日光に行こう びゅう
レイアウトプラン紹介 (準備中)
2018年05月04日 (5)

TOMIX 9883 0系 22形新幹線入線 (?)

TOMIX 9883 0系 22形新幹線
TOMIX 9883 0系 22形新幹線
国産鉄道コレクション Vol.01 0系 新幹線電車 21形
国産鉄道コレクション Vol.01 0系 新幹線21形

"毎週金曜日は '入線の日'" ……って,ゴールデンウィーク中は関係ないのですが,たまたま,用事があったので千葉の実家に昨日行き,ついでにホビーショップ TamTam に寄ったら,こんなものを見つけてしまったので (苦笑).

今回買ったのは,TOMIX 92873 国鉄 0系東海道・山陽新幹線 (大窓車・初期型・こだま) 基本セットに含まれる,22-0形です.バラ 1両です.TamTam のバラ売りコーナーを何とはなしに覗いていたら,どんぴしゃ (?) なものを見つけてしまいました...
どうどんぴしゃかと言いますと,青梅線周回の山岳セクションにあるループ内に建設予定の '鉄道公園' に置くのにふさわしい,0系新幹線です.ここには既に,国産鉄道コレクション Vol.01 0系 新幹線電車 21形を置いています.この鉄道公園は当然ながら (?) 青梅鉄道公園をモチーフにしているのですが,青梅鉄道公園に置かれている 0系新幹線はパンタグラフ付きの 22形なんですよね.青梅鉄道公園のジオラマを作っている訳ではないので,そんなところまでこだわる必要も別にないのではありますが... 目の前にまったく同じものを見つけてしまったので,つい.ちょっとお値段も高いのですけれどね... これは 92873 に含まれる 9883 という品番の 16両目 (東京方) の車両のようです.

早速,今まで置いていた国産鉄道コレクションの 0系 21形と置き換えて撮影してみました.上の写真が今回買った TOMIX 9883,下の写真が国産鉄道コレクションの 0系です.パンタグラフの有無以外は,遠目からだとほとんど違いが判りませんね (^_^;

青梅鉄道公園 静態展示 22形
青梅鉄道公園 0系22形

そこで,比較するために 2台並べて撮影してみます (面倒なのでレールなしです).このよう比較しても,国産鉄道コレクションの方が全体的に高さが高いことが目立ったり,スカート部分の造形が違ったり (実車に近いのは国産鉄道コレクションの方ですが,精密さは TOMIX の方が上),多少塗り分けが国産鉄道コレクションの方がぼやけているかなという気はしますが,並べてみて判る程度で,¥600 で入手した国産鉄道コレクション (創刊号特別定価は ¥790) に対し 6倍以上のお値段の ¥3,780 もした 'ホンモノ' の Nゲージ TOMIX 9883 は,6倍の品質面での差はありませんね...
(国産鉄道コレクションは創刊号以外は ¥2,190 のようですから,6倍じゃなくて 1.7倍の品質差があるかも? ですかね)

せっかくなので,Nゲージ車両の特質を活かせるよう,鉄道公園のレールにも給電して,TOMIX 9883 は前照灯が光るようにしようかな?


ここまでの支出額 ¥1,419,861
今回の買い物
  • TOMIX 9883 22 (「TOMIX 92873 国鉄 0系東海道・山陽新幹線 (大窓車・初期型・こだま) 基本セット」バラ) ¥3,780
posted at 00:00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
この記事へのコメントを書く
お名前:
メールアドレス (公開されません):
ホームページアドレス:
コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます.
この記事へのトラックバック
この記事へトラックバックする (トラックバック URL)
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183186442
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます.