レイアウトプラン紹介 (準備中)
2017年09月17日 (7)

青梅線周回 山岳セクション 地盤作成

青梅線周回山岳セクション3連休で時間も取れ,台風通過で庭仕事も出来ないため,久しぶりにレイアウトを本格的にいじりました.夏休み中にトンネルを作成しましたが,これはあくまでもまだ '仮' で,被せただけでしたから,レイアウトを作成したといううちには入りませんね... その意味で,本当に久々です.このところ,車両入線ラッシュでしたからね...

今日は,夏に作った青梅線周回の山岳セクションのループ部の地盤を作成しました.ループ部の勾配を稼ぐためにループ部分は全面的にサブテレインで勾配を付けています.ここに石膏で地盤を作成しました.2か月ほど前,E351系の脱線対策として床下に石膏を埋めましたが,レイアウトで石膏を使ったのは昨秋以来,約 1年ぶりかもしれません...
こんな感じでまず型枠を作ってから石膏をサブテレインのすき間と左右に流し込みました.ここはトンネル内部になる場所なので,サブテレインが丸見えだったり,サブテレインの左右が段差になったりしなければよいだけなので,全面的に石膏で埋めたりはしません.あくまでもサブテレイン周辺だけの施工です.……全部石膏にしたら,重くてそれはそれで困るでしょうしね.画像は,石膏を流し込んでから,サブテレインが透ける程度までに平らにした状態.これで週末まで乾かします.サブテレインを接着した後に多少レール位置を調整してしまった結果,サブテレイン中心にレールが来なくなって少し困った状態になっていたのですが,このようにサブテレインの左右を石膏で拡張した結果,多少ずれていても問題ない状態になったので結果オーライですね.
なお,最近拡張したこのループ部分は,将来のレイアウトの移動を考えて,取り外せるような構造とする予定です.このため,完全に地盤は続かないのですが,まぁいいでしょう.

今度の週末にはまずはやすりがけしてより平らにしてから,トンネル部材を差し込めるように溝を掘って,地盤はコンクリートで固められているという想定でグレーで塗ろうかと思います.そこまでがうまく行ったら,いよいよ「山」の作成です.……と思ったけれど,その前に,画像上部に続く青梅線周回の山岳セクションのカーブ部分も同様に地盤作成しないといけないので,そちらが先かな? まずはこのループ部分をきちんとレールの位置決めをしてからと思っており,山岳セクション全部を一挙に地盤作成 (レイアウトとしての固定) はしていませんでしたので.

posted at 00:00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)