レイアウトプラン紹介 (準備中)
2018年11月26日 (1)

JTB 時刻表 2018年12月号……となぜか飯田線の話

JTB時刻表 2018年12月号今どきは Web でいくらでも調べられますので,時刻表なんてもう何年も買っていませんでしたが,「超リニューアル号」ということで記念にと思い,JTB 時刻表の 2018年 12月号を購入しました.Web で調べられるといっても,過去の記録を見返したいときは Web だとどんどん情報が更新されてしまって不便ですからね... たまにはこうした紙媒体 (電子書籍でもいいんですが) も買って保存しておかないといけないかも知れません.

最後に買った時刻表は "1,000号記念号" だった,2009年 5月号でした.このときも節目だからということで買ったのですね.9年ぶりの購入です.
(うーむ,これ,こないだまで私の部屋に転がっていたのだけれどどこかへ行っちゃって見当たらないや... 嫁はん実家にも見当たらず.そのうち探さないと)

今回は,旅客列車が通過することのある路線を明示したという索引地図の詳細化と,使用車両形式を記載している (ことがある) という点とが大きなリニューアルポイントのようです.貨物線は,今となっては Web や Google マップなどで詳細な情報を得られる訳で,正直,あぁそうですかという感じでしかないですね.

車両形式も同様ですね.例えば「おはようライナー」が "(189系で運転)" と記載されるなど,指定席がある列車の一部のみですが判るようになっています.その割には,「スーパーあずさ」「あずさ」「かいじ」が "(新型車両で運転)" とあるのは画竜点睛を欠くというか,何というか... (苦笑)

ま,これらの点は,冒頭に書いたとおり,紙媒体である時代のスナップショットを手許に保管しておきたいという点が買った理由のほとんどで,実際に何かを知りたいという訳ではなかったので仕方ないところでしょう.

せっかく買いましたので,久々に時刻表を目的もなく眺めました.やはり,Web を彷徨うのとはまた違う楽しさがありますね.見ていたら,195.7km とそんなに長い距離ではありませんが,全線を 6時間から 7時間近くかけて走り通す普通列車が走っている飯田線の全線乗りつぶしをしてみたくなりました.
飯田線は,KATO がやけに肩入れ (?) しているので知っているという感じです.旧型国電天国だったあそこですね.夏に買った 165系急行形が,「こまがね」としてかつて新宿から直通していた路線でもあります.

飯田線大嵐駅
撮影: 飯田線大嵐駅
2008.05.01 13:00

飯田線は,10年ほど前に,浜松にちょっとしたものを見物にクルマで行ったとき,ちらっと訪れています.そのときは,中央道を西進して,三遠南信道天竜峡 IC まで行って,長野・愛知県道 1号線で浜松まで出ました.その途中,なぜか大嵐駅に立ち寄り,天竜峡行の電車を撮影しています.2時間に 1本くらいしかない電車をよくどんぴしゃに捕まえたものだと思います... 当時は鉄分が薄い時期でしたから,狙った訳ではなく,たまたま駅が近くにあることをナビで知り,行ってみたら音が聞こえたので and/or 時刻表を見たら間もなくだったので,電車が来るまで待っていた,という感じだったと思うのですが.
車両は今は既に走っていない 119系ですね.

さて,乗り鉄に話を戻して,飯田線全線乗り通しはどれくらいの難易度なのか,プランニングです.全線乗ることを前提として,時刻表から必要部分だけを抜き出してみるとこんな感じです:

上諏訪 ── 岡谷 ── 辰野 ── 豊橋 (飯田線・上り) 豊橋 ── 辰野 ── 岡谷 ── 上諏訪 ── 茅野
(飯田線・下り)
202M 204M 22M 544M 1412M214M 554M・
554G
216M 24M 562M 568M 570M 列車番号 511M 21M 225M 519M 527M 237M 531M 539M
普通 普通 特急 普通 普通 普通 普通 普通 特急 普通 普通 普通 列車名 普通 特急 普通 普通 普通 普通 普通 普通
ワイドビュー
 伊那路2号
ワイドビュー
 伊那路4号
ワイドビュー
 伊那路1号
12:31 16:1618:2418:31 20:1621:5422:48豊 橋08:1110:08 10:4213:4214:4216:42
10:15 12:5015:1116:14 16:4618:4419:40 天竜峡12:0712:24 14:1317:1618:2420:04
09:1110:0610:14 12:4813:5415:0916:13 16:4418:4219:37 12:25 12:3314:1617:1818:2720:05
08:4509:4009:58 12:2013:2514:4315:58 16:1918:1619:11 飯 田12:40 13:0214:4217:4418:5720:30
08:4309:3512:1913:2314:4015:4916:1718:0919:09 13:0414:5017:4519:1420:31
06:1606:5009:5910:5312:4313:4715:5616:46辰 野15:4217:1919:4621:2322:38
06:3709:4510:3512:2913:3515:4316:34 岡 谷15:5317:3119:5721:3422:48
09:3216:34 16:1322:48
09:2716:30下諏訪16:2022:53
09:1916:25 上諏訪16:2522:58
16:25
茅 野16:32

せっかくなので乗り換えなしで通しで乗る前提だと,辰野側から乗る場合,上諏訪 9:19・辰野 9:59発,16:16 豊橋着の 544M 一択となりますね.辰野 15:56・16:46 のもありますが,豊橋到着が 21:54・22:48 になってしまって,日が長い時期でも暗くなってしまいます.全線乗りつぶしをするのに,日没後に乗っているのは避けたいですね.
これに乗るように当日出発にするとスーパーあずさ 1号なら間に合います.でも 6時起きは辛いな... 豊橋に 16:16 に着いてそのまま新幹線で戻って来れば 21:00 過ぎには帰宅出来ますから,日帰りも可能 :-) 豊橋で 1泊して,翌日は路面電車見物でもしてからゆっくりと戻って来たいところですが.
逆も同様に,豊橋 10:42発・辰野 17:19・岡谷 17:31 着の 519M 1本しか事実上ありません.豊橋発 14:42・16:42 もありますが,辰野到着がそれぞれ 21:23・22:38 になってしまいますから.
こちらも,同じような時間に家を出れば東京経由の新幹線で豊橋まで行けちゃうんですねぇ... ひかりとはいえ,新幹線さすがに速いわ.岡谷ですぐにあずさ 30号に乗り継げて (却って,4分しか乗り継ぎ時間がなくて買い物も出来ませんが...),20:00 前には立川まで戻って来られます.この場合も,豊橋前泊でゆっくりしたいですね.

途中で乗り換えてよいのであれば,上りは辰野発 6:16・6:50・10:53・12:43・13:47,下りは豊橋発 08:11・10:08・13:42 という選択肢が増えますが,せっかく行くのに乗り換えってのも今ひとつな気がします.「ワイドビュー伊那路」全区間乗車を兼ねると考えれば,上りの 6:50・13:47,下りの 10:08 が選択肢に入りますが,前泊するとしても辰野 6:50 はあり得ないけれど (^_^; よって,ワイドビュー伊那路に乗りたいのであれば時計回り限定となりそうです.
でも,ワイドビュー伊那路に乗っても所要時間は 1時間弱しか変わらないんですね.それなら,鈍行列車の旅を楽しんだ方がよいような気もします.乗車時間は 6〜7時間ですから昼食さえあらかじめ用意しておけば問題ありませんし,トイレも車両に付いていますから (豊橋で深酒が出来るようにすることを考えれば,反時計回りの 544M にした方がいいかも).

という訳で,飯田線全線乗りつぶしは,日帰りも可能・1泊すれば余裕でぐるりと回って来られることが判ってしまいました.この記事を書いているうちに行きたくなってしまいました.いつ行こう? 行けるかな??


今回の支出額 ¥1,183
今回の買い物
  • JTB 時刻表 2018年12月号 ¥1,183
 
タグ:鉄道 乗り鉄
posted at 00:00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
この記事へのコメントを書く
お名前:
メールアドレス (公開されません):
ホームページアドレス:
コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます.
この記事へのトラックバック
この記事へトラックバックする (トラックバック URL)
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185083050
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます.