レイアウトプラン紹介 (準備中)
2018年07月06日 (5)

リトルジャパンモデルス クモハ40(平妻) 組み立て & 入線

リトルジャパンモデルス 103 クモハ40(平妻)
クモハ40054

節目となる 500記事目は「初」モノの記事となりました.さて,毎週金曜日は '入線の日' :-)
ついに,キットにまで手を出してしまいました... (*゚ー゚)

今回買ったのは,リトルジャパンモデルスが出している "クモハ40(平妻) / クモハ61 未塗装 板状キット 2両セット" というプラキットです.このキットひとつでクモハ40・61 のどちらかを 2両,もしくは,1両ずつ作成出来ます.私が作成したのはクモハ 40.青梅鉄道公園で保存・展示されているのがクモハ 40054だからですね.私の '縮小立川駅レイアウト' の青梅線周回山岳部にあるループ線内に再現しようとしている鉄道公園に置きたいな,と.塗装に時間がかかり,また,後述のようにやり直したため徹夜で 6時間くらいかかってしまいました.慣れた人なら 2時間もあれば作成出来るかと.

以前から,クモハ40 の Nゲージを探していたのですが,HO (16番) はあるのに Nゲージはなく,かろうじてあるのは鉄コレの "国鉄40系宇部・小野田線2両セットA くらい.でもこれだと塗装が違うし,クモハ40 じゃなくてクモハ41 とかクハ55 だし,そもそもこれら,片運転台だからなぁ,と諦めていました.
が,知らなかっただけで,リトルジャパンモデルス (というメーカーも初めて知りました...) からキットですが,両運転台のクモハ 40 が出ていることを知り,幸いにもまだ在庫があって無事入手に至りました.このキットは 2両分で,切妻形のクモハ40と,半流形のクモハ61 を作ることが出来ます.クモハ40でも窓の形状や銘板など,妻面を何種類か選ぶことが出来ます.青梅鉄道公園に保存されている車両は,運転台側のみが Hゴム化されており,そのものずばりの妻面はパーツとしてありませんでしたが,全体的な雰囲気は出せそうです.

このキット以外に必要なのは,こんな感じ:

パンタグラフ
TOMIX 0224 パンタグラフ PS13形 (ランボード付) が推奨製品,1両につき 1個
カプラー
TOMIX JC28 密連形 TN (旧国用) が推奨製品.1両につき 2個
車輪
TOMIX 0651 φ5.6・ギアなし・銀が推奨製品.1両につき 4個
動力
動力化する場合は,TOMYTEC 鉄コレ用動力が推奨製品.1両につき 1個
インレタ
LJM L-001A 等
塗料
ぶどう色2号 (車体),グレー (屋根),クリアーレッド (尾灯)

パンタは指定の PS13 形にしましたが,カプラーはこの間ちょうど買った TOMIX 0336 の密連形 TN カプラー SP・黒がありますので,これで済ませることにしました.車輪も,割高の鉄コレ走行用パーツを買わなくて済むようにと以前買っていた "KATO 11-605 中空軸車輪 (ビス止め台車用・銀)" で済ませることにしました.鉄道公園の静態保存なので :-) 動力は必要なしです.
インレタは LJM の "L-001A クモハ40・61用 インレタ" を使うべきなんでしょうが,売り切れで入手出来ず... うーむ.
塗料はぶどう色 2号とクリアーレッドは買いました.グレーは,サフのグレーのままでいいやと思ったのですが... 組み立ててみたらかなり色が薄かった (^_^; グレーのスプレーは持っているのだから,素直に塗ればよかったな.

これ以外に特殊 (?) な工具類というか接着剤として,ABS 用の接着剤が下回りを作成するのに必要でした.

インレタ以外,材料も買い揃えられたので,早速組み立て開始.プラモデルは作ったことがあるけれども,塗装なんてまともにしたこともなく,不安でしたが,結果的にはそれっぽく作成出来たかなと思います.途中までは順調で,1両しか作らない (必要ない) ので,1両分はまるまるパーツが余るため,技術が上がったところで本番 (?) 用にもう 1両組み立てるかな,とか,いやいや,余ったパーツはそのままヤフオク!で売れば,半額以上のお値段で売却出来て,¥5,180 で買ったキット代のかなりの部分が回収出来ちゃうんじゃないか,とか,妄想を爆裂させながら作成していました.
……が,組み上げてからパーツ表面と裏面 (車内) とを塗装したのですが,車内を塗るときにどうしても車外にも塗料が回ってしまい二度塗りみたいな状態になり (マスキングテープで覆ったのにすき間から塗料が入り込み...),肝心の外装の塗装が非常に乱れる状態に (泣
ボディの組み立ては難しくないため,やむを得ず,もう 1両分のパーツを使ってやり直すことにしました.二度目はかなりうまく行って,無事,2両分のボディパーツを使って 1両のクモハ40を作り上げることが出来ました.ほっ.1両 ¥5,180 (+各種パーツ代) はかなり高めで,出来れば半額の ¥2,590 で済ませたいところでしたが,ま,何せ初組み立てですから,勉強代ですねぇ.

それにしても LJM,いい製品を出しているのに,情報があまりにも少なくて残念ですね.どんなパーツ類が別途必要なのかも,Web 上にほとんど情報がありませんし.今後はこのページが「Nゲージ クモハ40」で検索すると上位にヒットして,役に立つようになるとよいなぁ... ってもう,キットの在庫が尽きちゃうかな?


ここまでの支出額 ¥1,472,238
今回の買い物
  • リトルジャパンモデルス 103 クモハ40(平妻) / クモハ61 未塗装 板状キット 2両セット ¥5,180
  • TOMIX 0224 パンタグラフ PS13形 (ランボード付) ¥650
  • GREENMAX 鉄道カラー 2 ぶどう色2号 ¥518
  • GSI クレオス MR. COLOR C47 クリアーレッド ¥128
  • セメダイン CA-243 ABS用 30ml ¥158
  • セメダインスーパーX ¥298
     
posted at 00:00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)