日光に行こう びゅう
レイアウトプラン紹介 (準備中)
2017年12月16日 (6)

軍畑鉄橋付近作成

軍畑鉄橋 (奥沢橋梁) 付近先月末から急に思い立って (というか,予約注文していた KATO のウォーターシステムが届いたので,これを使えるように「川」を作らねばと思ったというところですが),青梅線周回の山岳セクションに手を入れて,ハイピッチでこの部分のレイアウトが出来つつあります.
先週は,鉄橋・橋脚の塗装と,地盤の塗装・ターフ散布までやりましたので今日はその続きを 6 時間くらいかけて実施.本日は,

  • 軍畑橋梁のあるレイアウトボード (900×300mm) 部分を,今回購入したフォーリッジクラスター,以前買ったコースターフ・竹を使って緑化
  • どのように処理しようか悩んでいたほぼ垂直の急斜面を,津川洋行のデザインペーパー 'ブロック擁壁' を使って切り通しのように表現
  • 山をどう作るか迷ってとりあえず石こうで埋めていた部分に不要なエリアが多くあると判ったので,石こうを剥がしてレイアウトボードの軽量化
  • 山岳セクションとバイパス (?) を分岐するポイント用のコード通しを作るのを忘れていたので,コード用のトンネル掘り
  • シーンチェンジ用の目隠しとして発泡スチレンボード素板を接着固定
  • コンクリート橋脚の固定
  • より立川側 (画像奥) のレイアウトボード (900×300mm) 部分にプラスタークロス施工,塗装,ターフ散布

といった作業をやりました.このレイアウトボードエリアは,まだ未塗装の部分が残っていますし,「山」造成もまだ着手していませんが,後はバラストを撒けばかなり完成に近付くという感じです.

将来のレイアウト移動を見据えて,モジュールレイアウトとまでは出来ませんが,出来るだけレイアウトボードごとに分割出来るようにしようとは考えていました.今回やってみて判りましたが,レイアウトボード同士のすき間は,フォーリッジクラスターで覆ってしまうことで目立たなく出来る気がします.

今回の作業で,以前買ったプラスタークロス 2個は使い切りました.メインの「山」造成に備えて,プラスタークロスはさらに 2つ買っておきました.これ以外にも,サーフェイサーも追加購入.


ここまでの支出額 ¥1,152,203
今回の買い物
  • TAMIYA 87042 サーフェイサー L (グレイ) ¥518
  • TAMIYA 87064 ファインサーフェイサー L (ライトグレイ) ¥440×2
  • KATO 24-302 プラスタークロス ¥1,296×2
  • KATO 24-319 フォーリッジクラスター 明緑色 (FC57) ¥1,209
  • KATO 24-320 フォーリッジクラスター 緑色 (FC58) ¥1,209
  • KATO 24-321 フォーリッジクラスター 暗緑色 (FC59) ¥1,209×2
         
タグ:レイアウト
posted at 00:00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
この記事へのコメントを書く
お名前:
メールアドレス (公開されません):
ホームページアドレス:
コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます.
この記事へのトラックバック
この記事へトラックバックする (トラックバック URL)
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181858352
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます.