日光に行こう びゅう
レイアウトプラン紹介 (準備中)
2018年05月02日 (3)

湘南新宿ライン・上野東京ライン乗り鉄・再び

宇都宮昨年に続いて,今年もゴールデンウィーク中の平日を狙って,宇都宮に行って来ました.今回も新宿湘南ラインと上野東京ラインのグリーン車で往復しました.
昨年と同じような日程で,同じグレードの部屋を取ったのですが,去年はポイント使用前で 1泊 ¥7,200 だった宿泊料が,今年は ¥9,300... げげ,¥1,000 以上上がってますがな.このホテルに泊まるのは 3回目なのですが,確かに今年は,エレベーターの中で外国人宿泊者を初めて多く見掛けました.インバウンド消費で盛り上がるのは宿泊施設など一部の業種だけで,せっかく平日に泊まろうとしているこちらとしては迷惑なだけですね... (インバウンド消費が巡り巡って私の仕事の景気に影響する気はしないです)
今回は 'シークレットクーポン' なるもので ¥3,000 引きになったので,1泊あたり実質 ¥7,800 と,昨年とあまり変わらない金額で泊まれたのでまだよかったのですが.

今回も,新宿〜宇都宮の往路,東京までの復路ともにグリーン席はがらがらでゆっくり出来ました.往路,宇都宮駅に夕方到着したとき,グリーン車前で大勢の人が並んでいて,私が東京まで乗る翌々日もそうかと戦々恐々としましたが問題なし.宇都宮駅に到着したのはゴールデンウィーク前半の 3連休最終日だったので,やはりみなさん,連休最終日に帰京するのでしょうね.

東大宮センター (大宮総合車両センター) の止まっていたクモヤ 143 を車内から撮影出来なかったのは残念 (往路は気付いたときには遅く,待ち構えていた復路は下り電車とかぶり...).という訳で,クルマで行かず今回も往復とも電車に乗りましたよ (でも去年とまったく同じルートで新味はなし) という以外は鉄分に乏しいゴールデンウィークの旅行となりました.

とちぎダイナミックCP

今回の支出額 ¥70,652 (N ゲージとは直接関連しないので,支出総額としてカウントしない)
今回の買い物
  • 乗車券 (府中本町〜宇都宮往復) ¥1,944×2
  • モバイル Suica グリーン券 (新宿→宇都宮) ¥780
  • モバイル Suica グリーン券 (宇都宮→東京) ¥980
  • 宿泊料金 (デラックスダブルシングルユース) ¥7,800×2
  • その他観光費・食事代・土産物代 ¥49,404

posted at 00:00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
2018年05月04日 (5)

TOMIX 9883 0系 22形新幹線入線 (?)

TOMIX 9883 0系 22形新幹線
TOMIX 9883 0系 22形新幹線
国産鉄道コレクション Vol.01 0系 新幹線電車 21形
国産鉄道コレクション Vol.01 0系 新幹線21形

"毎週金曜日は '入線の日'" ……って,ゴールデンウィーク中は関係ないのですが,たまたま,用事があったので千葉の実家に昨日行き,ついでにホビーショップ TamTam に寄ったら,こんなものを見つけてしまったので (苦笑).

今回買ったのは,TOMIX 92873 国鉄 0系東海道・山陽新幹線 (大窓車・初期型・こだま) 基本セットに含まれる,22-0形です.バラ 1両です.TamTam のバラ売りコーナーを何とはなしに覗いていたら,どんぴしゃ (?) なものを見つけてしまいました...
どうどんぴしゃかと言いますと,青梅線周回の山岳セクションにあるループ内に建設予定の '鉄道公園' に置くのにふさわしい,0系新幹線です.ここには既に,国産鉄道コレクション Vol.01 0系 新幹線電車 21形を置いています.この鉄道公園は当然ながら (?) 青梅鉄道公園をモチーフにしているのですが,青梅鉄道公園に置かれている 0系新幹線はパンタグラフ付きの 22形なんですよね.青梅鉄道公園のジオラマを作っている訳ではないので,そんなところまでこだわる必要も別にないのではありますが... 目の前にまったく同じものを見つけてしまったので,つい.ちょっとお値段も高いのですけれどね... これは 92873 に含まれる 9883 という品番の 16両目 (東京方) の車両のようです.

早速,今まで置いていた国産鉄道コレクションの 0系 21形と置き換えて撮影してみました.上の写真が今回買った TOMIX 9883,下の写真が国産鉄道コレクションの 0系です.パンタグラフの有無以外は,遠目からだとほとんど違いが判りませんね (^_^;

青梅鉄道公園 静態展示 22形
青梅鉄道公園 0系22形

そこで,比較するために 2台並べて撮影してみます (面倒なのでレールなしです).このよう比較しても,国産鉄道コレクションの方が全体的に高さが高いことが目立ったり,スカート部分の造形が違ったり (実車に近いのは国産鉄道コレクションの方ですが,精密さは TOMIX の方が上),多少塗り分けが国産鉄道コレクションの方がぼやけているかなという気はしますが,並べてみて判る程度で,¥600 で入手した国産鉄道コレクション (創刊号特別定価は ¥790) に対し 6倍以上のお値段の ¥3,780 もした 'ホンモノ' の Nゲージ TOMIX 9883 は,6倍の品質面での差はありませんね...
(国産鉄道コレクションは創刊号以外は ¥2,190 のようですから,6倍じゃなくて 1.7倍の品質差があるかも? ですかね)

せっかくなので,Nゲージ車両の特質を活かせるよう,鉄道公園のレールにも給電して,TOMIX 9883 は前照灯が光るようにしようかな?


ここまでの支出額 ¥1,419,861
今回の買い物
  • TOMIX 9883 22 (「TOMIX 92873 国鉄 0系東海道・山陽新幹線 (大窓車・初期型・こだま) 基本セット」バラ) ¥3,780
posted at 00:00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
2018年05月05日 (6)

KATO Z04-5589 E259系 車体間ダンパー 加工・装着

KATO Z04-5589 E259系 車体間ダンパー 加工・装着後
KATO Z04-5589 E259系 車体間ダンパー 加工・装着前

千葉の実家にいる間に行ったホビーショップ TamTam で,ぶらぶらと眺めていたら KATO Z04-5589 E259系 車体間ダンパーの在庫も目の前にあったので,3個ほど買って来ました.これは,ホビーセンターカトー公式推奨のジャンパ線表現のグレードアップが簡単に出来るパーツです.また,私が持っている KATO 10-821 E259系付属の車体間ダンパーを紛失したときのための予備という意図もあります.店頭には 5つ在庫があったので,安いパーツですし買い占めて来てしまってもよかったのですが,ふだんレイアウトに配置して走らせている KATO 製の車両にだけ装着すればよいかと,3つ (5個入りなので計 15個) だけにとどめておきました :-)

早速,ダンパー部分を切断して,レイアウトに常置している 10-541/542 E233系 0番台 H編成 2編成に適用しました.ダンパー部分を切り離す加工が必要ですが,難しさはまったくありません.装着の before/after はこんな感じです (言うまでもありませんが上の写真が装着後です).走っている状態では絶対に見えませんし,完璧に自己満足ですが,いい感じですね.お手軽・お安いアップグレードです.これくらい,標準で付ければいいのに... と思います.
ただし,M車は,これを装着したことで,隣の T車との連結が非常にやりづらくなってしまいました.もともと M車は床下の高さが微妙に違うためか,カプラー種類も異なっており,T車との連結が微妙にやりづらいです.このパーツをフックに取り付けたことによって,フックが下を向いたり,位置が下がったりして,嵌合度合いが下がってしまったのでしょうね.標準で付けないのはこんなところにも理由があるのでしょうか.ま,いったん連結させてしまえば問題ないようですので,当分はこのまま行きたいと思います.
私のレイアウトは,東西方向が足らずやむを得ず (1/150 という意味ではなくて) '縮小' しているレイアウトで,ホームも最大で 7両分しか有効長がありません.このため,E233系 H編成も 4両+2両の 6両で走らせています.従って 1編成あたり 4つこのパーツが必要なので,まずは 2編成分で 8つ使いました.残りの 7個分はそのうち,別の編成に適用しようかと思います (E351系かな?).……これのパーツは簡単に外せるので,少々面倒ですが,レイアウトに置く都度,取り付けてもいいかも知れません.その意味ではたくさん買って来なくて正解だったかも.
(仮に,保有している適合車両すべてに装着しても,二度とレイアウト上を走らせない編成もありそうですし... (苦笑))

このパーツ,在庫豊富ということではないようですが,本家 HC カトーはじめ,探せば定価以下で相当数買えそうです.敢えて 3つだけ買って来て正解だったかもと書きましたが,効果は抜群でしたし,また行ったときに在庫があれば追加してしまうかも (送料を払ってまで買うようなものではないですが).


ここまでの支出額 ¥1,421,028
今回の買い物
  • KATO Z04-5589 E259系 車体間ダンパー ¥389×3
タグ:車両 E259系
posted at 00:00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
2018年05月06日 (7)

TORM. 室内灯 TL-002・TL-013 購入・取り付け

TL-002 室内照明ユニット LED室内灯 幅狭A・白色装着千葉の実家に帰省した折に寄ったホビーショップ TamTam で,TORM. の室内灯も買いました.買ったのは TOMIX・MicroAce 向けの幅狭A・白色が 10本セットになった TL-002 を 2つと,同じく TOMIX・MicroAce 向けの幅広・暖色 1本入り TL-013 を 2つ.計 22両分です.

TL-002 は,ふだんレイアウトに常置して青梅線周回を走らせている TOMIX 98601,(今はなき,になってしまった) 189系豊田車両センターの M51編成に使いました.この前,12系客車向けに買った幅狭Bタイプ・白色の TL-022 が余ったので 189系に組み込んでみたところ,先頭車両には適合しましたが,中間車両は Aタイプの方がよいことが判明.そこで今回,幅狭A・白色タイプを調達することとして,10本入りの TL-002 が店頭にあったのでこれを買って来ました.前回行ったときには 1本入りの TL-001 しか在庫がなく (Web を探しても),今回も TL-001 を何本か買うしかないかなと思って行ったところ,多少ですが割安になる TL-002 が売っていたのでラッキーでした.次のロットが生産されたのでしょうね.すぐに欲しいのは 189系の中間車 2両分の 2本だけですが,せっかくなので,2セット 20本買っておきました.「私にとっての '標準品' とするかは正直,微妙なところ」と書いておきながら,常備用の在庫確保です (^_^;

12系客車に組み込んだときはやけに青くて萎えたのですが,やはりこれは,TOMIX 92843 JR 12系 (高崎車両センター) セットの車内 (座席・床) パーツが青ゆえのことだったようです.今度,床下だけでも別の色で塗るかな... いやいや,相当面倒そうだな... 189系に組み込んだ TL-002 (幅狭B・白色)・TL-002 (幅狭A・白色) はこんな風にいい感じで光っています.

TL-013 は,14系15形客車の「富士」のうち,オハネ15-2000・オロネ15-3000 だけは幅狭A・幅狭B タイプではなく幅広タイプが適合だったので,これらに使いました.幅広タイプでなくとも,前回買った幅狭B タイプであれば多少窮屈ですが装着は可能だったのですが,ついでなので購入して,幅狭B タイプとどれだけ違うのか確認してみようかと.
で,早速組み込んでみましたが,幅狭B タイプだとスプリングをやや無理に広げて装着する感じになっていました.しかし,幅広タイプであってもかっちりと嵌合 (適合) するという感じではないようです.あくまでも互換商品ですのでそんなものですかね.幅狭A タイプは装着出来ませんが,幅狭B タイプであれば装着は出来ました (車内を覗くとスプリングが曲がっているのが見えてやや不格好という程度.発光には問題ありません).幅狭B を既に装着しているのなら,敢えて幅広タイプに買い換える必要はなかった感じです.でも,出来れば TOMIX 98626 はもう 1セット買って,「富士」「はやぶさ」併結編成を再現したいので,そのときは余った 2本の幅狭B を使えばよいので,まぁいいか...
外から見た状況は幅狭B とまったく同じですから,敢えて写真は撮っていません.14系15形客車と牽引車とを並べるのも面倒ですしね... (^_^;

この TORM. の室内灯,本家本元のホビーショップ TamTam 以外にもポポンデッタで取り扱いがありますが,もっと入手が容易だとよいのですが.


ここまでの支出額 ¥1,433,956
今回の買い物
  • TORM. TL-002 室内照明ユニット LED室内灯 幅狭A・白色 10本 ¥5,832×2
  • TORM. TL-013 室内照明ユニット LED室内灯 幅広・暖色 1本 ¥632×2
タグ:LED 室内灯
posted at 00:00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
2018年05月07日 (1)

Rail Magazine Vol.417 2018年6月号購入

鉄道ダイヤ情報 2018年4月号先月購入した Rail Magazine Vol.416 (2018年5月号) に "シナ座" が載っていて,次号は後継である「江戸」が載ることが判りましたので,今号も買いました.……が,私にとって重要な,1号車 スロフ12-825 は写真はおろか,記述もほとんどありませんでした (泣).

特集は「115系近郊形電車の動向」ということで,かつて中央東線で走っていた山スカ色 115系も取り上げられていますが,もうなぁ,走ってないもんなぁ... という訳であまり興味ありませんでした.


今回の支出額 ¥1,240 (N ゲージとは直接関連しないので,支出総額としてカウントしない)
今回の買い物
  • Rail Magazine (レイル・マガジン) 2018年6月号 Vol.417 ¥1,240
タグ:鉄道 12系
posted at 00:00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
2018年05月08日 (2)

【図説】日本の鉄道 中部ライン 全線・全駅・全配線 第2巻 三鷹駅〜八王子エリア

【図説】日本の鉄道 中部ライン 全線・全駅・全配線 第2巻 三鷹駅〜八王子エリア東京貨物ターミナルの配線図を確認するために先月,"【図説】日本の鉄道 東海道ライン 全線・全駅・全配線 第 1巻 東京駅〜横浜エリア" という本を買いました

このシリーズ,圧倒的に薄い (=分量が少ない・高い) とか,索引がない,駅の情報なんて要らないとかの不満点があるのですが,網羅された貴重な情報ではあります.そこで,私がよく使う中央線の情報も得ようと,2冊目として三鷹駅〜八王子駅を中心として収録した「中部ライン」の第 2巻を買いました.「中央ライン」ならともかく,三鷹って中部なんですかね? 相変わらずこの本,何か致命的にズレている気がします.
がっ! "別ページの配線図とのつながりが判らない" という点が何と改善されていました.例えば南武線は府中本町・南多摩間でページが分かれているのですが,「▼南多摩[16]」「▲府中本町[14]」のように,ページ数が明記されるようになっています.同じ巻で掲載がない場合は「▼宿河原」のようにページ数が記載されていないことと,文字の色も違うので容易に判別出来ます.これくらい,当たり前ですよね... この場合であれば,宿河原がどの巻に収録されているのかが判るべきだとは思いますが (「小田急小田原線の登戸駅データは第1巻に掲載しています」のように,一部記載があるものもある).南武線の武蔵小杉以南は,以前買った東海道ライン第 1巻に収録されていますが,登戸〜武蔵小杉間はいったいどこに収録されているんだ... (-_-;

東京・神奈川は,今までに買った 2冊以外は,

  • 東海道ライン 全線・全駅・全配線 第11巻 東京南東部・千葉北西部
  • 東海道ライン 全線・全駅・全配線 第12巻 東京北東部・埼玉南東部
  • 中部ライン 全線・全駅・全配線 第11巻 埼玉南部・東京多摩北部
  • 中部ライン 全線・全駅・全配線 第12巻 東京都心北部
  • 特別編成 首都近郊スペシャル 全線・全駅・全配線

あたりに収録されていてよいはずですが,いずれも載っていなさそうです (千葉北西部が東海道だというなら,千葉県南部も掲載すべきですし...).読者が,「東京南西部」とか「多摩南部」はどこなんだろうと混乱するだろうと,著者や編集者は想像出来ないんですかね.いやほんと,これほどイライラさせられる本はなかなかないのではと思います.「星」ひとつです.

という訳でこのシリーズ,買ってもストレスが溜まるだけなのですが,東京駅〜三鷹駅間の配線も知りたいので,中部ラインの第 1巻を買って最後にしようかと思います.


今回の支出額 ¥647 (N ゲージとは直接関連しないので,支出総額としてカウントしない)
今回の買い物
  • 【図説】日本の鉄道 中部ライン 全線・全駅・全配線 第 2巻 三鷹駅〜八王子エリア ¥647
タグ:鉄道
posted at 00:00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
2018年05月12日 (6)

N-S2-CL に外部スピーカー接続

N-S2-CL 外部スピーカーG.W. に到着した N-S2-CL のサウンド類は,計器板に設置されているスピーカーから出ます.列車走行音がここから鳴るのはちょっと違和感があるんですよね... 幸いにも,ヘッドフォン端子が背面に装備されているので,これを使って外部スピーカーを接続してみることにしました.昔,PC で使っていたアンプ内蔵の小型ステレオスピーカーをまだ保管していたはず... と家の中をあちこち探してみたのですが見つからず... 買っても数千円でしょうが,家の中にあるものをまた買うのもなぁ,という感じです.それに探しているこれ,SONY 製ので,それなりに音がよかった記憶があります (その後,サブウーファーとセットの同じく SONY 製のに買い換えたので不要になりました).それだけに,見つけ出したいところ.でもヤフオク!で処分しちゃったのかなぁ... 捜索を続けたところ,最近買ったデスクトップ PC にセットで付いていた外付けアクティブスピーカーが出て来ました.SONY のに較べると,無料セット品だけあって見た目がちゃちい (すごく軽い) ですし,USB 給電というのもイマイチですが,N-S2-CL 側の動作確認という意味も含めてひとまず接続.

当たり前ですが音は出ました.少なくとも,このあたりの機能は問題なく動作しているようです.スピーカーがしょぼいためか,音が劇的によくなったという感じはしません.引き続き,家のどこかにあるはずの SONY 製のを探したいと思います.
(画像は仮置きの状態.この後,レイアウトボードを置いている座卓の下に設置しました)

posted at 00:00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
2018年05月15日 (2)

TOMIX TS-004/0660 動力ユニット購入

TOMIX 2653 北三陸鉄道36形 (お座敷車両)以前買った,TOMIX 2653 北三陸鉄道36形 (お座敷車両) は,Nゲージとして売られていますが,実際には鉄コレ並ですね.ライトも点灯しませんし,動力もありません.動力は専用のものが売られています.まったく手に入らないということはないのですが,売っているところは限られていて,どうしようかな... と思っていました.
今日,仕事で有楽町まで行ったので,そういえばと天賞堂本店に足を伸ばしてみました.……ありましたっ,TOMIX 0660! しかも定価の 2割引ということで,ネットで買うより安いうれしいお値段です.もちろん,交通費をかけてしまうと割高になりますが,今日のようについでなら問題ありません.残り 1個の在庫でしたので,買えてよかったです.って,たかがこんなものに,本体と合わせて ¥4,000 以上かける意味があったのかは微妙ですが...
そういえば,私にとっては気動車 (機関車除く) はこれが初めての車両でした.ならまぁいいか (^_^;

今日はそのまま早い時間に帰宅したので,レイアウトを置いている嫁さん実家に行って早速 TOMIX 2653 に組み込み.当たり前ですが,特に問題なく動作しました.写真を撮っても動力組込み前と変わりませんので (^_^; 画像は前回のものを流用です.

有楽町に行ったので,ついでにカツミの有楽町店にも寄ってみました... が,火曜日は定休日でした.残念.有楽町にはたまに仕事で行くので,また寄ってみたいと思います.


ここまでの支出額 ¥1,436,548
今回の買い物
  • TOMIX TS-004/0660 動力ユニット (三陸鉄道36形用) ¥2,592
posted at 00:00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
2018年05月16日 (3)

鉄道ダイヤ情報 2018年6月号

鉄道ダイヤ情報 2018年6月号いつものように,今月号も購入.ただ,以前は毎月 ¥70 分必ずもらえる期間限定の楽天スーパーポイントを消費する目的で買っていたのですが,そのポイントがもらえなくなってしまい,わざわざ毎月買う必然性はなくなっている訳ですが...

今月も,特に撮りに行くべき列車はありませんでしたね.ただ,豊田の波動輸送用の 189系が廃車となり,幕張の E257系 500番台が充当されるようになっていますから,4番線・5番線・待避線とかにも E257-500 が入線するようになったはずです.それらを撮りに行かないといけませんね... まずは,近々運転される「快速 青梅 奥多摩 新緑号」ですねぇ... これ,立川駅では何番線発着なのでしょうね.青梅線ホームの 1・2番線だとすると,撮りに行かないといけないな...


今回の支出額 ¥990 (N ゲージとは直接関連しないので,支出総額としてカウントしない)
今回の買い物
  • 鉄道ダイヤ情報 2018年6月号 ¥990
タグ:鉄道 撮り鉄
posted at 00:00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)