出張ビジネスパック びゅう
レイアウトプラン紹介 (準備中)
2018年05月20日 (7)

「快速 青梅 奥多摩 新緑号」乗車 & 撮影

快速 青梅 奥多摩 新緑号 立川駅 4番線5月の土日に 4日間だけ運転される,「快速 青梅 奥多摩 新緑号」に乗車して来ました.いつも日曜日の夕方〜夜,立川まで行く用事があって,青梅線に乗ります.それなら,この快速 (青梅線内は青梅と拝島にしか止まらない快速運転!) に乗って行こうかと.
拝島駅でもそれなりの人数,降りていました.そこからは概ね 6割くらいの乗車率.先頭車両の 5号車に乗り込んだのですが,5〜3号車はグループ連れか,2列の座席の片方に人がいる状態で,並びの 2席 (4席) とも空いている席はなかったように思います.2号車は比較的空きがありました.横に座る人もおらず,ゆったりと立川まで過ごせました.こりゃぁいい (笑).指定席の 1号車はちらっと覗いた感じ,2〜3割の埋まり方だったようです.自由席にはどの車両にも,比較的若い鉄ちゃんが数人ずつはいた感じですね.

西立川駅手前で,「この先ポイント通過のため揺れますのでご注意ください」のアナウンス.あれ? まだ西立川を過ぎていないんだけど... もしや!? そう,青梅短絡線経由で立川駅に入線,到着ホームは 4番線でした.4番線到着後,階段を上り下りして 5番線ホームに移動してもこのように十分間に合う時間,車両はそのまま 4番線に止まっていました.
ちなみに,立川駅到着は 18:55.本来ならば並ぶことはないのですが,この日は夕方にあった人身事故の影響で中央線のダイヤが大幅に乱れていて,18:25 が定刻の「ホリデー快速ビューやまなし」が 3番線に同時に入線し,ホームを挟んで 215系と E257系 500番台とが並ぶというふだん見られない光景となっていました (青梅短絡線で中央線をまたいだとき,215系は信号で停止していたのが見えました).私はこの構図での撮影のため早々に 5番線ホームに移動してしまったけれど,215系・E257-500系の並びを狙った方がよかったかな... でも,ホームは混雑していましたので,思ったとおりの写真が撮れたかは微妙ですね.

それにしても,4番線到着とは思いませんでした.5番線に列車も入って来ないタイミングだったので,このように思ったとおりの構図で撮影することが出来てラッキーです.幕が「回送」となってしまっていることだけは残念ですが,立川終着のためきっと,入線するときには既に「回送」になっていたでしょうから,こればかりは仕方ないですね...

さて,上りはまさかの 4番線到着でしたが,下りは何番線からの発車なんだろう... 青梅線ホームの時刻表には特に張り紙等での案内はありませんでした.


今日は非常によい天気で,湿度も恐らく低く,気温もさほど上がらず (5月頭くらいに真夏のような暑さもありましたが,そうはならず爽やかな) 1日でした.昼前から,レイアウトを置いている嫁さん実家に行って,レイアウトルームをはじめ,久々に各部屋の雨戸を開けて空気の入れ換えをしたり,G.W. 前にちらかしたままにしてしまっていたレイアウトルームの片付け・掃除をしたり,クルマを洗ったりして,気分よく過ごせた 1日でした.夜にはこのように,思ったとおりの構図での写真も撮れ,言うことない 1日となりました.

 
posted at 00:00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
2018年05月23日 (3)

スーパーあずさ 11号・28号乗車

松本に行く用事があり,クルマで行くか電車にするか迷った結果,1人だけなら交通費総額が安くなる電車を選択して,休みを取ってスーパーあずさで松本まで日帰りで往復して来ました.交通費自体は,電車の場合の運賃+特急料金が,高速道路料金+ガソリン代とほぼ同じです.日曜日であれば帰りが絶対に渋滞するので電車がよい一方,2人以上で行くのであればクルマなのですが,今回は一人だったのと,行き帰りの車内で読まずに溜め込んでしまっている新聞を読んでしまいたいと思い立ったため,電車を選択したという次第.
せっかくなら新型の E353系に乗りたいところ.ちょうどいい時間に走っていたこともあり,往復とも E353系で運行されるスーパーあずさに乗りました.往復とも立川〜松本間の乗車です.
これまで,松本あたりに行く場合は必ずクルマでしたので,中央線にこんな長い時間乗るのは,子供のころに親に連れられて行って以来ですね.立川から松本は 2時間ちょっと.あっという間の乗車でした.

EH200-901
E353系 松本駅 2番線

往路は平日の昼に松本に着く便,復路は夕方に松本を出る便なのでがらがらかなと思いつつ,気に入った席を選びたかったので指定席を購入.乗り較べるという意図もあって,往路は普通車,復路はグリーン車にしました.立川〜松本間の指定席特急料金は 200km までの ¥2,680 ですが,グリーン席にしても ¥4,220 で,¥1,540 高いだけです (200km までのグリーン料金は ¥2,060 ですが指定席料金を含むので,特急料金は自由席特急料金分になって,¥520 安くなるため).それくらいの値段差ならグリーン車にしてしまおうかと.

そういえば,立川駅で見かけるタキの貨物列車は南松本行きってのがありましたね.南松本駅にはタキがたくさん止まっていました.牽引機として EH200-901 もいました.昼過ぎ,南松本を過ぎるとすぐ,定刻通り松本に到着.駅を出たら,無料で借りられるレンタサイクルで街中へ.信州まで来たらもちろん,ということでまずは蕎麦を食べ,その後,用件を済ませます.所用は 1時間ほどのもの.特に揉めず,あっという間に無事終わってしまいました.1時間でとんぼ返りするのももったいないので & 万一トラブルが起きたときの予備時間として,帰りは夕方のスーパーあずさ 28号にしていましたから,引き続きレンタサイクルで市内を 2時間弱・10km ほど走り回って市内を満喫しました (松本城などの観光地は既に何度か行っているのでパス).

何せ,フリーな時間が 2時間弱しかなかったため,撮り鉄・乗り鉄的な要素はまったく出来なかったのが残念.


さて,行きは普通席,帰りはグリーン席にした訳ですが,快適性はほとんど変わりませんでした... グリーン席でも横幅は普通席とほぼ (まったく?) 同じ.シートピッチがゆったりしているだけです.背もたれの厚みがかなり違っていて,座り心地も違うのかも知れませんが,劇的に違うという程ではありません.帰りの車内では「本日指定券は満席なので空いている席に移動しないで」と繰り返し放送していましたが,グリーン車は 5〜6割程度の乗車率で,私が座った D席の隣の C席には最後まで乗客は来ませんでした.このため本当にゆったりと座れましたが,もし車掌のアナウンスが本当 (グリーン車以外は満席) ということであれば,メリットとしては,グリーン車は満席でなかったため,私の隣に乗客がいなかったことくらいでしょうか.尤も,降りた立川駅でホームからざっと見た限りでは,普通車指定席の 1〜2両も 5〜6割くらいの乗車率に感じましたけれどね (八王子・立川でどっと降りるとは思えない...).
E353系 サロE353 室内テーブルも,普通席の大きさがあれば十分ですね.コンセントも普通車にも座席ごとに装備されていますし.E257系と違って,缶などを置ける窓枠の部分の幅も普通車・グリーン車で変わらなかったように思います (E257系はグリーン車の方が明らかに広い).肘掛けもグリーン車だからといってとても広い訳じゃありません.ヘッドレストも,E257系ではグリーン車のみが上下に調節可能でしたが,E353系では普通車も調節出来ましたし.グリーン車にしかない設備はフットレストだけかも知れません.でもこれ,E257系は足を乗せる部分が「面」だったのに対し,「棒」で,いまいち足を休めるという感じではありません.それに E257系はリバーシブルになっていて,靴のまま足を乗せる面と,ひっくり返すと靴を脱いで乗せる面とがありましたが (とはいえ,わざわざひっくり返して靴のまま足を乗せる奴が多いんだろうなぁ...),E353系にはそうしたギミックはなしで,がっかりポイントです.
メリットがあったとすれば,グリーン車は 8列しかないので人の出入りが頻繁ではなく,落ち着けるということでしょうか (本当は普通車の乗客の通り抜けも禁止して欲しいのですが...).往路はツアー客の一部の数人が同じ車両にいて,いずれも高齢者で,5分おきにトイレ行ってんの? くらいにしょっちゅう徘徊席を立っていて,しかもおぼつかない足で歩いているのに揺れるもんだから,揺れるたびに立ち止まって座席にしがみついていたりして,最後の方はちょっといらっとさせられました.私が選んだのが窓側席だったのでその程度で済みましたが,あれが通路側に座っていたらと思うとぞっとします (トイレじゃなくて,別の車両の同行者との間を行き来していたのかな... 特に乗車区間の後半,ちょっと異常なくらい,入れ替わり立ち替わりその団体客の乗客が歩いていました).
ちなみに,E257系・E351系に較べると,グリーン車のフットレスト以外は普通車・グリーン車とも,格段に快適性はアップしていました.特に,普通車は驚くほどの快適性向上です.

と言う訳で,普通車と同じ 2+2列のグリーン車.普通車の設備があまりにもよくなっている一方,グリーン車はさほどではないので,(スーパーあずさに限らず) 乗っている客が比較的静かということくらいしかメリットはありませんね.次に E353系に乗るときがあってもグリーン車にはしないと思います.


切符を意識的に集めようとは思っていないのですが,せっかくなので,行きも帰りも 1駅先の北松本,西国立までの乗車券を買いました.これなら,松本駅・立川駅で降りたときに,途中下車扱いになって切符をそのまま持ち帰れますので.……と思ったら,松本駅では北松本までの乗車券が自動改札から出て来たのに,立川駅では西国立駅までの乗車券が吸い込まれたまま,戻って来ませんでした.何で?? もしかして,往路は乗車券のみを立川駅で投入しました.復路は,複数枚同時に投入出来ることが判ったので,特急券とともに乗車券を松本駅で投入しました.その違い? でもなぁ,特急は立川までで,立川で途中下車して改めて西立川まで乗る,ってふつうに行えることなのになぁ.実害はありませんが,謎です.

そういえば,E353系はいつ Nゲージで製品化されるんだろう... 試作車は何年も前に出ているのに,一向に製品化されませんね.


今回の支出額 ¥13,600 (N ゲージとは直接関連しないので,支出総額としてカウントしない)
今回の買い物
  • 乗車券 (立川〜北松本) ¥3,350
  • 指定席特急券 (立川〜松本) ¥2,680
  • 乗車券 (松本〜西国立) ¥3,350
  • 指定席特急券・グリーン券 (立川〜松本) ¥4,220
 
posted at 00:00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
2018年05月25日 (5)

KATO 3061-2 EF65 1000 後期形 (JR仕様) 入線

KATO 3061-2 EF65 1000 後期形 (JR仕様)

毎週金曜日は '入線の日' :-) 立川駅を発着する車両をひととおり集め終わって,このところペースが鈍っていたのですが,つい.ブルトレブームを支えた EF65 1000番台 (PF) です.ブルートレイン牽引機と言えば,EF65 500番台 (1965〜)・この EF65 1000番台 (1977?〜),その後の EF66 (1985〜) が有名ですが,EF66 は貨物列車用というイメージが強く,あまり好きではないんですよね... 貫通扉のない EF65 500番台は,フロントマスクが左右に間延びしているように見え,私にはこれも今ひとつ.結果的に一番好きなのはどれと言われれば EF65-1000 になるという訳です.まぁ,これが牽引していたのが私の中学生のころで,私の鉄分が高まっている最中だったからというだけなのかも知れませんが.

この EF65-1000,ブルトレ牽引機として代表的な機関車ですが,立川駅とはまったく関係ありませんし,ブルトレにはあまり興味がなかったこともあり,正直なところ,あまり思い入れはありません.関わりとしては,2005年に「富士」に乗ったときに東京駅まで編成を回送して来たのが EF65-1110 だったり,中学生時代に何枚か写真に納めているのがせいぜいです.
このため,「富士」「はやぶさ」編成を入手してからも,これを買おうかどうか迷っていたのですが,楽天カードで妻名義の家族カードを作ったときの ¥2,300 分と,毎月のキャンペーンでもらえるポイントが ¥2,000 分ちょうど入ったところで,これだけで ¥4,300 分.買い物やほかのキャンペーンで付いているポイントもありますから実質的にタダみたいなもの.であれば,ということで購入に至りました.
最近,この手の Nゲージの新品はほとんどを楽天の "Joshin web 家電とPCの大型専門店" で買っています.ヨドバシ.com & Amazon.co.jp あたりと価格を較べて買いますが,Joshin web が一番安いことが多いですね.¥5,000 以上だと送料無料なのも気軽に使えます (ヨドバシ.com は全品送料無料ですが,ポイントを考慮してもやや高いことが多いので).
用途別に作っていった結果,結構な枚数のクレジットカードを私は使い分けることになってしまっていますが,還元率という点では楽天カードが一番ですね... ざっくりとした計算ですが 1.6% 以上 の還元率があります.細かなキャンペーンのポイントを考慮せずなので,実際には 2% 前後なのではないかと思います.持っているほかのカードは,年会費がバカ高いメインカードでも 0.9% 程度 (年会費を考慮するとメインカードはもっと還元率が落ちる),VIEW Suica カードで 1.8% 程度.VIEW Suica カードと楽天カードも年会費はタダみたいなものですから,メインカードに高い年会費を払い続けているのも馬鹿げているかな (楽天カードと VIEW Suica カードだけでいいかな) と思い始めています.

閑話休題.さて,入線前にパーツ類の取り付けです.と言ってもこの KATO 3061-2 は,ユーザ取り付け部品はナンバープレートしかありません.車番は,私が過去に撮影した機番がありませんでしたので,近い 1105 としました.今回はやけにナンバープレート部品がはまらず,取り付けに苦労しました.何度か飛ばしてしまったけれど奇跡的にすべて目の前に落ちて無事回収,取り付けることが出来ました... それと,いつものように 1エンド側だけ付属のナックルカプラーに交換しました.
早速,品川 (2005年当時は田町車両センターでしょうか) から東京駅までの送り込み回送 (牽引機が EF65 1000番台,本務機の EF66 が後位に付いたプッシュプル運転) を再現すべく,バックストレートで.プッシュプル運転なのですが,12両編成+前後に機関車 1機ずつの 14編成では私のレイアウトのバックストレートではこのように長さが足らず,EF66 は見えません (苦笑).それと,品川〜東京駅間にはこんな田舎の風景は存在しないのですが (^_^; 送り込み回送のときは当然,ヘッドマークは掲出されていませんでした.

うーむ,買ったけれども,この PF もほとんどレイアウトを走ることはないんだろうなぁ... もはや,単なるコレクターと化しています.


ここまでの支出額 ¥1,449,122
今回の買い物
  • KATO 3061-2 EF65 1000 後期形 (JR仕様) ¥5,754
 
タグ:車両 EF65
posted at 00:00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
2018年05月26日 (6)

なぜ「運転見合わせ」に拘泥するのだろう?

青梅線車内モニタ今日・明日,山手線ホームから離れている渋谷駅の埼京線・湘南新宿ラインホームを山手線に近い位置に移設するのに必要な線路付け替え工事が実施され,埼京線・湘南新宿ラインが運休しています.これを知らせる通知が,毎日乗っている南武線や青梅線の車内モニタに表示されていたのですが...

昨日乗った青梅線の車内モニタで表示されていたのは右の画像の文言.「見合わせ」でした.線路付け替え工事をしていてレールが物理的につながっていないというのに,どういう支障があって運休・打ち切りにするかどうかのんきに運転を見合わせる状況だと言うのでしょう? この言葉の誤りについては昨年,"JR が言う「運転見合わせ」とは何なのか?" という記事で指摘をしました.このとき JR 東日本に問い合わせた結果,JR 東日本の Web サイトに長らく「長期運転見合わせの路線・区間」と記されていたのが「長期間不通となっている区間」にこっそり改められ,指摘を一応は理解したようなのですが... またこれだよ (-_- このヒトたち,バカなんですかね?
これは一時的な「見合わせ」なんかではなく,明らかに「運休」です.それをなぜ,「見合わせ」という表現にこだわるのでしょうか.まるで,「運休」だと莫大なペナルティがあるが「見合わせ」だとそれがないため,公式見解として「運休」は意地でも使いたくない,といった屁理屈が隠れているかのような態度です.

一方,こちらは駅で配っていたチラシです.

工事予告チラシ (表) 工事予告チラシ (裏)

日本経済新聞 あれれ? 運休区間があるという最優先の事項をまず書かずに「次のように運転します」というのが先に来ているのがちょっと気になりますが,きちんと,「大崎〜新宿間で運休」と赤字で示してあり,図でも「運休区間」と明示しています.やれば出来るんじゃないですか,JR... にもかかわらず,どうして車内モニタは「待ち合わせ」になってしまうのでしょうね?


ちなみに,マスコミ各社がどのように報道したのかも見てみます.まずは購読している日本経済新聞.きっちりと「運休」と表現しており,「見合わせ」とは微塵も現れていません.
ほかのメディアはどうでしょうか? Web で見られるものを,以下にそれぞれ引用します (太字下線は私が付けています).

JR渋谷駅工事で埼京線など きょうあす新宿〜大崎不通

JRの埼京線と湘南新宿ラインは、渋谷駅の線路の切り替え工事のため26日の始発から27日の夜にかけて新宿と大崎の間が不通となります。来月の工事と合わせて1200本の電車が運休し、およそ76万人に影響が出る見通しです。(中略)
工事は27日の午後10時ごろまで行われ、26日の始発から27日の工事終了まで埼京線と湘南新宿ラインは新宿駅と大崎駅の間が不通となります。(中略)
JR東日本は来月2日から3日にかけても工事を行う予定で、4日間で合わせて1200本の電車が運休し、およそ76万人に影響が出る見通しです。

JR渋谷・品川、一部路線運休

 JR東日本は27日、渋谷駅と品川駅の改良工事に伴い一部路線を5〜6月に運休すると発表した。
 渋谷駅工事では、埼京線と湘南新宿ラインの大崎―新宿間が、5月26日始発〜27日午後10時ごろと、6月2日始発〜3日午後10時ごろに運休し、両駅での折り返し運転になる。運休区間と並行して走る山手線は通常運行…

新宿−大崎駅間を一時運休へ 渋谷駅改良工事で

25日終電後から27日午後10時、埼京線と湘南新宿ライン

 JR東日本は、渋谷駅改良工事のため、25日の終電後から27日午後10時ごろまで、埼京線と湘南新宿ラインの新宿−大崎駅間を運休する。並走する山手線は通常通り運行する。
 渋谷駅の改良は、埼京線ホームを北へ約350メートル移設して山手線ホームと対面するように並べ、乗り換え時間の短縮を図る。完成は2020年春。今回は、ホーム移設場所確保のための線路切り替え工事で、6月1日の終電後から3日午後10時ごろまでも同区間を運休する

渋谷駅 線路切り替え中

JR東日本は26日、渋谷駅の改良に向けた線路切り替え工事の様子を報道陣に公開した。この影響で埼京線と湘南新宿ラインの新宿―大崎駅間が、27日午後10時頃まで運休する

埼京線の線路を付け替え JR渋谷駅改良で運休

 JR東日本は26日、渋谷駅の利便性を高めるため、埼京線の線路の付け替え工事を始め、駅付近の高架橋の橋桁を一部交換する作業を報道陣に公開した。工事に伴い、埼京線と湘南新宿ラインのそれぞれ新宿−大崎間が始発から運休したが、並走する山手線は通常運行した。(中略)
 工事による運休は、27日午後10時ごろまでと、6月2日始発から3日午後10時ごろまで。6月17日には品川駅の線路付け替え工事に伴い、京浜東北線の上野−品川と東海道線の東京−品川を一定時間運休する

いずれも完璧に「運休」もしくは「不通」としており,「見合わせ」という間違った言葉遣いをしている会社はありませんでした.1社くらい,バカな報道機関もあるかなと思ったのですが :-)
JR だけがダメな会社というのがよく判ります.

posted at 00:00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
2018年05月30日 (3)

阿武隈急行 阿武隈急行線 8100系

阿武隈急行 8100系電車親戚に不祝儀があり,母親を連れて福島まで行って来ました.会場は阿武隈急行線のすぐ脇でした.暇な時間もありましたので,少しだけ歩いて撮影に行って来ました (何せ 1時間に最大 3本しか来ませんから (往復なら最大 5本ですかね),しっかりと時間を確認する必要はありましたが).
あいにくのお天気でしたが,無事,それなりに撮影出来ました.

この阿武隈急行,すごいですよね.国鉄の赤字路線だった丸森線から移管を受けただけでなく,2倍以上の未開通区間を完成させて開業してしまったんですから.しかも,福島〜仙台 (大槻) 間という,東北本線に完全に並行する路線ですし.でも,2両編成で 1時間に 2〜3本というのがやっとなんですね...


戻って来てから調べてみたら... 何と,先月に鉄コレで出たばっかりなんですね! (以前,第 18弾のブラインドパッケージでも出ていたようです)
うーん,うーん... いやいや,買いませんよ.1回見て撮影しただけですからねぇ...
(私が撮影したのは A-5 編成.モデル化されているのは A-15 編成で,違いますし (ほっ)

タグ:鉄道 撮り鉄
posted at 00:00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)