レイアウトプラン紹介 (準備中)
2017年11月02日 (4)

KATO 10-137 651系「スーパーひたち」7両基本セット 入線

KATO 10-137 KATO 10-137 651系「スーパーひたち」7両基本セット毎週金曜日は,レイアウトルームを置いている嫁さん実家には週末しか行けないため,その週の平日に届いていた車両を実際にレールに乗せる,入線の日.……ですが,今週は明日 11/3 (金) が文化の日でお休みなので,木曜日の本日が入線の日です.

今回は,立川駅に入線することがあるのを今まで気付かなくて,最近,判ってしまった 651系です.かつて「スーパーひたち」に使われていて,今は勝田車両センターに配置されていて波動輸送用としてしか運用されていない 651系.豊田・長野の 189系みたいなポジションですね.春秋の観光シーズンに,「ぶらり高尾散策号」として,日立〜高尾間を走る際,立川駅にも停車します.
651系 0番台自体は鎌倉に行ったときに後続の臨時急行で来たのを撮影出来たほか,651系 1000番台なら草津に旅行に行ったときに「草津」を撮影していますが,残念ながら立川駅での撮影はまだ出来ていません.

それにしてもこれ,相当古い製品ですね... 私が持っている KATO 製品の中で最も品番が若いものになります.マニュアルに印刷された情報から判断するに,1999年製のようです.18年も前の商品なんですね... このためか,¥7,648 というお安いお値段でヤフオク!にて落札出来ました (もう少し安く落札出来ることもあるようで,やや高い価格だったようですが...).
で,早速いつものバックストレートで撮影.7両だとこんな感じで収まるのでいいですね...

そう,この 10-137,なんと室内灯が標準装備なんですね! いやはや,(もうバブル崩壊後ですが) バブリーな製品です... もしかして室内灯はもともと標準装備だったのが,販売価格を下げるために別売になっていったのでしょうか? あるいはこの 651系だけが特別だったのでしょうかね?

と,せっかくの室内灯標準装備なのですが,届いた状態は悲惨なものでした.走らせればギーギー言うし,室内灯はほとんど点灯せず (装備されていないロットなのかと思ってしまいました).ヘッドライト・テールライトもまったく点灯しません (-_-)
仕方ないので全車両,全部分解して,車輪・集電板を徹底的に無水エタノールで磨きました.1両あたり 15〜30分くらいかかって,2時間くらいメンテナンスに使ってしまいました... M 車のギアには注油.そのおかげでほぼ問題ない程度に点灯・動作するようになりましたが,こんな状態だから ¥7,648 だったのかな... ヤフオク!の評価で文句書いとこうかな?
あ,分解整備したときに,先頭車両の屋根パーツとボディとがずれちゃってますね... 嵌め直しとかないと.室内灯標準装備とはいえ,常点灯には対応していないようで,停止中にはこんな感じでほんとにぼんやりとしか点灯しません.


これにより,立川駅を発着・通過する臨時列車のうち,持っているのは以下の 12編成となりました.

これ以外で臨時列車として使われる車両で N ゲージでも発売されているのは,判っている範囲で 185系・E0001系.2 本に減りました.引き続き,"積極的なコンプリートは目指さず,引き続き,安く買える機会があったら買うというスタンス" を継続して行きますが,185系は近々発売される KATO 10-1442 は買っちゃおうかな... (中古で安く買えるようになるのは何年後になるかな? たぶん,それまで待てないと思います.7両の C4編成をプロトタイプにした 200番台が今回発売される以上,立川駅でよく見かける大宮車両センターの 200番台 6両 B編成がプロトタイプのものが発売される見込みもないでしょうし).


ここまでの支出額 ¥1,086,211
今回の買い物
  • KATO 10-137 651系「スーパーひたち」7両基本セット ¥7,648
タグ:車両 651系
posted at 00:00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
この記事へのコメントを書く
お名前:
メールアドレス (公開されません):
ホームページアドレス:
コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます.
この記事へのトラックバック
この記事へトラックバックする (トラックバック URL)
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181471210
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます.