レイアウトプラン紹介 (準備中)
2018年05月05日 (6)

KATO Z04-5589 E259系 車体間ダンパー 加工・装着

千葉の実家にいる間に行ったホビーショップ TamTam で,ぶらぶらと眺めていたら KATO Z04-5589 E259系 車体間ダンパーの在庫も目の前にあったので,3個ほど買って来ました.これは,ホビーセンターカトー公式推奨のジャンパ線表現のグレードアップが簡単に出来るパーツです.また,私が持っている KATO 10-821 E259系付属の車体間ダンパーを紛失したときのための予備という意図もあります.店頭には 5つ在庫があったので,安いパーツですし買い占めて来てしまってもよかったのですが,ふだんレイアウトに配置して走らせている KATO 製の車両にだけ装着すればよいかと,3つ (5個入りなので計 15個) だけにとどめておきました :-)

早速,ダンパー部分を切断して,レイアウトに常置している 10-541/542 E233系 0番台 H編成 2編成に適用しました.ダンパー部分を切り離す加工が必要ですが,難しさはまったくありません.装着の before/after はこんな感じです (言うまでもありませんが上の写真が装着後です).走っている状態では絶対に見えませんし,完璧に自己満足ですが,いい感じですね.お手軽・お安いアップグレードです.これくらい,標準で付ければいいのに... と思います.
ただし,M車は,これを装着したことで,隣の T車との連結が非常にやりづらくなってしまいました.もともと M車は床下の高さが微妙に違うためか,カプラー種類も異なっており,T車との連結が微妙にやりづらいです.このパーツをフックに取り付けたことによって,フックが下を向いたり,位置が下がったりして,嵌合度合いが下がってしまったのでしょうね.標準で付けないのはこんなところにも理由があるのでしょうか.ま,いったん連結させてしまえば問題ないようですので,当分はこのまま行きたいと思います.
私のレイアウトは,東西方向が足らずやむを得ず (1/150 という意味ではなくて) '縮小' しているレイアウトで,ホームも最大で 7両分しか有効長がありません.このため,E233系 H編成も 4両+2両の 6両で走らせています.従って 1編成あたり 4つこのパーツが必要なので,まずは 2編成分で 8つ使いました.残りの 7個分はそのうち,別の編成に適用しようかと思います (E351系かな?).……これのパーツは簡単に外せるので,少々面倒ですが,レイアウトに置く都度,取り付けてもいいかも知れません.その意味ではたくさん買って来なくて正解だったかも.
(仮に,保有している適合車両すべてに装着しても,二度とレイアウト上を走らせない編成もありそうですし... (苦笑))

このパーツ,在庫豊富ということではないようですが,本家 HC カトーはじめ,探せば定価以下で相当数買えそうです.敢えて 3つだけ買って来て正解だったかもと書きましたが,効果は抜群でしたし,また行ったときに在庫があれば追加してしまうかも (送料を払ってまで買うようなものではないですが).


ここまでの支出額 ¥1,421,028
今回の買い物
  • KATO Z04-5589 E259系 車体間ダンパー ¥389×3
タグ:車両 E259系
posted at 00:00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)