レイアウトプラン紹介 (準備中)
2018年10月22日 (1)

ポポンデッタ 19D形式コンテナ収納ボックス「19D-17824」

ポポンデッタ 19D形式コンテナ収納ボックス「19D-17824」こんなもんを買っちまいました... (^_^; 先日,大宮に行ったときに寄った 'GENERAL STORE RAILYARD' で売っているのを見ていたのですが,そのときは特に感慨もなくスルーしました.しかしその後,これが Nゲージのブックケースを入れるのにちょうどの縦横サイズになっていることを知りました (幅は 13〜14ケース分だそうです).
また,この最近の車両購入ラッシュにより,レイアウトルームの棚が満杯となり,これ以上ブックケースを収納出来ない状態に... であれば,このコンテナを買って,使用頻度の少ない (or 多い) ものをこちらに入れておこうかなと思い立ちました.

調べたところこれはポポンデッタの製品で ('GENERAL STORE RAILYARD' にはなぜかポポンデッタの商品を複数扱っていますね),ポポンデッタの通販サイトからも購入出来ることが判りました.送料も無料ってことで,つい購入.
確かに,こんな感じで Nゲージのブックケース (大きな方です) がぴったり入りました.

Amazon.co.jp では同じようなコンセプト (貨物コンテナを模したデザイン) のものがより安く売っていますが,こちらは高さが少し高いようです.今回買ったのは外寸で (W)530mm×(D)366mm×(H)281mm なのに対して,それは (H)530×(D)366×(H)334 となっていて,5cm ほどより深いようです.ブックケースをぴったり入れたいというときには,このポポンデッタのやつの方がよさそうです.

届いてから,ふたつ気付いてしまいました... ひとつは,ブックケースを入れるとしたら,画像のように納めることになるので,このまま保管しておくと,車両が垂直 (鉛直) 方向を向くことになります.長期間の保管には向かないように思います.車両が水平方向にするためには,このコンテナ収納ボックスごと回転させて '立てる' しかないのですが,そうなると,扉の開け閉めに少し苦労します.また,縦方向に重ねることも一応出来ますが,想定されていない重ね方ゆえ,安定しませんね.うーむ.
ふたつ目は... こうした折りコン,業者に運んでもらう会社のフロア間移動でも使ってことがありますが,通常の折りコンなら ¥1,699 しかしないのか... (;´Д`)
デザイン料として 3.5倍以上,¥4,500 以上割高になっていたのですね.うーむ.判っていれば買わなかったかな? 2つも買っちまいましたよ (苦笑).


今回の支出額 ¥12,528
今回の買い物
  • ポポンデッタ 19D形式コンテナ収納ボックス「19D-17824」 ¥6,264×2
   
posted at 00:00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
この記事へのコメントを書く
お名前:
メールアドレス (公開されません):
ホームページアドレス:
コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます.
この記事へのトラックバック
この記事へトラックバックする (トラックバック URL)
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184743089
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます.