レイアウトプラン紹介 (準備中)
2016年09月01日 (4)

電球色テープ LED 購入

[★ テープ LED 電球色] ネットで知った情報を元に部材を購入して,テープ LED を使った自作室内灯を組み込んでいます.今のところの装備状況はこんな感じ.

組込済み
  • E233 系 0 番台 H 編成 6 両 (中央・青梅線)
  • E233 系 0 番台 T 編成 6 両 (中央・青梅線)
  • E259 系 6 両 (中央線,成田エクスプレス)
  • E233 系 8000 番台 6 両 (南武線)
未組込
  • E257 系 0 番台 9 両+2 両 (中央・青梅ライナー,あずさ,かいじ)

残るのは E257 系だけで,いつもレイアウトに置いている E257 系は青梅ライナー運用を反映して付属編成を除く 9 両のみ.なのでひとまずあと 9 両を処置すれば,全車両に室内灯組み込みが完了します.が,モチベーションがイマイチ上がらず,作業は停滞しています(^_^;

そんな状況にカツを入れるべく,電球色のテープ LED を買いました.白色に較べて黄色?のこれは割高なのですが,Amazon で調べみたら大した差はなく,たった今だと白色の最安値が ¥270 なのに対し,電球色は ¥329 と,「割高」といってももーどーでもいいくらいの差です.白色を買った業者だと,白色・¥270,電球色・¥450 とちょっと差があって電球色が高いので,今回は最安値で出している別の業者に発注してみました.
これもメール便ですぐさま到着.見た目は白色のと全然違いますが,まぁ問題ないでしょう.早速試験点灯してみます.いい感じで色味に差が出ていますね (^^)

[★ サロハ E257 0 番台 車内] この電球色 LED は,E257 系のサロハ E257-0 にて使う予定です.サロハ E257-0 は,半室 (7 列) がグリーン席,半室 (6 列) が普通席で,グリーン席と普通席部分とでは室内照明が違います.……と思って,この間乗ったときに確かめてみたのですが,実際の照明の色は白色なんですよね.内装が木目調で茶色なので,それに反射して電球色っぽく見えるだけなんですね.
の画像はコンデジでホワイトバランスをオートで撮ったもので,色は無加工です.「記憶色」としてはこんな感じか,これだとやや黄色が強いかなくらいかも知れませんが,実際にはもっと白いですね.マウスを画像の上に乗せてください.色が変わります.実際はせいぜいこれくらいでしょ... (マウスを乗せた状態の大きな画像はこちらです)




ここまでの支出額 ¥330,535
今回の買い物
・LED テープライト 電球色 5m 300連 ¥329 (50 両分,1 両分あたり ¥6.58)




タグ:LED 室内灯
posted by tachikawa at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
2016年09月02日 (5)

E257 系 0 番台のサロハ

車両をレールに並べると,これが何号車なのか,どっち向きなのかすぐに判らなくなります.何号車なのかは,Wikipedia に載っている編成表をコピーし,すぐに参照出来るようにしているのと,E233 系だと車体に号車番号がプリントされているのですぐに判ります.しかし,どっち向きなのかは鉄道オタクではないので(^_^; 残念ながら判りません.って,ずぼらなだけでしょうが,中央線・南武線はどっちが 1 号車かなんて,覚えてないんだよな... (成田エクスプレスは,覚えやすいのでグリーン車が成田空港方の先頭車両と判っており,それが 1 号車なのか 6 号車なのか判らずとも問題ないのですが)

さて,そういう状態で,車両をメンテナンスしたり脱線から復旧させたりするたび,「これは何両目? どっち向き?」と混乱しているのですが,E257 系のサロハ (半室が普通席・半室がグリーン席) だけ,どうも腑に落ちないでいました.というのは,まずは手許の編成表に基づいて編成しますが,E257 系は特徴的な斜めの帯のデザインが入っていますので,まずは東京方なり高尾方なりの先頭車両を決めれば,ほかの車両の向きも自動的に決まります.帯の斜めの方向を合わせればよいので.
そのように編成してみると,サロハ E257 の向きがどうも違うように思います.中央ライナーで帰宅するとき,新宿駅や東京駅で乗車すると,進行方向である高尾方に進むとグリーン席だったはずです.ところが,上記のように編成した車両を見ると,東京方にグリーン席があります.あれれ?

と思って車両をよくよく見てみると,確かに,サロハE257 だけ座席の向きがほかの車両と逆になっています.あれれ? そこでさらに調べると,私にとっては衝撃的な結果が...
あの特徴的な帯の方向は,サロハだけ違うんですね! 8 号車のサロハ以外は,この方向です:

←高尾方 
 
 
 
 東京方→

サロハ E257 を含め全車両をこの方向に合わせると,サロハの向きがおかしくなってしまうんです.実は,こうでした:

←高尾方 
  グリーン車
 
 
 東京方→

Wikipedia の E257 系のページだと,同一方向から撮影しているのか,そもそも同じ場所で撮っているのかが判りづらいですが,

js3vxw-02.cocolog-nifty.com
JR東日本_E257系 基本番台 中央線 特急 あずさ かいじ 用
のページだと判りやすいです.あるいは,以下の動画でもよく判ります.
こんなデザインになっているとは知らなかったなぁ...



タグ:鉄道 E257系
posted by tachikawa at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
2016年09月03日 (6)

コキ 350000 の反射板装着

[★TOMIX 2741 コキ 350000]生まれて初めてピンバイスを買い,送電線鉄塔の碍子に穴を開けて 0.2mm のピアノ線を通してみました.そこで買ったピンバイスを使って,早速,以前買ったコキ 350000 に反射板を装着しました.

こいつは,反射板が別パーツになっていて取り付けられていません.'非デッキ側' (こちらが 1 エンドなんでしょうか?) はランナーから外した反射板を外してそのまま付ければよいのですが,'デッキ側' はなんと,'手すり部' を外して,貫通していないところを "0.5mmのドリル刃で、裏面の準備穴(凹み)を貫通させます" という手順が必要なんです.面倒臭過ぎでしょ,それ... というか,ピンバイスや 0.5mm のドリル刃なんて持ってないから,ふつー (´・ω・`)

ともあれ,ピンバイスは買いましたので,ドリル刃も買い足してみました.前回買ったのは 0.3mm のドリル刃 2 本セットで ¥880 でしたが,Amazon で今回買ったのは 0.2〜1.6mm までの 20 本が入ってなんと ¥1,276.1 本あたり ¥64 弱です.品質が全然違うのかも知れませんが,何だか,訳判りませんね(;´Д`)
買ったドリル刃を使って,問題なく穴も開けられ,このように無事,反射板を装着出来ました.




ここまでの支出額 ¥331,811
今回の買い物
・リリーフ(RELIFE) 極細マイクロドリル刃セット0.2〜1.6mm 20本組 ¥1,276




posted by tachikawa at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
2016年09月04日 (7)

サロハE257-0 室内灯装着

[★ KATO 10-433 サロハ E257-0 へのテープ LED 自作室内灯組込み] サロハ E257 に組み込むために,電球色のテープ LED を購入し,到着していました.平日はなかなか時間が取れないので,待ちに待った週末の今日,早速組込みました.
ん〜,既に手慣れた作業だと思っていたのですが,今回はなぜかちょっと苦労しました(^_^; 今までと同じように作業したはずなんですけどねぇ... ブリッジダイオードの足を 2 回も折っちゃいました (´・ω・`)
いったん頭を冷やすべく,立川駅構内のバラスト散布作業をしたりして時間を置いて再度挑戦.今度はうまく行きました.

そんなこんなで,ブリッジダイオードを 2 つ (¥76 相当) 無駄にしつつ,まぁ,どうにか成功.グリーン席側の半室を今回購入した電球色テープ LED を,普通席側の半室は今まで使っていた白色のテープ LED を使用しました.やっぱり,グリーン席側の黄色が強過ぎるようにも見えますが,微妙な差しかないと,せっかく作り分けても意味がないかも知れませんので,こんなもんでもいいかも知れません.

KATO の E257 系 (10-433・10-434) は古い製品のためか,これまで装着した E233 系・E259 系と作りが違っているため少し戸惑いました.台車がネジ止めになっていて,ネジを外さないとシャーシと車内パーツとを外すことが出来ず,少し面倒でした.
さて,今回は苦労してやっとこさっとこ取り付け完了したのですが,走行させるとこれまた致命的にちらつきます(;´Д`) レールを徹底的に清掃 (やすりがけ) するのと,車輪を取り外してアルコール系のうすめ液で清掃することによってちらつきを改善しましたが,こいつの場合は原因がまた違うような感じです.どうやら,車両の構造が違うため,きちんと集電シューから集電板に電気が伝わっていない気がします.
(自作室内灯の,集電板と接触させるための銅板に直接電源を接続すると問題なく皓々と光りますが,車輪に電源を接続してもダメです.特に,ダイオードを設置したのとは反対側の車輪に給電しても,まったく光りません...)

さぁて,どうしたもんかな... 自作室内灯を組み込んでいないのはこれであと 8 両となりましたので,この勢いで一挙に全車両への組込めるかも?と思っていたのに,1 両に思わぬ時間がかかってしまい,かつ,結果もまたこんな状態では,残り 8 両分の作業には躊躇してしまいます...



 

posted by tachikawa at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
2016年09月05日 (1)

ルミネ立川駅ビル建設の検討

[★ ルミネ立川駅ビル]さて,昨日の日曜日は合間の時間でこんなこともしてみました.立川駅の再現を目指すレイアウトの作成作業はまだまだ序盤ですが,だいぶ色々と先が見通せるようになって来た気がします.そこで,立川駅北側駅前広場の検討をしてみました.

パワーユニットを置いている,正面というか,自分が座る定位置の反対側の青梅線山岳地帯? (青梅〜奥多摩駅間をイメージ) をどうするかが最大の課題かな.そこには本当は「山」を置きたいのですが,傾斜を付けるには距離が足らないことが判って来たので悩み中です.手前の立川駅の北側には当然ながら,現実世界同様に,駅ビルと駅前ターミナルを作ろうと思っています.伊勢丹とかビックカメラあたりまでは作らなくていいかな.バスターミナルまででいいかなと思っています.
そこでまずは,立川駅北側にある「ルミネ」が入っている駅ビルの大きさを調べてみました.公式サイト等にはビルの大きさは載っていなかったので,Google マップ・Earth を使って簡易的に計測してみたところ,ビルは 9 階建てで高さは 55m (ただし,機械室?等がある '出っ張り' 部分までの高さ.それ以外の場所は 45m),幅 (東西の線路と並行方向) 140m・奥行 (南北) 40m くらいのようです.
この 55×140×40m を 1/150 にすると 36×90×26cm くらい (もともとの測定誤差があるので,大雑把に計算することにします).試しに,スタイロフォームをその大きさに切ってみました.建物っぽく仮組みして,駅北口広場建設予定地に置いてみます...

あれ? やけに大きいな (汗 鉄道模型のジオラマ (レイアウト) を作っているのか,街の模型を作っているのか判らなくなってしまうような偉容を示しています.計測・計算には間違いないはずなので,これがスケールに忠実な姿のはずなんですが... いやいや,それにしてもデカ過ぎで,こんなんじゃ駅前バスターミナルを作る余地すら残っていません.

あー,ひとつ気が付きました.本当はもっと横に長い立川駅を,レイアウトを 6 畳間に納められるよう,東西方向を大幅に縮小してるんですよね.立川駅の再現,ではなく,縮小立川駅の再現,だったのでした.例えば,最大で 12 両 (6 番のりば) 停められるところを,半分の 6 両しか停められないように縮小してしまっています.これに合わせるとすると,ルミネの駅ビルも概ね半分の横幅にしないといけませんね.でもな〜,横幅に合わせて奥行・高さまで変えると,比率は維持出来ても,9 階建てビルに見えなくなるとか,別の違和感が生じるかしら?
でも今のままでは明らかに変に感じるので,比率を維持して半分にした,18×45×13cm くらいで検討し直してみたいと思います.



posted by tachikawa at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
2016年09月06日 (2)

THE カーコレクション 第15弾 (226) 日産ティアナ 黒(個人タクシー)

[★ THE カーコレクション 第15弾 (226) 日産ティアナ 黒(個人タクシー)]既に書いているとおり,立川駅北口にあるバスターミナルを再現するため,立川バスと西武バスを買い集めてみました.当然,そのすぐお隣りのタクシープールも再現したいですよね.ここには何社かのタクシーが乗り入れているようですが,黒いやつが多いようです.ずらっと並べたいなぁ... (*゚ー゚)

ということで,ヤフオク!で手軽に手に入るものをまずは買ってみました.ジオコレの中のザ・カーコレクション 第15弾に含まれている「日産 ティアナ 黒(個人タクシー)」です.あまり人気がないらしく,定価 (税込み) ¥313/台よりお安いお値段で落札出来ましたので,6 台一挙に導入.
本当は 10 台くらいは欲しいところですが... まだ,北口にあるルミネビルの大きさも決まっていない状況で,タクシープールをどれだけ取れるかも判っていないので,まずはこれくらいでもいいかな.

あ,これ,「個人タクシー」なので,本当はこんな風に何台もあるのはおかしいんだけど,まぁそれは気にしない方向で... (*゚ー゚)




ここまでの支出額 ¥333,791
今回の買い物
・THE カーコレクション 第15弾 (226) 日産ティアナ 黒(個人タクシー) ¥330×6


posted by tachikawa at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
2016年09月07日 (3)

コキ350000 追加配備・THE カーコレクション

崎駅近くにて打ち合わせがあったので,帰りがけにまたまたポポンデッタ川崎に寄ってみました.車載前面展望動画を撮影する HX-A1H-D を搭載するためにコキ 350000 を以前買ったのですが,まだあったのでもう 1 台購入.コキ 350000 は 20m 級貨物車で,N ゲージのこれは 140mm あります.搭載する HX-A1H-D の全長は 83.1mm.A1H を載せるにはちょっと長過ぎるんですよね.
なので,コキ 350000 の全長を短縮するという改造が出来ないかな,と... 1 台しかない手持ちのコキを改造して失敗してしまうと,A1H を搭載する貨車を失ってしまいますので,改造する前に,予備 (改造用) にもう 1 台確保しておこうと考えたためです.¥864 であればお気軽に投資・チャレンジ出来ます :-)
今回入手したコキ 350000 の改造は,週末あたりに時間が取れたらやってみようかと思います.

スばっかり買っても仕方ないので,収集?の方向をバス以外のクルマに変えないといけませんね.そんな私におあつらえ向きな,"THE カーコレクション 第14弾" が売られていましたので,とりあえずふたつ購入.この Vol.14 にはトゥデイもラインナップされているのですが,トゥデイは嫌だなぁ... 私の立川駅縮小レイアウトは時代設定は現代,たった今ですから,トゥデイはちょっと古過ぎます.
帰宅してから箱を開けてみようとしたら... あれ? 底から既に開けられているようで,セロハンテープで留められています.ん? よくよく見ると,店が貼った商品ラベルに「ワゴンR黒・ワゴンR青」なんて書いてあります.あれれ? もうひとつには「アイミーブ白・アイミーブ銀」の表記が.しかも,ワゴンR のほうは税込み ¥925 の表示が.げげげっ,これって定価は ¥648 (税別で 1 台あたり ¥300) なのに,ワゴン R は 40% を超えるプレミア価格だったのですよ(;´Д`) そういうことか... ブラインド販売のこれをいったん全部開けて,中身を確認して車種別に入れ替えて (? 1 つの箱には 1 車種しか入っていないんでしたっけ... であれば入れ替えずに中身を確認しているだけですね) 売っていたんですね.しかも,一部車種?は定価を超える金額を付けているという... そんなのに全然気が付かず買っちまいましたよ(´・ω・`) 今回の購入金額は 4 台合わせて ¥1,573.1 台あたり ¥393.25 なので,1 台ずつネットオークションで落札して送料をかけて送ってもらうのとちょうど同じくらいの金額ですが,自分の散漫な注意力に脱力です... ┐(´〜`)┌
でもなー,トゥデイは時代が合わないので嫌だし,いくら現実世界でもたくさん走っているからと言ってワゴン R が 4 台あってもそれはそれで微妙です.ワゴンR・i-MiEV が 2 台ずつってのは,結果的に結構いい感じのラインナップ.もしも,こうした売り方をしていることに気付いても,同じものを買ったかも知れません.そう考えれば,引きがよかったと考えるべきなのかも?




ここまでの支出額 ¥336,228
今回の買い物
・TOMIX 2741 コキ350000 ¥864
・THE カークレクション 第14弾 (196) ワゴンR 黒・(198) ワゴンR 青セット ¥925
・THE カーコレクション 第14弾 (202) アイミーブ白・(203) アイミーブ銀セット ¥648




posted by tachikawa at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
2016年09月08日 (4)

ピンバイスで穴を開けてピアノ線を張る! Part U

[★ 高圧鉄塔に電線を張る]この間の土曜日,コキ350000 にピンバイスを使って反射板を取り付けました.ピンバイスを取り出したついでに,高圧鉄塔の碍子にピンバイスで穴を開け,送電線を張るのをお試しで 1 か所だけ以前やってみた続きを実施しました.とはいえ,なかなか面倒な作業ですぐ飽きてしまいますから,4 基持っている高圧鉄塔のうち 2 基の合計 10 か所 (2 か所は前回加工済み) のみを加工しました.これでちょうど半分の加工作業が終わったことになります.
この作業で,2 基については 6 か所の碍子全部加工終了しましたので,2 基 1 区間分,ピアノ線で送電線をを全部張ることが出来るようになりました.
ピンバイスの使い方・碍子への穴開けもかなり慣れて来て,この高圧鉄塔の碍子への 0.3mm のピンバイスでの穴開けは,技術的には確立された感じです :-)


さて,今後の問題はふたつ.ひとつめは,ピアノ線をどうやって固定するか.今は仮に,碍子を通過させているだけですが,碍子のところで接着するしかないかな.もうひとつは,50cm のこのピアノ線をどうやって接続していくかですね... 高圧鉄塔の間隔はこのピアノ線の長さに合わせて約 50cm 間隔としようかと思っています.そのときにピアノ線同士をどうつなぐかが問題.碍子の中でうまく,左右から別々のピアノ線を挿し込んで,接着・固定出来るかな?

ところで今気付いてしまいましたが,50cm と言えば実スケールでは 75m.75m 間隔で高圧鉄塔が設置されることになる訳ですが... 調べてみると,自宅近辺の高圧鉄塔は直線部では 200〜700m くらいの間隔で建てられており,75m ってのは折れ曲がっているところを除けば存在しませんねぇ... (くねくねと折れ曲がっている部分では 45m くらいってのもありましたが)
うーむ,実感的にするには,わざと右へ左へと折れ曲げる必要があるのかも??



posted by tachikawa at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
2016年09月09日 (5)

THE カーコレクション 第6弾

[★ TOMYTEC THE カーコレクション Vo.6 コンパクトカー編 MAZDA DEMIO] そういえば昔,ミニカー収集を趣味としていた時期が数年間ありました.このブログのプロフィール欄にも書いているとおり収集癖がありますので,常に何か集めている気がします(^_^; たまたまその数年はミニカーだったってことですね.100 台ほど集めて当初の目標としていたものを集め尽くしたのと,その当初目標から外れて違う方向のものも集め始めた結果,足を踏み入れたその世界は 1/43 なのに 1 台で 1 万円を余裕で超えるものばかりという世界に嫌気がさして,ミニカー収集からは足を洗いました.

そういえば,そのとき買った「当初目標から外れて違う方向のもの」の中に,そういえば 1/150 も何台かあったはずということを思い出しました.早速,当時作ったコレクションリストの Excel ファイルを探し出します.確かにありました.ザ・カーコレクション Vo.6 コンパクトカー編としてリリースされた,マツダデミオの 3 色です.ちょうど 10 年前に買ったものです.
保管場所も書いてあるので探してみると... おぉ,確かにありましたよ.当時の自分,偉い!(笑)

そのころのキャンペーンで入手した,ガソリンスタンドで給油するたびにひとつのパーツがもらえるのだったか,3 つのパーツを集めると完成するガソリンスタンドのおもちゃ (フィギュア?) もあったのでした.当時,3 台の DEMIO と一緒に飾っていたものです.ジオコレではないので作りはとてもちゃちですし,ノンスケールであり得ないデフォルメのため,N ゲージレイアウトに使う訳にはいきませんが,今回の 3 台の DEMIO のレイアウト内での居場所が決まるまでは,これまでどおりガソリンスタンドとセットでいてもらいましょう.
むむ,そういえばガソリンスタンドもレイアウト内に欲しいな...





posted by tachikawa at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
2016年09月10日 (6)

コキ350000 改造

[★ コキ225000]今週買った 2 両目の TOMIX 2741 JR貨車 コキ350000形(コンテナなし) の全長縮小改造をしてみました.の画像はいきなりの完成画像で,このとおり,前面展望動画撮影用のウェアラブルカメラ Panasonic HX-A1H-D を積載したときにちょうどの長さになっています.手前が改造前のコキ350000です.
(この角度だと,コキ350000との長さの差が判りづらいですかね...)
このままですと A1H がカーブで転がり出ますので,実際の '運用' の際はビニールタイで縛り付けています.ワンタッチで,しかも水平出し不要になる固定方法があるとよいのですが... コンテナ固定用の 'ツメ' をうまく活用出来ないかな?

さて,改造方法というほどのものでもありませんが,工程は以下のとおりです:


[★ コキ350000 (裏面)]

1. コキ 350000 の裏面です.これ,2 つのパーツから車体が成り立っています.目立ちづらいですが,赤丸を付けたところに (赤丸は 1 か所だけですが合計 4 か所あります) シャーシ本体と金属製の補強パーツ?を接続するための突起があります.これは単に,金属製パーツに貫通しているだけでなく,先端がリベット状につぶされているようで,このままでは金属製パーツは抜けません.仕方ないので,この 4 か所の先端部分をラジオペンチで潰しました.その後,ちょっとこじると金属製パーツが本体と分離出来ました.

[★ コキ350000 (裏面)]

2. で,いきなりの(^_^; ほぼ完成画像.コキ 350000 の車体を 2 か所で切り,両側を貼り合わせます.剛性確保のために金属製パーツを再利用しようかと思ったのですが,面倒な感じだったので,塩ビ板を切って,補強パーツを作成.それをシャーシ内側からこのように貼り付けます.

もしこの状態で強度が足らず,車体が折れてしまうようであれば,本体シャーシと補強パーツに 2 か所ずつ穴を開けてネジ止めするしかないかなと思います.あるいは,シャーシ上面にも補強板を渡す方法でもよいかも知れません.まずは様子見です.

[★ コキ350000 (裏面)]

3. 別にそのままでもいいような気がしますが,手許に,以前使ったホビーカラーの H24 オレンジイエロー (黄橙) があったので,筆塗りしてみました.

[★ コキ350000 (裏面)]

4. 完成! コキ 350000 では 132mm だった全長が 85mm と,83.1mm の HX-A1H に合わせて 35% 縮小しました.350000 の 35% 減は 225378 ですから,こいつをコキ 225000 と命名しようと思います :-)

よくよく考えると?,貨車の全長が HX-A1H に較べて長過ぎたら何がいけないんだって気が今さらながらしますが(^_^; ぴったりの方がいいに決まってるじゃないですか... たぶん.ってことで,自己満足ですが実施してみました.
あれ? もしかしたら,長い方が走行は安定するなんてことがあったりするのかな?




 

posted by tachikawa at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
Amazon.co.jpアソシエイト