レイアウトプラン紹介 (準備中)
2018年11月02日 (5)

TOMIX 92518 183系1000番台特急電車 基本セット 入線

TOMIX 92518 183系1000番台特急電車 基本セット毎週金曜日は '入線の日' :-)

今日は,かつて「あずさ」で使われていた 183系 1000番台です.車両は原則として KATO 製で統一しているのですが,TOMIX 製の 183系 0番台・189系を何本も持っているので,トレインマークの共用化なども考慮して,今回は TOMIX 92518 183系1000番台特急電車 基本セットにしました.5両セットなのがちょっと淋しいところですね.せめて 6両あるとサマになるのですが.

さて,「あずさ」が 183系 1000番台で運行されていたのは,上越新幹線開業に伴い「とき」での運用が消滅した新潟運転所の 183系 1000番台 12両編成 7本が長野運転所に転属した 1982/11/15 のダイヤ改正時からのようです (鉄道ピクトリアル 2017年 6月号 (No.932),16p,特急「あずさ」50年のあゆみ,寺本 光照).その後,幕張や田町からの転属があり,長野所の 183系 1000番台のみで運行されるようになり,このとき,485系からの先頭車化改造車である クハ182・クハ183-100 が登場したり (1985/3/14),松本運転所に移管されたり (1986/11/1) した後,JR 化後の 1987/12 以降は「グレードアップあずさ色」への変更が始まり,国鉄色の 183系 1000番台が消え始めました.
よって,私が再現したい国鉄色 183系 1000番台の「あずさ」は,1982/11/15 から 1987/12 の間ということになります.183系 1000番台だけで運転されていた時代はないようですね (クハ183-100 番台・クハ 182 が混じっていた時代ならある).

Web では,この間の長野運転所・松本運転所の 183系 1000番台の編成表が残念ながら見つかりませんでした... 別に,全部の編成が判らなくとも,1本だけでも確定情報があればその編成を再現させることが出来るのですが.
見つけることが出来た範囲で,データとしてまとまっていたのは,’81 新潟運転所183系・181系・165系列車編成表というページ (資料-1) に,1981/4/1 現在の新潟運転所で「とき」に充当されていた 183系 1000番台 12連 10本の編成表が出ていました.
また,183系の動き 配置および編成・運用の移り変わり 長野というページ (資料-2) に,1982/10/10 から 1982/11/19 にかけて新潟所や幕張区に転出した車両の動きが詳細に載っていました.このふたつの情報をマージすると,以下のようになります.

表 - 1982/10/6 まで新潟運転所に配置されていた 183系 1000番台の動き
太字は長野運転所へ転出
下線は幕張電車区へ転出
 ←上野
新潟→ 
123456789101112
<>
<>
<>
<>
<>
<>
<>
<>
クハ183
Tc
モハ182
M'
モハ183
M
モハ182
M'
モハ183
M
サロ183
Ts
サロ183
Ts
モハ182
M'
モハ183
M
モハ182
M'
モハ183
M
クハ183
Tc
1014 1011 1011 1049 1049 1101 1054 1039 1039 1012 1012 1027
1
1030
1
1048 1048 1026 1026 1106 1102 1053 1053 1052 1052 1013
1012 1040 1040 1045 1045 1103 1051 1017 1017 1057 1057 1025
1
1026
1
1018 1018 1022 1022 1107
2
1007 1003 1003 1023 1023 1011
1002 1020 1020 1015 1015 1105 1003 1056 1056 1058
3
1058
3
1015
4
1010 1051 1051 1042 1042 1115 1052 1025 1025 1005 1005 1005
1008 1020
5
1020
5
1007 1007 1114 1002 1010 1010 1046 1046 1003
1028
1
1001 1001 1021 1021 1113 1006 1004 1004 1013 1013 1001
1004 1055 1055 1044 1044 1104 1005 1047 1047 1024 1024 1007
1006 1016 1016 1041 1041 1108 1004 1008 1008 1009 1009 1031
1
編成を構成していなかった車両
クハ183
Tc
1016
4
1027
6
1029
1
1032
1
モハ183
M
1002 1006 1012
7
1027 1043 1054
モハ182
M'
1002 1006 1012
7
1027 1043 1054
サロ183
Ts
1001 1116
8
1117
2
資料-1 に記載のない車両
クハ183
Tc
1009
モハ183
M
1014 1019 1028 1050
モハ182
M'
1014 1019 1028 1050
サロ183
Ts
1053 1102
*1 クハ183-1525〜1532 へ改造の上,幕張区に転出
*2 サロ189-1107・1117 へ改造の上,長野所に転出
*3 モハ189-1558・モハ188-1558 へ改造の上,長野所に転出
*4 クハ189-1015・1016 へ改造の上,長野所に転出
*5 車番重複につき,資料-1 の誤記と思われる.1019 か 1050 (幕張区へ転出) の誤り?
*6 車番重複につき,資料-1 の誤記と思われる.1009 (長野区へ転出) の誤り?
*7 編成に入っている車番と重複につき,資料-1 の誤記と思われる.1019 か 1050 (幕張区へ転出車) の誤り?
*8 サロ189-1516 へ改造の上,長野所へ転出

鉄道ピクトリアルでは,「車両も上越新幹線開業で「とき」の職場を失った183系1000番代12両7本が長野運転所に転属,「あずさ」12往復中9往復を受け持つが,189系の一部も引き続き共通運用された.」としか触れられていませんが,新潟所の 183系 1000番台が編成ごと 7本移動したのではなく,ユニットごとにばらばらに移動して来たのですね.新潟所には,編成に組み込まれていないユニットもかなりの数あったようですから,当時はまだ,編成単位で運用するという方式ではなく,ユニットごとに臨機応変に組んでいたのでしょうか.
資料-1 では,M・M' の 1020 と 1012 とが 2回ずつ出て来てしまっていて誤りに見えるのですが,これも,調査時期によって組み込まれた編成が違っていたためなのかも知れません.

新潟所での編成表は資料-1 に,長野所の所属車両は資料-2 にあるのですが,残念ながら長野所での編成表データがありません.従って,新潟所から長野所に転出した車両がどのように 12両編成 7本 (1本は予備編成) に組成されたのかが判りません... 仕方ないので今回は,新潟時代に編成を組んでいたことがある 12両のうち 11両がまとまって長野に転出した,以下の車両がそのまま長野でも編成されたと予想して,これらの車番を転写することにしました.
なお,「あずさ」時代の先頭車は偶数が新宿方のようです.

 ←新宿
松本→ 
123456789101112
<>
<>
<>
<>
<>
<>
<>
<>
クハ183
-1004
モハ182
-1055
モハ183
-1055
モハ182
-1044
モハ183
-1044
サロ183
-1104
サロ183
(-1005)
モハ182
-1047
モハ183
-1047
モハ182
-1024
モハ183
-1024
クハ183
-1007
TcM'MM'MTcTcM'MM'MTc

この TOMIX 92158 のモハは,「モハ182はランボード横が塞がっていない1038番代までの前期型を再現」だそうで (番代ってのは二重の意味でおかしいと思いますが,気にしないことにして),必然的に再現するのは 10・11号車に組み込まれた 1024 のユニットですね.残念ながら,いずれの車番もインレタでは用意されておらず,'予備車体番号' としてバラで用意されているものから作るしかありませんでした...
ってことはこの製品,そもそも長野・松本所で「あずさ」の運用に当たっていた時代を想定していないのかな.トレインマークも「とき」しか付属していませんし.

183系 1000番台
田町電車区 S2 編成

撮影: 1982/01/15
東京駅 10番線
183系 1000番台
新潟運転所 編成名不明

撮影: 1982年?
上野駅 7番線

ユーザ取り付けパーツはホイッスル・電話アンテナ・トイレタンクです.ホイッスルはこれまでに買った 189系に付け損なってランナーから外したものが大量にあった (装着時に飛ばしてしまい,どこかへやってしまったので別パーツを切り出した後に見つかったものなど) のでそれを利用.ついでに電話アンテナも,今までに切り出したランナーから切り出すことにして,今回のランナーは使わずに '温存' することにしました.……その意味があるかどうかは判りませんが.
トレインマークは上記のように,「とき」の文字のみのとイラストのとしか付属していません.そこで,以前買った TOMIX 0856 に付属の文字だけの「あずさ」を装着.が,1981年にはイラスト入りのトレインマークになっているようですから,時代考証的にこれだとおかしいんですね,たぶん...

今回も例によって中古を買いましたが,先週買った KATO 10-490 205系 1200番台 南武線と違って,走りも非常にスムースで,前照灯・尾灯の点灯もまったく問題ありませんでした.ユーザー取付パーツ・インレタもすべて未使用.いやぁ,買ってそのまま保管しておくコレクター様にはいつも恐れ入ります... おかげで,ほぼ未使用品を安く買えるのですからね.

これで,「あずさ」「スーパーあずさ」で使われた車両は,181系183系 0番台・183系 1000番台・189系 (国鉄色グレードアップあずさ色あずさ色)・E351系E257系 0番台が揃い,これで恐らくコンプリートだと思います (上でも触れたクハ183 1500番台や先頭車化改造されたクハ183 100番台は除いて考えて).


さて,実車画像以前も載せたものを 2枚.田町電車区の S2 編成「踊り子」と新潟運転所のものであるはずの「とき」で運用されていたものです.2枚目はまさにこの TOMIX 92518 がプロトタイプとした上記表の編成のどれかだと思いますので,編成札が見えないのがとても残念ですね...
これ以外に,「白根」を担当したときの田町電車区の S3 編成や,まさに「あずさ」用と思われる新宿駅での "回送" 幕のもの (こちらは '24' という編成札が見えるのですが,該当するデータが Web では見当たらず) もありました.

上野駅で撮った方は以前,"1983年ごろ" と書きましたが,このときは既に「とき」は廃止された後だったので,1982年だと思われます.

田町区の 183系 1000番台 S2 編成は先ほども参考にしたサイトのこのページによると,以下のような 10両編成だったそうです.初期型の配置が多いですね.10両 2本 (S1・S2),7両 1本 (S3),8両 1本 (S4) があったようです.

 ←伊豆急下田・修善寺
東京→ 
12345678910
<>
<>
<>
<>
<>
<>
クハ183
-1022
モハ182
-1038
モハ183
-1038
サロ183
-1111
サロ183
-1008
モハ182
-1037
モハ183
-1037
モハ182
-1033
モハ183
-1033
クハ183
-1017
TcM'MTcTcM'MM'MTc

ここまでの支出額 ¥1,719,148
今回の買い物
  • TOMIX 92518 183系1000番台特急電車 基本セット ¥13,190
タグ
車両 183系
posted at 00:00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
2018年11月03日 (6)

建物コレクション 160 デザイナーズ・アパート

TOMYTEC 建物コレクション 160 デザイナーズ・アパート新規発売される建コレで,久々にぐっと来るものがあったので,買いました.「建コレ 16- デザイナーズ・アパート」です.いいじゃないですか,この現代的 (実感的) なデザイン・色使い,4階建てであること,機械式駐車場まで付属していること.予約して発売日に入手です.早速組み立てました.

出来上がった (一部を除き) 外観はよいのですが,うーん,どうなんでしょうこれ,かなり微妙な感じです.結論を先に書きますと,推測ですがこれ,トミーテックの製品 (設計・製造) ではなく,どこかのものの OEM とかどこかの ODM,あるいは,持ち込まれた企画をそのまま建コレとして出しているだけではないか,と感じさせます.
今までの建コレと作りが全然違います.アパートの躯体というか長方形の部分は接着の必要もありません.初めから箱形で出来上がったものが入っています.それはそれで組み立ての手間が省けますし,まだ試していませんが,遮光性も上がっていそうです.内側も黒っぽい色で塗装されており,照明を組み込んでも光漏れしそうにない感じです.一方,分解出来ませんので,内部にガラスパーツを貼るときに苦労します.また,これまでの製品と違って,ガラスパーツを押さえるための工夫が一切ありません.接着するか,テープ類で固定することが必須です.同様に,ベースと本体も何の固定の工夫もされておらず,載せるだけです.接着必須です.付属している「植栽」パーツや機械式駐車場もそう.ベースに載せるだけ.今まで,こうした製品はありませんでした.

さらには,機械式駐車場は,建コレ史上過去最悪なくらいに組み立てが面倒です.というか,私のパーツのランナーからの切り出しを間違えたのか,長さが合わず,きちんと立方体にすらなりません.非常に繊細な表現がされていますが,組み立ての工夫はまったくされておらず,すべて接着必須ですし,そもそも接着しようにも長さが足らない... なんだよこれ? という感じの最悪な状態.これ,本当に建コレなんでしょうか? まるで,スタジオミドの製品を組み立てているような気分になりました.
建コレは全製品を買っている訳ではもちろんなく,色替えの焼き直し製品ではない,純粋な建コレの新製品は久々に買いましたので,もしかすると最近はみんなこういう作りなのかも知れませんが,そうでないとしたら,余りにも異質な商品だと感じました (デザインが今までの昭和なものと打って変わってセンスがいい点含め).これらのことから,もしかすると,設計・製造している会社が違うのではないかと思った次第です.

とりあえずこの,立川駅から青梅線で出たすぐの位置に仮置きしました.ちょうど,隣に "071 建築中の建物A 〜木造〜" があり比較が出来ますが,機械式駐車場の柱 (鉄骨) と,建築中の建物の材木の太さを較べてみてください.後者は材木で,機械式駐車場の鉄骨よりはるかに細いはずなのに,逆転していますね.現実感スポイルしてしまいますが,この太さこそが,建コレの組み立て易さに寄与していたはずです.それがこんなに細くなってしまっては,組み立てしづらいのも当たり前でしょう.もちろん,精巧で実感的な出来映えのほうがうれしいですが,ここまで組み立てづらいものじゃぁなぁ,という感じですね...

なお,窓のうちいくつかは,ブラインド・カーテンが閉められているという設定でちょっとだけ手を入れてみました.そのうち電飾化もしたいと思います.


ここまでの支出額 ¥1,721,278
今回の買い物
  • TOMYTEC 建物コレクション 160 デザイナーズ・アパート ¥2,130

うーん,ヨドバシ.com で買っちゃったけど,Amazon.co.jp のほうが ¥150 も安かったか... (´・ω・`)

posted at 00:00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
2018年11月04日 (7)

TOMIX 92518 183系1000番台へインレタ貼付するも...

先週届いた TOMIX 92518 の 183系 1000番台セット.インレタが付属していますので (というか,車番が印刷されていませんので仕方なく),今日はインレタ貼付を実施.このために,いつの時代の,どこの電車区の編成を再現するか,過去に配置されていた状況を調べて準備万端整っていましたので.

……がっ!! 結論的には大失敗というか,あきらめました(;´Д`)
位置決めをして,いくら専用のツール (バーニッシャー) でこすっても転写されません.きちんと転写されないものだからこすっている時間が長くなり,ズレる可能性も高くなります.その結果,ずれて転写されてしまうという... (0 が 6 に見えたりとか)
これ,発売されてからまだ 4年くらいのはずなんですが... 早くもインレタは盛大に劣化しているようです.何回かやり直しましたがダメで,これ以上やってもムカつくだけですからあきらめました.

今回は,八トタ M50M51M52 編成と既に 3編成揃えている 189系との互換性を考えた (国鉄色の 189系 M51 編成となら混結しても違和感ないでしょうから,フル編成が出来るかなと.それと,トレインマークの互換性ですね) のと,KATO の 183・189系など,「トレインマーク変換装置」装備のものはヘッドマークが不自然に奥まっていて現実感がなさ過ぎて嫌なので敢えて TOMIX を買いましたが... やっぱり TOMIX の車両は買わない方がよいな... という感じです.
インレタは別途調達するか,あきらめるしかありませんかね.とほほ.

 
posted at 00:00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
2018年11月09日 (5)

鉄道コレクション 国鉄70系中央東線 4両セット 入線

鉄道コレクション 国鉄70系中央東線 4両セット毎週金曜日は,その週に到着した車両を,嫁さん実家にあるレイアウトルームに持って行って入線させる '入線の日' :-) 今週も 1編成届きました.今日は鉄コレです.鉄コレの入線は約 2か月・16本ぶり.今回買ったのは「国鉄 70系中央東線 4両セット」.
立川駅を行き交う車両のうち現行のものは (一部の系列・番台違いを除き) ほとんど集め終わり,過去の車両も集め始めており,その一環です.かつて中央東線を走っていた近郊電車の旧型国電,70系ですね.

さて,早速整備です.動力ユニットは "TM-09 動力ユニット 20m級用B" が指定されていますが,もうどこでも売っていないようですね.調べると,"TM-17 動力ユニット 20m級用B2" が代用可能なようです.しかし,どうせ走らせませんし,動力ユニットは非常に値段が高いので,とりあえず購入は見送り.走行用パーツセットとパンタグラフ交換のみとすることとしました.カプラーはいつものように KATO カプラー密連形A に交換します.
さらに,いつものように「幌」を装着.なお,この製品にはユーザー取付部品はありません.

4両しかありませんので,カプラー交換・幌の取り付けをしてもそんなに時間がかからないのがうれしいです (^_^;
ん〜,せっかく整備したのに,走らないとやっぱりいまいち盛り上がりませんね... という訳であっさりと終了,です.


ここまでの支出額 ¥1,726,188
今回の買い物
  • TOMYTEC 鉄道コレクション 国鉄70系中央東線 4両セット ¥4,910
  • TOMYTEC TT-03R 鉄コレ走行用パーツセット ¥864×2
  • TOMIX 0224 パンタグラフPS13形 (ランボード付) ¥756
 
posted at 00:00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
2018年11月15日 (4)

鉄道ダイヤ情報 2018年12月号

鉄道ダイヤ情報 2018年12月号さて,本日は唯一毎号買っている鉄道関係雑誌『鉄道ダイヤ情報』の発売日.そろそろ惰性 (惰行?) になりつつありますが,結局買っています.
撮り鉄を本分にしてしまうといくら時間があっても足りませんし,乗り越えられない技術的な壁にすぐぶつかりそうなことはそれこそ『鉄道ダイヤ情報』などに掲載されている鉄道写真を見ても判っていますので,手を出さないようにしています.私の場合あくまでも,作成している '縮小立川駅レイアウト' の資料として,立川駅での各番線に発着する車両を撮影することのみを主眼としています.このため,有名撮影地の多摩川橋梁がすぐ近くにありますし,その先には "トタS" もあったりしますが,足を踏み入れないようにしています (^_^;
立川駅での各系列×各番線での写真を撮り始めてから約 2年経って,だいぶ撮り貯められて来たこともあって,残念ながら今回も,心躍るダイヤは載っていませんでした...

本当はもっとたくさんあるはずですが,ほとんど載っていない E655系「和 (なごみ)」のダイヤが 1本だけ載っていたのが少し印象的でしたが,それだけかな... 甲種輸送も撮りに行きたいとは思うのですが,これも手を出すべきかどうか悩むところですし,多客期に向けた運行ではないため,土日じゃないことも多いので,手を出しづらいところです.西武鉄道とか東急とかの車両の回送が多いようですが,私鉄にまったくと言っていいほど興味のない私にとっては,縁遠いものばかりですし...


今回の支出額 ¥895
今回の買い物
  • 鉄道ダイヤ情報 2018年12月号 ¥895
posted at 00:00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
2018年11月16日 (5)

KATO 10-195 113系 1500番台 (横須賀線色) 8両基本セット 入線

KATO 10-195 113系1500番台 (横須賀線色) 8両基本セット毎週金曜日は '入線の日'.今日の新規入線車両は横須賀色の 113系 (1500番台) です.狙った訳ではなく,たまたま 2週連続でスカ色車両の入線です.

なぜスカ色 113系なのかと言うと... 立川駅で見ることが出来る現行の車両はほぼ集め終わったので,過去の車両もぼちぼち集めています (別に,集めないとならないことは決してないのですが...).その一環として,183系 0番台1000番台も買ってしまいました.
以前も書いたとおり,小学校〜高校まで総武本線沿線に住んでいた私にとって,中央線直通総武緩行線の黄色の 103系・201系,横須賀線直通総武快速線のスカ色 113系,房総L特急群の 183系 0番台が私の鉄道の原風景にあります.既に揃えている 183系のお供にスカ色 113系も欲しいとは前から思っていました.そんな中,安いセットがヤフオク!で見つかって,競合もなくすんなりと落とせたので,無事入線という訳です.

今回買ったのは KATO 10-195 の 113系 1500番台 (横須賀線色) 8両基本セットです.シールが一部貼付 (使用) 済みだったり,ケースに痛みがあると記されていたりと,完全品でないとの断りがありましたが,写真を見る限りそんなには悪くなさそうでしたので,思い切って落札.
付属のユーザー取り付けパーツのアンテナと信号炎管は既に取り付けられていました.シールは,前面方向幕部分のみ貼付されていましたが,付け方がイマイチだったので修正しました.問題なくリカバリ出来ました.ついでに,先頭車両だけ「千葉」の側面方向幕を貼付してみました.肝心の動力と前照灯/尾灯は,手で押さないと走り出さない & 走ってもぎくしゃく動作,ちらつく状態でした.そこで最近はよくやっている分解清掃を実施.先頭車両とM車の台車を分解し,集電シューを一部は #2000 の紙ヤスリを使いつつ磨きます.その結果,ぎくしゃく運転はまったく問題なくなり,スローから最高速まで異音もなくスムースに走りますし,ちらつきもなくなりました.
ケースは,恐らくこの時代はあったであろう隅の三角の紙がなかったり,ケース内部を覆う薄い透明プラスチック製のシートが折れていたりしますが,車両本体は無事,いい感じで走行するように整備出来ました.
古い (2000年製造?) 製品なので,カプラーはアーノルドカプラーでした.そこで,KATO カプラー密連形 A へ交換.つなげてしまえば密連形 A でも問題ない感じです.
すべての整備には 2時間くらいかかってしまいましたが,8両セットで ¥5,000円弱,1両あたりわずか ¥600 程度ですから,とてもお買い得な品物だったと思います.

先頭車+M車のみでの試走も問題ないのでフル編成にして改めてレイアウトを周回させます.小窓がずらっと並ぶのが圧巻の 2両のサロを含む 8両編成だとさすがに見応えがありますね.走らせてしまえば 113系も 115系も区別つかないだろうと 115系をまずは買っていましたが,この 8両セット,買ってよかったです.

113系1000'番台 千葉駅唯一,いまいちな点は,色ですね... スカ色は青 15号 色見本+クリーム 1号 色見本 ですが,クリーム 1号が濃過ぎる気がするんですよね... 私の記憶色としてはもっと薄いです.に載せた実車画像は,古いプリントからのスキャンのため,全体の色合い・明るさ調整を強烈に行っているので,クリーム色が記憶色よりかえって薄くなってしまっていますが,どちらかというとこちらの方が記憶色に近い色合いです.
ま,最大の問題は... これも私のレイアウトではほとんど走らせる機会が来ないだろうということですね (^_^;

さて,この実車画像は,恐らく千葉駅で 1981年ごろに撮影したもの.113系 1500番台を写したものは残念ながら残っておらず,これは 1000'番台だと思われます.この列車は横須賀線・総武快速線ではなく,内房線・外房線方面のローカル電車ですね.東京駅〜錦糸町の地下区間で使うために投入された 113系 1000'番台ですが,このように房総半島各線の普通列車で使われることも多かったようです.

このように,主に横須賀線・総武線快速や千葉以東の千葉県内各線で使われていた 113系横須賀色ですが,臨時列車として立川駅にも入線したことがあるようです.よってこれは,私が作っている '縮小立川駅レイアウト' に備えるべき形式のひとつなんです :-)


ここまでの支出額 ¥1,732,086
今回の買い物
  • KATO 10-195 113系1500番台 (横須賀線色) 8両基本セット ¥4,890
  • KATO 11-703 KATOカプラー密連形A黒 ¥336×3
 
posted at 00:00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
2018年11月21日 (3)

「ヱビス 日本の鉄道ヘッドマークメタルチャーム」"あずさ" ゲット

コンビニエンスストア限定 「ヱビス 日本の鉄道ヘッドマークメタルチャーム」先月から,コンビニエンスストア限定 「ヱビス 日本の鉄道ヘッドマークメタルチャーム」というのがヱビスビールにおまけで付いて来ていることはどこかで見てしっていましたが,特に興味なくスルーしていました (ビールは,飲み会のときの 1杯目としてしか飲みませんし).
別の用事で寄ったコンビニで,たまたま時間があったのであれこれ眺めているとこれが目に入りました.そういえばこんなの売るって言ってたよね,といくつか見てから,どんな種類があるのか,手元のスマホで検索してみると,「あずさ」もあることが判明.だったら買うかと,目の前の 20本くらいを順次見ていくと,奥の方に 2本,「あずさ」が付いている缶を発見.別に迷うほどのお値段ではありませんから,早速買って帰りました (350ml 缶の方がよかったですけれど...).

これ,材質は不明ですが,メタルチャームというだけあって,ふにゃふにゃしたものではないしっかりした作りで,キーホルダーとしても役立ちそうです.レイアウトルームに「鍵」があればその鍵を付けておくにはおあつらえ向きですが,和室に鍵がかかる扉なんてものがある訳もなく... かといって,嫁さん実家の鍵を付けておくのに使うのも微妙です.結局,買ったものの使い道ない感じで,まんまとサッポロビールの策略に載せられただけのようです (苦笑).

停めた 183系のヘッドマーク位置にあわせてこのメタルチャームを置いて撮影すると面白い絵になるかも,なんて思って色々とトライしてみましたが,大きさが違い過ぎてダメでした (^_^; せっかく車両を並べたのに,何したいのか判らない写真になっちまいました.とほほ.


今回の支出額 ¥332
今回の買い物
  • サッポロビール ヱビスビール 500ml缶 ¥332
 
posted at 00:00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
2018年11月22日 (4)

KATO 10-361・363・364・365 103系ブルー・ウグイス・カナリア・エメラルドグリーン 4両セット 一挙入線

毎週金曜日は入線の日.ですが,明日は勤労感謝の日でお休みゆえ,木曜日の本日,嫁さん実家に置いているレイアウトルームに足を運ぶことが出来ました.

本日は,103系が一挙入線です. 青梅線・南武線を走っていた車両に何があったかを『鉄道ピクトリアル』誌のバックナンバーで調べたら,青梅線には京浜東北線からの転属でのスカイブルー,山手線からのウグイス,総武緩行線からのカナリアイエロー,さらには常磐緩行線のエメラルドグリーンに至るまで,全色 (?) 走っていて,しかも混結されていたことすらあったことが判りました.南武線も同様に,オレンジバーミリオン・ウグイス・エメラルドグリーンがあったようです.
別に,そんな編成を再現しなければならない必然性はない訳ですが (^_^; 何と言いますか,つい... という感じですね.おあつらえ向きに,KATO の旧製品,10-361〜365 として出ていた 103系の 4両セットが入手出来てしまいましたので.

これらを探している間に,"JR 103系通勤電車(山手線おもしろ電車)セット" がヤフオク!で ¥15,000 くらいで落札されていました.こちらは比較的最近の製品ですから,それにした方がよかったのかどうか,迷うところです.
でもこのセットは先頭車が 2両 (スカイブルーとウグイス) しか入っていませんし,各色 2両ずつですし... 高運転台車・冷房車というのは私にとってポイントが高いですし,TOMIX なのに車番も印刷済みというのはいいのですが.

一方,今回入手したのは 4両セットが 4セットで合計 16両.1両あたりわずか ¥884 で,鉄道模型ショップのジャンク箱に入っているものより確実に安いと思われます (というか,ジャンク箱を何度か確認しましたが,これだけの両数を集められるのはいつになることやら... という感じで現実的ではありませんし,1両 ¥1,000 を切ることもない感じです).

で,届いてみて初めて気付きました.これ,前照灯/尾灯が点灯しないんですね(;´Д`)  既に KATO 10-312 新103系 オレンジ 4両セットを持っているので,今回,中央線色のオレンジパーミリオンの 10-362 だけは買いませんでした.10-311〜10-315 で既に 103系高運転台車があるのに,違うバリエーションの低運転台車とはいえ何ですぐにまた 103系を製品化したのだろうとは思っていたのですが... まさか,品番が新しいこれが廉価版だったとは思いもよりませんでした.
台車はスナップオン式,集電シューすら付いておらず室内灯を入れることも出来ない (って,入れませんが...) 本当に簡易な作りですね.お前,鉄コレかよ? という... ま,でもきちんと動力も付いていますし,このお値段ならいいですかね... 各色混成の編成を再現して走らせるときは,10-312 のオレンジを先頭車に持って来れば前照灯は点灯するのでオッケー,です (苦笑).

さて,いつものように入線前整備です.まずはカプラーから.当然にアーノルドカプラーですので,KATO カプラー密連形A に交換.これ,先頭車にもダミーカプラーではなく,ご丁寧にもアーノルドカプラーが装備されているんですよね.とりあえず密連形A にしておきましたが,ジャンパー線が延びていて間抜けです.どうするかな...
手持ちの TN カプラーか,Assy パーツで買った 165系用のカプラーを無理矢理接着して取り付けるのがよさそうですが,いずれも高価な部品をこんなところに使うのもなんだかな感がありますね.お手軽には,ジャンパ線を切ってしまうことですかね.カーブでカプラーが振れて変ですが.

幌は,ボディ色で塗装されてしまっていますが幌っぽい出っ張りが表現されており,そこにさらに幌を付けるといまいちな感じになりそうなのと,どうせ走らせませんから (^_^; 今回は省略することにしました.16両・24個の幌を装着するのはかなり面倒ですし...
動力は,20年以上前の製品にもかかわらず何の問題もなく,するすると走りました.音も静かだし,スローも効きます.これらは分解清掃の必要はなさそうです.

この製品の金型を使ってその後,「KOKUDEN シリーズ」なんてのを KATO は出していたんですね.... (そちらは 3両セットですが)
これが廉価版というのは知っていましたが,まさかその元がこの 10-36[1-5] だとは思いもよらなかった...

気を取り直して,いつの場所に順番に並べて撮影です.

KATO 10-312・10-361・10-363・10-364・10-365 山手線おもしろ電車?ついでに,KATO 10-312 も引っ張り出して来て,山手線おもしろ電車よろしく全色並べてみました.豪華 4M6T です.同じ時期の製品で揃っているため,4M でもきちんと走りました (^_^;
って,これを買った本来の目的は,南武線・青梅線での混色編成を再現するためだったのでした... 混色編成は転入直後の暫定的なものだったこともあって,記録が網羅的に残っている訳ではなく,実際にどんな編成がいつからいつまで運用されていたのかの全貌は判りません.
調べた範囲では唯一,Asian Railway Plaza というサイトが,南武線を走った 3色編成を紹介していて,3編成だけですが,車番含めた記録を掲載していました.また,こちらのサイト (サイト名不明) でも 103系列車編 南武線というページに綺麗な 3色の編成の写真が 1編成だけですがこちらも車番を含め出ていました.

出典
 ←川崎
立川→ 
123456
<>
<>
クモハ103
Mc
モハ102
M'
サハ103
T
モハ103
M
モハ102
M'
クハ103
Tc
link 54 153 759 319 475 582
link 53 152 760 319 475 509
link 55 154 766 319 475 509
link 55 154 359 321 477 510

さすがに,6両しかない南武線で,4色混色というのはなかったようですね... なお,京浜東北線色のスカイブルーは青梅線にはありましたが,南武線には入っていなかったようです.
これを見ると,編成は固定的なものではなく,ユニットごとに頻繁に入れ換えられていたようですね.

一方,青梅線については,そのものズバリの混色編成というサイト内の青梅・五日市線103系・1980年代 #5 というページで「オレンジ・緑・水色」の 3色で構成された 6両編成が紹介されているのですが,残念ながら,画像からはどういった色構成だったのかの肝心の情報が読み取れず... なお,「緑」というのはウグイスではなくエメラルドグリーンのようです.いずれにせよ,青梅線にも 3色混色編成があったのは間違いなさそうです.
また,鳳車輛製造のサイト内に,これまたそのものズバリの「混色編成の記録」というページがあるのですが,残念ながら青梅線・南武線の 3色以上の編成は掲載されていませんでした.

これを調べていて,もうひとつ困ったことが判明してしまいました.10-361〜10-365 は 4両セットで,こうなっています:

<>
クモハ103
Mc
モハ102
M'
サハ103
T
クハ103
Tc

南武線の 6両編成を再現するには M のモハ103 が足りません.むむ,どうすれば... ま,そのうち考えましょう (^_^;

中央線特別快速 103系 東京駅 2番線
撮影: 1981年ごろ
東京駅 2番線
青梅線 103系
撮影: 1983.03.06
御嶽〜東川井(信) 間

実車画像です.1981年ごろに東京駅と,1983年の春に青梅線で撮影したもの.当時は特急形へ興味が集中していましたので,通勤形はほとんど撮影しておらず,いまいちな写りのものしかありませんでした. 2枚目は,青梅線の御嶽駅付近に ED16 を撮影に行ったときの 1枚です.私は 101系・103系の区別がきちんと付かないのですが (^_^; これらは 2枚とも 103系で間違いないですよね...
それにしても,この 2枚に限らず,おしなべて発色がよくないのが残念なところです.

KATO 10-312・10-361・10-363・10-364・10-365さてこれらの製品は上に書いたように廉価版ですから,前面方向幕は印刷されていないのはもちろん,シールさえ付いていません (その意味では鉄コレ以下ですね).そこで,以前買った,ペンギンモデルのシールを気分を出すために貼ってみました.若干スケールが合わないんですが... かつ,買ったシールは中央線用なので,「奥多摩」がないのがちょっと痛い.なぜか「特別快速奥多摩」はあったので,代わりにそれを.……たぶん,時代考証を無視していますが,まぁいいや.


ここまでの支出額 ¥1,746,226
今回の買い物
  • KATO 10-361 103系 一般形ブルー 4両セット ¥3,148
  • KATO 10-363 103系 一般形ウグイス 4両セット ¥4,208
  • KATO 10-364 103系 一般形カナリア 4両セット ¥3,637
  • KATO 10-365 103系 一般形エメラルドグリーン 4両セット ¥3,148
     
posted at 00:00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
2018年11月23日 (5)

KATO 10-312 新103系 オレンジ 4両セット 整備

KATO 10-312 新103系 オレンジ 4両セット昨年 6月に買った直後,前面方向幕を貼って以降,これまでほとんどしまいっぱなしだった KATO 10-312 の 103系を,先月末昨日,立て続けに出して撮影しました.このとき,前照灯/尾灯がほとんど点灯しないことに気付いてしまいました.
そこで今日は,3連休ということもあり時間が取れましたので,この 10-312 のクハ 2両を徹底的に分解整備.台車を分解して,さびが浮いていた集電シューの車両軸受け部分を精密ドライバーでごしごしと削り,車両側との接点となる部分を #2000 の紙やすりで軽くこすります.車両側も分解して床下の集電シューを同様に #2000 の紙やすりで軽くヤスることで,まったく問題なく点灯するようになりました.
走りは特に問題ない状態でしたが,ついでに M車の台車も分解して清掃.……しましたが,特に汚れもなく,分解・清掃の必要ははやり特になかったみたいです.

おかげで,通電したレールに載せるだけで,当たり前ですがこのように明るく点灯するようになりました.ついでに,昨年は "この小さなエリアのシールをきちんと切り出して貼れる自信がない" ためパスした運行番号シールも切り出して貼付しました.以前貼ったときはまだデザインナイフを買っていなかったからでしたかね... 別に,躊躇するほどの小ささじゃないと思うんだけどな (^_^;
おかげで,前面が引き締まりました.「八王子」が曲がっていることは判っているのですが,何度やっても修正出来ず... 側面方向幕も同様に,見た目を引き締めるために貼りたいのですが,面倒でねぇ... (嘆息

昨日買った KATO 10-361〜365 のクハ・クモハにも,同様に運行番号を貼り付けておきました.

posted at 00:00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
2018年11月24日 (6)

103系冷房改造

GREENMAX 8062 AU75 クーラー装着 KATO 10-361 103系 一般形ブルー3記事連続で 103系の話題です.今週一挙 4色・16両届いた 103系.前照灯/尾灯不点灯仕様ということを知らずに買ってしまって,ちょっと残念でした.しかし,それ以上に気になったのは,非冷房車をプロトタイプとしていたこと.屋根上にはベンチレータがずらっと並んでいるだけです.これじゃ,屋根だけ見ると旧国に見えないこともないような... 101系ならともかく,私の記憶にある 103系は冷房車ではないかと... ということで,冷房車に改造することにしました.30年前ならともかく,地球温暖化が進んでいますから,今年のような猛暑だと冷房がないと熱中症患者が多数出そうですし :-)

調べてみると,どんぴしゃの型式なのかは判りませんが,グリーンマックスからそれっぽいものが出ていることが判りましたのでヨドバシ.com に注文.買ったのはそれぞれ 4個入りの AU75 と AU75G です.いずれも在庫はあったのですが,安い方の AU75G を複数注文すると到着予定日が延びちゃうので (ヨドバシ.com 用の在庫は残り 1個で,それ以上は店舗から取り寄せるのでしょう),1つだけとして,少し高いのですが AU75 を 3つ注文して合計 4セット,16個のクーラーがあっという間に注文翌日の本日,到着です.
"注文翌日" というか,注文してから 15時間くらいしか経ってないんですよね.昨日の夜中に注文して,今日の昼過ぎには到着しました.本当に便利です.わずか ¥1,500 程度の買い物なのに,送料無料で当日〜翌日配達というのが,この人手不足による送料値上げのご時世,本当に正しい姿なのか,若干気になるところではありますが...

早速,装着しました.まず,中央部のベンチレータが邪魔ですので,ひとつ外します (挿し込んであるだけなので簡単に外れます).AU75 の裏には装着用にでっぱりが 2か所ありますのでカッターで切り落としてから Gクリアで接着しました.車両は KATO 製,パーツは GREENMAX 製ということで,屋根の 'R' が合うのか心配しましたが,ご覧のとおり,違和感なく接着出来ました.いやぁ,いずれも 1/150 スケールできちんと作成されてるってことですかねぇ... すばらしき哉,日本の工業製品.

ところどころ (車両によっては) ボンドがはみ出てしまっているところもありますが,ほとんど目立たず,こんなふうに,いい感じで冷房化改造出来たと思います.ステンレスっぽく塗装しようかとも思いましたが,クーラーだけやけにキラキラしていてもどうかなと思ったのでそのまま接着.これで十分だな...


ここまでの支出額 ¥1,747,714
今回の買い物
  • GREENMAX 8062 AU75 クーラー ¥385×3
  • GREENMAX 70-6 AU75G 型集中クーラー ¥332
 
タグ
103系 車両
posted at 00:00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)