レイアウトプラン紹介 (準備中)
2016年10月09日 (7)

地盤造成

先週行った道路製作の続きとして今日は,道路周辺の地盤作成を行いました.3 連休で比較的時間に余裕があって,たっぷりと時間を使った割にはいまいち目に見えての進捗がありません...

まずはいつものホームセンターに行って,消耗品類を補充.最後の 1 本を使っている発泡スチロール用ボンドと,先週だいぶ使って減ったので石膏 (2kg),それと,石膏を削るのに今まで紙やすりを使っていたのですが,石膏が完全に硬化しないうちにやすりがけするとすぐにぼろぼろになってしまい使いものにならないので,耐水ペーパーに切り替えることにしましたので,#100・#150・#400 それぞれの耐水ペーパーを.そして,あまり使いたくないのですがレールのやすりがけ用に #2000 も.
石膏を紙やすりで削っていると,完全に硬化している場合でもすぐに目詰まりしてしまい使えなくなってしまいますが,耐水ペーパーってそういえば洗えるんですね.なので,完全に硬化する前に使ってもぼろぼろにならないですし,目詰まりしても洗えば何度でも (少なくとも何度かは) 使えますので,紙やすりのせいぜい 1.5 倍くらいのお値段ですから明らかにお得ですね.初めから耐水ペーパーにしておけばよかった...

今日は,立川駅を出て中央線から分かれ西立川駅方面へカーブしていく青梅線と,その脇に先週作った道路との間の地盤造成をしました.この道路,現実には存在しませんがまぁいいでしょう(^_^; 坂にしちゃったもんだから,ストラクチャーを置くのが大変です.自然の山とか林とかならば坂のままで構いませんが,建物を置くとなると平面を確保しなければなりませんからね... 坂のある場所を全部段々畑とか林とかにする訳にもいかないので,一生懸命地盤造成です.
これが結構大変でした.初めは大まかに石膏を流して削って平面を出すという作業をしていたのですが,石膏が完全に硬化するには 1 日あってもダメそうで,時間がかかります.また,鉄やすり・紙やすりで削っても平面にはなってもきちんとした水平を出すのは非常に大変ということが判りました.
[★ ]これまで少ししか減らなかった石膏もがんがん減って行きます.こりゃヤバいってことで,上から 2 段目までは石膏で地面を作りましたが,3 段目と一番下の 4 段目は,以前買った発泡スチレンボード素板で地盤を成型することにしてスピードアップ,かつ,水平&平面出しもほぼ完璧でかつ,レイアウト重量軽量化も図れました.というか,石膏で一生懸命水平出しをしていたあの数時間は何だったんだというお手軽さです.石膏を使うにしても,土台程度に使うことにして,今後は地面は発泡スチレンボードにしよう... (汗

そしての画像が今日の状況.坂道の脇の下から 3 段それぞれの敷地には,駅近くに相応しいビルを置きたいですね.あるいはビルは交差点 (丁字路) のところまでとして,このあたりはもう住宅街としてもいいかな.いずれにせよ,配置すべきストラクチャーがもうありませんから,ストラクチャーもまた調達しないといけません.
それと,線路との間を少し空けているのは,ここは鉄道用地のためです.ここまでをバラスト撒こうと思っています.とはいえ N-PX280(F) の電動ポイントがありますから,このあたりでどばどばとボンド液を使う訳にはいきません.ここまで作成してふと思い付きました.このすき間にぴったりはまる部材を切り出して作成し,別の場所でバラストを撒いて作成し,最終的にここにはめ込むといいのではないかと思います.そうすれば,メンテナンスのときに取り外しも可能ですし,いいんじゃないかと.

ポイント周りでボンド液を使うのは御法度というのは理解しているのですが,ではどうやってバラストを撒けばよいのかがさっぱり判らない状態です.今回はその答えのひとつとして,別パーツ化を試してみます.部材の切り出しと治具 (?) 作成まではやりましたので後ほど記します.

今日はこれ以外に,変電所のすぐ下に設置予定の道路作成などもしつつ終了.送電鉄塔の碍子が取れちゃって再度付けるとか,そうした細々とした作業に時間がかかり,一挙には進みませんねぇ... てなワケで劇的には進んでいないけれど,まぁ進んだのかな.




ここまでの支出額 ¥399,652
今回の買い物
・石膏 2kg ¥498
・コニシ #11841 発泡スチロール用ボンド 100ml ¥398
・耐水ペーパー (#100) ¥55×2
・耐水ペーパー (#150) ¥55
・耐水ペーパー (#400) ¥55
・紙やすり (#2000) ¥68

40 万円超えは時間の問題... (~_~;


   

posted at 00:00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)