レイアウトプラン紹介 (準備中)
2016年06月18日 (6)

パワーユニット 2 台で N-PX280(F) を複数使ったレイアウトで 2 台の車両での周回運転開始!

待ちに待った (?) 週末.今週の平日,両渡り線ポイント N-PX280(F) の使い方をやっと把握出来たので,早速接続をやりなおし.じっくりと検討しただけあって,あっさり,思ったとおりに 1 台のパワーユニットだけで動いたよヽ(*´∀`)ノ
もう 1 台のパワーユニットを使って,青梅線を独立して動かすことにもすぐさま成功.こちらでも N-PX280(F) を 3 つ使って両渡り線を 3 か所作っているが,考え方は同じなので問題なし.N-1001-CL と N-600 との 2 台のパワーユニットを使って,内側の青梅線・外側の中央線それぞれを独立して動かすことが出来るようになりました! いやぁ,これは結構うれしい&楽しい.

現在作っているレイアウトは,こんな感じ.南武線部分 (立川駅の7 番線・8 番線・南武線の留置線 3 線以南) はまだ資材調達をしておらず建設中だが,基本的な骨格は完成しつつある.サイズは横幅 3m,縦 1.5m 程度だ.

このレイアウトのポイントは...
  • 駅は現在は手前の立川駅のみ.将来的には,向こう側に西立川駅 (ともしかすると軍畑駅も),手前に西国立駅を配する予定.
  • 手前の立川駅近辺と,向こう側の西立川駅〜奥多摩地域とには 41mm (現実世界では 6.15m に相当) の高低差あり.
  • 内側の青梅線ホームから (1・2 番線) から左 (西) に発車した電車は,実際同様右カーブし,レイアウトの向こう側の西立川駅方面へ.そこから長い直線路を走って (軍畑駅を通過して),再度右にカーブすると... あれれ? なぜか中央線の下り列車となって立川駅 (5・6 番線へ) に戻って来ます.
  • 外側の中央線上りホーム (3・4 番線) から右 (東) に発車した上り電車は,左カーブしてレイアウトの向こう側の長い直線へ.ここでいつの間にか青梅線上りとなって,西立川駅を通り,左カーブして立川駅 (1・2・3 番線へ) に戻って来ます.
    (逆走になるが,途中で青梅線下り線に入って,青梅短絡線経由で立川駅に戻ることも可能.実際に,南武線直通の臨時列車はこのルートを通る (西立川駅から青梅短絡線を逆走する) ようです)
  • 外側の中央線下りホーム (5・6 番線) から左 (西) に発車した電車は,青梅短絡線に入り,実際同様右にカーブし,レイアウトの向こう側の西立川駅方面へ.そこから長い直線路を走って,再度右にカーブすると... あれれ? なぜか中央線の下り列車となって立川駅に戻って来ます.
  • 南側の南武線ホーム (7・8 番線) からは,原則として右 (東) に発車して,西国立駅方面へ.こちらは単振動.
  • 南武線ホームから左 (西) に発車して中央線・青梅短絡線へ乗り入れるという運用も現実同様,可能です.
  • 中央線下り・南武線の間にある待避線を使えば,南武線←→青梅線・中央線直通の貨物列車を位置的に停車させて,旅客列車を先に行かせることも可能です.
  • 6 番線が有効長が一番長く,E257 系 9 両編成が停車出来ますが,両端にシーサスがあるため,現実世界同様,シーサスの内側が有効長とすると,6 両までしか停められず... しかも,この N-PX280 間にフィーダーを入れないといけないため,フィーダーが出っ張り,ホームも長く出来ない... 純正のフーダーは使わないなどの対策を要検討.
    (実際のホーム長を再現すると,6 畳間には収まらない... 中央線・青梅線の E233 系 0 番台 6+4 両編成を入れたいんだけどなぁ,どうしよう)
という,青梅線・中央線がメビウスの輪のようになった (?) レイアウトです.実際には運用されていない,青梅線 2 番線から東に発車して中央線に乗り入れ... ると,いつの間にか青梅線の上り列車となって西立川駅を経由して立川駅に戻って来る,という走らせ方も可能です.
現実世界の立川駅周辺を再現するというのがテーマなので,青梅短絡線がちょっとアクセントにはなっているものの,結果的に,単なる周回路だけというレイアウトでもありますね... 今のところ考えている縮小第 2 期工事以降の発展ネタはこんな感じ:
  • 車両保管庫を兼ねて真ん中の空きスペースにヤードを設ける?
    本当は行き止まりにしている中央線高尾方の先に豊田車両センターとして作りたいが,まぁそんな広さはないな.なので,ヤード位置はこのスペースの真ん中でもやむを得ない.
  • どこかでループさせて高架でも作って,距離を稼ぐルートを作るとかした方が見栄えもいいし,より面白いレイアウトになる?
    でもそうなると,現実世界からは乖離する.レイアウトはこのあたりの匙加減が難しそう (腕の見せ所?).
  • レイアウト右側は,手前から向こう側に向かって 4% 勾配で上って行く.今は単なる坂道にしているが,現実世界の立川〜国立間同様,ここは高架にしたほうが,レイアウトに変化が出るかな.
  • 向こう側にはひとつくらいトンネルを作った方がレイアウトに変化が出るかな.
  • 向こう側には軍畑駅近辺 (奥沢橋梁,いわゆる軍畑鉄橋) を再現したいのだが,見栄えがする鉄橋を作るにはもっと高さが必要.ここは今,幅のある脚材 (60mm) で MDF ボードを 'かさ上げ' してしまっているが,元々の 19mm の脚材にして,発泡スチロールやスタイロフォームで持ち上げた方がよいかな.そうすれば,MDF ボードの「地盤」から道床まで 66mm の高低差を稼げる.けれどそれは現実世界だと 9.9m 相当.奥沢橋梁はレール面から下の沢までは,地形図から読み取ると 40m くらいあるので高低差が足らない.もっとレールを上げたいが,4% 勾配を保って上げ下げするのはなかなか難しい.
  • 南武線は今のままでも中央線と同じ (上の図) パワーパック N-1001-CL で運転出来そうだが (上の図で既に 7・8 番線等もピンク色で塗ってある),途中にある N-PX280 (F) を越えるのが難しいな.やはり,もう 1 台パワーパックを追加した方がよさそう.中央線部分とは何か所かでつながっているが,青梅線と中央線との関係同様,完全選択式のポイントばかりなので,独立して運転することは問題なさそう.
  • だが,南武線は今のままだと周回レイアウトを組めないのが最大の問題点.レイアウト専用 6 畳間のスペースの関係で,これ以上レイアウトスペースを広げられない.さて,どうするか.
まぁこれらは,縮小レイアウト第 2 期工事 (上図に記しているものすべて) までがきちんと終わったら,そのとき改めて考えよう.


さて,JR 立川駅のホームは島式が 4 面.以下のようになっている (HTML・CSS だけで配線略図を書いてみるテスト):

青梅線 (1・2 番線.2 番線から中央線東京方にも行けるが,使われていない)
中央線上り (3・4 番線.3 番線は青梅線から中央線直通の電車も使う)
中央線下り (5・6 番線.いずれからも中央線から青梅線へ直通の電車も使う)
南武線 (7・8 番線.交互に使っている模様)

追記
2 番線から中央線東京方へは,少なくとも青梅ライナー 3 号の回送の際に使われていることが判りました.21:50 ごろに,青梅駅から回送されて来た青梅ライナーがいったん 2 番線に入線し,何本かの中央線快速東京行をやり過ごした後,東京方へ発車します.

最終的にはこれらホームも設置したい.けれど,レイアウトにホームを置くのはしばらく後でいいと思っていたが,気分が出ないので,これら 4 面を一挙に揃えるのではなく,とりあえず数個,買ってみた.というのも,近代型ホームというのがよさそうということは判ったのだが,それぞれがどんなパーツで構成されているのかが判らない.TOMIX の公式サイトでも,なぜかメインとなる 4009 の詳細情報はなく,その派生品である 4011 しか詳細が載っていない... どういうこっちゃ.なので,とりあえず,
・TOMIX 4009 島式ホームセット (近代型)
・TOMIX 4010 島式ホームセット (近代型) 延長部
TOMIX 4011 島式ホーム (近代型) 直線端ホーム
の 3 種類を,それぞれ最低限必要だろうと思われる数,買ったという訳だ.

今まで,カタログを「買う」のも何だかなぁ,と敬遠していたのだが,色々な商品の特徴なんかを簡単に掴みたいなぁとは思っていた.このあたりまで来て,重大な見落としがあると後戻りがいよいよ辛くなって来るので,あまり気が進まないけれど買っておくか... という訳で発注.ついでに,今回買った島式ホームセットは「延長部」がもっとあってよいことが判ったので,これも発注.



ここまでの支出額 ¥175,597
今回の買い物
・TOMIX 4010 島式ホームセット (近代型) 延長部 ¥1,018
・7037 トミックス総合ガイド 2015-2016 ¥1,527


posted at 00:00:00 | Comment(2) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
こんにちは。
僕も50歳になって急にNゲージを始めました。
ヤフオクでいっぱいレールを買って
休日は部屋いっぱいに広げて楽しんでます。
昨日はn-px280が上手くいかず使い方を探ってるうちにこのブログをにたどりつきました。
まだじっくり読んでませんが
これからいろいろ参考にさせて頂きます。
Posted by まおくろ at 2017年02月13日 08:00
まおくろさん:

コメントありがとうございます.N-PX280(F) は使い方が難しいですね.私も,先達のみなさんの解説を読みまくってやっと理解出来ました.私のブログでも N-PX280(F) の使い方について書いている記事がほかにもありますので (右上のほうの検索からたどり着けるはずです),よろしければご覧ください.
Posted by tachikawa at 2017年02月13日 21:50
この記事へのコメントを書く
お名前:
メールアドレス (公開されません):
ホームページアドレス:
コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます.
この記事へのトラックバック
この記事へトラックバックする (トラックバック URL)
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177856376
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます.