レイアウトプラン紹介 (準備中)
2016年10月01日 (6)

TOMIX 4023 変電所

[★ TOMIX 4023 変電所 (Amazon.co.jp の画像から) ] [★ TOMIX 4023 変電所 ランナー ] 唐突に,変電所を置こうと思い立ちました.前に Amazon を徘徊しているときに見つけてはいたのですが,あまりにもポップな色合いに引いてしまい,食指は動きませんでした.の画像は,Amazon.co.jp から拝借して来た製品画像ですが,これってあんまりな色合いじゃありませんかね...? Google 先生に訊いてみても,変電所でこんな色合いのところなんてやっぱりなさそうです.

が,よくよく考えればそんなの,塗装してしまえばいいんですよね(^_^; という訳でサクッと購入.変電所は ¥1,000 ちょっとしかしませんので,配送料無料にするため,買い足さなければなぁと思ってそのままになっていた島式ホームの延長部もひとつ追加しました.こちらも ¥1,000 強なので無事,送料無料です.って,Amazon.co.jp の策略に嵌められているのか,それとも,今すぐに調達しておく必要はないが,将来的には絶対に必要になるであろうものをこうやってちまちまと金額あわせのために買っているのだから賢い消費者なのか... いまいち判りませんな(;´Д`)
ともあれ,Amazon プライムを契約していなくとも,木曜日の夜のうちに注文しておけば週末の土曜日の午前中には余裕で受け取れてしまう Amazon.co.jp クオリティにはついハマってしまいます.

の画像は到着した "発電所 (キットタイプ)" のランナー.キットタイプ,つまるところプラモデルですな.仮組みしながら,あるいは,ある程度組み上げてから塗装していきます.
[★ TOMIX 4023 変電所 完成画像 ] で,完成したのがこれ.だいぶ落ち着いた雰囲気で仕上がったと思います.

変電所をレイアウトに置こうと思ったのは,既に購入・組み立ててある鉄塔とぴったりな組み合わせだろうと考えたためです.組み立ててみると,具体的に鉄塔とどう 'コラボ' させるとよいか,見えて来ました.
この変電所にはきちんと碍子が表現されていますので,鉄塔から高圧線を引き込んで電車に電気を供給するという線路脇によくある変電所を再現出来るんじゃないかと思います.




ここまでの支出額 ¥397,345
今回の買い物
・TOMIX 4023 変電所 (キットタイプ) ¥1,118
・TOMIX 4010 島式ホームセット (近代型) 延長部 ¥1,018




posted by tachikawa at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
2016年10月02日 (7)

続・道路製作

[★ 立川駅 レイアウト ] 先週,道路を作り始めました.今週はその続きです.最近忙しくて,なかなかレイアウト作成を進めることが出来ないでいましたが,昨日も変電所を作ったくらいで夜更かしせず睡眠時間を確保しつつそんなに遅くない時間に起床出来たのと,今日はやらなければならない用事が一切なかったので,今日はだいぶ進めることが出来ました.

ずはじめは先週+αの状況.買って来た発泡スチレンボード素板を道路の形に切り出して,道路の下に貼り付けました.これで線路とほぼ同じ高さになったので,踏切の前にいちいち坂を作る必要がなくなりました (道路より線路のほうが高いところも多いですが,前回書いたようにそうでないところもありますしね).

[★ 立川駅 レイアウト ]

に,余っているスタイロフォームとサブテレインを使って大まかな地形作りです.実は,この部分にはレイアウトボードにすき間があるので,ここにも発泡スチレンボード素板を使ってふたをしました.強度的には若干問題ありますが,レイアウトの移動はもはや考えていないので,大丈夫でしょう...
本当は,余っている発泡スチロール・スタイロフォームの切れ端をあちこちに詰めて,ゴミを減量するとともに地形も作ってしまう一石二鳥を狙った方がよいのかも知れませんが,「山」と違ってこの程度の地形だと,細かな発泡スチロールを接着する手間が面倒でいまいちやってらんない感じ... 発泡スチロール用ボンドは,5〜10 分待たなければいけないのが辛いです.そういえば,発泡スチロール用ボンドは 3 本目を使い終わり,買っておいた 4 本目に突入.今度ホームセンターに行ったとき,もう 1,2 本買っておくかな...

[★ 立川駅 レイアウト ]

の状態で,再度道路を仮置きしてみました.大丈夫そうです.この坂道がどれだけの勾配なのかは判りませんが,この道路を動く何かが実際に走る訳ではないのでまぁいいでしょう(^^; ぱっと見,あり得ないほどの急坂路にはなっていないように感じますしね.

[★ 立川駅 レイアウト ]

の次は地形作りです.今回は,だいぶ前にふたつ買ったプラスタークロスのうちのひとつがほんの少しだけ余っていたのでそれは使って使い切るとして,残りはケチってキッチンペーパー+石膏でやってみました.これはその途中の状況.
以前,どこかの地形作りでキッチンペーパー+石膏でやったときは比較的うまく行ったはずなのですが,今回はいまいちな状況.途中でプラスタークロスに切り替えました.ま,プラスタークロスを使わないままいつまでも在庫していても仕方ないですしね.それに,最初からプラスタークロスだけでやっているときよりは確実にプラスタークロスの消費量を抑えられたとは思うのでこれでもいいのですが.むしろ,今までほとんど使わなかった石膏を今回はかなり大量に消費しました.動かすつもりはないと言っても,レイアウトの重みが心配です...

[★ 立川駅 レイアウト ]

だ乾燥していないので完成ではありませんが,今日の作業はここまで.完全に乾燥したら,細かな地面の整形や塗装に進むことにします.

地盤作成作業と並行して,ちょっと前に買っておいた路面標示用のインレタアイシー フリーテープを使って,作成していた道路に車線等をペイントしました.
その作業で完成した道路を,途中まで出来た地盤に置いてみました.ふむ,細かいところでの調整はまだまだ必要ですが悪くはありませんかね.

という訳で今日の作業で出来た道路はこんな感じ.早速,路地で大渋滞していた車両の大半をこちらに移動してみました.今回作成した部分の道路への車両配置密度はこれくらいがいい感じですかね.こうやって配置してみて判りましたが,道路作成はあまり気を遣わなくていいんですね.失敗したところがあっても,車両で隠しちゃえばいいんですから(^_^; 既に作成済みの路地 (画像左下) にはせいぜい 1 台か 2 台のクルマを配置すればいいと思うのと,今回作成部分からもう少し車両を減らしてもよいかと思うので,クルマの数にはいくらか余裕がありますが,この調子で道路を延伸させていくとやっぱりクルマが足らないなぁ...
(バスは 24 台調達済みで,既に余っていますが (苦笑))

[★ 立川駅 レイアウト ]

posted by tachikawa at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
2016年10月03日 (1)

JR 東日本東京駅構内時計ブログパーツ

-東京駅・Tokyo Station Ctiy の情報満載-
東京ステーションシティ倶楽部

というページ (既に更新は停止されているようですが) で,東京駅構内で使われている時計をモチーフにしたブログパーツを配布しています.これって別に,東京駅だけじゃなくて管内?共通デザインのような気もしますが...

N ゲージレイアウトに関するこのブログにはうってつけのブログパーツだとは思うんですが,色味が合わないんですよね... ということで使っていないです.でもそのうち使いたくなるかも知れないので,そのときになって提供元が判らなくなってしまわないように,自分用メモとして紹介.


枚方市の税理士

それとは別に,なぜか税理士事務所がリリースしている "JR中央本線とけい" ってのもありました.これは,中央本線全駅を Wikipedia からデータを持って来て表示するようです.けどな〜,中央西線は関係ないしなぁ.って,四谷とかですらほとんど関係ない :-)
という訳で,こちらも貼りたい気はするものの,使っていません.

駅にある発車標をブログパーツ化したものが欲しいけれど,誰も作ってなさそうですね... Windows ソフトであれば

tht-software
LED発車標 2.52

がすごくよさそうです.

発車標だけであれば,

LED発車標 Wiki

なんてページがあって,駅・ホームごとの発車標の仕様が確認出来たり,GIF アニメ画像が置いてあったりしますが,残念ながら時間・ダイヤ連動ではないようです.このページのパーツを使って,LED 部分以外を CSS で書いてみました.こんなのが,現在時刻・実際の発車データと連動してブログパーツになっていると嬉しいのですが :-)

1
青梅線・五日市線
Ōme Line・Itsukaichi Line
 
拝島・奥多摩・五日市方面
for Haijima, Ōme & Oku-Tama
種別 行先 発車時刻 両数
3
中央線
Chūō Line
 
新宿・東京方面
for Shinjuku, Tōkyō
種別 行先 発車時刻
5
中央線
Chūō Line
 
八王子・高尾・甲府方面
for Hachiōji, Takao & Kōfu
一部 新宿・東京・拝島・青梅・奥多摩方面
Some for Shinjuku, Tōkyō, Haijima, Ōme & Oku-Tama
種別 行先 発車時刻
7
南武線
Nambu Line
 
分倍河原・登戸
武蔵溝ノ口・武蔵小杉方面
for Bubaigawara, Noborito, Musasi-Mizonokuchi & Musashi-Kosugi
発車時刻 行先

てか,南武線ホームには「川崎」って出てないんだな... 意外.



posted by tachikawa at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
2016年10月04日 (2)

特急「あずさ」号運行開始50周年記念イベント

10月15日 (土)・10月16日(日) に,

特急車両イベント・・・立川駅2番線
・特急車両を展示します。ご自由にご見学ください。
15 日:12 時30 分頃〜14 時頃
E257系1編成(現在の特急「あずさ」「かいじ」号に使用している車両です。)
16 日:11 時30 分頃〜14 時頃
189系1編成(かつて特急「あずさ」「かいじ」号として活躍した懐かしの車両です。)

というイベントがあるようです.10/15・16 の土日は予定ありませんが,ん〜,これまた微妙なイベントだな. E257 系は青梅ライナーとしてしばしば乗っているので別にどうでもいいし (2 番線に停まるのは珍しいですが),189 系の塗色は何だろう? 「あずさ色」や「グレードアップあずさ色」は好きじゃないんですよね.特に「あずさ色」は色褪せてる感じというか,地味な感じで... 鉄分多めだった中学生のころ,総武本線沿線に済んでいた私としては,189 系 (183 系) と言えば国鉄色なので.時間があれば行こうかな.
ところで,1 時間半〜2 時間半にわたって立川駅 2 番線をこれらの編成で占有することになる訳ですが,1 番線だけで青梅線って運用出来るのかな.

調べてみたら,休日ダイヤなので立川駅到着 (終着) の電車は毎時 08 分と 45 分くらいの 2 本,それが折り返す始発の電車が 35 分くらい (折り返し時間約 27 分) と 58 分くらい (同 13 分) の 2 本なので,1 番線だけで足りるんですね.それ以前・以降だとダイヤが過密になるので,この時間にイベントが設定されているんですな,なるほど...



posted by tachikawa at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
2016年10月05日 (3)

プラッツ 1/12 ザ・盆栽 プラスチックモデルキット

[★ ]
"盆栽が手乗りサイズのプラモデルになった「ザ・盆栽 プラスチックモデルキット」- GIGAZINE" 掲載写真へ直接リンクしています

そういえば,ちょっと前にこんな記事が流れていました.盆栽のさらに 1/12 スケールのプラモデルなんだそうです.高さは 5cm 程度の模様.ということは... 1/150 だとして考えると 7.5m 相当.なーんか,N ゲージレイアウト用のシーナリーとしてちょうどよくないですかね...?

10/21 発売の '壱' は松だそうで,それ以降発売の '弐' もあってこれも松のようです (の画像).この '弐' は,根本が盆栽特有の太さでちょっと太過ぎのようにも思いますが,全体としては松の大木のシーナリーとして使えそうな感じがします.'弐' 以降の発売日は未定のようですが,うーん,どうしようかなぁ,買ってみようかな?
お値段は '壱' で ¥1,300 強ですか.このお値段を出すのであれば 3cm の N ゲージ用の '木' が 50 本買えちゃいますからねぇ... 悩みどころですかね.
どうも彩色済みのようですが,あとはこれが「プラモデル」だというところだけが気になる部分です.店頭で '壱' を見て判断出来ればよいけれど,こんなの取り扱ってる店は身近にはないだろうなぁ(^_^;



 

posted by tachikawa at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
2016年10月06日 (4)

TOMIX パーツマニュアル更新

先日紹介した

4023 変電所 (キットタイプ) ¥1,100
の組み立て説明書 (マニュアル) のスキャン完了.これは可動部がある訳ではないので買う前に取説を見たいという人がいるのかどうか微妙なところですが (肝心の大きさも書いてありませんし.ちなみに,総合ガイドには書いてありますが,140mm(W)×70mm(D)×42mm(H) です),一応載せておきましょう.以前まとめたページでも今回追加分を含めて更新済み・ダウンロード可能です.


品番 取扱説明書名 画像
4023 変電所 (キットタイプ) 組み立て説明書 [変電所 (キットタイプ) 組み立て説明書] [変電所 (キットタイプ) 組み立て説明書]




posted by tachikawa at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
2016年10月07日 (5)

発泡スチレンボード素板

[★ 発砲スチレンボード素板 5mm ]以前,地面を表現するために発泡スチレンボード素板を買いました.これは A2 よりもちょっと大きいサイズで,1 枚 ¥628 もしました.発泡スチロールなら 3×3 (って何のサイズなんだろうと思っていたのですが「尺」なんですね.半間ですな.メートル法だと 910×910mm ですね) の 1cm 厚とかのものが同じくらいの値段で買えるので,発泡スチロールに較べて倍以上のお値段です.もちろん,仕上がりも全然違う (発泡スチレンボード素板のほうが木目が細かく,綺麗) ですが.
この発泡スチレンボード素板,カッターで切っても,発泡スチロールと違ってゴミが出ないので非常に使い勝手が高いです.木目も細かいので,グレインペイントで直接塗装すればアスファルトを表現出来ますので重宝しています.

そんな風に便利に使っているので,あっという間に A2 サイズを使い尽くしそうな勢いで,仕方ないのでまた買うか... と思っていました.そんな折,ふと勤め先の売店に行ったら,とあるパンフレットが山積みになっていました.それを使ってとあるサービスに申し込めばちょとした特典が付くという宣伝用パンフレットで,無料配布されています.1 冊手に取ってみると,これは書籍のような形になっており... なんと,わざと厚みを持たせるために 5mm 厚の発泡スチレンボードが使われています! 早速もらって帰って,分解してみました.これは素板ではなく,片面が白い紙貼り,もう片面にはパンフレットのメインコンテンツであるキャンペーンコードが記されたカードが付いている紙が貼られています.しかしこの両側の紙は簡単に剥がすことが出来ました.B5 サイズと少々小さいものですが,これで無事,発泡スチレンボード素板ゲット!
このパンフ (本?),あまり人気がないようなので,売店に行くごとに 1 冊ずついただいて来ることにしました.

日々の努力 (?) で,このパンフが売店からなくなるまで (私以外にも持って行く人が少しはいるようです) に 7 冊貰って来られましたので,ちょうど A2 サイズ分の面積を確保出来た計算です.B5 よりも大きなサイズを一挙に切り出したい場合には使えませんが,小さなサイズはこれで賄えますから,しばらくはホームンセンターで発泡スチレンボード素板を買わなくて済みそうです :-)

タグ:レイアウト
posted by tachikawa at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
2016年10月08日 (6)

送電鉄塔塗装&引き下ろし線作成

[★ ]先週購入・作成した TOMIX の変電所 (キットタイプ) と接続するため,以前買った送電鉄塔をさらに進化させました.きちんと調べてみるとどうやらこれではダメなようですが,この高圧鉄塔から,変電所に電力を供給するための '引き下ろし線' を再現してみようかと.以前,碍子にピンバイスで穴を開け,ピアノ線を通して送電線を張れるようにしていますが,さらにこの碍子に垂直方向にも穴を開けて,変電所に向けて電力を送る引き下ろし線を張れるようにしてみようというものです.

変電所建設予定地はまだ造成中のため固定していませんので仮置きですが,こんな感じでの実現を目指しています.ついでに (?) 全部の鉄塔が赤白カラーだとバラエティに欠けるので,グレーで塗装してみました.近くの模型屋でそれっぽいグレーのスプレー塗料を調達して,塗ってみました.こんなもんかな?
さらについでに,先週作った道路に貼ったアイシーテープやインレタがはがれないように,クリア (透明) のサフも買ってみました.これを吹いておけばアイシーテープやインレタがはがれなくなることを期待.




ここまでの支出額 ¥398,468
今回の買い物
・クレオス S13 Mr.COLOR SPRAY ニュートラルグレー ¥518
・クレオス B-514 Mr.SUPER CLEAR つや消し ¥605

むむ〜,間もなく 40 万円台の大台に到達... (*゚ー゚)




posted by tachikawa at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
2016年10月09日 (7)

地盤造成

先週行った道路製作の続きとして今日は,道路周辺の地盤作成を行いました.3 連休で比較的時間に余裕があって,たっぷりと時間を使った割にはいまいち目に見えての進捗がありません...

まずはいつものホームセンターに行って,消耗品類を補充.最後の 1 本を使っている発泡スチロール用ボンドと,先週だいぶ使って減ったので石膏 (2kg),それと,石膏を削るのに今まで紙やすりを使っていたのですが,石膏が完全に硬化しないうちにやすりがけするとすぐにぼろぼろになってしまい使いものにならないので,耐水ペーパーに切り替えることにしましたので,#100・#150・#400 それぞれの耐水ペーパーを.そして,あまり使いたくないのですがレールのやすりがけ用に #2000 も.
石膏を紙やすりで削っていると,完全に硬化している場合でもすぐに目詰まりしてしまい使えなくなってしまいますが,耐水ペーパーってそういえば洗えるんですね.なので,完全に硬化する前に使ってもぼろぼろにならないですし,目詰まりしても洗えば何度でも (少なくとも何度かは) 使えますので,紙やすりのせいぜい 1.5 倍くらいのお値段ですから明らかにお得ですね.初めから耐水ペーパーにしておけばよかった...

今日は,立川駅を出て中央線から分かれ西立川駅方面へカーブしていく青梅線と,その脇に先週作った道路との間の地盤造成をしました.この道路,現実には存在しませんがまぁいいでしょう(^_^; 坂にしちゃったもんだから,ストラクチャーを置くのが大変です.自然の山とか林とかならば坂のままで構いませんが,建物を置くとなると平面を確保しなければなりませんからね... 坂のある場所を全部段々畑とか林とかにする訳にもいかないので,一生懸命地盤造成です.
これが結構大変でした.初めは大まかに石膏を流して削って平面を出すという作業をしていたのですが,石膏が完全に硬化するには 1 日あってもダメそうで,時間がかかります.また,鉄やすり・紙やすりで削っても平面にはなってもきちんとした水平を出すのは非常に大変ということが判りました.
[★ ]これまで少ししか減らなかった石膏もがんがん減って行きます.こりゃヤバいってことで,上から 2 段目までは石膏で地面を作りましたが,3 段目と一番下の 4 段目は,以前買った発泡スチレンボード素板で地盤を成型することにしてスピードアップ,かつ,水平&平面出しもほぼ完璧でかつ,レイアウト重量軽量化も図れました.というか,石膏で一生懸命水平出しをしていたあの数時間は何だったんだというお手軽さです.石膏を使うにしても,土台程度に使うことにして,今後は地面は発泡スチレンボードにしよう... (汗

そしての画像が今日の状況.坂道の脇の下から 3 段それぞれの敷地には,駅近くに相応しいビルを置きたいですね.あるいはビルは交差点 (丁字路) のところまでとして,このあたりはもう住宅街としてもいいかな.いずれにせよ,配置すべきストラクチャーがもうありませんから,ストラクチャーもまた調達しないといけません.
それと,線路との間を少し空けているのは,ここは鉄道用地のためです.ここまでをバラスト撒こうと思っています.とはいえ N-PX280(F) の電動ポイントがありますから,このあたりでどばどばとボンド液を使う訳にはいきません.ここまで作成してふと思い付きました.このすき間にぴったりはまる部材を切り出して作成し,別の場所でバラストを撒いて作成し,最終的にここにはめ込むといいのではないかと思います.そうすれば,メンテナンスのときに取り外しも可能ですし,いいんじゃないかと.

ポイント周りでボンド液を使うのは御法度というのは理解しているのですが,ではどうやってバラストを撒けばよいのかがさっぱり判らない状態です.今回はその答えのひとつとして,別パーツ化を試してみます.部材の切り出しと治具 (?) 作成まではやりましたので後ほど記します.

今日はこれ以外に,変電所のすぐ下に設置予定の道路作成などもしつつ終了.送電鉄塔の碍子が取れちゃって再度付けるとか,そうした細々とした作業に時間がかかり,一挙には進みませんねぇ... てなワケで劇的には進んでいないけれど,まぁ進んだのかな.




ここまでの支出額 ¥399,652
今回の買い物
・石膏 2kg ¥498
・コニシ #11841 発泡スチロール用ボンド 100ml ¥398
・耐水ペーパー (#100) ¥55×2
・耐水ペーパー (#150) ¥55
・耐水ペーパー (#400) ¥55
・紙やすり (#2000) ¥68

40 万円超えは時間の問題... (~_~;


   

posted by tachikawa at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
2016年10月10日 (1)

TOMYTEC 建物コレクション 017 狭小住宅B ほか

前から行きたいと思っていた,自宅から比較的近い (と言ってもクルマで 30 分ちょっとかかりますが...) 場所にある鉄道模型専門店に行ってみました.今まで N ゲージ関連商品は Amazon・楽天・ヨドバシのネットショップのほかは,ヨドバシ・ビックカメラ・ポポンデッタのみで,専門店は行ったことがなかったので興味がありましたので...
行ったのは埼玉県飯能市にある "道楽ぼーず" というお店です.郊外 (田舎?) に店を構えているということもあってか,都心の店よりは規模も大きいのかも知れません.非常に充実した品揃えで,くらくらしました(~_~;.残念ながらクレジットカードが使えないのと,お値段が比較的高め (モノによっては定価の 20% OFF というのもたくさんあるようでしたが) なのが痛いですね.
本日は暗くなってから行ったので写真は撮れませんでしたが,店の前の野外には 5 インチゲージのレールが走っているという,色んな意味ですごいお店です...
[★ TOMYTEC 建物コレクション 017 狭小住宅B ]店内には欲しいものもたくさんあったのですが,とりあえず 3 つほど買って来ました.

まずは,以前,建物をいくつかまとめ買いしたときに欲しかったのだけれど,送料がかかる Amazon のマーケットプレイスや楽天では在庫があっても,Amazon.co.jp とヨドバシ.com には在庫がなくてあきらめていた建コレの '狭小住宅B'.今改めて見てみたら,2008 年発売なんですね.よくぞ残ってくれていました.Amazon・ヨドバシ以外でなら手に入りますが,そうした店で買う送料込み価格より安く入手出来たので満足です(^^)
早速組み立ててみました.青梅短絡線近辺の住宅密集地にありそうな狭小住宅で,レイアウトに似合うストラクチャーかなと思います.

それと,見つけてしまったので (?) スタジオミド製の「コインパーキング」.コインパーキングがないかなと何となく探していたんですよね... ありましたよっ,ってことで保護.ちょっと高いかな...

そして,鉄塔などの碍子用に白が欲しかったので塗料も購入.この店にはどんな商品があるか把握出来ましたので,Amazon.co.jp・ヨドバシにないものが出て来たときに探しに今度また来よう.




ここまでの支出額 ¥402,517
今回の買い物
・TOMYTEC 建物コレクション 017 狭小住宅B ¥953
・スタジオミド BD-05 コインパーキング ¥1,750
・Mr.HOBBY H-11 水性ホビーカラー つや消しホワイト ¥162

何度どう Excel で計算し直しても ¥400,000 を超えましたね...


 

posted by tachikawa at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
Amazon.co.jpアソシエイト