レイアウトプラン紹介 (準備中)
2016年08月19日 (5)

TOMYTEC 情景コレクション 情景小物 送電鉄塔 A2

お盆休み中にやった作業のうち,個別に取り上げていなかったものを改めて紹介.

TOMYTEC 084-2 情景コレクション 情景小物 送電鉄塔A2 (定価 ¥1,944)

なんてものを以前買ったのですが,2 つ買った,2 つとも部品に問題がありました.まずひとつ目.ベースパーツが 2 つでいいところが 3 つ,入っていました.こんなの,予備としても要らないけど,多い分には困らないし,まぁいいか...
ふたつ目.最上段のパーツ群が 2 組入っているべきところ,1 組しか入っていませんでした (´・ω・`) 最上段の赤いパーツと碍子とがひとつながりのビニール袋に入っていますので,その最上段パーツと碍子とが 1 組ずつ足らないのです.この製品は 1 つのパッケージに鉄塔が 2 組入っています.よって,今回は 2 個買いましたので 4 つの鉄塔が出来るはずなんですが,これじゃ,3 つしか出来ません (しかも,無駄なベースパーツが 1 個余る...).
[★ TOMYTEC 情景コレクション 情景小物 送電鉄塔 A2]

仕方ないのでメーカーに電話.お客様相談室が今どき電話だけの対応って... さすが,何度も批判していますが,時代遅れとしか思えない業界です.全部に部品番号が付いてる訳ではないし,電話で伝えるのは面倒です.しかも,電話代こっち持ちだし :-( でも何とか伝わって,該当パーツだけ送ってもらえることになりました.数日後,Amazon ばりの過剰包装気味で到着.(電話での) サポート体制は悪くないですね.早速開梱しますが... 「最上段の赤いパーツ」しか入っておらず,一緒にパッケージされてる碍子セットがないし(;´Д`)
ん〜,確かに,「最上段のパーツが袋ごと入っていない」と伝えてしまったなぁ... ま,2 個 4 組作ろうとしていることが幸いして,私の作り方だとこの碍子は余ることが不幸中の幸いで,なくとも困らないのですが,何か釈然としないね...
E-mail で連絡が取れれば,画像を送って完全なコミュニケーションが簡単に取れるのにねぇ.

それはひとまず無視するとして,組み立てました.ん〜,何か違和感.

送ってくれなかった部品,「碍子」が付属しているわけですが,直線上で使うためにはの画像のように,ふたまたになっている碍子を切り取って単独にして,このようにぶら下げて固定する,と説明書にあります.曲線 (と書いてありますが,折れ曲がる「角」ってことですよね) で使う場合は,ふたまたというか,Y の字になっている碍子をそのままぶら下げて,左右に振り分けることになります.

でもね,碍子って,こんなふうにぶら下がってましたっけ? というところに何となく違和感があり... はて.

[★ 送電鉄塔] こんなストラクチャーを買ったのには少しだけ訳がありまして,自宅のすぐ近くに,高圧鉄塔が建っています.まぁ,大袈裟なハナシ,毎日それを見て生活しているので(^_^; なじみ深い風景な訳です.決して,'鉄塔萌え' ではないので,それが何ボルトのなのかとか,どっからどこへつながっているのかとか,まったく興味はないのでありますが,でも毎日目にしているのとは何となく違うんじゃないかと.

お盆休み中で時間はありますから,早速クルマをちょいと走らせまして,嫁さん実家とは反対方向にあって自宅からも遠目には見える,今回買ったモデルと同じ格好をしていそうな鉄塔のところへ.
(少なくとも私の自宅近くでは,鉄塔は全部が全部,この形をしているのではないようです)

到着です.鉄塔,どーんっ! じーっ(゚ー゚)
おー,7 段に塗り分けられているところとか,地面部分が赤,てっぺんも赤というカラーリングとか,てっぺんの三角形のところだけはなぜか逆三角形で,ここには電線は張られていないところとか,よく出来てますね〜,結構いい感じのクオリティです.

ん〜,でも,疑惑はいっそう深まって行きます.もっと近付いてみましょう...

[★ 送電鉄塔] ほーら,やっぱり,碍子は垂直ではなくて水平に付いているじゃないですか... (`・ω・´) しかも,(確かに,鉄道の架線とかに付いているのは真っ白で,真っ白な碍子が多いですが) 碍子の色は白じゃなくて灰色だし.

このストラクチャーについて既に語っている方がいました.それによると,碍子が垂直なのは「I懸垂型」,Y 字にふたまたになっているのは「耐張型」だそうです...
ついでなので,鉄塔マニヤさんは絶対いるはずなので,もうちょっと調べてみました.いらっしゃいましたね...

毎日送電線
この方が公開しているスライドによると,垂直なのは確かに「懸垂型鉄塔」で,「男型」と通称されるようです.碍子がひとつなので,「T吊り」とのこと.上 (2 枚目) の写真で紹介したのは「耐張型鉄塔」で,「女型」だそうな.

ということは少なくとも,T吊りの懸垂型鉄塔を再現するという点では問題なしってことですね.後は,懸垂型で,碍子が Y 字型になっているものがあるのかどうか... 残念ながら,このスライドからは読み取れませんでした.って,そんなのどーでもいいか(*゚ー゚)



posted at 00:00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
この記事へのコメントを書く
お名前:
メールアドレス (公開されません):
ホームページアドレス:
コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます.
この記事へのトラックバック
この記事へトラックバックする (トラックバック URL)
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177856426
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます.