レイアウトプラン紹介 (準備中)
2018年02月14日 (3)

KATO 25-050 Nゲージアーカイブス 〜鉄道模型3000両の世界〜

Web で何かを調べているとき存在を偶然知って,Amazon.co.jp のマーケットプレイスで定価よりだいぶ安い値段で出ていたので,買ってみました.KATO から出ていたアーカイブ版のカタログです.どうやら以前は,KATO のカタログには在庫切れのものも多数 (全部?) 掲載されていて,"カタログに載っているのに店頭にない!!" という当たり前のクレームが多く,それに対応するために在庫切れ製品はこちらのアーカイブ版に移したということのようです.
そりゃそうですよね... 掲載商品の一部しか流通在庫がなくて後は品切れ,なんてのはカタログとは言いません :-( でも,鉄道模型の場合は中古市場が確立していますから,過去にどんな製品があったか判った方がよいので,こうしたカタログ (?) はアリだと思います.もうほとんど集め終わってしまいましたが,Web サイトに既に乗っていない古い廃番済み製品を探すとき,インデクスとして 1冊持っていると便利かなと思いましたので,購入.

さて,肝心の内容.Amazon.co.jp のレビューでも載っていたので覚悟していたのですが...
全ページカラー 256ページのボリューム・印刷は問題ないです.車両形式ごとにページが割り振られており,検索も比較的し易い構成になっています.が,肝心の製品名など,製品そのものの情報がまったくありません.例えば,何度にも渡って製品化されている場合,その写真が,いったいどの品番を写したものなのか,情報がないのです.これだと,例えば "E233系 0番台が欲しいが,10-541 と 10-801 では何が違うのだろう? どちらを買うべきなのだろう?" といった判断にまったく使えません.
また,毎年出ているカタログのように,全編成が載っている訳ではないので,どの製品が何両編成だったのかすら判りませんし,電車のセットであればほとんどの場合,先頭車両しかまともに載っていません (それだと,3,000両にならないんじゃ? という気もします (苦笑)).

巻末にインデクスはあり,品番と品名,掲載ページは載っていますが,これじゃダメですね... 「どんな製品 (品番・品名) があったか」は判りますが,いつの製品か? いくらだったか? どんな構成だったか? どんな出来映え (特徴) だったか? が一切判らないので,ぱらぱらめくって,この形式もかつて製品化されたいのだな,と知るだけのことにしか役立たず,資料的価値はほとんどありませんね... こんなのを ¥1,890 で売りつけていたのですからオドロキです.
今回,古本で ¥1,140 で購入しましたが,¥500 程度が妥当な感じです...


ここまでの支出額 ¥1,254,773
今回の買い物
  • KATO 25-050 Nゲージアーカイブス 〜鉄道模型3000両の世界〜 ¥1,140
タグ:KATO
posted at 00:00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)