出張ビジネスパック びゅう
レイアウトプラン紹介 (準備中)
2018年05月23日 (3)

スーパーあずさ 11号・28号乗車

松本に行く用事があり,クルマで行くか電車にするか迷った結果,1人だけなら交通費総額が安くなる電車を選択して,休みを取ってスーパーあずさで松本まで日帰りで往復して来ました.交通費自体は,電車の場合の運賃+特急料金が,高速道路料金+ガソリン代とほぼ同じです.日曜日であれば帰りが絶対に渋滞するので電車がよい一方,2人以上で行くのであればクルマなのですが,今回は一人だったのと,行き帰りの車内で読まずに溜め込んでしまっている新聞を読んでしまいたいと思い立ったため,電車を選択したという次第.
せっかくなら新型の E353系に乗りたいところ.ちょうどいい時間に走っていたこともあり,往復とも E353系で運行されるスーパーあずさに乗りました.往復とも立川〜松本間の乗車です.
これまで,松本あたりに行く場合は必ずクルマでしたので,中央線にこんな長い時間乗るのは,子供のころに親に連れられて行って以来ですね.立川から松本は 2時間ちょっと.あっという間の乗車でした.

EH200-901
E353系 松本駅 2番線

往路は平日の昼に松本に着く便,復路は夕方に松本を出る便なのでがらがらかなと思いつつ,気に入った席を選びたかったので指定席を購入.乗り較べるという意図もあって,往路は普通車,復路はグリーン車にしました.立川〜松本間の指定席特急料金は 200km までの ¥2,680 ですが,グリーン席にしても ¥4,220 で,¥1,540 高いだけです (200km までのグリーン料金は ¥2,060 ですが指定席料金を含むので,特急料金は自由席特急料金分になって,¥520 安くなるため).それくらいの値段差ならグリーン車にしてしまおうかと.

そういえば,立川駅で見かけるタキの貨物列車は南松本行きってのがありましたね.南松本駅にはタキがたくさん止まっていました.牽引機として EH200-901 もいました.昼過ぎ,南松本を過ぎるとすぐ,定刻通り松本に到着.駅を出たら,無料で借りられるレンタサイクルで街中へ.信州まで来たらもちろん,ということでまずは蕎麦を食べ,その後,用件を済ませます.所用は 1時間ほどのもの.特に揉めず,あっという間に無事終わってしまいました.1時間でとんぼ返りするのももったいないので & 万一トラブルが起きたときの予備時間として,帰りは夕方のスーパーあずさ 28号にしていましたから,引き続きレンタサイクルで市内を 2時間弱・10km ほど走り回って市内を満喫しました (松本城などの観光地は既に何度か行っているのでパス).

何せ,フリーな時間が 2時間弱しかなかったため,撮り鉄・乗り鉄的な要素はまったく出来なかったのが残念.


さて,行きは普通席,帰りはグリーン席にした訳ですが,快適性はほとんど変わりませんでした... グリーン席でも横幅は普通席とほぼ (まったく?) 同じ.シートピッチがゆったりしているだけです.背もたれの厚みがかなり違っていて,座り心地も違うのかも知れませんが,劇的に違うという程ではありません.帰りの車内では「本日指定券は満席なので空いている席に移動しないで」と繰り返し放送していましたが,グリーン車は 5〜6割程度の乗車率で,私が座った D席の隣の C席には最後まで乗客は来ませんでした.このため本当にゆったりと座れましたが,もし車掌のアナウンスが本当 (グリーン車以外は満席) ということであれば,メリットとしては,グリーン車は満席でなかったため,私の隣に乗客がいなかったことくらいでしょうか.尤も,降りた立川駅でホームからざっと見た限りでは,普通車指定席の 1〜2両も 5〜6割くらいの乗車率に感じましたけれどね (八王子・立川でどっと降りるとは思えない...).
E353系 サロE353 室内テーブルも,普通席の大きさがあれば十分ですね.コンセントも普通車にも座席ごとに装備されていますし.E257系と違って,缶などを置ける窓枠の部分の幅も普通車・グリーン車で変わらなかったように思います (E257系はグリーン車の方が明らかに広い).肘掛けもグリーン車だからといってとても広い訳じゃありません.ヘッドレストも,E257系ではグリーン車のみが上下に調節可能でしたが,E353系では普通車も調節出来ましたし.グリーン車にしかない設備はフットレストだけかも知れません.でもこれ,E257系は足を乗せる部分が「面」だったのに対し,「棒」で,いまいち足を休めるという感じではありません.それに E257系はリバーシブルになっていて,靴のまま足を乗せる面と,ひっくり返すと靴を脱いで乗せる面とがありましたが (とはいえ,わざわざひっくり返して靴のまま足を乗せる奴が多いんだろうなぁ...),E353系にはそうしたギミックはなしで,がっかりポイントです.
メリットがあったとすれば,グリーン車は 8列しかないので人の出入りが頻繁ではなく,落ち着けるということでしょうか (本当は普通車の乗客の通り抜けも禁止して欲しいのですが...).往路はツアー客の一部の数人が同じ車両にいて,いずれも高齢者で,5分おきにトイレ行ってんの? くらいにしょっちゅう徘徊席を立っていて,しかもおぼつかない足で歩いているのに揺れるもんだから,揺れるたびに立ち止まって座席にしがみついていたりして,最後の方はちょっといらっとさせられました.私が選んだのが窓側席だったのでその程度で済みましたが,あれが通路側に座っていたらと思うとぞっとします (トイレじゃなくて,別の車両の同行者との間を行き来していたのかな... 特に乗車区間の後半,ちょっと異常なくらい,入れ替わり立ち替わりその団体客の乗客が歩いていました).
ちなみに,E257系・E351系に較べると,グリーン車のフットレスト以外は普通車・グリーン車とも,格段に快適性はアップしていました.特に,普通車は驚くほどの快適性向上です.

と言う訳で,普通車と同じ 2+2列のグリーン車.普通車の設備があまりにもよくなっている一方,グリーン車はさほどではないので,(スーパーあずさに限らず) 乗っている客が比較的静かということくらいしかメリットはありませんね.次に E353系に乗るときがあってもグリーン車にはしないと思います.


切符を意識的に集めようとは思っていないのですが,せっかくなので,行きも帰りも 1駅先の北松本,西国立までの乗車券を買いました.これなら,松本駅・立川駅で降りたときに,途中下車扱いになって切符をそのまま持ち帰れますので.……と思ったら,松本駅では北松本までの乗車券が自動改札から出て来たのに,立川駅では西国立駅までの乗車券が吸い込まれたまま,戻って来ませんでした.何で?? もしかして,往路は乗車券のみを立川駅で投入しました.復路は,複数枚同時に投入出来ることが判ったので,特急券とともに乗車券を松本駅で投入しました.その違い? でもなぁ,特急は立川までで,立川で途中下車して改めて西立川まで乗る,ってふつうに行えることなのになぁ.実害はありませんが,謎です.

そういえば,E353系はいつ Nゲージで製品化されるんだろう... 試作車は何年も前に出ているのに,一向に製品化されませんね.


今回の支出額 ¥13,600 (N ゲージとは直接関連しないので,支出総額としてカウントしない)
今回の買い物
  • 乗車券 (立川〜北松本) ¥3,350
  • 指定席特急券 (立川〜松本) ¥2,680
  • 乗車券 (松本〜西国立) ¥3,350
  • 指定席特急券・グリーン券 (立川〜松本) ¥4,220
 
posted at 00:00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)