出張ビジネスパック びゅう
レイアウトプラン紹介 (準備中)
2017年09月11日 (1)

E233系0番台 H編成 KATO から再発売ほか

E233系 0番台 (H編成) が 2018/1 に新たに発売されると,KATO から先日発表されました.品番は 10-1473/10-1474 で,いつものように (?) 6両基本セットと 4両増結セットの組み合わせです.6+4両の H編成なので,基本セットと増結セットとにきれいに分かれる訳ですが,せっかくなら,基本セット 6両だけで分割編成が再現出来るような構成にしてもよいのではと思います.まぁ,それだと増結セットがまったく売れなくなっちゃうかな...

10-1473 E233系中央線(H編成) 6両基本セット (定価 ¥17,820)
10-1474 E233系中央線(H編成) 4両増結セット (定価 ¥10,044)

E233系 0番台は既に,KATO から 3 回製品化されていて,今回のもので 4 回目です.T編成はそのうちの 1 回だけで,残り 3 回が H編成というのはちょっと意外ですね.H編成は青梅線・五日市線用というイメージが強いのですが,そういえば富士急行線への直通も H編成が使われるのでしたね.T編成は 42 本,H編成が 17 本,青編成が 6両が 10 本,4両が 8 本だそうなので,実車は圧倒的に T編成の方が多いのですが.

品番編成名プロトタイプ発売
10-54110-542H編成H462007/12・2008/6
10-801/10-802/10-803H編成H572009/7
10-1311/10-1312T編成T212015/10
10-1473/10-1474H編成H582018/1

(太字は所有しているもの)

鉄道模型を始めた昨年初夏からずっと欲しいと思っていたのですがなかなか手に入らず,探し始めて 1年近く経った今年の春,​10-541​/​10-542 を入手しました.もう 10か月くらい待っていればこの新品が手に入ったという訳なんですね... いやいや,待ちきれなかったな,たぶん (^_^;
それに,10-541 は ¥9,21810-541/10-542 のセットは ¥14,580 で購入しましたので,10-1473/10-1474 の本日現在の Amazon.co.jp での合計価格 ¥20,766 よりもだいぶ安く手に入っていますから,10-541/10-542 を中古で買ったのはそんなに悪い選択ではなかったかなと.

E233系0番台 H58編成 (立川駅 6番線)で,10-1473/10-1474 は,10-541/10-542から 10年以上経た最新製品ですから,どれくらいよくなっているか気になるところではありますが,たぶん買わないでしょうね.10-541 を買った後,10-542 だけを買えず,やむなく 10-541/10-542セットを追加購入してしまったので 10-541 は 2編成あるし,10-1311 も持っているしで,6両編成が 3 本,4両編成が 1 本既にありますからね.むしろ,新品在庫がなくなっていくであろう 10-1312 を早めに買って,T編成 10両 1 本,H編成 6+4両 1 本,青編成相当で 6両 1 本合計 3 本のフル編成構成にした方がよさそうです.
……と思ってからこれまでに撮った写真を見返してみると,あれれ,10-1473/10-1474 のプロトタイプとなっている H58編成,今年の春に撮影してます(^_^; 編成は 59 本もありますから,その中でこいつを撮影する確率は 1.7%.これは 10-1473/10-1474 を買えってことか... いやいや,止めておきましょう.


さて,この 10-1473/10-1474 と同時期に中央・総武緩行線用の E231系 500番台も発売されます.

10-1461 E231系500番台 中央・総武緩行線 6両基本セット (定価 ¥16,740)
10-1462 E231系500番台 中央・総武緩行線 4両増結セット (定価 ¥7,668)

これまで,中央線・総武線の緩行線用の E231系 (0番台) は TOMIX からしか発売されていなかったのですが,ようやく KATO からも発売されます.でも既に 209系を買っちゃってますから,こちらも見送りですね... 前面表示に「2119B 立川」が入っているらしいのがグッと来るポイントではありますが (笑).
それにしても,同じ 6両・4両なのになぜこれほどまでに値段が違うのか,理解出来ません.中央線 H編成は分割編成ですから,クハが 2両多く,連結可能な作りになっていますが,それだけでこんなに値段差が出るとは思えないんですが...


そしてもうひとつ,同じく 2018/1 にこちらは再生産が発表されています.DD51 800番台です.

7008-6 DD51 800番台 (定価 ¥7,020)

中学生時代に撮影していた,成田空港へのジェット燃料輸送貨物列車の写真を発掘したことをきっかけに,自分は DD51 が結構好きだったんだということを再認識し,MicroAce 8521,TOMIX 2213 と,製品化されている DD51 800番台を揃えて来ました.KATO が製品化している 7008-6 も比較のため? (コンプリートのため? (^_^;) 欲しいなと探していたのですが,お手頃な値段での出物がなく,買えないでいたところでした.
中古より値段が上がってしまいそうですが,これは欲しいですね...

という訳で来年の 1月は KATO から欲しい車両がたくさん出ますね... お年玉で全部買えるかな? ……いやいや,お年玉なんてもらえませんし,買うとしても 7008-6 のみにしておきましょう (さすがに,'あぶく銭' ももうなくなって来ましたし).

         
posted at 00:00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
2017年09月12日 (2)

続・KATO 10-358/10-359 E351系 スーパーあずさ脱線対策.しかし...

以前,脱線を繰り返す KATO 10-358/10-359 E351系 スーパーあずさの重量増加と幌除去によって対策しましたが,先週末,いつもよりは時間が取れたので,脱線対策にじっくりと取り組もうと鉛製の板オモリを買ってさらに重量増加させてみました.前回書いたとおり,ねんどは比重 2.6 なのに対して鉛は 11.34.かなり重くなります.今回は床下機器のすき間に差し込む形で重量アップさせてみました.その結果は以下のとおりです.

 ←新宿 松本→ 
付属編成 (10-359) 基本編成 (10-358)
号車 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
設備
形式 クハ
E351
-4
モハ
E351
-7
モハ
E350
-7
クハ
E350
-104
クハ
E351
-104
モハ
E351
-8
モハ
E350
-104
モハ
E351
-4
サロ
E351
-4
モハ
E351
-104
モハ
E350
-8
クハ
E350
-4
縮小編成
重量 改造前 30.0 29.5 31.5 30.0 68.0 29.0 29.5 30.0 29.5 31.5
改造後 37.5 33.5 34.5 35.0
再改造後 49.0 37.0 36.0 36.5

やはり,鉛はすごいですね... ねんどや石こうのように自由に変形させて小さなすき間を埋めることは出来ないものの,はめ込む空間さえあれば最強です.これでだいぶ脱線しなくなりましたが,それでも特定か所で脱線することがあります.以前も書いたように,ここまでやって脱線するのだとするともうお手上げだね... と少々疲れて来たので,久々に E259系を取り出して走らせてみました.
KATO 10-358 E351系 スーパーあずさ……ら,あれれ? こっちも脱線します(;´Д`) どうやら,色々といじっているうちに,レイアウトがゆがんだのか,あるいは埃が溜まっているだけなのか,これまで脱線しなかった場所・車両での脱線が発生していたようです.今まで安定して走行していた E259系でも脱線するということは,E351系が悪いのかレイアウトが悪いのか,判らなくなって来てしまいました... というか,レイアウトが悪いと考えたほうがよさそうですね.ちょっと前,全体的にレイアウトの位置をもう少しずらして部屋の中を歩き易くしようと,レイアウトボードを載せているテーブルを力業で移動したときとかに,まだきちんと固定されていないレール部分がずれてしまったのかも知れません.とほほ.

そんなこんなしているうちに,E351系の走行も E259系に較べるとややぎくしゃくしている気がしましたので,M車の清掃をしようと台車を外しました.
いつものように,画像のように嵌まっている台車を,左右に少しこじりながら外します.

KATO 10-358 E351系 スーパーあずさ……ら,なにやら小さなピンみたいなものが飛びました.はて?
なんと,台車には一体成形で小さな突起が出来ており (画像黄色丸部分),台車を外すときにそれが折れてしまったのでした... とほほ.1枚目の画像の状態ではそんなことはまったく見て取れず,ふつうに外せばいいのだと判断したのですが... 何なんだよ,KATO!

KATO 10-358 E351系 スーパーあずさ本来は,10-358 E351系の場合,先にボディを外さなければならなかったようです.このように,ボディを外せば今回破損したピンが見えます.このピン部分が振り子機構を実現しているのですね (画像左上の黄色丸部分).まぁ,この状態であることが判っても,そのまま外してしまいそうですが...
どうやら,この状態でピンが嵌まっている部分を左右に押し開きながら台車を外すのが正解のようです.
画像の下は今回破壊してしまった台車.左側が突起が付いている状態,右側が破損してピンがなくなった状態です.でもさぁ,こんな細い突起だけで担保しようとする設計,おかしくないかな... 絶対破損するって.

このピン部分がないと台車が脱落してしまいますが,レールの上に載せてしまえば走行には影響なさそうです.けれど,脱線する度に非常に手間がかかります... Assy パーツでこの動力台車だけ手軽に交換するのはやぶさかではないのですが (4304-D1 ¥1,944),何しろ古い製品ゆえ,Assy パーツの在庫なんてありゃしません.さて,どうするかな...
ただでさえ,ここまで苦労して脱線しなくして走らせたい車両なのか疑問な E351系,この一件でついに嫌になって来ました...


ここまでの支出額 ¥1,015,030
今回の買い物
  • 板オモリ ¥172
posted at 00:00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
2017年09月15日 (5)

TOMYTEC 鉄道コレクション JR205系 南武支線 小田栄駅開業仕様 2両セット 入線

鉄道コレクション JR205系 南武支線 小田栄駅開業仕様 2両セット 3連休 (シルバーウィークってどこ行っちゃったのかな... (´・ω・`)) 前の金曜日は「入線の日」です :-)

だいぶ前に予約した TOMYTEC 鉄道コレクション JR205系 南武支線 小田栄駅開業仕様 2両セットがとうとう発売され,到着しました.……って,3か月も経つと何でこれ予約したんだっけ? という気になってしまいますね (^_^; 発売を待っている間に,この製品発売の発表を受けて値下がりした従来型の 205系 南武支線の鉄コレを落札して入手してしまいましたしね...
万が一のためと思って,Amazon.co.jp と楽天とで 2セット予約しましたが,Amazon.co.jp の方はキャンセルしてしまいました.
楽天は期間限定ポイントを消費するために使いましたが,安い Amazon.co.jp だけでよかったかも知れませんね... まぁいいか.

さて,到着して開封してすぐに,レールに載せる前にカスタマイズしました.

ユーザー取り付けパーツの信号炎管と無線アンテナを取り付け,鉄コレでこれまでもやっている N ゲージ化,幌の取り付け,カプラー交換をしました.信号炎管は 0.7mm で穴を開けるという指示なのですが,イマイチきつ過ぎて入りません.そういえば,この前入手した 205系の鉄コレもそうでした (たぶん,金型は同じでしょうね...).なので 0.8mm で穴開け.本当は 0.75mm がいいのですが,ドリルを紛失してしまったので... 無線アンテナは指定の 1.0mm でちょうどでした.
これまで入手した 201系四季彩は,「KATO カプラー密連形 A 黒」を使っていましたが,前回入手した 205系南武支線からは「TOMIX 密連 TN カプラー」にしています.こちらの方がジャンパ栓は再現されませんがワンタッチで装着出来るのでよいですね.

当たり前ながら,動力車化したこの編成,きちんと走りました.モーター音がややうるさいんですけれどね.幌は編成の両方に付けましたが,今回装着したカプラーは,車両間隔が長くなり 0339 にしましたので,問題ないようです.

さて,これ,どうするかな... (^_^; 買ったはいいけれど,しまっておく編成ばかりですね... しばらくは,立川機関区? 中原電車区? エリアに留置しておきます.


ここまでの支出額 ¥1,017,940
今回の買い物
  • TOMYTEC 鉄道コレクション JR205系 南武支線 小田栄駅開業仕様 2両セット ¥2,910
         
posted at 00:00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
2017年09月16日 (6)

鉄道ダイヤ情報 2017年10月号

鉄道ダイヤ情報 2017年10月号今月もまた買った訳ですが... 先月,気付いたことがありました.それは,E655系「和」の情報.春から買い始めて,一度も E655系の運行情報が載っていませんでした.そういうもんなのかなと思っていたのですが,その後,立川駅を団体臨時列車として何度か通過していることが判明.何のためにこの雑誌を毎月買ってると思ってるんだよ! とさらに調べてみると,E655系電車はお召し列車として使われることもあるため,事前にはダイヤを公表していないという噂が.……ホントかな?

と思った数日後の今日,届いた最新号 2017/10号にはしっかりと E655系の情報が載っています (残念ながら立川駅を通過するダイヤではありませんでしたが).どういうことなんだろう... こんなの,載せていいと思うんですけどね.


今回の支出額 ¥895 (N ゲージとは直接関連しないので,支出総額としてカウントしない)
今回の買い物
  • 鉄道ダイヤ情報 2017年10月号 ¥895
タグ:鉄道 乗り鉄
posted at 00:00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
2017年09月17日 (7)

青梅線周回 山岳セクション 地盤作成

青梅線周回山岳セクション3連休で時間も取れ,台風通過で庭仕事も出来ないため,久しぶりにレイアウトを本格的にいじりました.夏休み中にトンネルを作成しましたが,これはあくまでもまだ '仮' で,被せただけでしたから,レイアウトを作成したといううちには入りませんね... その意味で,本当に久々です.このところ,車両入線ラッシュでしたからね...

今日は,夏に作った青梅線周回の山岳セクションのループ部の地盤を作成しました.ループ部の勾配を稼ぐためにループ部分は全面的にサブテレインで勾配を付けています.ここに石膏で地盤を作成しました.2か月ほど前,E351系の脱線対策として床下に石膏を埋めましたが,レイアウトで石膏を使ったのは昨秋以来,約 1年ぶりかもしれません...
こんな感じでまず型枠を作ってから石膏をサブテレインのすき間と左右に流し込みました.ここはトンネル内部になる場所なので,サブテレインが丸見えだったり,サブテレインの左右が段差になったりしなければよいだけなので,全面的に石膏で埋めたりはしません.あくまでもサブテレイン周辺だけの施工です.……全部石膏にしたら,重くてそれはそれで困るでしょうしね.画像は,石膏を流し込んでから,サブテレインが透ける程度までに平らにした状態.これで週末まで乾かします.サブテレインを接着した後に多少レール位置を調整してしまった結果,サブテレイン中心にレールが来なくなって少し困った状態になっていたのですが,このようにサブテレインの左右を石膏で拡張した結果,多少ずれていても問題ない状態になったので結果オーライですね.
なお,最近拡張したこのループ部分は,将来のレイアウトの移動を考えて,取り外せるような構造とする予定です.このため,完全に地盤は続かないのですが,まぁいいでしょう.

今度の週末にはまずはやすりがけしてより平らにしてから,トンネル部材を差し込めるように溝を掘って,地盤はコンクリートで固められているという想定でグレーで塗ろうかと思います.そこまでがうまく行ったら,いよいよ「山」の作成です.……と思ったけれど,その前に,画像上部に続く青梅線周回の山岳セクションのカーブ部分も同様に地盤作成しないといけないので,そちらが先かな? まずはこのループ部分をきちんとレールの位置決めをしてからと思っており,山岳セクション全部を一挙に地盤作成 (レイアウトとしての固定) はしていませんでしたので.

posted at 00:00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
2017年09月18日 (1)

長野車両センター 189系 旧あさま色 編成「あずさ 80号」

189系 旧「あさま」色 あずさ 80号 9080M 立川駅 3番線 立川駅発着・通過する車両で,長野車両センター所属の旧あさま色 189系 (N102編成) があることを漏らしていました.豊田車の M50・M51・M52編成同様,波動輸送用として用いられている長野車の 189系も,臨時列車で立川駅に乗り入れていました.鉄道ダイヤ情報でもたびたび目にしていたのですが,コトの重大性 (?) にこれまでなぜか気付いておらず...
ちょうど,3 連休最終日の今日,「あずさ 80号」として立川駅を通ることが判りましたので,撮りに行って来ました.比較的頻繁に通過する車両のはずですが,'おおきなおともだち' たちがなぜかわんさかいました.何で?

しかも,向かい側の 2番線には青梅行きが鎮座しており... いつもの,編成を見通せる場所からの撮影が出来ません.あずさ 80号の立川駅到着は 19:50,発車は 19:51 です.一方,2番線の青梅行きは 19:51.モロかぶりです.いい具合に (?) あずさ 80号のひとつ前の特急あずさ 30号が 2分ほど遅れて到着・発車.その後の快速も 1分以上遅れ.あずさ 80号が 3分遅れてくれれば,万一,青梅線の発車が 19:51:45 で,あずさ 80号の定刻入線が 19:50:00 だとしても 19:53:00 入線となって,2番線から撮影するチャンスが生まれますが...
残念ながら,19:51 ごろには入線... 青梅線はその時点でやっと発車ベルが鳴り始めていて,たぶん,2番線から青梅線が完全に抜けるまでにはあずさ 80号は入線してしまっていた状況でした.仕方ないので 2番線での停車中を撮影.
あずさ 80号が停車してドアが開いたときには青梅線の E233系はいなくなっていましたので,青梅線ホームが東京方にもっと長ければ,停車中の 2番線列車を撮影出来るのですがね... (あ! 中央線・青梅線にグリーン車 2両が組み込まれ,青梅線・中央線とも最大編成長が 12両で揃ったら,立川駅のホームの長さは揃うのかな... 今は青梅線が 10両,中央線が 12両のため,青梅線ホームの方が短いのです)


で,この旧あさま色の 189系グレードアップあさま,KATO から 10-179/4214/4215,10-247/10-248,10-375/10-376 として既に 3 回も発売されており,さらには来月,10-1434/10-1435 としてリニューアル発売されるんだそうです.

KATO 10-1434 189系〈グレードアップあさま〉 5両基本セット (定価 ¥17,172)
KATO 10-1435 189系〈グレードアップあさま〉 6両増結セット (定価 ¥15,012)
KATO 74130-9 サロ189〈グレードアップあさま〉 増結車(特別企画品) (定価 ¥2,160)

うーむ,6両で構成される N102編成を厳密に組むには (ただし,車番は除く),基本セット・増結セット両方を買わないといけないようです.ダメだこりゃ... と思いましたが,10-179・10-247 はダブルパンタグラフで実車 (N102編成) とは異なっています.
TOMIX からは 92435・92437・92436 として出ています.92436 は中間車の被グレードアップ車のため,N102編成には不要です.しかし,こちらも N102編成を厳密に組むには基本セットに加え,増結セットを 1 つないし 2 つ買わないといけません (TOMIX のは車番・号車番号が印刷済みではないようなので,増結セットは 1 つでよいかも知れません).
N102編成を再現させたくて買うならば KATO 10-375 でしょうかね.

 ←新宿 長野→ 
号車 1 2 3 4 5 6
設備 GU車 GU車 GU車 GU車 GU車
◇  ◇ 
形式 クハ
189-510
モハ
188-40
モハ
189-40
モハ
188-32
モハ
189-32
クハ
189-9
KATO 10-179・4214・4215 基-1
(-504)

(-23)
基-5
(-51)
基-4
(-51)

(-23)
基-11
(-8)
ダブルパンタグラフ.車番・号車を優先すると M車なしとなってしまう (基-9 モハ188-1521 が M車).参考ページ
10-375
(・376)
基-1
(-502)
基-2
(-13)
基-3
(-13)
基-4
(-46)
基-5
(-46)
基-11
(-12)
シングルパンタグラフ.車番・号車を優先すると M車なしとなってしまう (基-9 モハ188-41 が M車).参考ページ
10-247・248 基-1
(-509)
基-2
(-3)
基-3
(-3)
増-4
(-9)
増-5
(-9)
基-11
(-11)
ダブルパンタグラフ.車番・号車を優先すると M車なしとなってしまう (基-9 モハ188-5 が M車).参考ページ
10-1434・1435 基-1
(-508)
増-2
(-31)
増-3
(-31)
基-4
(-35)
基-5 (M)
(-35)
基-11
(-10)
シングルパンタグラフ.
TOMIX 92435・92437(・92436) 基-1
(-500)
増-2
(-0)
増-3
(-0)
増-4
(-0)
増-5
(-0)
基-11
(-0)
シングルパンタグラフ.車番・号車を優先すると M車なしとなってしまう (基-7 モハ188-0 が M車) が,車番・号車番号は印刷されていないので,2 or 4号車に組み込めばよい.参考ページ

あるいは,素直に TOMIX が 189系シリーズを充実させて,N102編成そのものを出してくれるのを待つ方がよいですかね.それよりも,こいつを買うのであれば豊田車の M50・M52編成を買う方が先かな.でもこれらは TOMIX からしか出てないんですよね... (でも TN カプラーのハイグレード仕様なので買うにはいいかな?)

   
posted at 00:00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
2017年09月23日 (6)

高崎鉄道ふれあいデー

高崎鉄道ふれあいデー

DD51 888号機に '会い' に,高崎に行って来ました.

34年くらい前に,当時沿線に住んでいた総武本線で撮影した,DD51 が牽引するジェット燃料暫定輸送列車.その牽引車の 1 台は,当時佐倉機関区所属の DD51 888号機でした.その 888号機が今なお現役で,高崎機関区に所属しています.残念ながらもはや半分引退状態で,イベント列車での運用のみになっているようですが,お召し予備機として整備され,ぴかぴかの状態だというではありませんか.
その DD51-888 を含め,高崎機関区所属の全 DD51 が展示される「高崎鉄道ふれあいデー」なるイベントが 2017/9/23 (土) に高崎駅留置線近辺で開催されるとのこと.こりゃ,行くしかありませんよね... 当初,土曜日の天気は雨という予報でしたが,週の後半になるにつれ曇り,曇りのち晴れに変わり,無事,当日は午後からは陽も差す絶好のイベント日和となりました.

この日展示されていたのは,まずは DD51 は高崎機関区所属の全 4両.842 (お召し機)・888 (お召し予備機)・895 (お召し予備機)・897 です.それと D51 498.DE10 は 1571 とぶどう色の 1705.両方ともぴかぴかでした.そして 12系客車,Plasser & Theurer の 08-475 (マルチプルタイタンパー),第二会場に新幹線用保守車両多数でした.

12系客車 (高崎鉄道ふれあいデー)高崎駅東口からやや歩く第一会場に入って (高崎駅ホームから見える場所で,線路沿いに歩いて行くだけなのに,結構な時間かかりました),物販コーナーを抜けた一番手前には 12系客車

休憩スペースとしても使われているようで,満員です.私が到着したのはお昼前.中でお弁当を食べてもいいのでしょうか? 入るのに結構並んでいました.とりあえずスルー.

……スルーしたけれど,これ,そうか,興味のあるお座敷列車「江戸」のタネ車なんですね.でもまぁいいや.

Plasser & Theurer の 08-475 (マルチプルタイタンパー) (高崎鉄道ふれあいデー)その奥には,側面には近寄れない位置にプラッサー&トイラー社製のマルチプルタイタンパー,08-475 (東鉄工業色)

13:00から実演もやっていたのですが,第二会場への入場整理券配布が 13:30からで,それをもらうために並び始めてしまったため,実演はほとんど見られませんでした.残念...
ほかのイベントと被らない時間帯に実演してもらいたかったなぁ... こちらは JR 東日本ではなくて,東鉄工業が担当しているため,あまり連携できてないのかな... まぁいいか.

D51-498 (高崎鉄道ふれあいデー)その先に進むとメインエリアという趣です.まず目に入って来るのは D51.498号機ですね.

なぜか本日の撮り鉄さんたち,ロープぎりぎりまで出ないで,手前から撮るんですよね... ロープまで出てくれた方が (こちらも順にロープ前に出られた方が) 私にとってはいいんですが... はて?
私の場合,SL はあまり興味がないので (私が子供のころには既に走っていませんでした... ので 原体験には SL はないんですよね),まぁいいや.

DE10-1705 (高崎鉄道ふれあいデー)SL の反対側には DE10 1705号機

ぶどう色 2号に塗装された唯一の機体.でも最近はあまりお仕事していないようですね... 私が好きなのは DD51 であって,悪いけれど構内入換用とかの DE10 にはあまり興味ないんですよね... まぁいいや.

DE10-1571 (高崎鉄道ふれあいデー)その先には DE10 1571号機

申し訳ないけれどやっぱり興味ないな... と思ったら,Easti-D の配給回送列車で牽引機になっていたりもするようですね.ってことは,E491系 East i-E と連結して,なんちゃって Eeast i-D 配給列車を再現!なんてことも出来るのかな.……でもまぁいいや.次に進みます.

会場の一番奥が DD51 エリアでした.4両がきっちりと横並びで展示されています.うーむ,1両ずつ写真が撮れるように,少しずつずらすとか,別々の場所に停めて欲しかったかな... うはは,842号機は日章旗付いてますよ.本当のお召し機には菊の御紋が付いているはずですが,さすがにそれはないですね.

高崎鉄道ふれあいデー

こちらの写真は各機の真正面から.うーむ,窓が隠れちゃってますね... 脚立を持って行くべきだったのかな?

DE10-1571 (高崎鉄道ふれあいデー)本日のお目当ての 888号機は一番右側に停められていました.そのおかげで,こんな感じで斜めからのアングルで撮影することが出来ました.……こっちが公式側かな?

34年 (くらい) ぶりの再会です.千葉でジェット燃料を輸送していたときはすすけていたのに,その後,栄誉あるお召し列車の牽引予備機に指定されて徹底的な整備がなされ,あれから 30年以上経って,ぴかぴかになっている車体を見ると感慨深いものがあります.いやぁ,立派になりましたなぁ... 1974/10/18 製造だそうですから,私が中学時代に撮影したときはまだ製造されてから 10年経っていなかったときだったのですね.私と同年代ではないけれど,まぁ近いですねぇ... 製造からまだまだ 40年.頑張って欲しいものです.

それにしても,「カートレイン」のヘッドマークは余計でした...

その後,15分ほど事前に並んで,本日最終回の新幹線保線基地公開 (1 回 150 名限定) の整理券をゲットし,14:40から第二会場へ.もうこのあたりはかなり面倒になって来ましたので,写真は一挙公開して終わりにします.

 (高崎鉄道ふれあいデー)  (高崎鉄道ふれあいデー)  (高崎鉄道ふれあいデー)
 (高崎鉄道ふれあいデー)  (高崎鉄道ふれあいデー)  (高崎鉄道ふれあいデー)

D51 (高崎鉄道ふれあいデー)
DD51 (高崎鉄道ふれあいデー)

高崎へは,拝島から八高線経由で行きました.高麗川〜高崎までの 1時間半ちょっと,キハ 111系に揺られての移動は結構きつい行程でした.クロスシート部は 2+1列,全体としてはセミクロスシートという普通車としてはクロスシート部は贅沢な構成で,首尾よく 1列のほうに進行方向に向かって座ったのですが,垂直な背もたれでの 1時間半はダメでしたね...
このため,帰りは遠回りになるのですが上野東京ラインにして,グリーン車に座ることにしました.これなら,東京で乗り換えれば青梅線直通の快速にも座って移動出来ますし.高崎駅を出たら,既に SL・DL は居ないのかと思ったら,何と先ほどと同じ状態でまだ停まっていました.DD51 のヘッドマークだけは取り外されていましたが,鉄オタがひとりもいない状態を撮れたのは,ダブルデッカーグリーン車の 2階席に座ったおかげですから,ラッキーでした.


今回の支出額 ¥6,930 (N ゲージとは直接関連しないので,支出総額としてカウントしない)
今回の買い物
  • 休日おでかけパス ¥2,670
  • 神保原〜高崎 ¥240×2
  • おぎのや 峠の釜めし ¥1,000
  • モバイル Suica グリーン券 (高崎→東京) ¥780
  • その他土産物代 ¥2,000
     
posted at 00:00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)