日光に行こう びゅう
レイアウトプラン紹介 (準備中)
2017年08月06日 (7)

TOMIX 5563 TCS 自動運転ユニットN 導入

TOMIX から出ている,TCS 自動運転ユニットN を購入しました.N ゲージには DCC という自動運転の規格もありますし,TOMIX からは最近,TNOS という独自規格のシステムも発表されましたが,ちょっと手を出しかねるお値段ですね... というより,以下で書くようにそこまでのものを私は必要としていないので,まずは自動運転ユニットでよいです.

私が作成している '縮小立川駅' レイアウトは,現実世界同様,青梅線・中央線・南武線を走らせています.スペースの都合で,青梅線・中央線は (一部おかしなところはありますが) 周回路として無限にループ運転出来るのですが,南武線は非常に短い区間の往復運転しか出来ないレイアウトです.このため,ずっと走らせて眺めておくとか,車載カメラで '前面展望動画' を撮るときなど,南武線だけはどうしても手動で往復運転をさせるしかなく不便というか,面倒でした.
このため,このわずかな区間へ結構な額の投資をするのもどうかとは思いましたが,既に書いたとおり,春にヤフオク!で鉄道模型の前から続けているとある趣味で買った品物のひとつを処分したところ,本人びっくりな金額で売れて 'あぶく銭' が手に入りましたので,そのあぶく銭が残っているうちにこれも買ってしまおうかという不純な動機での導入です.

今回購入したのは,5563 の TCS 自動運転ユニットN 本体と,車両位置を検出するためのセンサーが 4 つ必要だということなので,5558 TCS ワンタッチ装着センサー (グレー) をふたつ,レールと一体化したタイプのセンサー,5559 TCS センサーレール S70 (F) (2 本組) をひとつです.メーカーとしてはセンサーレールの方が検知が確実ということでこちらを推奨していますが,1 個あたり 800 円くらいお値段が違いますし,ワンタッチ装着センサーはフィーダーと同じように取り付けるので,レールであればたいてい取り付けられるのに対し,センサーレールは 70mm レールと一体化しているので,70mm 以上の直線区間でないと取り付けられません (正確には,70mm/140mm/280mm といったレールがある場所でしか,になりますね.例えば S99 のある位置に付けようとしても困ることになります).センサーをどこに付ければ思った動きになるかを事前に検討出来なかったため,予算と自由度の兼ね合いを考えて,とりあえず 2 つずつ購入しました.

さて,届いたので早速レイアウトにまずは仮に組み込んで動かしてみましたのでレビューを.

TOMIX 製品としては破格の厚さのマニュアルが付属しているだけあって,単に接続すればいいやという訳にはいきません.色々な注意点があるので,取扱説明書を読みながら組み上げます.今回は,南武線セクションを単振動させるようにセットアップしてみました.以下が私が作成中の '縮小立川駅' レイアウトの南武線セクションの配線略図です ('縮小立川駅' なので,実際の立川駅の配線とは一部違っています).この赤い部分を 'モード1 単線往復運転モード' にて単振動往復させます.'縮小立川駅' 8 番線南武線ホームから発車してそのまま進み,終端まで達したら止まり,逆方向に戻ります.

南武線 (7・8 番線)
[4] [3] [2] [1]

これを実現するために,[1]〜[4] の位置にセンサーを 4 つ配置します.[2] もしくは [3] を通過すると減速して停止します.停止し切れない場合,[1] もしくは [4] で急停止します.
多少調整するだけで,[2]・[3] のセンサー (こちらにはセンサーレールを付けました) を通過すると減速が開始し,ホーム内の思ったとおりの停止位置,もしくは,レール終端少し手前の位置でぴたっと停まるように出来ました.この配線だと,センサーは [2]・[3] だけでよく,[1]・[4] は実際には要らなかったようですね... 誤操作したときのフェールセーフという感じでしょうか.調整が終わってしまえば,確実に思った位置 (調整した位置) にほとんど誤差なく停まってくれます.
([2]・[3] のセンサーを通過してからどれくらいで停止するかは調整出来ますが,この停止位置は左右で同じ距離にしか設定出来ません.すなわち,左右端の停止位置から等距離にセンサーを設置する必要があるので,レイアウトによっては非常に難しいことになります)

……でもこれだと本当に単振動なので,ちょっと面白くないですね.スペースの関係で南武線の川崎方は単線にしてしまっていますが,せっかく途中から複線にしているので,実感的にするためにも,本当はこんな感じで制御したいところです.

南武線 (7・8 番線)
[4] [3] [2] [1]

ポイントを制御出来るのですから,最終的にはこんな感じで上り線・下り線をきちんと使って,川崎方へは赤のルート,折り返して立川駅へは青のルートで入線するようにしてみたいですね.運転モードは 9 つもあるのですぐに出来そうですが... モード 2 の '単線往復運転モード' でよいのかな? と思って試してみましたが,うまくいきませんでした.もうちょっと考える必要がありそうです.

TOMIX 5558 TCS ワンタッチ装着センサー (グレー)
このように,レール下部を挟み込むようにカチッと
綺麗にハマるのだが,実はこれはダメ.
TOMIX 5558 TCS ワンタッチ装着センサー (グレー)
このようにセンサー部のプラスチック部分とともに
レールに乗り上げるように設置するのが正解.

セットアップは面倒だったものの,動くようにはなりました.けれど何というか,使いづらい (判りづらい) ですね,これ... 何とか動くようになりましたが,色々と面倒な機器です.まずもって,本当に 1 字 1 句マニュアルを読みながら進めないとダメな感じ.それ以外にも次のような '罠' や不満点が色々とあります.

ずは,ワンタッチ装着センサーの装着方法にちょいと '罠' があるように感じました.フィーダーのようにレール下部にセンサーの金属部を潜り込ませるのではなく,車両が通過したとき,車輪が直に触れるように設置しなければならないのですね.
(マニュアルにもきちんと記載されていますので,読み飛ばさなければ大丈夫ですが...)
にハードウェアの問題.センサーと本体ユニットとを接続するコネクタ (のケーブル接合部) が非常にヤワで,しかも,一度差し込んでしまうとなかなか抜きづらいのが最悪です.コードを引っ張っても抜けるかも知れませんが,そんなことをしたら数回抜いた段階で,コードとコネクタの接合部のはんだがぷちっと取れて壊れますね... (-_-) この構造,本当にあり得ないくらいにダメです.なぜ,ポイントのケーブルとポイントコントール BOX の接続や,パワーユニットとフィーダーの接続のようなきちんとしたコネクタにしなかったのでしょう? 毎日抜き差しするものでないとしても,一回接続したら終わり,という使い方ではないはずなのですが.
して室内灯の問題.南武線セクションで走らせている E233 系 8000 番台には自作室内灯を組み込んでいるのですが,自動運転中はまったく点灯しません.'スルーモード' という,自動運転しないモードもあるのですが,それにすると途端に点灯します.この自動運転ユニット,出力が 500mA しかないようなのでそのせいかなとも思いましたが,動力車 1 台で最大 300mA,ヘッドライト・テールライトがそれぞれ 60mA ずつで 120mA,室内灯は現在走らせている 4 両の場合最大 240mA ですから合計 660mA.いずれも '最大' ですから 500mA 出力でも何とかいけそうな気もしますが,どうやら電流不足で室内灯が点灯しないようです.何なんだよその仕様... (-_-;
……と思って,M 車のみで走らせてみましたがやはり室内灯が点灯しません.もしかして,自作室内灯だからなのでしょうか? あるいは KATO 製の 10-1340 E233系8000番台だからなのでしょうか? TOMIX 製品,もしくは,TOMIX 純正室内灯は何か対応するための回路が入っていたりするのだろうか? TOMIX 製車両は何編成か持っていますが KATO/TOMIX の純正室内灯は持っていないし,すぐには検証出来ないのですが,もう少し検証が必要です.

12 年も前から発売されている商品なのに,公式サイトには「●出力は500mAを予定 常点灯機能は搭載しません」と書かれたままです."予定" って何なんでしょう? ユーザーをナメてるんですかね...

た,運転終了後,また再開出来るようにするには,車両を止める位置が決まっています.私の場合,駅〜駅の単純往復をさせたくて導入していますから,運転終了後は駅に止めておきたいのですが,それだとダメです...

……という訳で,総額 ¥13,000 もかけて導入したシステムにしてはイマイチかな,という感じです.2005 年発売の商品のようですから既に 12 年前の製品.設計が色々と古いのでしょうね.私が買うまでにリニューアルされていたらよかったのになぁ (今からリニューアルされても買い直ししませんしね).
買ったばかりですが,何だかもう飽きて来てしまいました.だって,一度設定すれば,後はスイッチを入れるだけですからねぇ... (苦笑

なお,この TCS 自動運転ユニットN はパワーユニットと組で使い,9 種類の動作モードを選択出来るほか,

  • センサーを通過してからどれだけで停止させるか
  • 列車が停止してから次の動作 (折り返し) までどれだけ時間を空けるか

をボリュームダイヤルで設定出来ます.パワーユニット側で最高速度を調整しますので,自動運転ユニットの上記 2 つの設定と合わせて,好みの走らせ方を調整することになります.一度設定したら,パワーユニットも自動運転ユニットも触りません.自動運転ユニット側には電源スイッチはないので,パワーユニットの電源を OFF/ON するだけです.

コントロールパネル部 コントロールパネル部.5563 TCS 自動運転ユニットN の導入により,全長 100cm となりました...

この手のギミックはこんな感じで,つい買って試したくなりますが,これ以上欲しいものはあまりないかな.1633 ターンテーブルは,蒸気機関車は興味ないので要らないし,5721 サウンドユニットも要らないな... 5518 N-DU204-CL のような運転台タイプのパワーユニットもあまり興味ないや.むしろ,手放し自動運転したい派ですしね :-) 敢えて挙げるとすれば,5514/5515/5516 ワイヤレス・パワーユニットには興味があります.これだと,レイアウトの '反対側' で脱線して車両を載せ直したときなどに,その場で車両を動かすことが出来ますからね.でもこれ,高いです... パワーユニットは既に足りている (むしろ余っている) のに,実売で 2 万円弱というのは,さすがにあぶく銭投入であってもためらいます.それに,例えば中央線周回にだけ導入しても,青梅線周回には使えない訳で... 買うとしたら 2 セット.さらに倍のお値段じゃ,買えませんね.
あとは... 5569 自動踏切システムですかね.これも高過ぎますし,その割にはまったく実感的ではないので,絶対に買うことはないでしょう.ま,これを組み込む場所ももはやないのですけれど.
……と,魅力的な商品があまりありませんね.次は何を買おうかな... いやいや,その前にもうちょっとこれを使いこなさないといけませんね.


ここまでの支出額 ¥860,000
今回の買い物
  • TOMIX 5563 TCS 自動運転ユニットN ¥7,615
  • TOMIX 5558 TCS ワンタッチ装着センサー (グレー) ¥979×2
  • TOMIX 5559 TCS センサーレール S70 (F) ¥3,600

お〜,別に合わせた訳ではありませんが,総額が 1 万円単位できっかり!! (1/10,000 の確率ですかね?)
それにしても,鉄道模型を始めてから 1 年 2 か月,投資総額 86 万円まで来てしまいましたか... 思えば遠くへ来たもんです (呆
だいぶ前からだと思いますが,もう後戻りは出来ませんね...

   
タグ:レイアウト
posted at 00:00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
この記事へのコメントを書く
お名前:
メールアドレス (公開されません):
ホームページアドレス:
コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます.
この記事へのトラックバック
この記事へトラックバックする (トラックバック URL)
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180570491
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます.