レイアウトプラン紹介 (準備中)
2016年08月10日 (3)

室内灯自作

今日からお盆休みです.今年は家族のそれぞれの都合で,せいぜい私の実家にちょこっと行って用事を済ませるくらいで遠出の予定はなし.それ以外はレイアウト三昧です (`・ω・´) 本当は,レイアウトを置いている嫁さん実家の庭の草取りとか,畑仕事とかもやらないといけないんですけどね.こう暑くちゃなぁ...


Amazon とマルツオンラインとに頼んでいた,室内灯自作に必要なパーツが先週末,同時に届きました.それぞれ,送料無料・送料を安く上げるためにクロネコ DM 便 (旧メール便) 発送ですが,3 日ほどで届いちゃうんですね.十分な早さです.Amazon のマーケットプレイス商品だったテープ LED はてっきり,海外 (具体的には中国...) から届くんだとばかり思っていたのですが,国内発送でびっくりです.やっぱり,何でこれが送料込み ¥300 なのか全く判らん.クロネコ DM 便は最高で ¥164 らしいので,¥300 の価格の半分くらいは送料が占めているはず (まとめ買いされた方が業者としては送料が浮くのでうれしいのでしょうね).ってことはこれ,下手すると 100 円ショップで売っていてもいいレベルの商品なんですねぇ...

残りの必要部材を調達するためにまたまたホームセンターに行って,室内灯の配線に必要な銅板を買って来ました.0.1mm のものは結構な大きさでしか売っておらず (でも売ってるんだな〜),たかがこんな素材が ¥1,980 もしました.死ぬほど部品を取れますが,100 両分 (400 枚) としても 1 両分は ¥19.8 となってやや高めですね.それでも,既に調達しているテープ LED (1 両分 ¥6)・ブリッジダイオード (同 約 ¥38) と合わせて,1 両分の部材費は ¥64 くらいしかしません (はんだ代除く).買った場合の 1/6 くらいなのでまぁいいかな.


[★ブリッジダイオード DF10 試験点灯]

1. まずは試験点灯です.テープ端からリード線が +/− それぞれ出ているので,安定化電源に接続して,12V まで電圧を上げました.当たり前ながら見事に点灯します.3V くらいから反応しているのが判り,8V でだいぶ光量が増えます.

[★DF10 に銅板をはんだ付け]

2. 購入したブリッジダイオード DF10 の入力側に,細長く切った銅板をはんだ付けします.

[★テープ LED に銅板をはんだ付け]

3. 購入したテープ LED は 5cm 間隔で切断可能 (途中で切ると発光しません).N ゲージの車両には 2 つ分 10cm だとちょっと足らず,3 つ分 15cm だと余って,悩ましいところ.2 つだと,例えば E259 系だと,車両両端の乗降口から光が漏れません...

[★ 銅板を床下に這わす

4. まずは,2. で作ったブリッジダイオードを車両に組み込みます.純正の室内灯のために用意されているのであろう,集電板と確実に接触させるための出っ張りが床下にあるので,そこまで銅板を這わせ,余分なところはカットします.

[★(後日更新予定)]

5. ブリッジダイオードをこんなふうに室内に組み込みます.はんだ付け位置を工夫すれば,割合ぴったり収まります.

[★(後日更新予定)]

6. 次に,3. で作った LED を車両ボディ天井に張り付けます.2 つ分 10cm だと簡単に収まりますが,3 つ分 15cm にしたときにどう収めるかが困るところ...

[★(後日更新予定)]

7. 6. で貼り付けた LED から延ばしてある銅板を,5. でセットしたブリッジダイオードにはんだ付けします.こちらは +/− が決まっているので,間違えないように.

[★ E233系0番台に組み込んだ室内灯]

8. 車体を元に戻して完成!


……けれど,結構ちらつきます.調べてみると,純正の室内灯を使ってもちらつきには皆さん相当苦労しているようです.となると,自作だからちらつくという訳ではないのでしょうか? 6 両×2 編成分を作るだけで,一晩かかってしまいました(;´Д`) 材料費がいくら1/6 とはいえ,コストパフォーマンスを考えると,自作は割に合わないようにも思います(´・ω・`)
さらには,動力車の場合,このやり方で作ると点灯しませんでした.どうやら,動力車はシャーシが鉄?で出来ていて,4. で組み込んだ銅板がショートする模様.でもなぁ,純正品も同様な構造のはずなんですが... 何でだろう? 私の場合,カプラーが取り付けられている部分を外すと点灯し,それを取り付けると点かない状態でした.その部品で銅板が圧迫され,シャーシに密着するためではないかと思います.このあたりは今後,要検討です...

また,テープ LED とブリッジダイオードとの接続は 3./7. のように銅板としましたが,ここは単純にコードの方が,取り回しがよいようにも思いました.これも今後要検討です.

うーむ,それにしてもちらつきが気になって,これなら,室内灯は要らないんじゃないかとすら思います... (´・ω・`)




ここまでの支出額 ¥287,253
今回の買い物
・銅板 0.1mm×365×600mm ¥1,980 (100 両分?,1 両分あたり ¥19.8)


タグ:LED 車両 室内灯
posted at 00:00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)