レイアウトプラン紹介 (準備中)
2016年11月12日 (6)

立川駅北口 ペデストリアンデッキ 作成

[★ JR 立川駅 北口 ペデストリアンデッキ ]購入した津川洋行の 'デザインプラスチックペーパー ケンチ 150' を使って,立川駅北口のペデの作成を続けます.サフを吹いてから,先日購入したウッドブラウンのスプレーで塗装します.また,反りを抑えるために,裏側に 5mm 厚の発泡スチレンボード素板を貼り付けました.以前調達した発泡スチレンボード素板はこうして非常に役に立っています :-)
こうして加工したプラスチックペーパーを 2 枚使って「広場」を表現します.この 2 枚は,貼り付けた発泡スチレンボード素板が 5mm の厚みがありますから,小さく切った 1mm 厚の塩ビ板をそこにダボ代わりに挿し込んだ上で,発泡スチロール用とプラモデル用ボンドとを使って固定しました.その接続部分は綺麗な平面にはなっていませんが,やすりをかけてしまうと模様が消えてしまいますのでそのままとするしかないでしょう.
周囲には,ペディストリアンデッキのキットに付属していたフェンスをそのまま利用して取り付けました.

まだ仮組みですが今日のところはこんな感じになりました.全部の部品の高さを合わせて水平を出すのが難しそうです...
(厳密に水平を出す必要はないけれど,ある程度には水平を出さないと,複数ある「脚」が浮いたり余ったりしてしまってきちんと立たないので)
それと,このペデの下にあるバス停のメンテをしたり,見たりすることが出来るよう,このペデは (一部は固定で構わないので出来るだけ) 取り外し出来るようにしたいのですが,構造的にそれは難しそうだな...

ま,でもあと 1 日か 2 日間あれば,完成させられそうです.

posted at 00:00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)