出張ビジネスパック びゅう
レイアウトプラン紹介 (準備中)
2016年07月19日 (2)

193 系電気検測車セット・マルチレールクリーニングカー入線

[193系 電気検測車・マルチレールクリーニングカー]「入線」なんてヲタ用語は使いたくない気もしますが(^^; もしかして検索キーワードにされる場合もあるかな? と,SEO 対策?な意味もちょっと込めて使用.

本日は家の用事で仕事を休んだため,Amazon.co.jp からの配送を受け取れました.昨日注文した,TOMIX 92139 193 系電気検測車セットと TOMIX 6425 マルチレールクリーニングカー (青) 入線です.車両としては初の TOMIX 製です (今まで揃えた車両はすべて KATO でしたので).
早速,空き時間に嫁さん実家に行って試験走行.わはは,193 系に挟まれてのマルチレールクリーニングカー,色味は合わないものの結構いい感じです :-)
とりあえず,吸引クリーニング (要するに掃除機モード) をしてみたところ,スタイロフォームの滓が結構取れました.4% の上り勾配+カーブだと若干きつめのところがありますが,とりあえず大丈夫そう.動きをスムースにするためには,これに ED16 を連結してもいいかも? 今後は,レイアウト調整後の試験走行は,ED16 ではなくこの編成にお掃除を兼ねつつ活躍してもらうこととしましょう.

ところで,の画像は立川駅南武線留置線ですが,手前に見える洗浄台,土台の部分がやっぱり邪魔な感じですねぇ... この部分だけレールが盛り上がってしまっています.

  1. この土台部分の高さ (厚み) だけスタイロフォームを押し込む等して,それ以外の部分と高さを合わせる
  2. お座敷運転ならこのように,土台を道床で押さえるという方法とせざるを得ませんが,レイアウトとして作っている以上,固定してしまえばよいので,土台部分 (レールの下敷きになる部分) はカットしてしまい,洗浄台はスタイロフォームに直接固定する
のいずれかの方法を考えようかな.スタイロフォームは軟らかいので,1. の方法も出来そうですが,水平を保ったまま土台部分だけを地盤沈下させるのは難しい気も.そもそも,土台がなくとも足だけでも十分自立しそうです.やっぱり 2. かな.

こうしたことを考えたり,調整したりしている時間は楽しいものですが,そんなことで 1 日が過ぎてしまって,レイアウト作成はなかなか進みませんね...



商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

TOMIX Nゲージ 92139 193系電気検測車セット
価格:7266円(税込、送料別) (2016/7/26時点)

 


posted at 00:00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
2016年07月20日 (3)

TOMIX パーツマニュアル更新

新たに入手した,
0107 ポイント N 用駆動ユニット (F) (定価 ¥900)
5529 TCS ハイパワーポイント 電源 N (定価 ¥4,800)
6425 マルチレールクリーニングカー (青) (定価 ¥5,000)
の取扱説明書 (マニュアル) のスキャン完了.以前まとめたページでも今回追加分を含めて更新済み・ダウンロード可能です.

品番 取扱説明書名 画像
0107 ポイント N 用駆動ユニット (F) 説明書 [ポイント N 用駆動ユニット (F) 説明書]
5529 TCS ハイパワーポイント 電源 N

↑ ""説明書" が抜けていると思います :-P

[TCS ハイパワーポイント 電源 N] [TCS ハイパワーポイント 電源 N]
マルチレールクリーニングカー 共通説明書 [マルチレールクリーニングカー 共通説明書] [マルチレールクリーニングカー 共通説明書]
posted at 00:00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
2016年07月21日 (4)

TOMIX 5529 TCS ハイパワーポイント電源 N

[★TOMIX 5529 TCS ハイパワーポイント電源 N]

必須のものではないけれど,ポイントコントロールボックス・セレクタースイッチボックスが 15 個にもなってしまったので,何となく,

TOMIX 5529 TCS ハイパワーポイント電源 N (定価 ¥4,800)
を以前書いたとおり買ってしまいました.お布施みたいなもんかな... (;´Д`)

早速使っていますので使用感のレポートを.

  • 一番気になるのは,電源スイッチがないということ.AC アダプタからの入力を接続したら自動的に電源が入り,電源 OFF が出来ません.いくらポイントコントロールボックス等への電源供給という単機能製品とはいえ,電源スイッチすらないってのはどういうもんでしょうか?
    ちなみに,電源を抜いてもパワーランプは点灯したままですが,少しすると消えます.コンデンサに蓄電しているんでしょうね.

  • そもそも,電源内蔵ではなく AC アダプタというのも使用感をスポイルしています.この製品,単に 100V を直流 24V に変圧するだけですから,この筐体の大きさならば電源内蔵に出来ると思うのですが,そうなっていません.コストダウンのためとはいえ,怠慢でしかないと思います.というか,AC アダプタ自体 100V→24V への変圧器な訳で (AC アダプタの定格出力は 24V 1A),ハイパワーポイント自体には大した回路は必要ないと思うんですが...

  • 肝心のポイント切り替えですが,これを使ったからといって,切り替えミスが皆無になるということは残念ながらありませんでした.パワーユニットに接続していると,切り替えたのに切り替わらないということがたまに起きます.ほかの方のレポートを読むと,コイツだと一発,というものが多いのですが,切り替え不良がゼロってことはないなぁ... ポイント側の不具合ってことはあまり想定出来ないんですが.いくつか (2〜3 個) を同時に切り替えてもほとんどの場合,確かに気持ちよく切り替わるようになりましたが.まぁ,パワーユニットへの接続よりはマシという程度な気がします.お布施だな... (´・ω・`)

  • サイズ・デザイン (色・形状) が,ポイントコントロールボックスと同等のため,パワーユニットと較べると,接続して並べたときに違和感がありません.大きさも (AC アダプタが別ということを除けば) いい感じです.

  • パワーユニットにポイントコントロールボックスを接続する場合,必ず,パワーユニットの左側にポイントコントロールボックスが並ぶとか,パワーユニットを複数台使う場合,パワーユニット同士を隣接させられないことがあるといった制約が生じますが,コイツを使えば,自由に配置することが出来ます.例えば,2 列にして上段 (奥) にポイントコントロールボックス群,下段 (手前) にパワーユニット群,といったことも可能ですね.これが最大のメリットかも (笑).

結論としては... なくてもいい機器ですね (苦笑).


既に公開していますが,ハイパワーポイント電源の取扱説明書 (マニュアル) も公式サイトからダウンロード・参照出来ませんので,スキャンしたものを置いてあります:
[TCS ハイパワーポイント 電源 N]   [TCS ハイパワーポイント 電源 N]



商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

5529 TCSハイパワーポイント電源N[TOMIX]《発売済・在庫品》
価格:3620円(税込、送料別) (2016/7/26時点)



posted at 00:00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
2016年07月22日 (5)

配線図最新版

[★立川駅縮小レイアウト配線図]作成している立川駅縮小レイアウトの配線図を最新版に update したので,自分用備忘録としてここにも upload.

今までも使っていた中央線用の N-1001-CL,青梅線用の N-600 に加えて,南武線用に N-600 をもう 1 台追加して,それぞれ独立して運転出来るようになった状態です.ポイントの切り替えによっては,青梅線周回←→中央線周回の相互乗り入れ,中央線周回←→南武線との相互乗り入れも出来ます.この乗り入れの際には両方のパワーパックを,方向を合わせるなど,協調して操作しなければいけないことに少し気を遣いますが,まぁそれは仕方ないですね.





タグ:レイアウト
posted at 00:00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
2016年07月23日 (6)

ED16 走行不良&原因判明

レールを買う前から買っていた ED16 が,走行不良に陥りました.この ED16 は当然,単体で走らせても違和感がないので,レールを敷き直したときとか,各種の調整をしたときにまず走らせてみて,全部のレールを問題なく脱線せずに走れるかの検査車として使っています.
ところが気が付いてみると,スピードが上がらず,ノロノロとしか走れなくなっていました.かつ,ちょっと走らせるとショートして止まってしまいます (パワーユニットが赤ランプ点灯).どのレールで走らせても同じ.うーむ,故障でしょうか... 買ったのは 2 か月近く前.初期不良として交換してもらえる期間は過ぎてるかなぁ... Amazon.co.jp で買ったので,交換も少し面倒です.

しばらく放置していたのですが,何が原因なのか判るかなと ED16 の台車をいじっていると,台車がぱかっと外れました.一瞬びっくりして,何ごともなかったかのように戻してみると,簡単に元に戻りました.何だ,外れるようになってるのね(^^; ちょっと焦りました.もう一度外し,もう片側の台車も外して点検します.おおっ,予想だにしていなかった原因物質が出て来ました(*゚ー゚) レールスパイク用の「くぎ」が内部に入り込んでいるじゃないですか(;´Д`) 何でこんなところに綺麗に収まっているのか,まったく意味不明です... それでショートしていたんですね.恐らく,いったんスパイクした釘が,レール交換等で近くのレールを持ち上げたときに抜け (まだレイアウトが落ち着いていないので,よくあることです),レールの間に転がってる状態に気付かないまま,ED16 を試験走行させたんでしょうね.そのときにモーターの磁石で釘を吸い付かせ,台車内部にまで侵入してしまったのでしょう.でもこんなの,入るんだなぁ.

釘を取り除いて早速レールに戻して試運転.問題なく快調に動きます(^^; あーよかった.こんな間抜けなことになるのは私だけかも知れませんが,こんなこともあるってことで...



商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

【カトー】[3068] ED16 KATO 鉄道模型 Nゲージ
価格:5265円(税込、送料別) (2016/7/26時点)



タグ:不具合 ED16
posted at 00:00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
2016年07月24日 (7)

ポイント通電不良

このところ急に,電動ポイントのうちのひとつが不良を起こしているっぽいです.'西立川駅' 予定地に設置してある,中央線周回と青梅線周回とをつなぐ渡り線を構成している「西立1」ポイントです.ここに使っているのは N-PL541-15(F).手動・電動合わせて 11 個と大量に保有しているポイントのひとつです.もともとこれが手動だったのか電動だったのかは忘れてしまいましたが,一番初めのころから電動で切り替えていた記憶があるので,恐らく 1272 の電動ポイントです.
ここは,通常は中央線周回線路に電源を供給するため,定位は中央線周回側の直進です.しかし,この定位の状態で車両が通過すると通電が途切れ,列車が止まってしまいます.手動もしくは電動で,ポイントを一度,反位に切り替えて定位に戻すと通電が復旧します.

  • トングレールの押しつけが悪いのかと思って,手でポイント切り替えノブに定位側に力を入れてみても,車両が通過すると通電が途切れます.
  • 駆動ユニットをいったん外して再度取り付けてみても状況は変わりません (配線のやり直しが面倒なので,駆動ユニット自体の交換は見送り).
  • レールとトングレールとの単なる接触不良なのかと思って,レールとトングレールの間にピンセットを挟んでみてもダメです.……内部の回路の問題?
11 個も持っている N-PL541 ですが,代替品がありません.仕方なく,手動で使うことにしている立川駅の南武線留置 3 番線用の「南東6」ポイントと交換してみました (駆動ユニットは「西立1」に残します).「南東6」ポイントは私が運転する場所のすぐ目の前にあって,単独で切り替えるポイントなので,手動でも問題ありませんし,万一,通電不良が起きても,行き止まりの留置線なので大した問題にはなりませんから,交換するにはもってこいの場所です.交換したところ,問題なく走行出来るようになりました.うーむ,やっぱりポイント N 用駆動ユニット (F) の問題ではなく,ポイント自体に問題がありそうです.

[★N-PL541-15 (F)] [★N-PL541-15 (F)]
問題が発生している N-PL541 (F)
道床に表現されているバラストの「白」の範囲が大きいことが特徴.
道床の灰色もやや濃い.
問題が発生していない N-PL541 (F)
道床の白い部分が狭く,揃っている.
灰色も薄い.

よくよく見てみるとこの N-PL541,道床部分の色味がほかのレールと明らかに違います. 勘というか直感ですが,この不良の N-PL541 のほうが古い製品で,問題ない方が新しいロットのように見えます.となると,不良品というより,経年劣化でダメになったのでないかという気がします (´・ω・`) 
交換するのも面倒臭いですし,「南東6」ポイントは上記のように多少不具合があっても問題ないので,このままにしようと思いますが,同時購入したポイントも次々と故障したらと思うと,ぞっとしますね... レイアウトには出来るだけポイントを入れない方がよいという格言?もあるようですが,今作っているレイアウトは 31 個ものポイントを使っています (たぶん,レイアウトの広さ・レールの長さに較べて,私のレイアウトはポイント数は多い方だと思います...).これ以上,不良が起きないといいなぁ.

実は,青梅線周回と中央線周回との渡り線をもう 1 か所設けていたのですが,そこは坂 (4%) の途中だったせいか,上り時に (直進方向なのに) 脱線が頻発したため,現在はいったん外しています.今回交換した「西立1」もなだらかな坂になっています.ポイントって,水平に設置しないと問題の温床になりそうな感じですね... これも困った.

こちらはすぐに原因が判ってよかったのですが,ED16 の走行不良といい,脱線し易い場所があることといい,レールをきちんと固定する前から問題が次々と起きて,先が思いやられます... 固定してないからこそ起きている問題ならいいんですが...
ちなみに,脱線する 4 番線への入線はその後,実は脱線起きていません.もしかすると,レールの嵌合がほんの少し悪かったところがあって,ポイントコードの取り回しを改善したり,塩ビ板を敷いたりしていじったとき,たまたまがっちりと嵌合したので問題解消したとか,きちんと水平が取れたから問題解消したとかなのかなぁ?





posted at 00:00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
2016年07月25日 (1)

プラスタークロスで地面を作ってみる

先週,193 系電気検測車・マルチレールクリーニングカーとともに,KATO のプラスタークロスを買いました.そのプラスタークロスを使って,昨日の日曜日はいよいよ,地面作りに挑戦しました.これまでは,スタイロフォームを使って地盤を作り, その上にサブテレインを使って坂道を作っていました (現状の上空写真はこんな感じ).
今回,サブテレインむき出しのその坂道部分をプラスタークロスで覆って,なだらかな斜面にしようという訳です.

[★プラスタークロスによる地面作り]

プラスタークロス,ほかのサイトでも書かれているように,なるほど,面白い作業ですね.大きく切らずに,小さめに切って重ね貼りしていくのがコツのようです.
私の作っている立川駅縮小レイアウトでは,立川駅を中心に時計回りに,

  • 青梅短絡線部分の青梅線の上り勾配
  • 青梅短絡線部分の中央線の下り勾配
  • 青梅短絡線部分の青梅線の上り勾配 2 (いったん中央線との立体交差を過ぎてから,レイアウト向こう側の地盤が高い地域への短い上り)
  • 青梅線の立川駅〜西立川駅への上り勾配 (レイアウト向こう側の地盤が高い地域への上り)
  • 中央線 (外回り)・青梅線 (内回り) の立川駅への下り勾配 (レイアウト向こう側の地盤が高い地域からの下り)
の 5 か所の勾配があります.このうち今回は,レイアウト左側にある上 4 つをプラスタークロスで作成しました.最後の,レイアウト右側にある勾配は,現実世界同様,高架にしようかとも思っているので,今回は施工を見送りました.
中央線のレールをまだ固定していないので先端が浮いちゃっていますが,上記の上ふたつ部分の青梅短絡線と中央線との立体交差は現状,の画像のようになりました.だいぶ雰囲気が出て来ました.

作り方がヘタなだけかも知れませんけれど,地面を作ると,どうしても真っ平ら (均一な勾配) にはならなくなります.よって,レールが傾いて脱線の原因になります.今回も,これまで脱線していなかった場所で脱線するようになりました.このため,入念に試験走行させて確認しつつ進めないといけません.こういうときのために,193 系電気検測車をせっかく導入したのですが,実は,こいつらが問題なく走行出来ても,ほかの車両だと脱線する場合があることが判明... こいつらだけで試験走行させてはいけないことが判りました.
どうやら,193 系は車重が重く,アーノルドカプラーであることが原因のようです.アーノルドカプラー車両は問題なく走行出来ても,KATO の密連カプラーだとダメとか,アーノルドカプラーの ED16 が牽く貨物だと軽過ぎてダメとかということあるようです.結局,全部の車両を走らせるのが無難という結論に... こういうレイアウト変更をしたときに試験走行させるために 193 系を導入したんだけどなぁ(^^;

