レイアウトプラン紹介 (準備中)
2018年11月25日 (7)

今日は一日側面方向幕貼り三昧

KATO 10-1389 165系 急行「アルプス」昨日,KATO 10-312 や 10-361・363〜365 の運行番号シールを貼ったら,思った以上に綺麗に貼れていい感じになり,ほかのものも貼りたくなりました.幸い,3連休で時間もあるため今日は,夏に買った KATO 10-1389 165系 急行「アルプス」へシールを貼りました.
これ,方向幕のたぐいはいっさい印刷されておらず,非常にたくさん貼るシールがあります.買ったときには「急行」の全面幕と,ヘッドマーク,運行番号だけを貼っていました.最近,シール切り出し用にステンレスの短くてピンク (シールと見分けが容易に付くように敢えて派手な色) の定規も買って,シール切り出しがだいぶ楽になっているので,一挙に貼ってしまおうかと.
10-1389 には,

  • 号車番号札 (1両あたり 4つ)
  • 種別サボ (2つ)
  • 愛称サボ (2つ)
  • 行先サボ (2つ)

と,1両あたりなんと 10枚ものシールがあります.8両セットに全部貼ったら 80か所,付属編成 3両にも貼ると 120か所ですよっ!! いやぁ,'貼る楽しみいっぱい' ですね(;´Д`)

今回は,付属編成をどこ行きにするか決めかねているので,基本編成の 8両分だけにしておきました.1時間ちょっとかけて,8両分 80か所のシールの切り出し・貼付を終えました.何度かシールを飛ばしましたが,すべて近くで発見出来,事なきを得ました.ま,とりあえずきちんと貼れましたかね...
シールがなくてもおかしい感じはしませんが (特に側面は),やっぱり,あるといい感じに引き締まりますねぇ...

でも,これだけ苦労して貼っても,リセールバリューは確実に下がるし,そもそもこいつをあと何度レイアウトで走らせる機会があるのかと思うと... ですね.
(そうかぁ,車両を増やし過ぎて一度も走らせることなんてないやって人が,最低限のパーツも取り付けずに (TOMIX の製品だと取扱説明書が入っているビニール袋のセロテープも剥がさず) そのまま保管して,そのうちオークションに新品同様の状態で売りに出すんですね.... 私は,買った以上,最低限の整備はして手元に置いておきたいですね.で,たまに走らせるときに気になる未整備部分に少しずつ手を入れて行く感じで,完成度を高めつつ長く遊ぶ,と.今度,シール貼付前後でどれだけ違うか,走らせてみよう.たぶん全然違わないと思いますが (笑))

KATO 10-312 新103系 オレンジ

まだ時間 & 根気が残っていたので,ついでに,以前買って放置していたものの,このところ出番が多い KATO 10-312 新103系 オレンジです (む,4記事連続での 103系登場となりました...).クハの前面は既にシールを貼り終わっていましたが,側面方向幕がまだだったので,ペンギンモデルのものを貼付.クハには「八王子」と「新宿」を貼っていました (私の場合,走らせる方向に合わせて違う前面方向幕とする決まりです) ので,このうちの「八王子」を選択.
こちらも完璧に貼れた... はずなんですが,窓が奥まってしまい (シールの問題ではなく,ガラスパーツの精度の問題),こうやって写真を撮るといまいちな出来に見えてしまいますね.きちんと貼れてるんですがねぇ... こればかりは仕方ありません.

 
タグ:103系 車両 165系
posted at 00:00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
この記事へのコメントを書く
お名前:
メールアドレス (公開されません):
ホームページアドレス:
コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます.
この記事へのトラックバック
この記事へトラックバックする (トラックバック URL)
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185077317
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます.