レイアウトプラン紹介 (準備中)
2016年09月04日 (7)

サロハE257-0 室内灯装着

[★ KATO 10-433 サロハ E257-0 へのテープ LED 自作室内灯組込み] サロハ E257 に組み込むために,電球色のテープ LED を購入し,到着していました.平日はなかなか時間が取れないので,待ちに待った週末の今日,早速組込みました.
ん〜,既に手慣れた作業だと思っていたのですが,今回はなぜかちょっと苦労しました(^_^; 今までと同じように作業したはずなんですけどねぇ... ブリッジダイオードの足を 2 回も折っちゃいました (´・ω・`)
いったん頭を冷やすべく,立川駅構内のバラスト散布作業をしたりして時間を置いて再度挑戦.今度はうまく行きました.

そんなこんなで,ブリッジダイオードを 2 つ (¥76 相当) 無駄にしつつ,まぁ,どうにか成功.グリーン席側の半室を今回購入した電球色テープ LED を,普通席側の半室は今まで使っていた白色のテープ LED を使用しました.やっぱり,グリーン席側の黄色が強過ぎるようにも見えますが,微妙な差しかないと,せっかく作り分けても意味がないかも知れませんので,こんなもんでもいいかも知れません.

KATO の E257 系 (10-433・10-434) は古い製品のためか,これまで装着した E233 系・E259 系と作りが違っているため少し戸惑いました.台車がネジ止めになっていて,ネジを外さないとシャーシと車内パーツとを外すことが出来ず,少し面倒でした.
さて,今回は苦労してやっとこさっとこ取り付け完了したのですが,走行させるとこれまた致命的にちらつきます(;´Д`) レールを徹底的に清掃 (やすりがけ) するのと,車輪を取り外してアルコール系のうすめ液で清掃することによってちらつきを改善しましたが,こいつの場合は原因がまた違うような感じです.どうやら,車両の構造が違うため,きちんと集電シューから集電板に電気が伝わっていない気がします.
(自作室内灯の,集電板と接触させるための銅板に直接電源を接続すると問題なく皓々と光りますが,車輪に電源を接続してもダメです.特に,ダイオードを設置したのとは反対側の車輪に給電しても,まったく光りません...)

さぁて,どうしたもんかな... 自作室内灯を組み込んでいないのはこれであと 8 両となりましたので,この勢いで一挙に全車両への組込めるかも?と思っていたのに,1 両に思わぬ時間がかかってしまい,かつ,結果もまたこんな状態では,残り 8 両分の作業には躊躇してしまいます...



 

posted at 00:00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)