レイアウトプラン紹介 (準備中)
2019年03月03日 (7)

京葉線開業 33周年・検見川浜駅開業初日0001番入場券

京葉線は 1986 (昭和61) 年 3月 3日,西船橋〜千葉港駅間が第 1期線として開業しました.今年で 33年が経ちます.私は当時,総武本線沿線に住んでいたので,京葉線までは数キロの距離でした.この開業前日から徹夜して検見川浜駅に並び,開業初日の '1番切符' を手に入れることに成功しました.……なかなかの筋金入りな鉄ちゃんですなぁ.昨年春に訪問した原鉄道模型博物館の原信太郎翁も若かりしころ,何日も駅に並んで 1番切符を手に入れることに血道を上げていたようですが,私はこの 1回だけですね...

京葉線検見川浜駅入場券 (開業初日)
京葉線検見川浜駅開業初日0001番入場券 (1986/3/3)

実はこれ,2枚あります.数台並んでいる券売機のうち,2台に同時に硬貨を入れて,2枚の 1番切符を独り占めしたって訳ですな... この日,前の晩の 22:00 くらいからだったでしょうか,並び始めたときは一番乗りでした.どこで並ぶか悩んで,シャッターのすぐ脇に陣取って座っていました.ひとりで並んでいましたから,シャッターが開くまでの 7時間くらい,一度もトイレにも行かなかったんだと思います.シャッターが開く 1時間くらい前にはかなりの人数がシャッター前に群がっていたように思います.
その中で前方にいた小学生か中学生くらいの数人が,私のことを指して「この人,邪魔じゃない? ずっとここに座ってるつもりかな? みんな立ってるのに」「だってこの人,きっと一番にここに来たんでしょ? どけって言えないじゃん」などと話をしているのが聞こえていましたが無視.「シャッター開いたらでもこの人邪魔だよね」「あ,もしかしてそのまま中に入るつもりかな?」と聞こえます.そうか! シャッターが開き始めたら,このまま寝転んで転がるか,30cm くらい匍匐前進していち早く中に入ればいいんだっ!! とそのお子様に教えてもらっちゃいました (^_^;
財布から 100円玉を 2枚出し,握りしめてそのときを待ちました.次の瞬間?,ガタガタとけたたましい音でシャッターが開き始め,30cm くらい開いたところで私は寝転がりながら中へ突入,まだ誰も後ろにいる気配はありません.私のロケットスタートに驚いた駅員がふたりほど,避けて道を開けます.私はそのまま両手に 1枚ずつ 100円玉を持って,目に留めた券売機へダッシュ,右,左,と 100円玉を 1枚ずつ投入.向こう側でほかの券売機に誰かがたどり着いたのが見えました.
2枚目の 100円玉を続けざまに左,右と入れたあたりで後ろに人が到着して硬貨を入れようとしますが,既に「100」と表示されていることに躊躇しています.その人を,「あ,今それ,俺が買うところだから」と遮って,120円の入場券をゆうゆうと 2台の券売機で買い,京葉線検見川浜駅の開業初日 1番きっぷを 2枚,首尾よく手に入れることに成功したという訳です.

私が 2枚買い占めたせいで,1番きっぷを買い損ねた人が 1人いるわけですが,私はこのようにして四半世紀以上,最高に近い形で保管して来ましたので,許してもらえますかね...

その後このきっぷは,硬質プラスチック製のカードケースに入れ,サランラップとセロテープとで密閉してから,封筒に入れて空気・日が当たらないように引き出しの奥でずっと保管して来ました.数年ごとに,思い出したときに封筒から取り出して褪色の状況を確認するだけで,カードケースから出したことは一度もなかったかも知れません.今回,スキャンするために取り出してみました.もしかすると,33年ぶりの '御開帳' です.ちょいと,'0001' が消えかかっちゃっていますね.大丈夫かな? ま,33年間は消えずに残っていますから,私があと 40年後くらいに死ぬまでは大丈夫な気がします :-) 硬券なら何の問題もないんだがなぁ... こればかりは仕方ありませんね.


33年前の支出額 ¥240
33年前の買い物
  • 国鉄京葉線検見川浜駅 開業初日 (1986.3.3) 1番きっぷ (入場券) ¥120×2
posted at 00:00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
2019年03月15日 (5)

青梅ライナー運行最終日

青梅ライナー 5号 東京駅 2番線今日は青梅ライナー (中央ライナー・ホームライナー千葉) の運行最終日.うまいことに今日は,以前携わっていたプロジェクトが社内表彰されてその賞金を使ったパーティーが都心のホテルであり,青梅ライナー 5号で帰宅するのにちょうどの時間でした.
このため,元々機会 & 気合いがあれば乗ろうと思っていた最終日の青梅ライナーに乗って帰宅することとしました.いつもどおり 6:00 に起きてえきねっとでライナー券の予約をしようとしたら,グリーン席は既に満席で取れず... (ただでさえ,混む金曜日ですしねぇ...) 仕方なく,普通車の窓側席を予約しました.きっぷを残しておくために駅で買いたいところですが,普通車も満席になってしまうとマズいので,いつもどおりえきねっとでの予約です.

飲み会は途中で退席しようと思っていたのですが,思ったより早く終わって,移動するとちょうどの時間に東京駅に到着.さんざん飲んだにもかかわらず,やっぱりまた酒とつまみを買ってから中央線ホームに上がっていったので,残念ながら入線には間に合わず.既に乗車が始まっていました.
慌てて先頭に移動して,記念写真を 1枚.先頭に陣取っていた同業者は 15〜20人くらいでしょうか.特に混乱は見られませんでしたね.

確か,やや遅れて東京駅を発車.その後も新宿に着くまでの間すぐにしばらく本線上で止まるなど,ダイヤは少し乱れていました.

青梅ライナー 5号
(松本車両センター M-111編成)
青梅ライナー 5号 青梅駅 2番線
撮影: 青梅駅 2番線
2019/03/15 22:47
青梅ライナー 5号 青梅駅 2番線
撮影: 青梅駅 2番線
2019/03/15 22:52

青梅ライナーには,週末を中心に,一時期狂ったように乗っていたことがあったのですが,飽きて来た (?) のと,青梅ライナーを使うには遠回り・時間調整して帰ることになって帰宅時間は遅くなるし,ライナー券と定期券区間外となるために乗車券も買わねばならず,ゆっくり飲みながら座って帰れるとは言え,かけているかなりの費用・時間に見合うのか疑問になって来たことと,Nゲージを始めてからは,金曜夜は嫁さん実家に行って遊びたく,そのためには飲めないし,一刻も早く帰りたいということで,最近はあまり乗っていませんでした.
このため,前回青梅ライナーに乗ったのも昨年の春で,10か月ぶりの乗車でした.

青梅ライナー 5号は,遅れを取り戻せないまま立川到着,青梅線に入りました.拝島で降りるべきところなのですが,明日の土曜日は特に用事もないし,せっかくなので青梅まで行くことにしました (ライナー券はどうせ値段は一緒ですから,もちろん青梅までで買ってあります).
青梅駅では,こんな感じで 10名ちょっとの人が東京方先頭車付近に集まって写真を撮っていました.青梅駅到着後,すぐに「青梅ライナー」から「回送」に変わり,尾灯から前照灯に変わり,5分ほどして拝島方に返却回送されて行きました.

先頭車付近にいたのは鉄オタというより,いつも青梅ライナーを使って来たサラリーマン風の人がほとんどでした.思い思いに動画や写真を撮りながら見送る,静かな '葬式' でした.
こんな感じで,静かな時間をかみしめたいよね...


今回の支出額 ¥510
今回の買い物
  • 青梅ライナー券 ¥510
 
posted at 00:00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
2019年03月16日 (6)

209系1000番台運用開始

このところ,年度末ということもあって週末含め忙しい日を過ごしていましたが,確定申告も無事先週終わって,ようやく特に予定のない週末がやって来ました.で今日は,新たに購入した Nゲージを '入線' するため,嫁さん実家に遊びに行こうかと思いつつ,昼過ぎまでぐだぐだしていたところ... 中央・青梅線の E233系 0番台のグリーン車組み込みによる 12両編成化に伴い,普通車にもトイレを設置するための工事が行われることになり,その工事が終わるまで不足する編成を補うため転属して来た 209系 1000番台が,今日行われたダイヤ改正を機に中央線での運用に入ったことをたまたま知りました.

209系1000番台
(八トタ 81編成)
209系1000番台 (八トタ81編成) 立川駅6番線
撮影: 立川駅 6番線
2019/03/16 15:58

転属して来たのは,これまで常磐緩行線の運用に就いていた松戸車両センター所属の 209系1000番台 2編成 (旧東マト 81・82編成).昨秋〜今年にかけて豊田車両センターに転属し,松戸での番号をそのまま引き継ぎ,八トタ 81・82編成となっています.今日はこのうちの八トタ 81編成が 97T 運用に入りました.この 97T,14:00 豊田発の東京駅から始業で,東京まで行った後,折り返しの豊田行き (16:03 豊田着) となってお仕事終わりという休日専用の運用で,1日の稼働時間 2時間ほどという非常に簡単なお仕事 (^_^; 平日ならともかく,休日にこんな仕業を設ける意味あるんでしょうか?
この 97T に中央・青梅線色となった 209系 1000番台が投入されると知ったのは 14:00 少し前.立川で迎え撃つために必要な時間は既に残っていませんでした... 仕方ないので 3番線 (4番線?) での撮影は諦め,折り返して来たところを撮影するため,立川駅まで行って来ました.昼過ぎから,時折,強い雨が降る天気でしたが,97T が来た 16:00 前には雨も降っておらず,比較的明るい状態で撮影出来ました.

昨日の青梅ライナー最終日の青梅駅を遙かに超える人数が集まっていて (かつ,先頭車に乗っていた大量の人が降りて来て写真を撮りまくるという... 毎駅でこれやってるんでしょうか... 乗ってりゃいいじゃん,と思うんですが) びっくりでした.

それでも無事,こんな感じで運用初日の姿を写真に収めることが出来ました.

E257系0番台 松本車両センター M-111編成 拝島駅ところでもうひとつびっくりしたことが... 今日,これを撮影に立川に行くとき拝島駅に行ったら,待避線に昨日青梅ライナー 5号として使われた E257系 0番台 M-111編成 (松本車両センター所属) が留置されていました.あれれ? てっきり,昨夜のうちに松本あるいは,せいぜい豊田までは帰ったのかと思っていたら... 何でこんなところでお昼寝してるんでしょうね.しばらくお役目はないので当分の間ここで疎開? ここにはいつまでいるのでしょうね...

なおこの 209系 1000番台,なんと TOMIX 98334・98335 として,7月末に Nゲージで製品化されます.2編成しか存在しないマイナーな実車,しかも,まだ運用に就いて もいない段階での製品化発表,すげー気合い入ってますね...
もう,ひととおり集め終わってこれ以上は (E353系くらいしか) 増えないなと思っていたのに,余計なことをしてくれますね (^_^; ……えぇ,もちろん予約済みです.

 
posted at 00:00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
2019年03月17日 (7)

鉄道コレクション 国鉄103系3000番代非冷房車 川越線3両セット入線

鉄道コレクション 国鉄103系3000番代非冷房車 川越線3両セット先週届いた車両です.本来であれば "毎週金曜日は '入線の日'" なんですが,金曜日は青梅ライナーの葬式鉄活動で帰宅は深夜.昨日の土曜日は昨日で,午後になってから急きょ判明した 209系1000番台立川通過を撮影することに時間を使ってしまい,時間がなくなってしまっていました.このため今日,やっと入線させることが出来ました.今週もつましく :-) わずか 3両セットです.

ひょんなことからかつて,立川駅まで八高線高麗川駅からの電車が直通運転している時代があったことを知りました.期間は 1996/3/16 から 1999/12/3 の 3年半程度と極めて短く,かつ,1日 2往復だけだったようです.この時期,既に青梅線沿線に住んでいて立川駅も使うことがありましたが,当時は徒歩通勤だったため電車はほとんど使ったことがなく,'鉄分' も薄れていた時期だったため,まったく気がつきませんでしたね...
使用されていたのはいずれも 4両編成の 103系 3000番台か 209系 3000番台で,運行区間は立川〜拝島〜高麗川とのこと.

今になるまで知らなかった電車ですから,今さら集める必要性もほとんどないのですが,4両ということでお手軽に手に入るのであればまぁいいかと,探してみました.該当するのは鉄コレからJR103系3000番代冷房車 川越線・八高線4両セットとして 2012/7 に出ていますが,ヤフオク!では定価 ¥4,752 以上のお値段になっていますね... それじゃ要らないな,と思ってスルーしていました.
ところが,さらにひょんなことから,国鉄103系3000番代非冷房車 川越線3両セットというのが比較的最近の 2017/12 に出ていたことを知りました.こちらは探せば,まだ定価の ¥4,860 以下で売っているところが見つかるようです.こちらは 3両セットだし,1996-1999 は既に JR になっていたので時代が合わないですが,足らないサハ103 は青梅・南武線再現用に持っている KATO 10-364 から持って来ればいいやと,'つなぎ' として買ってみた次第.

これ,パンタグラフは TOMIX 0290 PS16WN が指定品で,走行パーツは TT-05・TT-03R が指定されています.
パンタグラフは手持ちにはなく,送料無料での入手は出来なさそうなので,どうせ暫定策だしということで,現段階では交換はやめておきます.
走行用パーツについては,'103系 3000番台の電動車は標準的な車両よりも車輪径の大きな台車 (DT33R) 装備していた' とのことで,クモハ102・モハ103 が TT-05 (車輪径 6mm),クハ103 のみが TT-03R (車輪径 5.6mm) です.あくまでも 'つなぎ' での購入なので,もちろん動力はなしです.また,手持ちは TT-03R しかなく,TT-05 も同様にわざわざ入手するまでもないかと思って,走行用パーツセットはクハにだけ装着し,それ以外はプラ車輪・ウェイトなしのまま,カプラー受けだけ余っているもに交換し,カプラーを KATO 11-703 KATO カプラー密連形A黒に交換して KATO 10-364 と連結出来るようにしただけとしました.
幌はいつもの KATO Z05-0808 を装着しました.が,この 'つなぎ' 車両にわざわざ手間をかけて幌を装着する必要はなかったかも...

そんな整備をして並べた画像は KATO 10-364 からサハ103 を持って来て繋げた状態です.走らないし,光りもしない...
まぁいいかと思いつつこの記事を書いているとき調べてみたら,気付いてしまいました... 1996〜1999年にかけて立川駅まで来ていた 103系 3000番台八高線 (ウグイス) 色は冷房車で,しかも,改造車特有の特徴的なクーラーが付いたものだったのですね.これは国鉄時代なのは判って買っていましたが,屋根にはグローブ型のベンチレーターが多数並んでいるだけのもの.立川駅で見られた時代の外観とはかなり違っていますね... 別の編成が充てられた訳ではなく,この時代のものが冷房改造されただけなので,まったく筋違いという訳ではありませんが,'つなぎ' とはいえ,これで代用しようとしたのはちょっと失敗だったかな...


ここまでの支出額 ¥1,833,966
今回の買い物
  • TOMYTEC 鉄道コレクション 国鉄103系3000番代非冷房車 川越線3両セット ¥4,010
posted at 00:00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
2019年03月18日 (1)

鉄道ダイヤ情報 209年4月号

鉄道ダイヤ情報 2019年4月号この週末は色々と忙しかったり,後半,食べ過ぎのせいか体調が悪かったりしてあっという間に過ぎてしまい,そういえばこれが届いていたことをすっかり忘れてしまっていて,やっと封を開けました.

まぁ今号も買っても仕方ない... 期間限定の楽天スーパーポイントが失効しないように消化するためだけの購入だよね,と思いつつページを一応はぱらぱらめくってチェックしていたところ,久々に思わぬ情報が載っていました!
なんと,東武鉄道の 100系が八王子まで乗り入れ,臨時特急 "スペーシア八王子日光" として運行されるというじゃありませんか!! 新宿までは来ていますが,中央線や武蔵野線には初乗り入れのようです.当然,立川駅も初乗り入れ.こりゃ,撮りに行くしかありませんね...
八王子 (立川) から日光直通の列車は例年運転されているようで,2年前には 253系 1000番台の "はちおうじ日光" に往復乗車しました.まさか,100系スペーシアが乗り入れることになるとは思いませんでした.

今号の特集は「おさか東線」.何も,先月号に続いて 2号連続で関西特集にしなくても... と思います.それでも,おおさか東線には少しは興味があるので読んでみようと思ったのですが,そもそもこのおおさか東線,どこからどこをどう結んでいるのか,全体像がまったく載っていません.今回開通の 11.1km だけじゃなくて,既開通区間も含めた全体像を示すべきだと思うんですが... 特集記事中の“新”快速「直通快速」新体系という記事にしても,関西地方の鉄道について土地鑑がない者には何がどう直通なのかさっぱり.判っている人向けですねぇ.いまいちだなぁ...


ところでこの鉄道ダイヤ情報,いつの間にか Amazon.co.jp ではプライム会員でないと送料無料では (¥2,000 以上でないと) 買えなくなっていますね.鉄道ダイヤ情報に限らず,安価な多くの雑誌や書籍がそのような扱いになっているようです.昔は全品無料だったのに,本のみ無料,そして本すら送料がかかるよう改悪が続いていますね.
私はプライム会員になる気はまったくないので,今までどおり,日本資本の応援のためにも,雑誌や鉄道模型類は出来るだけ楽天ブックスやヨドバシ.com で今後も買って行こうと思います.


今回の支出額 ¥895
今回の買い物
  • 鉄道ダイヤ情報 2019年4月号 ¥895
posted at 00:00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
2019年03月19日 (2)

KATO 24-320 フォーリッジクラスター 緑色

今年の正月休みに進めた,青梅線周回山岳セクションのループ部にある「山」の植林で KATO 24-320 フォーリッジクラスター 緑色を使い尽くしてしまいました.早速補充しようと思ったのですが,なぜかどこでも売り切れで,入手出来ないでいました.
ちょっと前,立川で降りた折,鉄道模型店を覗いたら在庫が復活しており,買おうかと思ったのですがそのときはたまたまポイントカードを持っていなかったので見送り.帰宅してから探してみると,Amazon.co.jp,ヨドバシ.com にも在庫が復活していました.次のロットが生産されたってことですかね.

これのためだけに再度ショップに足を運ぶのは面倒なので,ヨドバシ.com で購入.昨日無事到着しました.これ,1人 1個限りとなっていました.私はもう 1個買う必要があるかどうか迷ったくらい (レイアウトが完成しても,たぶん余る) ですからあと 1個あれば十分ですが,そんな制限をかけるほどのものじゃないと思うんですけれどね... と思って今見てみたら既に売り切れになっていました.何でこんなのがレア品になってるの...
レイアウトが滞りなく進捗させられるよう,メーカーには安定供給して欲しいと思います.


ここまでの支出額 ¥1,835,176
今回の買い物
  • KATO 24-320 フォーリッジクラスター 緑色 (FC58) ¥1,210
posted at 00:00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
2019年03月20日 (3)

GREENMAX 4710 マルチプルタイタンパー 09-16 東鉄工業色入線

マルチプルタイタンパー 09-16 東鉄工業色毎週金曜日は,嫁さん実家に置いているレイアウトルームへ行って,その週に到着した車両を整備して走らせる '入線の日'.今週は明日が春分の日で休みなのため,水曜日だけれど臨時の '入線の日' です.今週もつましく :-) わずか 1両 (2両? どう数えるのだろう...) です.買ったのは,グリーンマックスから発売されているマルチプルタイタンパー 09-16 東鉄工業色.

これが製品化されていることは,2年半前に高崎鉄道ふれあいデーに行った後,すぐに調べて知っていたのですが,定価 ¥14,040 (実売で 1万円ちょっと) とお高いため購入を見送っていました.ふとヤフオク!を見ていたら,ほぼ新品の状態で定価の半分くらいの価格で落札出来ることに気づき,それならと今さらですが落札した次第.1両 (2両?) ですからこのくらいのお値段で揃えたいですね...

さて,入線にあたっての整備はほとんど必要ありません.マテリアルワゴンとの連結カプラー?を,短いディスプレイ用か走行用の長いもののどちらにするか,'最後尾' マークを付けるかくらいですね.とりあえず走らせます.

「新開発」の動力を搭載。その特徴は『低速安定性重視』となっています。※ギア比が低速設定。

となっていますが,低速でも走りはいまいちな感じです.って最近,レール掃除をほとんどしていないからな... そのせいかも.

マルチプルタイタンパー 08-475 東鉄工業色実車画像は,高崎鉄道ふれあいデーで撮影したもの.この実車と較べてしまうと,4710 はかなりプラスチッキ−ですね... もうちょっと,塗装どうにかならなかったもんかなぁ.
ま,事業用車両好きとしては,駅構内に転がしておきたい 1両ですから,ともあれ入手出来てよかったです.


ここまでの支出額 ¥1,842,276
今回の買い物
  • GREENMAX 4710 マルチプルタイタンパー 09-16 東鉄工業色 ¥7,100
タグ
車両
posted at 00:00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)