レイアウトプラン紹介 (準備中)
2018年02月18日 (7)

「山」の塗装と,鉄道公園への出入口作成

青梅線周回山岳セクションの山
鉄道公園

先々週地盤を作った,青梅線周回の山岳セクションにあるループ部分の「山」の塗装をしました.やっと茶色になって,だいぶ山らしくなりました.前回は作っていなかったトンネルポータル部分にもスタイロフォームの端材とプラスタークロスを使って地盤を造成し,そこも塗装しました.この部分は 1時間ほどだけ乾燥させて塗ってしまいました.別に,まる 1日かけて乾燥させなくても問題ない感じですね...
この山は標高が高い想定ですから (実際の大岳山は 1,266.5m),平地よりも早く紅葉が進んでいる,というストーリーで,既に用意してあるクランプフォーリッジの秋色ミックスも少し使って緑化したいと思います.
さぁて,あとは高原状の立地を活かして (?) ここにヘリポートを作るかどうか...

また,2週間前に購入していたグリーンマックスのトンネルポータルを使って,鉄道公園への出入口を作りました.そのままだと高過ぎるので,半分くらいにカット.歩行者・業務用自動車専用のトンネルのイメージです.どこか裏の方に公園へのメインエントランスがあって,利用客はここを通じて公園へは出入りする (もしかすると山の向こう側が鉄道公園のメインエリアかも知れません),という想定です.
トンネルの左右の擁壁の高さがちょっと足らないのですが,まぁ許容範囲かな... トンネルの中までグレインペイントで舗装したほか,トンネルポータルに合わせてそこら辺に転がっていたボール紙を使って,ライナーを作ってあります.……が,まったく見えませんね (笑).時間をかけてわざわざ作る必要はなかった模様.でも,そうやって工作している時間が楽しい訳です.

ところで,以前買った「国産鉄道コレクション」Vol.01 の 0系新幹線を展示するレールは,だいぶ前,端を黄色に塗装してあります.青梅鉄道公園では実際に,こんな感じでレール端が塗装されていましたので,真似しました :-)
(僅かこれだけの加工ですが,こんなんでもそれなりに時間がかかるんですよね... あっという間に時間が過ぎてしまいます)

この鉄道公園,もう少し車両を展示する余地がありますね.もう 1台,ED16 でも搬入しようかな? それとも,買い過ぎている DD51 かな? DD51 は,新幹線と同じく国産鉄道コレクションもありますし.

posted at 00:00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)