プラスタークロスは 2 つ買いましたが,今回施工した 4 か所で 1 つ目を 8 割方使ったところです.青梅短絡線部分はもう少し調整が必要だと思いますが,5 か所の勾配をすべて施工したとしても,2 つ目を使い切ることはないでしょう.材料費はこれで ¥2,000 程度.そんなに高くない気がします.





posted at 00:00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
2016年07月26日 (2)

E233 系 0番台 T 編成

レイアウトを始めて以来,青梅線で走っている E233 系 0 番台 H 編成 6 両+4 両編成の KATO から出ている製品が欲しくて探しているのですが,何年か前の製品らしく,まったく入手出来ません... (´・ω・`)

仕方なく,欲しいものとはちょっと違うものですが,信念を曲げて買ってしまいました.買ったのは

KATO 10-1311 E233 系中央線 (T 編成) 6 両基本セット (定価 ¥16,000)
です.

E233 系 0 番台には以下の製品があるようです.

メーカー 品番 商品名 1 2 3 4 5 6
KATO 10-541E233 系中央線 6 両基本セット クハ E233-0 モハ E233-0 モハ E232-0 モハ E233-200 モハ E232-200 クハ E232-500
10-542E233 系中央線 4 両増結セット クハ E233-500 モハ E233-600 モハ E232-600 クハ E232-0
10-801E233 系中央線 基本セット (3両) クハ E233-0 モハ E233-200 クハ E232-500
10-802E233 系中央線 増結セット A モハ E233-0 モハ E232-0 モハ E232-200
10-803E233 系中央線 増結セット B クハ E233-500 モハ E233-600 モハ E232-600 クハ E232-0
10-1311E233 系中央線 (T 編成) 6 両基本セット クハ E233-0 モハ E233-0 モハ E232-0 モハ E233-200 モハ E232-200 クハ E232-0
10-1312E233 系中央線 (T 編成) 4 両増結セット サハ E233-500 サハ E233-21 モハ E233-400 モハ E232-400
TOMIX 92336JR E233-0 系通勤電車 (中央線・T 編成) 基本セット クハ E233-0 モハ E233-200 クハ E232-0
92337JR E233-0 系通勤電車 (中央線・T 編成) 増結セットT モハ E233-0 モハ E232-0 モハ E232-200
92338JR E233-0 系通勤電車 (中央線・T 編成) 増結セットU サハ E233-500 サハ E233-0 モハ E233-400 モハ E232-400
92801JR E233-0 系通勤電車 (中央線・H 編成) 基本セット A クハ E233-0 モハ E233-0 モハ E232-0 モハ E233-200 モハ E232-200 クハ E232-500
92802JR E233-0 系通勤電車 (中央線・H 編成) 基本セット B クハ E233-500 モハ E233-600 モハ E232-600 クハ E232-0

KATO から 7 製品・TOMIX 5 製品の合計 12 製品ありますが,基本セットと増結セットはひとつと数えるべきなので,実質的には

  • KATO 10-541/10-542
  • KATO 10-801/10-802/10-803
  • KATO 10-1311/10-1312
  • TOMIX 92336/92337/92338
  • TOMIX 92801/92802
の 5 製品です.これらを実車の編成どおりに繋ぎ直すとこうなります.

メーカー 品番 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
KATO 10-541
10-542
クハ E233-0
(10-541
10-801)
モハ E233-0
(10-541
10-802)
モハ E232-0
(10-541
10-802)
モハ E233-200
(10-541
10-801)
モハ E232-200
(10-541
10-802)
クハ E232-500
(10-541
10-801)
クハ E233-500
(10-542
10-803)
モハ E233-600
(10-542
10-803)
モハ E232-600
(10-542
10-803)
クハ E232-0
(10-542
10-803)
10-801
10-802
10-803
10-1311
10-1312
クハ E233-0
(10-1311)
モハ E233-0
(10-1311)
モハ E232-0
(10-1311)
モハ E233-200
(10-1311)
モハ E232-200
(10-1311)
サハ E233-500
(10-1312)
サハ E233-0
(10-1312)
モハ E233-400
(10-1312)
モハ E232-400
(10-1312)
クハ E232-0
(10-1311)
TOMIX 92336
92337
92338
クハ E233-0
(92337)
モハ E233-0
(92337)
モハ E232-0
(92337)
モハ E233-200
(92336)
モハ E232-200
(92337)
サハ E233-500
(92338)
サハ E233-0
(92338)
モハ E233-400
(92338)
モハ E232-400
(92338)
クハ E232-0
(92336)
92801
92802
クハ E233-0
(92801)
モハ E233-0
(92801)
モハ E232-0
(92801)
モハ E233-200
(92801)
モハ E232-200
(92801)
クハ E232-500
(92802)
クハ E233-500
(92802)
モハ E233-600
(92802)
モハ E232-600
(92802)
クハ E232-0
(92802)

この中で,私が欲しい,中央線直通の青梅線に使われている H 編成 (6+4 編成) を再現しているのは KATO の 10-541・10-542 のセットか,10-801・10-802・10-803 のセット,TOMIX だと 92801・92802 のセットだけです. しかしこれらは,2016 年夏の現時点では新品での入手はほぼ絶望的のようで,ヤフオク!等で中古で探すしかありません. 現状で容易に手に入る 10-1311・10-1312 のセット,あるいは,TOMIX の 92336・92337・92338 のセットは,中央線で使われている 10 両貫通の T 編成なので,私が望むものではありません.

私が欲しい H 編成は中古でも品薄.2 か月ほど様子見していましたが,せっかくお安く落とせそうなものがあったときに限って入札を忘れていて,その後はさっぱり出品されなくなってしまって, 入手に至っていません.TOMIX の 92801 だけは定価以下の価格で入手可能な店がわずかにあるようです.しかし 92802 はどこにも在庫がないようで,もし 92801 だけ買ってしまった後, 92802 を入手出来ないままとなると (かつ,例えば 10-541・10-542 が手に入ったとしたら) 92801 が浮いてしまいますし,既に持っている南武線の E233 系 8000 番台は KATO 製品なので, KATO で揃えたいところ.このため,気長に 10-541 あるいは 10-801 等のセットを引き続き探そうと思っていたのですが,こんなことを考えました.
  • 青梅線・中央線・南武線をそれぞれ独立して周回出来るレール敷設が完了したのに,青梅線を走らせる車両がまだなく淋しいので,早く欲しい (青梅ライナー用の E257 系と,ED16 が牽く石灰石輸送車はありますが...)

  • 10-541・10-801 等セットの中古価格 (ヤフオク!相場) が現行の 10-1311 の新品販売価格と同じくらいに高止まっている

  • 10-1311 もそのうち入手困難になって,中古を新品同等,あるいは,それ以上の価格で買わざるを得ない状況になる可能性がある
    (現に,入荷予定ありにはなっているが,最安値の Amazon.co.jp では残り在庫 1 だった...)

  • H 編成だけでなく,10-1311 が再現している T 編成も,実際に青梅線を走ることがあるので,T 編成をレイアウトに導入しても決しておかしい訳ではない

  • 現実世界の再現のため H 編成が欲しいのだが,現状の縮小レイアウトでは青梅線は 6 両編成を止めるのが実はやっとな状況で,6+4 両編成を導入してもホームをはみ出てしまって,持て余す
    (中央線でも中央・青梅ライナーの E257 系 9 両編成を止めるのがやっとで,10 両編成を止める余地がありません... ホーム自体はもっと短い 6 両までにしか対応出来ていませんし)

  • 10-1311 が再現している T 編成の 6 両は,私が欲しい H 編成の 6 両のうち,実車ではクハ E232-500 が連結される 6 号車がクハ E232-0 になってしまうだけで,ほかの 5 両は一致している.クハ E232-0 とクハ E232-500 は,色や形状が大きく違う訳でもなく,こだわらなければ大きな違いはない

つまり,H 編成 6+4 両を確実に (お手頃な値段で) 入手出来る保証はないし,どうせフル編成を走らせることは困難だし,そうこうしているうちに代用となる 10-1311 等も入手出来なくなる八方ふさがりの可能性もある,と.であれば,まずは 10-1311 を確保しておいて,機会あれば 10-541 等を追加で入手すればよいかなと考えたのでした.
青梅線は 2 編成あっても,立川駅の 1・2・3 番線を使って 1 編成を駅に止めたまま,他方を周回運転させることも容易ですので,10-1311 を購入後に 10-541 等が入手出来て,2 編成になっても問題ありませんしね.

という訳で今回買ったのは 10-1311.4 両増結セットの 10-1312 を買っても,再現出来るのは 10 両貫通の T 編成だけで,青梅線での特徴的な運用である 6+4 両編成を再現出来ません (10-1312 には先頭車は含まれない) ので,10-1312 を買うのは止めました.




ここまでの支出額 ¥250,590
今回の買い物
・TOMIX 10-1311 E233 系中央線 (T 編成) 6 両基本セット ¥11,544


 


posted at 00:00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
2016年07月27日 (3)

TOMIX パーツマニュアル更新

1274 電動ポイント N-PL280-30(F)(完全選択式) ¥2,400
第 1.5 期工事資材として買っていたのですが,大量に持っている N-PL541-15(F) でなぜかしっくりと?接続出来てしまっていたので,使っていませんでした.しかし,プラスタークロスを使って地面を作るときに改めてレールをつなぎ直してみたら,やはり PL280-30 が正しかったようで,今までのちょいと無理になじませていたことが判明.そこで,レールの一部をつなぎ直し,私のレイアウトに唯一存在する PL280-30 が無事登場です.

という訳で,PL280-30 もパッケージから取り出しましたので,取扱説明書 (マニュアル) のスキャン完了.以前まとめたページでも今回追加分を含めて更新済み・ダウンロード可能です.


品番 取扱説明書名 画像
1273/1274 電動ポイント N-PR280-30(F)・N-PL280-30(F) (完全選択式) 共通説明書 [電動ポイント N-PR280-30(F)・N-PL280-30(F) (完全選択式) 共通説明書] [電動ポイント N-PR280-30(F)・N-PL280-30(F) (完全選択式) 共通説明書]

[★TOMIX 公式サイト]

それにしても,TOMIX の製品ページ,どうにかならないもんでしょうか?

1246 電動ダブルスリップポイント N-PXL140-15 (F) (定価 ¥4,600)
なんて,製品名表記が無茶苦茶過ぎます. "電動ダブルスリップポイントNーPXL140-15(F)" とありますが,
  • N は半角
  • 」は全角長音.全角を使うとしても,ここに入れるべきはハイフン,「−」ですからね?
  • PXL140-15 は半角
  • (F)は再び全角
[★TOMIX 公式サイト] ソフト屋としては,"N-PXL140-15(F)" 以外の表記は認められないところですが,255 歩譲って全角にするとしても,それならそれで統一するべきです.例えば '280' でページ内検索をしようにも,'280' だけでは検索が終わらず,'280' で再度検索をかけなければならず二度手間... (ま,これはブラウザ側が全角/半角区別をしない検索機能を持てよというハナシもありますが)
それ以上に,ハイフンマイナスを入れるべきところ長音符にするなんてあり得ません... 何だか,パートのおばちゃんがぽちぽちとキーボードを 1 本指で打っている光景が想像出来てしまうクオリティですね...

このページもひどいもんです.

「アダプター式となります」「生産中止となります」って,まぁ多少微妙なところではありますが,「なります」構文がお好きなようですね.しかも「内」と来たもんです.ウケ狙ってわざとやってるとか,下請業者が異常に安い単価で仕事させられて,腹いせに地雷をあちこちに埋め込んでるとか,そういう特殊事情があるんでしょうか?

こういうページしか作れない会社は,製品自体の品質も疑ってしまいますね...





posted at 00:00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
2016年07月28日 (4)

ザ・バスコレクション 立川バス・西武バス

[★ザ・バスコレクション 立川バス・西武バス]

立川駅の再現を目指してレイアウト作成に取りかかっている訳ですが,レイアウトとしてレール・車両部分以外をどこまで作り込むか,判断が難しいところです.あまり広げ過ぎると,鉄道模型をやっているのか都市全体の再現をしているのか判らなくなっちゃいますからね.でも,駅前ロータリーくらいまでは作るんだろうなぁ... 今のレイアウトベースでは,南口はまったく余地ありませんが,北口はだいぶ広がっていますので.
都市全体の再現にならない範囲として,北口のバスターミナルまでくらいは作るんだろうな... となると必要なのはバス.車両同様,これも入手出来るうちに入手しておかないとプレミア価格で入手することになりかねません.そこで早速調べてみました.

立川駅は毎日使っていても,あるいは駅前の伊勢丹やビックカメラにしょっちゅう行っていても,興味がない「バス」は何が走っているのかすら知りませんでした(^_^;
調べてみるとほとんどが立川バスで,一部のみ西武バスなんだそうです.都バスだと思っていたのに違うのか... さらに調べてみると,TOMYTEC のザ・バスコレクションから幸いにも立川バス・西武バスとも出ています.立川バスは 2014/8 発売の全国バスセレクション第 8 弾での発売,西武バスは同じく全国バスセレクションの第 11 弾で 2015/4 発売です.それぞれ発売からだいぶ経っていて,やや入手が難しくなっているようですが,まだまだふつうに買えます.早速,即納のヨドバシ.com に注文.レイアウト上に配置する以上,ある程度の数が欲しいのですが残念ながらヨドバシ.com では「お一人様1点限り」になっています.ヨドバシ.com は注文金額にかかわらず送料無料ですから,とりあえず 1 台ずつ購入して,出来映えなど様子を見て,最終発注数を決めてもいいかな.
という訳で 1 台ずつ発注.……したら,西武バスはそれで売り切れになりました.危ない,危ない... 西武バスは割合的に 1 台あればいいので,入手出来てよかったです (Amazon.co.jp でも売っていますが,なぜか定価です... 立川バスは定価以下のお値段で,それなりに在庫があるようですが,Amazon.co.jp 販売のものは納期 1〜2 か月(*゚ー゚)).

さらに調べていると,立川駅北口 (←現実世界の話です) のバス案内所で,

立川バスオリジナルリラックマバスセット (2台セット・限定 8,000 個・2013/12 発売) 定価 (¥2,160)
立川バスオリジナルセットU (2台セット・限定 4,000 個・2014/8 発売) (定価 ¥1,900)
を売っているようです.販売数限定の割には,発売から 2 年とか 2 年半とか経っていてもまだ売っているのね... ラッキーです.早速買っときましょう.

[★ザ・バスコレクション 立川バス・西武バス]

という訳で昨日水曜日はノー残業デーということでちょっと早く帰れたので,会社帰りに寄って来ました.バス案内所って言っても,要するに定期券発売所なのね.オリジナルグッズも売っているというので,もっと大きな施設かと思って行ったら,単なる有人の切符売場がふたつあるだけなので拍子抜けでした.そこにいたおばさまたちに,直接注文する方式.リラックマバスは実物は 1 台ずつしか存在しないようですので,複数あってもしょうがないので 1 セット,通常版の方はにぎやかしになるので 2 セット購入しました.
オリジナルセットUに入っているバスは,全国バスコレクション第 8 弾のものと同じかと思っていましたが,違いました.リラックマバス含め,立川バスはこれで 5 種類揃ったことになります.オリジナルセットUは 2 セット買いましたので,うち 2 種類は 2 台ずつ重複しますが,まぁいいでしょう (方向幕等のシールも入っていましたので,こだわるのであればそれに貼り替えれば違うバスがきちんと揃います.けれど,しょせん情景パーツゆえ (バスヲタの皆さまには申し訳ないけれど,私はバスヲタではないし) そこまでする必要はないでしょう...).

[★すみっコぐらし ラッピング立川バス 立12-1系統 箱根ヶ崎東口行き M971]

さて,このミニカーを買いに行ったとき,こんな別のキャラクターバスを偶然見かけました.こいつのミニカーは出ていないようですが,そのうち出るのかな? 8,000 個とか 4,000 個しか作っていないのにまだ売れ残っている以上,少なくともそれらの在庫が捌けるまでは出ないかな?




ここまでの支出額 ¥258,182
今回の買い物
・TOMYTEC 立川バスオリジナルリラックマバスセット (2台セット・限定8,000個) ¥2,160
・TOMYTEC 立川バスオリジナルセットU (2台セット・限定4,000個) ¥1,900×2
・TOMYTEC JB017 全国バスコレクション第 8弾 立川バス (2014/8 発売) ¥820
・TOMYTEC JB023 全国バスコレクション第11弾 西武バス (2015/4 発売) ¥812


 

posted at 00:00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)