レイアウトプラン紹介 (準備中)
2019年01月02日 (3)

鉄道ダイヤ情報 2014年8月号

鉄道ダイヤ情報年末から今日まで,千葉の実家へ家族で帰っていました.と言ってもやることはほとんどないので,ポポンデッタと Tam Tam とを年末・元日にそれぞれ覗きに行くなど,何のために帰省してるのかいまいち判らん状態 (^_^; 時間があるのでゆっくりと 2店とも見て回りましたが,残念ながら欲しいものはなし... 正月セールといっても特に食指が動くものはありませんでした.残念.

さて,南武線の車両基地である中原電車区の詳細が知りたくて,昨年末,鉄道ダイヤ情報の 1989年 2月号を買いましたが,刊行日がいかんせん古過ぎて,あまり役に立ちませんでした (別の大収穫がありましたが).その後改めて調べてみると,15年後の 2014年 8月号でも中原電車区が取り上げられていたことが判り,早速入手しました.前回の号は送料込みで ¥800 もしましたが,こちらはうまい具合にわずか ¥240 (送料込み) で入手出来ました.

やはり,0番線が出来,10番線がなくなっていました.今号では,きちんと洗浄機の位置や,交検庫・台検庫の別,0〜3番線が 2区構成であることも明示されていて,知りたかった情報がきちんと載っていました.何で昔はこうした記事が書けなかったのかな... ちょっと不思議です.

この号の特集は,「東京メガループを楽しむ! 首都外周の環状路線に見る車両と交差路線の興味」と題されたもので,横浜線・南武線・武蔵野線・京葉線が取り上げられています.各路線の歴史も比較的詳細に書かれており,『鉄道ピクトリアル』の南武線特集などと同じくらいの資料的価値がありました.特に,南武線の 1978年 4月時点での 101系・72系の編成表はうれしい資料です.このころの南武線の編成を再現するのに持ってこいです.
また,101系・103系などの投入・引退日もきちんと記されていて,以前まとめた南武線・青梅線の過去の車両の歴史を update することが出来ました.

末広橋梁を走る DD51 が巻頭カラーなのもうれしい誤算 (?).買ってよかったです.¥240 という安さで入手出来ましたので,うれしさ倍増です.


今回の支出額 ¥240
今回の買い物
  • 鉄道ダイヤ情報 2014年8月号 (第43巻 9号 通巻388号) ¥240
posted at 00:00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
この記事へのコメントを書く
お名前:
メールアドレス (公開されません):
ホームページアドレス:
コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます.
この記事へのトラックバック
この記事へトラックバックする (トラックバック URL)
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185316482
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます.