない訳ですが,1分くらい見通せる時間があって,比較的ゆとりを持って撮影出来ました.

これで無事,4番線に停車する 185系のカットをゲットです.これまた B6編成だったらどうしよう (?) と思っていましたが,今日運用に入っていたのは,B3編成でした.

4番線に停車する特急車両では,189系 M51・M52・N102編成を同じく 5番線から撮影出来ています.M51・M52・N102編成がいずれも入線しているということは M50編成も入線することがあるはずですが,残念ながら未撮影.M50編成は引退まであと僅か.無理かな...
4番線入線中の E257系0番台・485系「華」も撮影していますが,E257系は「はちおうじ日光」号に乗ろうとホームに降りたときにたまたま出くわして撮影したので,5・6番線ホームに回ることが出来ず.「華」はご覧のように 5番線に車両が入っていて見通せず無理,ということで 4番線からの撮影のみです.

189系 長野総合車両センター N102編成 (立川駅 4番線) 189系 豊田車両センター M51編成 (立川駅 4番線) 189系 豊田車両センター M52編成 (立川駅 4番線) E257系0番台 (立川駅 4番線) 189系 長野総合車両センター N102編成 (立川駅 4番線)

なお,ここでは書いていませんでしたが,M51編成は鎌倉あじさい号に乗った翌週,M52編成はホリデー快速あたみ号に乗った翌日に改めて撮影のためだけに出掛けて撮ったものです (乗っていると,さすがに数分の停車時間中に隣のホームまで行って撮影は出来ないので...).

また,E655系「和 (なごみ)」も 4番線に入線したことがあるようなのですが,情報を得られず & たまたま見かけることもなく未撮影のままです.E655系はまだ一度も見てすらいませんから,早いところ撮影したいものです...
(立川駅に停車・通過する列車で,まだ撮影出来ていないのは,先月下旬に書いたとおり,E655系 (と特別車両) と E26系「カシオペア」だけのはずです)

posted by tachikawa at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
2017年12月02日 (6)

続・青梅線・中央線周回に「川」を作る

青梅線山岳セクション先週,青梅線山岳セクションと青梅線・中央線周回に「川」を作り始めました.今日はその続きです.仮設だった TOMIX 3237 コンクリートアーチ橋 S70 を本設置.川底を作るのと,橋脚の固定を兼ねて,川に石こうを流し込んで固定しました.
これだけの作業ですが,スタイロフォームの接着やら,橋脚の位置決めなどに時間がかかって,この 1 作業を終わらせるのに 3 時間以上... おかげで,直進性・平坦性を失わないまま,橋を架けることが出来ました.

現実世界の軍畑鉄橋 (奥沢橋梁) の下も川になっていまして,平溝川という名前の川です.あと何回かの作業で,「川」らしさを再現していきたいと思います.


こんな作業をしながら,青梅線山岳セクション周回に M51 編成をずっと走らせていたのですが,ある瞬間からぎくしゃく運転に.ちょうど,レールを付け外しした後だったので,電気的な問題を何か起こしてしまったかと原因究明.でも心当たりなく,チェックするも特に悪いところなし... もしやと思って M 車の台車を分解清掃してみたら問題なく動くようになりました.レールの付け外しとぎくしゃく運転は特に因果関係なく,たまたまだったようです...
1〜2 時間走らせっ放しだったので,ゴミをどこかで巻き込んだことが原因だったようですが,この手のトラブルが一番手間がかかりますね... それでも,今日は久々に長い時間,レイアウトルームでの作業が出来たので,こうしたメンテナンスに時間がかかっても,レイアウトルームの掃除・整理整頓も出来たのでよかったです.リラックス & リフレッシュ出来ました.

タグ:レイアウト
posted by tachikawa at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
2017年12月01日 (5)

TOMIX 98975 183系 0番台 特急電車 登場時 セット 9両セット 入線

TOMIX 98975 183系 0番台 特急電車 登場時 セット 9両セット今週金曜日も入線の日.今日は,昨日 2017/11/30 に発売になったばかりの TOMIX 98975 183系 0番台 特急電車 登場時 セット 9両セットです.
これ,買うかどうか迷ったのですが... というのも,立川駅には関係ない房総特急用の 183系 0番台.でも,高校まで総武線沿線に住んでいた私にとっては 183系 0番台は鉄道の原風景の中を走る特急形車両です.183系 0番台と言えば,地下を走る錦糸町〜東京駅間の総武快速線開通とともに用意された,非常用出口としての役割を持つ貫通扉が特徴で,房総特急の印象が強いのですが, むかしむかし (1973〜),183系 0番台も「あずさ」に充当されていたそうです.従って,立川駅にも関係あるんですね... 私にとって特急と言えば 183系だし,立川駅も通っていたとなれば,ま,買っときましょうかということで敢えなく購入.

ハイグレード仕様の割には車番がインレタでした.ユーザー取り付けパーツは特急エンブレム,ホイッスル,トイレタンク.ハイグレードを謳うなら,車番くらいは印刷として欲しいところですね... 車番はまだ転写していません.トレインマークは「わかしお」が装着されているほか,「さざなみ」「しおさい」「あやめ」「あずさ」が付属していますが (いずれも文字のもの),ひとまずわかしおのままです.カプラーは TN カプラー (SP),幌も付いていますので,このあたりは問題ないかと.

9 両... さすがに長いです.堂々たる編成ですね.

現在は 189系だけで,183系は立川駅には入線していませんので,実写画像は以前も紹介した,1983年ごろに千葉駅で撮影した当時の房総特急群を代わりに (「すいごう」だけ撮れていません...).

183系 しおさい
撮影: 千葉駅
1983 年前後
183系 あやめ
撮影: 千葉駅
1983 年前後
183系 さざなみ
撮影: 千葉駅
1983 年前後
183系 わかしお
撮影: 千葉駅
1983 年前後

TOMIX 98975 183系 0番台 特急電車 登場時 セット 9両セット びっくりしたのはパッケージ.9 両セットなので,ブック形ケースふたつでした.それが,薄いボール紙のスリーブケースではなく,分厚い段ボールで出来たこんなケースに入っていました.TOMIX の「限定品」というのは初めて買ったのですが,こういうところが限定品なのでしょうか?

TOMIX 98975 183系 0番台 特急電車 登場時 セット 9両セットその外箱を開けるとブックケースがふたつ.背表紙部分がこんな感じになっていて,ふたつ合わせてひとつのイラストが完成するようになっています.これは TOMIX のブックケース 2 つのセットではいつも?こうなっているようですね.


ここまでの支出額 ¥1,137,607
今回の買い物
  • TOMIX 98975 183系 0番台 特急電車 登場時 セット 9両セット ¥24,400
タグ:車両 183系
posted by tachikawa at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
2017年11月26日 (7)

青梅線・中央線周回に「川」を作る

平溝川ほんの少しずつしか進んでいないレイアウトですが,一応進めてはいます.今日は,青梅線周回の山岳セクションに作っている軍畑橋梁を模した橋の下に「川」を作るべく,準備をしました.山岳セクションにだけ川があれば済むのですが,そのすぐ近くを走る青梅線・中央線周回とは距離が近く,山岳セクションに作った川をうまく処理することが出来ないため,青梅線・中央線周回にも橋を作ることにしました.
そこで,1 年ほど前に発売された,TOMIX 3237 コンクリートアーチ橋 S70 2本セットを購入.青梅線・中央線周回に組み込みました.手すりは黄色と緑色が付属していたので,黄色にサフを吹いてグレーにしました.これなら,前後の柵と統一感が出て目立たず,いい感じかなと思います.

レイアウトのバックストレートに当たるこの部分は,レイアウトボードの「脚」は高いもの (60mm) を使っていて山岳部の標高を表現していましたが,川を作るために地面部分を掘り下げたいので,ほかの部分と同じ高さ (19mm) の脚に変更して,スタイロフォームを重ねて高さを出すことにしました.このため,脚用の檜材と,スタイロフォームを追加購入.まだ仮ですが,こんな感じで橋を架けました.
スタイロフォーム 2 枚分,45mm 分をくり抜いています.見た目としては,地面から川底まではこれくらいの高低差でいい気がしますが,コンクリートアーチ橋の橋台 (橋脚) はもっと高いので,最終的にはスタイロフォームもう 1 枚分も切って,65mm 分の深さにしようかなと思います (65×150=9,750mm ですから実スケールでは 9.75m 相当.全然違和感ない深さですね).

さて,「川」をどう作るかですが,KATO から発売になったばかりの "ウォーターシステム" を使ってみようと思います.そこで,いくつかの材料を発注.遅くとも年末年始休暇までには川を作れたらなと思います.


檜材とスタイロフォームを買いにホームセンターに行ったついでに発泡スチロール用ボンドも購入.これ,あっという間になくなっちゃうんですよね... レイアウト作成を始めて以来,7 本目の購入です.必要以上に付け過ぎなんだろうか?


ここまでの支出額 ¥1,113,207
今回の買い物
  • TOMIX 3237 コンクリートアーチ橋 S70 2本セット ¥1,550
  • KATO 24-346 ディープウォータークリア ¥2,760
  • KATO 24-360 水底カラー ダークグリーン ¥860
  • KATO 24-361 水底カラー モスグリーン ¥860
  • KATO 24-349 大波小波 ¥1,460
  • スタイロフォーム (910×910×20mm) ¥448
  • 檜材 (910×19×19mm) ¥98×3
  • 発泡スチロール用ボンド ¥398
  • マスキングテープ ¥48×2
         
posted by tachikawa at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
2017年11月25日 (6)

鎌倉紅葉号 (189系 長野総合車両センター N102編成 旧「あさま」色) 撮影

鎌倉紅葉号 9270M
189系 長野車両センター N102編成 鎌倉紅葉号 9270M 立川駅 4番線
撮影: 立川駅 4番線
2017.11.24 09:18
鎌倉紅葉号 9271M
189系 長野車両センター N102編成 鎌倉紅葉号 9271M 立川駅 8番線
撮影: 立川駅 4番線
2017.11.24 19:48

青梅〜鎌倉間でこの秋に運行される臨時快速「鎌倉紅葉号」が一部日程で,豊田車両センターの 189 系ではなく長野総合車両センターの 189 系 N102 編成で運行されることになったので,早速撮影に行って来ました.
N102 編成はアコモデーション改善がされていないので,乗る立場としては M51・M52編成の方がよいですが,あまり立川駅に入線しませんので,撮り鉄的には N102 編成の方がうれしいですけれどね.青梅線・南武線直通のため,立川駅ではさらに珍しい 4番線・8番線への入線でした.往路は青梅線・南武線直通のいつものスジで,5番線が空く時間帯に停車しますから,このように隣の 5番線ホームから撮影出来るのでよいです.

posted by tachikawa at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
2017年11月23日 (4)

バスコレ新リーズ "わたしの街バスコレクション"

わたしの街バスコレクション 東京都交通局・西武バスこれ以上バスは集めたくないのですが... 2 台追加でバスは 32 台になってしまいました.

ザ・バスコレクションに新シリーズが登場しました.「わたしの街バスコレクション」だそうです."国内主要6都市(札幌・東京・名古屋・大阪・広島・福岡)と首都圏・関西圏を走る大手バス事業者 計8アイテムを取りそろえたシリーズ" ということなのですが,全国バスコレクションとどう違うのでしょうか...
第一弾 (?) の 8 種類の中に,都営バスと西武バスとがありましたので,仕方なくという感じで購入ですね... 今回発売の 8 種類だけで完了で,これ以降は出ないのでしょうかね?


ここまでの支出額 ¥1,104,481
今回の買い物
  • わたしの街バスコレクション MB2 東京都交通局 ¥1,160
  • わたしの街バスコレクション MB2 西武バス ¥1,160
 
posted by tachikawa at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
Amazon.co.jpアソシエイト