レイアウトプラン紹介 (準備中)
2017年11月05日 (7)

西多摩地区静態保存新幹線探訪

3連休の最終日の今日は,私が住む西多摩地域で静態保存されている 3両の新幹線車両のうち,まだ撮影したことがなかった 2両を見に行って来ました.西多摩には以下の 3両が静態保存されています.

全国 (≒全世界) で 10か所程度でしか静態保存されていない 0系新幹線 (以下で書くように国分寺のは 951形ですが) のうちの 3両が青梅・昭島・国分寺という西多摩の狭いエリアに集中しているのは何の因果でしょうか? 私が住む場所は,この 3か所へはいずれも 1時間しないで見に行けるという恵まれた環境なんですね... 写真を撮っているのは青梅鉄道公園のものだけで,昭島のはよく前をクルマで通るものの図書館には未訪,撮影したこともありませんでした.国分寺のはすぐ近くまでは何度も行っていますが未訪でした.
青梅鉄道公園には最近では昨年の夏に行って 0系新幹線も撮影して来ましたので,今日は残り 2か所を訪ねました.

国分寺市ひかりプラザ新幹線資料館

951形試験車両 951-1 国分寺市ひかりプラザ新幹線資料館国分寺市の公共施設.2両編成の試験車両 951形 (1969-1974) のうちの 1両,951-1 が '新幹線資料館' として使用されていて,開館中は自由に出入りが出来ます.中には N ゲージのレイアウト (操作可能),当時の?座席が 2席×3列,鉄道関係の図書 (閲覧可能) などがありました.古い鉄道雑誌を探す必要があるときはここに閲覧に行くのもいいかも知れません.
なお,この車両を「0系新幹線」と解説しているページがありますが,これはあくまでも 951形であって,0系新幹線じゃありませんね... 0系とはやはりあちこち違うところがあります.

951形試験車両 951-1 国分寺市ひかりプラザ新幹線資料館妻面はこんな感じ.巻き上げ式のシャッターになっていてちょっとこれは... という感じですがまぁ仕方ないでしょうか.

951形試験車両 951-1 国分寺市ひかりプラザ新幹線資料館車内に設置されている座席はこれだけ.これは当時のものなのでしょうか? (試験車両なので,機器類スペースもあり,全面に座席が設置されていた訳ではないそうです.

951形試験車両 951-1 国分寺市ひかりプラザ新幹線資料館新幹線とはまったく関係ないレイアウト.N ゲージでした.小さなお子様が狂ったように走らせてます (笑).……おもしろいよね,きっと.
レイアウトは雑な作りなので,私のレイアウトづくりの参考にはなりません.こういうところでの展示用ですから,メンテナンス性優先ですからね,仕方ないな.

運転席はこんな感じ.手前を撮影していませんが,結構広いです.

951形試験車両 951-1 運転席 国分寺市ひかりプラザ新幹線資料館

国分寺市ひかりプラザは入館無料です.これ以外にも,建物 1階には鉄道展示室というコーナーがあり,こちらには HO ゲージのジオラマが置いてあります.165系?のクハだけ 1両がお子様の操作でぐるぐる回っている様はなかなかシュールでした (^_^; 新幹線資料館・鉄道展示室には市民以外も自由に入館出来ます.駐車場もありますが,国立駅から歩いて 5分ほどですから,徒歩でもまったく苦になりません.

昭島市民図書館つつじが丘分室 (新幹線電車図書館)

0系21形 21-100 昭島市民図書館つつじが丘分室 (新幹線電車図書館)昭島市の図書館でこちらも公共施設です.ドアを開けたときにこやかに挨拶してくださった司書さんが私の持っているカメラに気付いた途端,無表情になったのは気のせいでしょうか... (^_^;

車両は 0系 21-100.1973年製造で,1991年まで稼働していた車両だそうです.1992年からここにある模様.道理で,私がこちらに引っ越して来たときからずっとある記憶な訳です.

以前は,開館中は前照灯を点灯していたようですが,今は「節電のため」点灯していないとのこと.以前は警笛も鳴らせたようです.うーむ,東日本大震災がきっかけでしょうか? 直後の混乱時期ならともかく,今はもうそういう時期ではないと思うのですが...

0系21形 21-100 昭島市民図書館つつじが丘分室 (新幹線電車図書館)妻面もほぼ原型のまま残されています.こちらは業務用の出入り口のようです.

こちらも運転室に入れます.国分寺にある 951形の運転室に較べると狭いです.お子様向けになんと制服っぽい上着まで用意されていて,コスプレも可能のようです (笑).0系新幹線の運転席にはこのように,なぜか速度計がふたつ付いていたのですね.この速度計の目盛り部分はどうやら,後年の作で,本物ではないようですけれども.

0系21形 21-100 昭島市民図書館つつじが丘分室 (新幹線電車図書館) 0系21形 21-100 昭島市民図書館つつじが丘分室 (新幹線電車図書館)

0系21形 21-100 昭島市民図書館つつじが丘分室 (新幹線電車図書館)方向幕はまだ動くらしく (さすがに電動ではないかも知れませんが),たまに変わっているようです.こちら側は「ひかり 博多」でしたが,反対側を撮り忘れました... こちらは家から本当にすぐ近くなので,ま,そのうちまた行きますか.

車内には 5列,座席がそのまま残されており,閲覧席として使われています.図書室内でカメラを構える勇気はありませんでした (^_^; ネット上にたくさん写真は載っていますので,興味があればそちらをどうぞ...

昭島市民図書館つつじが丘分室 (新幹線電車図書館) も入館無料で,入館だけであれば特に貸し出しカードや身分証といったものは必要なく,市民以外も自由に入れます.駐車場はないようです.中神駅・昭島駅の中間くらいの位置にあり,両駅から徒歩 15分ほどです.歩くとちょっと距離ありますね... 真夏は結構きついかも知れませんが,アプローチは平坦なのでゆっくり歩けば大丈夫かな.

青梅鉄道公園

0系22形 22-75 青梅鉄道公園せっかくなので青梅鉄道公園の 0系も以前載せたものを再掲しておきます.

今回紹介した施設の中で唯一有料ですが,入場料は ¥100 です...

posted at 00:00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
この記事へのコメントを書く
お名前:
メールアドレス (公開されません):
ホームページアドレス:
コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます.
この記事へのトラックバック
この記事へトラックバックする (トラックバック URL)
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181492392
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます.