レイアウトプラン紹介 (準備中)
2018年12月14日 (5)

KATO 4005-1 モハ103 (ブルー)・KATO 4005-5 モハ103 (エメラルドグリーン) 入線

毎週金曜日は '入線の日' :-)

ちょっと前,KATO 10-364 103系 一般形カナリア 4両セット等,103系各色の 4両セットを買いましたが,McM'TTc の編成となっていて,McM'TMM'Tc という南武線の実車編成を再現するためには M'・T 車が 1両ずつ足りません.カナリアイエローは,MM' のユニット単位で出品されているものが見つかり,無事,お安く先週入手することが出来ました
それ以外の色も... ということで探して,安く,かつ,状態がよさそうなものということで探して本日,2台到着.先週はカナリアイエローを MM' のユニットで 2両買いましたが,それはカナリアイエローで統一された南武線の McM'TMM'Tc 編成を再現するためでした.それ以外の色は,混色編成を再現するためなので,足らないのは M (モハ103) のみ.色はエビデンスが写真で残っているのはエメラルドグリーンのみです.このため,エメラルドグリーンのモハ103 のみを探していたのですが,同じ出品者からブルーの モハ103 も出品されていたので,送料が安く済みますから,とりあえずってことで,ブルーも落札してしまいました.
「一般型」ではなく「新 103系」の方は 4両セットではなくバラも当時売られていたようで,これらは 4005-1・4005-5 という型番でした.

カプラーは 1両は発売時のままと思われるアーノルドカプラー,もう 1両はなぜか KATO カプラーN でした.いずれも密連形A へ換装.いつものように幌も接着します.このところきちんと貼るようにしている側面方向幕は,今回もペンギンモデルのシールを使って「立川」としました.
こちらの車両は冷房車がプロトタイプですので,冷房化改造は必要ありませんでした.クーラーが別パーツではなく屋根と一体成形のため,質感はむしろ,自分で AU75(G) を接着した 10-364 の方がよい感じですね...
以上のカプラーと側面方向幕,幌が今回の整備内容です.

さて,いよいよ? 混結編成の再現を... 「立川」の行先方向幕を既に貼りましたので,前回調べて判明した 4種類の 3色混色編成のうち,立川方面の先頭車がカナリアイエローとなる編成はこれしかなかったため,これをチョイスします:

出典
 ←川崎
立川→ 
123456
<>
<>
クモハ103
Mc
モハ102
M'
サハ103
T
モハ103
M
モハ102
M'
クハ103
Tc
link 55 154 359 321 477 510

本当は,オレンジ・イエロー・グリーン (エメラルドグリーン or ウグイス) が入った '信号機編成' の方がインパクトはあるんですけれどね (^_^;

早速,先月末に買った KATO 10-363 の 4両セットのうちの T,10-364 のうちの Mc・M・Tc,10-365 の T と今回買った 4005-1 とを連結して,1986/6〜1988/9 ごろにかけて走っていたらしい 3色編成を模型で再現です.かつて,立川駅で見ることが出来たはずとはいえ,自分では記録したことも,見たことすらないこの編成... 完全に自己満足の世界ですね (^_^;


ここまでの支出額 ¥1,759,149
今回の買い物
  • KATO 4005-1 モハ103 (ブルー) ¥980
  • KATO 4005-5 モハ103 (エメラルドグリーン) ¥1,280
 
posted at 00:00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
この記事へのコメントを書く
お名前 (Your name): [必須入力]
メールアドレス (E-mail address): (公開されません (It will be not open to public. ))
ホームページアドレス (Your URL):
コメント (Comment): [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます.
この記事へのトラックバック
この記事へトラックバックする (トラックバック URL)
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185199156
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます.
※言及リンクのないトラックバックは受信されません.