出張ビジネスパック びゅう
レイアウトプラン紹介 (準備中)
2018年01月27日 (6)

TOMIX 1282 電動合成枕木ポイント N-PL541-15-SY(F)

私のレイアウトには周回がふたつあり,内回りが青梅線,外回りが中央線です.といっても,立川駅から外回り周回で西方に出ると青梅線の青梅短絡線となるので,両方とも青梅線周回という気もしますが.このうち内側の青梅線周回は,昨夏,思い立って当初予定になかった「山岳セクション」への分岐を設けてあり,山岳セクションには,途中にループ線やさらなる勾配があります.この青梅線周回の山岳セクションはバイパス線?から分岐しているのですが,その分岐するポイントのうち,ループ線に近い方のポイントで転轍不良を起こしていました.
画像にあるコンクリート擁壁の内側は石こうで作った地盤 (山) なのですが,そこに石こうを流し込んだときのマスキングが不徹底で,ポイント等線路に石こうが一部流れ込んでしまい,無水エタノールで除去したのですが影響が残ってしまったようです.仕方ないので取り替えるかと,ポイントを外して確認したところきちんと動作します.あれ? 原因はポイント本体,ポイントN用駆動ユニット (F) のどちらかのはずです.原因を切り分けるために色々調べてもどちらが悪いのか判らない.なぜか,ポイントを取り外して試すとうまく動くのに,この位置に固定するとダメ.ここはコントロールボックスがある 'ホームポジション' からは一番遠く,かつ,「山」に隠れて見えない位置なので,転轍不良があると非常にストレスが溜まる場所です.何としてでも解決すべく,根本的に切り分けようと,少しもったいないのですが,新たにポイントを買うことにしました.せっかくならと,最近発売になった「合成枕木」タイプのポイントにすることにしました.

届いたので早速動作テスト.新しい本体+新しい駆動ユニットの組み合わせではちろんうまく行きます.新しい本体+これまでの駆動ユニットの組み合わせに変え,ポイントコントロール BOX を操作する位置から見えるように仮置きして試すとやはりうまく行きます.古い本体との組み合わせでもうまく動きます.あれ? 何の問題もないってこと?? よく判らないまま,レイアウトに組み込みます.やっぱり動作しません... 新しい本体と交換すれば動くはずです.が,こちらもダメ.何でだ?? 再度レイアウトから取り外して仮置きして試すと今度は動く.なぜか,レイアウトに組み込むと動かないようです.何か無理な力がかかっていて,転轍がスムースに行かないのかなぁ... これじゃ,せっかく新しいポイントを買った意味がありません.

そんなこんなの試行錯誤をしているうち,原因が判明しました.ここは一番遠いエリアゆえ,ポイントを動かすためのコードは大幅に延長しています.その延長部分がなんと,単にコードの電線をよじってあるだけで,ほかの場所でやっている収縮チューブできちんと固定することをしていませんでした...! (本当ははんだ付けした方がよいのでしょうが,手間を省くため,私はすべて,はんだ付けはせず,収縮チューブで固定するだけにしています)
その結果,レイアウトに組み込んだときにこの接続部分が外れかかって電流もしくは電圧が下がり,うまく動作しなかっただけのようでした.レイアウトに組み込むと,コードが引っ張られて外れかかり,転轍不良になっていたのでしょうね.この接続部分を早速収縮チューブで止めたところ,新旧本体いずれをレイアウトに組み込んだ状態でも 100% 転轍するようになりました.やれやれです... たったこれだけの原因究明・作業に,2時間くらいかかってしまいました.
非常にダサい理由でとほほなのですが,ま,これでストレスフリーで転轍出来るようになったのでよしとしましょうか.

ところでこの合成枕木ポイント,脱線防止レール?部分の上面以外の側面は両方とも無塗装なんですね... 従来タイプのポイントはきちんと塗装されてるのになぁ.どうなんですか,これって?


余った従来の TOMIX 1272 の電動ポイントは,予備部品として取っておきます.何せ,機関区を作ったときに,手持ちの余ってしまっていたポイントはすべて使い切ったので,予備がひとつもなかったので,これくらいは余らせておいてもいいでしょう.


ここまでの支出額 ¥1,226,707
今回の買い物
  • TOMIX 1282 電動合成枕木ポイント N-PL541-15-SY(F) ¥1,840
posted at 00:00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)