レイアウトプラン紹介 (準備中)
2018年08月27日 (1)

165系ジャンパ栓塗装

KATO 10-1389 クハ165-70そういえば先週末,レイアウトルームで101系 中央・総武緩行線だったか205系 武蔵野線だったかの入線作業をしているとき,クハ165-70 に取り付けたはずのジャンパ栓がひとつ,レール上に落ちているのを発見.ありゃりゃ,もう取れちゃったのかよ... その後,何かに流用出来るかなと思ってジャンパ栓の Assy パーツを別途取り寄せたので予備はありますが,それにしてももう取れましたか...

どうせ取れたのなら,せっかくなのでホース部分を塗装しましょう.もうひとつは車両に残っていましたので,これも取り外して,手持ちのつや消しブラックで筆塗りしました.そして,再度,ボンドを使って取り付け.こんな感じになりました.今までは緑一色だったので,やはり変でしたね.この方がずっと実感的です.先週末買った,101系は 10年以上前の製品にもかかわらずジャンパ栓はきちんと塗り分けられていたのに,なんで最新製品のこれは塗り分けられていないんでしょうかね... コストダウンのためなんでしょうが,どうにかして欲しいものです.


さて,上記のように,ジャンパ栓はディティールアップのために使えるかなと,ついでの折に購入したのですが,よくよく考えるとこれ,その車両に合わせて塗装しなければいけませんね.今回塗装したケーブル部分は黒で,汎用的な色なので手持ちもありますが,装着したいと思った車両ごとに塗料を揃えるのもかなりハードル高いな... せっかく買ったのだけれど,今回のように外れてしまったときの予備としてはともかく,使い切る自信がなくなって来ました...

posted at 00:00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
この記事へのコメントを書く
お名前:
メールアドレス (公開されません):
ホームページアドレス:
コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます.
この記事へのトラックバック
この記事へトラックバックする (トラックバック URL)
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184285923
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます.