レイアウトプラン紹介 (準備中)
2019年09月13日 (5)

建物コレクション 163 薄型ビルA・164 薄型ビルB

建物コレクション 163 薄型ビルA・164 薄型ビルB久々に建物コレクションを買いました.新発売となった,

  • 建コレ163 薄型ビルA 〜デコラ調ファッションビル〜
  • 建コレ164 薄型ビルB 〜現代的ホテル〜

です.私が作っている '縮小立川駅レイアウト' の,立川駅北口を出て青梅線・中央線沿いに西へ進んだあたりに置くのにちょうどいいかなと思っての購入です.私がこのレイアウトの作成を始めた直後に,このあたりには立川市内では一番高い建物である地上 32階建の「立川タクロス (プラウドタワー立川)」が建っていますが,それを模したビルにしてもいいかな,と.この建コレ,ご覧のとおり,A が 8階建て,B が 9階建てで,いずれも 32階建てには全然足らないんですけどね (^_^;
実物は 128.03m だそうですから,1/150 にすれば 85.4cm... あり得ないな (苦笑).せいぜい,何かいい素材が見つかったら,実物同様に 1〜8階 (9階?) に入居しているヤマダ電機等の,少し広くなっている部分を再現して,何階分かをかさ上げするくらいですかね.

立川タクロス (プラウドタワー立川)の画像は,立川タクロスの公式サイトから引用したもので,たまたま 1枚目の画像と似たアングルからの俯瞰画像になっていて,周囲の 8階程度の建物と明らかに違う高さであることがよく判ります.本当はこれを再現しないといけない訳ですが...
鉄道のレイアウト (ジオラマ) って,そもそもメーカーが用意しているホームの幅は現実のものを 1/150 に縮小したものではないですし (狭過ぎます),明らかに色々とデフォルメしないと作れない訳で,このあたりの処理をいかに 'らしく' 見せるかが難しいところですね.
ちなみに,上記のとおり立川タクロスを忠実に 1/150 にすると 85.4cm.1階あたり高さは 2.7cm 弱です.建コレ 163 は上記のとおり 8階建て,164 が 9階建てですから,仮に,立川タクロスと 1階あたりの高さが同じだとするとそれぞれ,24cm,21cm 程度となります.163 の高さは (トミーテックの Web サイトによると) 19cm,164 が 22cm ですからいい感じですね.スケールは狂っていないようです.163 か 164 を縦に 4つ重ねれば立川タクロスの高さになりますが... いやぁ,それを私のレイアウトに置くのはやっぱりムリってもんでしょう (^_^;

ところでこの建コレ 163・164,届いてから気が付いたのですが,1枚目の画像のように,単なる直方体ではなく,断面が台形の四角柱になっているんですよね.うーん,直方体の方がこのようにふたつ並べて使うときには使い勝手がいいのになぁ... この点はいまいち.

なお今回は面倒だったのとまだ仮置きなので電飾化はしていませんが,窓ガラスパーツを貼るついでに,一部の窓部分にマスキングテープを貼り,カーテンが閉まっている状態を再現してみました.電飾化したとき,想定どおりの効果が得られるのか楽しみです.


ここまでの支出額 ¥2,103,221
今回の買い物
  • TOMYTEC 建物コレクション 163 薄型ビルA デコラ調ファッションビル ¥2,720
  • TOMYTEC 建物コレクション 164 薄型ビルB 現代的ホテル ¥2,421
 
posted at 00:00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
この記事へのコメントを書く
お名前 (Your name): [必須入力]
メールアドレス (E-mail address): (公開されません (It will be not open to public. ))
ホームページアドレス (Your URL):
コメント (Comment): [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます.
この記事へのトラックバック
この記事へトラックバックする (トラックバック URL)
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186679490
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます.
※言及リンクのないトラックバックは受信されません.