レイアウトプラン紹介 (準備中)
2016年11月20日 (7)

立川駅北口アスファルト舗装

このところ,立川駅北口駅前を作っています.ペデストリアンデッキもだいぶ出来て来ましたので,これを固定するための '地面' 作成に取りかかりました.
[★ ]ずは,これまでも使っている塩ビ板を準備.ホームセンターに行って,910mm×600mm×1mm の塩ビ板を買って来ました.ってこれ,今まで使っていた (まだ使い尽くしていません) 910mm×450mm×1mm のものが ¥480 なのに,これは ¥958.こういうのって,大きい方が安いんじゃないの? 450mm のは 1cm2 あたり ¥0.11 だったのに,今回買った 910mm のものは ¥0.18 もして,60% 近くも割高ですよ... (´・ω・`)
今回は大きさ的に 910×600mm のが欲しかったので仕方なく割高な方を買って来てしまいました.

買って来た塩ビ板の幅はちょうどだったので,高さ方向だけを少し切って,立川駅北口に設置出来るサイズにします.以前もらって来た発泡スチレンボード素板を裏に貼って地面の基礎を作ります.

塩ビ板には保護のためだと思うのですが,剥がせる紙が貼られています.このため,下絵などを書けるので便利です.発泡スチレンボード素板で裏打ちした塩ビ板に,作成しているペデストリアンデッキを仮置きして位置をマーキング.それを元に,バス停の位置・道路の車線などを書き込んで,完成イメージとずれていないかを確認します.

[★ ]に,道路部分だけをカッターで切り,保護紙を剥がします.

保護紙が残っている,中央右側にある細長いふたつの部分はバス停です.本当は,立川駅北口のバスロータリーには 3 つのこうしたバス停 (ホーム) があるのですが,南北方向も縮小しているため,2 つにデフォルメしました.2 つでも十分に駅前バスターミナルの雰囲気は出ると思います (って,ペデストリアンデッキで大半が隠れちゃうんですが...)

[★ ]レインペイントで,道路部分を塗り塗り.グレインペイントは以前,4 個買ったのですが,既に 3 個目を開封していました.今回は 1.5 個分しか残っていなかったのですが,残念ながら全部を塗れず... 左 (東) 側のタクシープール部分を塗ることが出来ませんでした.ここは別途施工ですね.
困ったことに,途中まで使っていたグレインペイントと,今回新たに開封したグレインペイントとでは明らかに色味が違います.左上から塗り始めて,中央部まで来たところで開封済みのグレインペイントを使い終わりましたので,最後の 1 瓶を開封してバスターミナル (画像中央上部) や左半分の道路部分を塗りました.新たに開封したグレインペイントの方が少し青みがかっているように思います.乾くと気にならなくなるのかな?
ま,現実世界のアスファルトも,施工した時期によって黒さが全然違いますから,色が多少違っても問題ありませんし,ペデストリアンデッキで隠れる部分も多いので,大丈夫だとは思いますが.

[★ ]装後 12 時間経過した状態.それくらいあれば完全に乾燥するかと思っていましたが,まだ一部に湿った状態の場所が残っていました.
一部に塗り方が薄い部分が見え始めていますが,全体的に 'まだら' という感じになることはなさそうで,一安心です.

完全に乾燥してから次の工程に進みたいと思いますので,続きは次の週末です.


ここまでの支出額 ¥480,797
今回の買い物
・塩ビ板 (910mm×600mm×1mm) ¥958
posted at 00:00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)