日光に行こう びゅう
レイアウトプラン紹介 (準備中)
2018年04月27日 (5)

KATO 7008-A DD51 800 愛知機関区 JR 貨物色 入線

毎週金曜日は '入線の日'.もう,欲しいものはだいたい買ってしまったので (苦笑),久々の車両入線となりました.

G.W. 直前の今日,入線したのはずいぶん前に予約してあった KATO 7008-A DD51 800 愛知機関区 JR貨物色です.昨年の夏休みに末広橋梁に可動橋を撮影に行ったときに見た,愛知機関区の 500番台 2機,800番台 8機のうち,800番台が製品化されたという訳です.DD51 は既に 4台持っていますのでこれで 5台目.俺,どんだけ DD51 好きだったんだ? って感じですがやむを得ません...
今回 KATO からは 7008-B "DD51 800 愛知機関区 一般色" という製品も発売されているのですが,一般色の 800番台は既に 2台ありますからさすがにパスしました.愛機機関区ごっこしたい訳じゃありませんからね (^_^;

ナンバーは昨夏に実際に見てたくさん撮影出来た 1804号機を選びました.1804号機はスノープロウが装備されていましたので,標準で付いている車上子保護板を付属のスノープロウに交換.また,1エンド側だけ付属のナックルカプラーに交換しました.
タキ1900 は持っていませんので,似た感じの貨車ってことで,タキ40000を牽引させていつものバックストレートで撮影してみました.タキ1900 は Nゲージで製品化されていますが,太平洋セメント仕様のものは発売されていないようです.あーよかった (^_^; 改造用のインレタが発売されているようですが,面倒なのでそれは買わないでしょうね...

2枚目の画像が昨夏撮影の実車です.現在の DD51-1184 はジャンパ受けなどが白なのですが,7008-A に付属していたのは赤.実車と違ってしまいます.マイクロエース A8521 の "DD51-1805 佐倉 ラストナンバー"TOMIX 2213 "国鉄 DD51-800形ディーゼル機関車" は実車が赤なのに塗り分けられておらず真っ白でしたので,交換出来るといいのだけれど... 昨年撮影したうちの 889・890・1802号機はジャンパ受けが赤でしたし,スノープロウではなく車上子保護板が取り付けられていましたので,1802号機,あるいは未確認ですが 891号機も同じ仕様だとすると,付属しているナンバープレートから考えると,車上子保護板装備・ジャンパ受けが赤の 891・1802号機をプロトタイプとしているのかも知れません.
DD51-1805 を既に買っていますので,これで,愛知機関区所属の DD51 が 2台になりました.

ん? 赤に塗り分けるのは難しいけれど,白く塗ってしまうのは簡単かも知れませんね.MicroAce A8521・TOMIX 2213 の手すりと交換するのはメーカーが違うため構造も異なりますから難しそうですが,手すりは簡単に外れるので,手すり全体を白く塗ってしまおうかな? あるいは,全部白の手すりのパーツが別売されていないかな... (赤で塗り分けられているのは売っている (Z07H2286 or Z07-2673) ようですが)

さてこれ,もう置くところはないな (^_^; 本当は引き上げ線なのだけれど,貨物ヤードエリアとしているところには既に貨車移動機を買って置いてしまっているし...


ここまでの支出額 ¥1,320,871
今回の買い物
  • KATO 7008-A DD51 800 愛知機関区 JR 貨物色 ¥5,674
 
タグ:車両 DD51
posted at 00:00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)