レイアウトプラン紹介 (準備中)
2018年01月21日 (7)

ついに「山」作成開始

ポスター昨日の土曜日は久々に,昼前から深夜にかけて 1日中,途中ご飯を外に食べに行った以外はずっとレイアウトルームに籠もって作業に没頭していました.大きな作業である背景画と,それ以外の細々した作業だけでいいかと思ったのですが,まだ気力があったので,ついに青梅線周回山岳セクションのループ部分の「山」の作成に取りかかりました.

昨日やったのはこんな感じで,まずは空調ダクトを利用したトンネルを久々にレイアウト上に設置し,その上にスタイロフォームで山の一番下層 (床) となる部分を切り出し,その上にスタイロフォームの端材で斜面を作っていきます.作っていくというよりは,その辺に散らばっているスタイロフォームの切れ端をともかく並べていき,マスキングテープで固定するという,スタイロフォームのゴミ一掃セール,みたいなものなのですが.おかげで,散らかっていたスタイロフォームがかなり片付きました.
今のところ,今までに作った,鉄道公園部分のモジュール (?) と山とを一体化させるつもりはありません.でもそれだとすき間部分をうまく処理出来るかな...?


ちなみに,今回作成した「山」はトンネルのライナーに被せてあるだけなので,この下には結構な空間があります.鉄道公園部分を含め,金のインゴットであれば数千万円分は楽勝で隠せると思います.仮にですがね,私が家宅捜索されるようなことがあったとしたら,この部分も捜索されるのでしょうか? 怪しいものは徹底的に破壊されちゃうんでしょうかね.でもそんなことをしたら,家を全部壊して壁の中とかを見ないといけませんし,明らかに怪しい部分以外は見逃されてしまう気がするんですよね.だとしたらここに数千万円分の金の延べ棒とか,あんなものとか,こんなものを隠していてもバレない気がします.警察や国税局はここまで本当に調べられるのでしょうか?

posted at 00:00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
この記事へのコメントを書く
お名前:
メールアドレス (公開されません):
ホームページアドレス:
コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます.
この記事へのトラックバック
この記事へトラックバックする (トラックバック URL)
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182199103
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます.