レイアウトプラン紹介 (準備中)
2018年02月09日 (5)

富士 (2005〜2009年仕様) 入線

毎週金曜日は '入線の日' (^_^; 本日は,やや想定 (ポリシー) 外のものを買ってしまいました.

いやぁ,カタログなんて買うんじゃなかったかも知れません... 先日,TOMIX のカタログ最新版をジャケ買いならぬ表紙買いで買いました.その際書いたとおり,Web で既に知っている情報ばかりで内容に目新しさはなく,ぱらぱらとめくっていただけなのですが... そこが紙媒体の恐いところで,14系15形客車のページがふと目に留まりました.2005〜2009年に運行された「富士/はやぶさ」の編成を再現出来るセットなのだそうです.改めて調べてみると,この時期の大分行き「富士」と熊本行き「はやぶさ」はそれぞれまったく同じ 14系15形客車 6両で運行されており,下りの場合,門司まではこれらが併結され,「はやぶさ」が先頭の 12両での運行だったとのこと.
へ〜,そういえば 10年くらい前,長男がまだ幼稚園児のとき,大分まで「富士」に乗ったよねぇ... あれって,B寝台ソロを 2席 (室) 取ったけど,何て形式の車両だったっけ? 特急だから 20系とか 24系じゃなかったの? と思って既にデジカメに移行済みだったそのときの画像を引っ張り出してみると... 「オハネ15-2004」前での記念写真がしっかりと残っていました.東京駅までの引き込みは EF65-1110,東京駅から下関までが EF66-42,門司までが EF81-413,大分までが ED76-92 と,牽引機もすべて撮影済みです.2005年 9月に遅めに取った夏休みを使っての家族旅行でのことでした.

2005年までは 24系客車で「富士」は運行されていて,私が乗った 2005年にちょうど 14系15形客車に変わったばかりだったようです.で,TOMIX の 98626 JR 14系15形特急寝台客車 (富士/はやぶさ) セットはまさにこの時期の編成を再現したものなのですね.KATO では残念ながら (?) ラインナップされていません.
牽引機の EF66 0番台,EF81 400番台,ED76 0番台はいずれも KATO から製品化されていますね.当時乗った編成が完全に再現出来ちゃう訳です... ゴクリ.

で,ヤフオクを覗いたら,TOMIX 98626 がリーズナブルなお値段でちょうど出品されていたりして... と言う訳で敢えなく陥落です.こんな調子で,「昔乗った車両」を買い集めていたらきりがない訳ですが... まぁ,一生に一度乗っただけのブルートレインですから,例外としましょうか...

首尾よく 14系15形客車 6両は落札しましたが,牽引機がないとお話になりませんので,結局,今すぐ買える EF81・ED76 の 2台もいずれも新品で買ってしまいました.EF66 も,客車を落札する前に調べた時点では売っていたのですが,5月に再販されるということで在庫が引っ込められてしまったらしく... 予約しか出来ず.高い価格のであれば今すぐに買えますが,3か月後の再販を気長に待ちましょう.東京から乗った私としては,また,牽引区間が一番長い EF66 を先に欲しかったところですが,今回買った客車は 6両しかないので,門司〜大分間の再現となりますから,ED76 こそが適任で,EF66 じゃない方がよかったのかな (だとすると EF81 も要らない訳ですが,どんぴしゃの EF81-413 のナンバープレートが付属しており,これまたあっさりと陥落です).
EF66 と ED76 は TOMIX からも製品化されていて (9178,2173),KATO よりも安いですね... 機関車も基本的には KATO を選択しているので,ここはまぁいいでしょう.
以下に載せているとおり,品川〜東京駅間は EF65-1110 が先頭のプッシュプル運転でした.となると,EF65 1000番台も揃えないといけないのか!? (^_^; 私の場合,ブルトレの牽引機といえば EF66 ではなくて EF65 1000番台のイメージなんですよね... ただでさえ欲しい機体です.ヤバいです...


という訳で,下関〜門司間の EF81 と,門司〜大分間の ED76 に牽引される姿を再現する (下関〜門司は本当は「富士」「はやぶさ」併結の 12両なのでおかしいですが) 編成が実現出来ました.EF81 は KATO 3066-5 で,機番は「富士」に乗ったときと同じ 413 にしました.ED76 は 92 号機のナンバーは付属していなかったので,ひとつ前の 91 号機に.92 号機は三菱製でしたが,91 号機は東芝製.メーカーも違いますがまぁ仕方ないでしょう.EF81・ED76 ともに,手すり・解放テコは別パーツで取り付け済みで,面倒なく仕上がりがきれいなのはうれしいところです.機関車は 2両とももちろん問題なく,かつ,力強く走ります.牽引する客車は 6両ですし,軽いですからね.
客車の車番は転写式なので,当時の編成どおりと思われる番号をそれぞれ転写しました.私が乗った 9号車 オハネ15-2004 もきちんと用意されていますので,まさに,一晩乗った車両が再現出来ています.
いつものバックストレートで撮影.夜行列車ですから,やはり室内灯を入れたいところですね...


ブルートレイン「富士」乗車の記憶

以下は 2005/9/11 乗車時の実車画像です.当然,立川駅には関係ありません...

EF65-1110 東京駅入線

EF66-42 下関駅

「富士」「はやぶさ」は10番線から発車.
東京方が EF65,大阪方が本務機 EF66 のプッシュプル.
ん〜,ストロボ炊いてないか? 俺...

(2005/09/11 17:52)

EF66-42 東京〜下関

EF66-42 下関駅

この EF66-42 をなぜか東京駅では撮っておらず...
すぐ発車だったのかな? 入線後 10分位あったはずですが.
これは下関駅で.既に入換灯が点いていますね.

(2005/09/12 08:34)

EF81-413 下関〜門司

EF81-413 下関駅

関門トンネル区間のみ EF81-413 の出番.
なぜか連結後の写真は撮っておらず...
(ヘッドマークは付いてなかったようですね)

(2005/09/12 08:38)

ED76-92 門司〜大分

ED76-92 門司駅

門司駅で,最後の機関車 ED76-92 に付け替えられた後.
発車は「はやぶさ」が 08:58,「富士」は 09:10 でした.
「富士」は 20分以上停車していたのですね.

(2005/09/12 09:04)

連結されていた 6両には A寝台個室 (8号車)・B寝台 (7・10・11・12号車)・B寝台個室 (9号車) の 3種類がありました.それぞれの室内です.B寝台個室の 2室は,発売日だったかにみどりの窓口に行って,「上下の並びで」と頼んで取った記憶があります.すんなり取れましたね.

オロネ14
A1 (A寝台 1人用個室寝台 シングルデラックス)

A1: A寝台個室

 
 
オハネ15-3000
B1 (B寝台個室 ソロ 上段)

B1: B寝台個室 (ソロ) 上段

嫁さんと寝る長男が当然に,
上段がいいというのでふたりがこちら.
オハネ15-3000
B1 (B寝台 1人用個室寝台 ソロ 下段)

B1: B寝台個室 (ソロ) 下段

 
 
スハネフ14
B (開放式B寝台)

B: B寝台

出発は土曜日だったにもかかわらず,
こんな感じでがらがらでした...

鉄道模型を始める前にやっていた趣味の一環で数年前に買ったとある品物を,昨春ヤフオク!で売ったら,購入価格の 25倍もの落札価格となり,多額の 'あぶく銭' を得られたため,それを原資に大量に車両を購入して来ました.が,今回の 14系15形客車の購入でついにあぶく銭も残高ゼロに.そのあぶく銭を使い尽くすまでに,立川駅に入線する車両は臨時列車を含め基本的には集めることが出来て (むさしの号の 205系・209系,総武線直通の E231系など,バリエーションを一部揃えていないものを残すのみ),このようにそれ以外の車両も買えたのでよかったですね.


ここまでの支出額 ¥1,252,855
今回の買い物
  • KATO 3066-5 EF81 400 JR九州仕様 ¥5,598
  • KATO 3013-2 ED76 0 後期形 JR九州仕様 ¥6,480
  • TOMIX 98626 JR 14系15形特急寝台客車 (富士/はやぶさ) セット ¥9,523
         
posted at 00:00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)