レイアウトプラン紹介 (準備中)
2018年09月09日 (7)

DD51 888 完成!

[★ ] 半年くらい前に買った KATO 7008-6 の DD51 800番台中学生のころに 2回撮影した DD51-888 を再現しかったのですが,付属のナンバープレートには残念ながら 808号機はなし.そこで,DD51 808 を収録しているくろま屋のインレタを購入したのですが,DD51 のボディカラーの朱色 4号の塗料の持ち合わせがなく,側面のプレートは作れないでいました.

朱色 4号の塗料は何社からか出ていますが,F MODELS のものが一番再現性がよいという噂.手に入れようと思ったのですが,簡単に入手出来る店がなく,1か月以上そのままになっていました.
先日,F MODELS の塗料を売っている楽天市場の店で,たまたまほかの (鉄道模型とは関係ない) 買い物をすることになり,ついでに購入することが出来ました.とはいえ,送料無料まであと ¥200 くらい足らず,どうせだからとふたつ買ってしまいました.今思えば,同じ朱色 4号をふたつ買うのではなく,何か別の色とか,別のパーツを買っておけばよかったな... このままじゃ,朱色 4号は一生かかっても使い切れそうにないです (^_^;

で,インレタが届いてから 1か月以上経ってしまいましたが,やっと施工しました.まずは,KATO 7008-6 に付属しているほかの番号のプレートを #2000 のやすりで削って,車番を消します.そこにサフを吹いてから FMODELS の朱色 4号を筆塗り.そのままだと筆塗りゆえ凸凹なので,乾いてから再度 #2000 のペーパーで軽く削って表面を整えてから,いよいよインレタを貼付.今回はうまくいきました.その上からクリアを軽く吹いて完了です.
早速取り付けましたが... 取り付けるときにボディに押し込んだ際に,文字が書けちゃいました(;´Д`) せっかく,転写まではうまく行ったのになぁ... あまりにも繊細過ぎてこりゃ,手に負えませんな... "888" は読み取れるのでまぁいいか.でも,銀河モデルからパーツが発売されれば,それを買って装着した方がよさそうです.

とまぁかなり難アリな出来ではありますが,30年以上前に千葉で,そして昨年,高崎で撮影した DD51 888 を再現出来たのでよしとします.


ここまでの支出額 ¥1,598,351
今回の買い物
  • F MODELS FARBE #20 朱色4号 ¥224×2
posted at 00:00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
この記事へのコメントを書く
お名前:
メールアドレス (公開されません):
ホームページアドレス:
コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます.
この記事へのトラックバック
この記事へトラックバックする (トラックバック URL)
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184383125
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます.