レイアウトプラン紹介 (準備中)
2018年02月23日 (5)

KATO 7008-6 DD51 800番台 入線

KATO 7008-6 DD51 800番台毎週金曜日は入線の日 :-) ……って,もういい加減に車両を買うのは止めようと思うのですが... でも本日入線したのは昨年の 9月に予約注文していたものですから,積極増備中だったときに買ったものなので,仕方ないですね (苦笑).いやぁこれ,発売時期が 1か月間延期されたこともあり,予約から 5か月もかかりましたよ...

今回買ったのは,KATO 7008-6 DD51 800番台です.中学のころ撮影した成田空港燃料輸送列車を牽引していた DD51-888.これは現在,お召し予備機として高崎機関区に配備され,定期運用こそありませんがなお現役で活躍中で,昨秋,「高崎鉄道ふれあいデー」で再会を果たしました.その 888号機が所属するグループ,800番台ですので,是非入手しておこうという訳です.
DD51 はこれで 4両目です.KATO が DD51-842 のお召し機に続き 2両目,TOMIX が 1両MicroAce が 1両ですね.どんだけ DD51 好きだったんだよ,って感じですかね (同じ形式を複数持っているのはほかに EH200 と ED16 が 3両ずつですね.DD51 がこれで,最大勢力となりました).
現在の姿を再現したかったので,KATO 7008-5 DD51 842 お召し機の Assy パーツもふたつ,一緒に購入しました.買ったのはお召し機用の「手すり」と「ナックルカプラー」です.いずれも,ステンレス製・銀塗装になっているお召し機の手すり・連結器を再現するためのパーツです.「ナックルカプラー 銀」は,灰色のとどう違うんだという感じの出来映えですが (苦笑),まぁ気分ですからね... それに,¥473 とお安いお値段でしたから,まぁいいでしょう.

さて,動作確認をちょこっとしたら後は整備です.買ったこれらの Assy パーツにはすぐに交換しました.分解・交換には確か 1時間以上と結構な時間がかかってしまいましたが,どこも破損させることなく分解・再組み立て出来ました.ほっ.今回,いまいち構成が判らずエンドビームは注文しなかったので,標準で付いていた白色の手すりをエンドビームから外す作業が少し面倒でした.いっそのこと,エンドビームも買っておけばよかったかな...
カプラーは片側はアーノルドのままとして,片側だけ交換しました.……むむ? DD51-842 お召し機も片側だけ付属の銀色ナックルカプラーに交換しているのだから,交換用のナックルカプラー 銀 はひとつ余っています.それを使えばよく,敢えて Assy パーツで買う必要なかったのかも.

車番は,もちろん 888 にしたかったのですが,収録されていないので仕方なく 808.遠目では老眼ゆえ,888 も 808 もあまり変わらないのでこれでもいいでしょう (^_^; 本当は,808 以外に収録されているのは 811・832・851 なので,808 の「0」を切り取って,「811」とかの「8」を移植して 888 を作ってしまおうと思ったのですが... 加工する自信なく,敢えなくあきらめです (苦笑).
予備がまったく付いていないナンバープレートなのに,全面のプレートのふたつのうちひとつを飛ばしてしまい,危うくなくしてしまうところでしたが,奇跡的に見つかって,無事,取り付けられました.見つかったときは思わず,神様に感謝してしまいました... それなりに気をつけて作業しているつもりなのですが,それでもかなりの確率でパーツをなくしてますね... 飛ばしてなくしてしまうからマスキングテープに付けて取り付けようとしても,マスキングテープで養生しようとしたときに飛ばしたりして,何だかなもう,というときもあったりして...

銀河モデルが DD51 800番台用のナンバープレートを出すつもりはあるようです (N-687).888 が採用されれば絶対に買いますね.本当に発売されるとうれしいのですが,どうなることやら.って,発売されても 888 がないときが一番がっくり来るかな.

今回買った Assy パーツ「KATO Z07M2673 DD51-842 お召 手スリ」は 3両分入っていて,あと 2両分残っています.このパーツか,今回買った 7008-6 から外した手すりのほうが塗り分けがされていて高品質・実感的なので,以前買った TOMIX 2213 DD51 800番台に流用出来ないかなと思っていたのですが,形状がかなり違うようで,切った貼ったしないとダメなようですね.さて,どうするかな...


さて,買ったはいいけれど,こいつに何を牽かせようかな?


なお,パーツ取り寄せのついでに,集電板がさびさびの影響で,まともに走ったり前照灯・尾灯がきちんと点かなかった KATO 10-375 189系 あさま用の集電板 (動力車用) と,この間ふと見たらいつの間にかひとつなくなってしまっていた ED16 のナンバープレートも,仕方ないので再度購入しました.この手のは,まとめて買わないと送料が割高になってしまので... ED16 5 のナンバープレートは DD51 808 のプレートと合わせて装着しました.そういえば前回は,ゴム系接着剤を使わなかった気がするので,今回は慎重にマスキングもしてゴム系接着剤を少し付けて接着.これで今度は外れない... はずです.


ここまでの支出額 ¥1,268,129
今回の買い物
  • KATO 7008-6 DD51 800番台 ¥5,194
  • KATO Z07M2673 DD51-842 お召 手スリ ¥473
  • KATO Z01M0224 ナックルカプラー 銀 ¥473
  • KATO 029952-1 EC用台車集電板 14012 ¥946
  • 銀河モデル N-141 ED16 ナンバープレート ¥760
posted at 00:00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
2018年02月20日 (2)

「快速 青梅 奥多摩 新緑号」運転

快速 青梅 奥多摩 新緑号 (JR東日本 八王子支社プレスリリースから)2日連続で JR東日本八王子支社ネタです.見逃していましたが,JR 東日本八王子支社が出したプレスリリース「春の増発列車のお知らせ」に (ある意味で) すげー臨時列車が載っていました.
5月に 2週にわたって土日に運転される,立川発奥多摩行の臨時快速です.ま,それだけならあるかもね,なのですが,使用車両は E257系 500番台 5両,うち 1両はなんと指定席! 9:16 立川発・10:42 奥多摩着の 1時間半のために,特急形車両で指定席アリですよ... ふつうに,E233系 0番台で立川発奥多摩行が走っている青梅線で,です.東京とか新宿発ならともかく,青梅線全線通しだけで指定席ってすごいです.

気になるのは立川駅での発着番線です.青梅線用の 1・2番線ということであれば,これまで E257系 500番台は立川駅へは「ちばかいじ」でくらいしか入線していませんでしたので,3・6番線にしか入っていませんでしたので,これが初?ということになります.であれば撮りに行かないと... 撮りに行った帰り (and/or 撮りに行くときに),立川〜拝島間を指定席で乗っちゃおうかな? (笑)

 
posted at 00:00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
2018年02月19日 (1)

特急かいじ号30周年記念189系で行く甲府の旅【往路189系M51編成・復路189系M52編成】

いやぁ八王子支社,攻めてますねぇ... M50編成の廃車回送を使ったラストランツアーをやったかと思うと今度は,M51・M52 を片道ずつ使うオタクほいほいな企画を出して来ました.

今回も 300名限定,ハガキでの申し込みです.

 
posted at 00:00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
2018年02月18日 (7)

「山」の塗装と,鉄道公園への出入口作成

青梅線周回山岳セクションの山
鉄道公園

先々週地盤を作った,青梅線周回の山岳セクションにあるループ部分の「山」の塗装をしました.やっと茶色になって,だいぶ山らしくなりました.前回は作っていなかったトンネルポータル部分にもスタイロフォームの端材とプラスタークロスを使って地盤を造成し,そこも塗装しました.この部分は 1時間ほどだけ乾燥させて塗ってしまいました.別に,まる 1日かけて乾燥させなくても問題ない感じですね...
この山は標高が高い想定ですから (実際の大岳山は 1,266.5m),平地よりも早く紅葉が進んでいる,というストーリーで,既に用意してあるクランプフォーリッジの秋色ミックスも少し使って緑化したいと思います.
さぁて,あとは高原状の立地を活かして (?) ここにヘリポートを作るかどうか...

また,2週間前に購入していたグリーンマックスのトンネルポータルを使って,鉄道公園への出入口を作りました.そのままだと高過ぎるので,半分くらいにカット.歩行者・業務用自動車専用のトンネルのイメージです.どこか裏の方に公園へのメインエントランスがあって,利用客はここを通じて公園へは出入りする (もしかすると山の向こう側が鉄道公園のメインエリアかも知れません),という想定です.
トンネルの左右の擁壁の高さがちょっと足らないのですが,まぁ許容範囲かな... トンネルの中までグレインペイントで舗装したほか,トンネルポータルに合わせてそこら辺に転がっていたボール紙を使って,ライナーを作ってあります.……が,まったく見えませんね (笑).時間をかけてわざわざ作る必要はなかった模様.でも,そうやって工作している時間が楽しい訳です.

ところで,以前買った「国産鉄道コレクション」Vol.01 の 0系新幹線を展示するレールは,だいぶ前,端を黄色に塗装してあります.青梅鉄道公園では実際に,こんな感じでレール端が塗装されていましたので,真似しました :-)
(僅かこれだけの加工ですが,こんなんでもそれなりに時間がかかるんですよね... あっという間に時間が過ぎてしまいます)

この鉄道公園,もう少し車両を展示する余地がありますね.もう 1台,ED16 でも搬入しようかな? それとも,買い過ぎている DD51 かな? DD51 は,新幹線と同じく国産鉄道コレクションもありますし.

posted at 00:00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
2018年02月17日 (6)

ついに E655系「和 (なごみ)」撮影!!

9011M
E655系「和(なごみ)」9011M 団臨 立川駅6番線
撮影: 立川駅 6番線
2018.02.17 10:29
回9462M (?)
E655系「和(なごみ)」回9462M 団臨 立川駅3番線
撮影: 立川駅 3番線
2018.02.17 18:19

いやぁ,やっと撮影出来ました... E655 系「和 (なごみ)」です.初撮影はもちろんのこと,そもそも初めて見ましたけれどね.

Web に載っているツアー情報を定期的にチェックし続けた結果,クラブツーリズムが企画した,立川での途中乗車アリの "ハイグレード車両なごみと新型特急車両E353系で行く 五箇山ライトアップ「幻想のあかり」 金沢・白川郷・飛騨高山 2日間" なる E655系を使ったツアーを見つけ,本日,撮影に行って,無事,撮影出来ました.立川駅での時間はツアーサイトには載っていなかったのですが,新宿発 10:04 ということで,あずさ 55号と同じ.予想どおり,これと同じスジが使われており,想定時刻どんぴしゃの 10:28 入線,10:29 発でした.

ツアーで使用される往路 (下り) はスケジュールが判っていたのでよいのですが,ツアーでは片道しか使わないため,復路は返却回送となりダイヤが判りません.twitter でチェックしていたら,13:30 くらいに松本を出発したことが判り,本日中の返却回送があるのなら,と,twitter でのいくつかの目撃・撮影報告を元に立川通過を予想して再度,撮りに行きました.16:00 ちょっと前〜17:30 くらいまでに通過すると踏んでいたのですが,私が立川駅に着いた後の 16:30 以降にどこかで長時間停車していたらしく,予想より 1時間半近く遅い 18:18 に立川駅到着でした.予想通過時刻を 1時間過ぎた 17:00 くらいから,もしかしたら今日は豊田で停泊かも知れないと思い始め,昼間の暖かさが嘘のように寒くなって来たので,諦めて帰ろうかと思い始めたところでしたので,ラッキーでした.
(立川駅中央線上りホームに 18:10 過ぎに出た,「回送」の赤い文字があんなにも輝いて見えたのは初めてです (苦笑))

が,1番線ががらがらなのに 2番線に青梅行きが居座っており (しかも,E655 と入れ替わりに 18:18 発車という嫌がらせのようなダイヤ),狙っていた 2番線からの撮影は残念ながらなりませんでした... 昼間はそれなりに人がいましたが (皆さん,twitter で情報を知っていたのでしょうか?),夕方はほとんど同業者はおらず.17:00 過ぎの M51 編成を使ったホリデー快速富士山は大勢の人が撮影していたのに,あれれ,皆さん E655 は撮らないんだ.. という感じでした.

今日は E655系撮影のために早起きしましたので,ついでにもうちょっと頑張って早くから出掛け,まだ撮影していなかった E353 系を,上りは 2番線ホームから見渡せる 4号と,下りは 6番線で 11号を撮影.これで,立川駅を近年発着する電車は (先日廃車回送を見逃した 485系 NO.DO.KA/のどかを除き) すべて撮影出来ました!! 後は,E26系客車 (カシオペア) だけですね... 今年も春にまた運行されるのかな?

4M スーパーあずさ 4号
4M スーパーあずさ 4号 立川駅 3番線
撮影: 立川駅 3番線
2018.02.17 08:59
11M スーパーあずさ 11号
11M スーパーあずさ 11号 立川駅 6番線
撮影: 立川駅 6番線
2018.02.17 10:21
posted at 00:00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
2018年02月16日 (5)

KATO 10-452 115系 1000番台横須賀色 入線

KATO 10-452 115系1000番台横須賀色 4両セット毎週金曜日はやっぱり入線の日.もう車両購入はやめよう (56編成・306両もの車両を揃えてしまいましたので,幸か不幸か,買うものがなくなって来たな) と思っていたのですが...

183系を買ったら,スカ色の 113系が欲しくなっちゃいました.総武線沿線に高校まで住んでいた私にとっては,183系で運行される房総 L特急群と,横須賀線直通 (になったばかりだったかな?) の総武線快速の 113系が鉄道の原風景としてあるためです.立川駅にはかつて 113系も臨時列車などで入線したことがあるようなので,113系横須賀色を買っても '嘘' にはならないとは思うのですが,どうせなら比較的最近まで定期旅客列車として立川駅を走っていた正統派の '山スカ色' 115系を買って,必要に応じて (?) 183系と並べれば 113系っぽく見えるからそれでいいかな,と.
今回買ったのはかなり古い KATO 10-452 115系 1000番台横須賀色です.これ以外にも KATO からは 115系横須賀色は,

KATO 10-1118・1119 115系800番台横須賀色4両基本セット・4両増結セット (定価 ¥13,176・¥10,368)
KATO 10-1271・1272 115系300番台横須賀色4両基本セット・4両増結セット (定価 ¥13,176・¥10,368)

の 2種類が製品化されているようです.10-1271・10-1272 の方が新しい製品ですが,10-1118・10-1119 は 2016年に再生産されたようで,こちらはまだ新品で手に入ります.これにしようかな... と思っていましたが,安いお値段で中古の 10-452 がオークションに出ていたので,こちらにしました.
この 10-452 は,「国鉄時代から中央東線で活躍し、昭和59年(1984)頃に三鷹電車区(西ミツ)に実在していた115系1000番台横須賀色の4両編成をプロトタイプ」としているということですから,立川駅を通過していた車両ですので,私のレイアウトに加えるにはぴったりです.
(実車は未撮影なので,実写画像はありません...)

届いたのは新品ですか? というほどの良品.ユーザ取り付けパーツが使われていないことはもちろん,車輪もぴかぴかだし,取説が入ったビニール袋も開封された形跡がありません.恐らく,試走程度でしょうね... 鉄道模型を始めてから判ったのですが,一部のマニアのこの収集スタイル,すごいですね... 買って確認しただけで後はずっと保管.そのおかげでこうして新品同様品を定価より遙かに安いお値段で入手出来るのですから,とてもいいことです.この KATO 10-453 は当時の税込定価 ¥10,080 ですから,半額で買えた訳ですからね.この 10-453 の初回発売がいつなのかは判りませんが,2002/11 生産/販売製品のようです.15年前の商品とは思えない状態ですね.
(ふと思いましたが,未使用品のまま保管しておく人が多い一方,いじり倒す人も多いという意味では,切手収集と似ているのかな?)

さて,画像は手を入れる前に撮影したものですが,私の場合は未使用保管主義ではなく,最低限のパーツ取り付け等は行なっています.今回の 10-452 に対しては,この後信号炎管を取り付け,せっかくなので行先方向幕は下り方面を「松本」,上り方面に「立川」を貼りました.でもここ,画像から判るように,光らないんですね... 前照灯も光量が足りません.古い製品なのでしょうがないですかね... また,幌がありませんでしたので幌を取り付けました.さらに,カプラーがアーノルドカプラーでしたので,KATO 11-703 KATO カプラー密連形 A 黒に交換しました.何だか,鉄コレの整備をしている気になって来ます (^_^;
動力は問題ありませんでした.大きな音を立てることもなく,スムースに走ってくれます.車輪が綺麗な割に前照灯・尾灯がちらついていましたが,分解清掃したらかなり改善されました.
今日は時間がなかったのでやりませんでしたが,そのうち,183系と並べて走らせて,古き良き時代を再現させてみたいと思います.


昨年の G.W. に手にした 'あぶく銭' は,9か月ほどで使い尽くし,先日買った「富士」でついにゼロになりました.これで,車両購入の軍資金がなくなりました.あぶく銭残高がゼロに近付いていたことは当然判っていましたから,昨年から,日経平均の ETF とビットコインに手を出して資金確保にトライしていました.日経平均・ビットコインとも今年に入って暴落しましたが,幸い,その前に利益確定していて両方とも勝つことが出来て,昨年に得たあぶく銭と同じくらいの金額を短期決戦で得られました.ビットコインの方は納税資金は確保しておかなければなりませんが,これでまた,しばらくは買い物が出来そうです :-)
……ん? でも,買うべきものがほとんどなくなっていることには変わりませんから,今までのペースでは決して増えませんけれどね.


ここまでの支出額 ¥1,260,283
今回の買い物
  • KATO 10-452 115系 1000番台横須賀色 ¥5,510
posted at 00:00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
2018年02月15日 (4)

鉄道ダイヤ情報 2018年3月号

鉄道ダイヤ情報 2018年3月号はい,今回も買っております.店頭で掲載ダイヤを確認してから買えば,必要ない月は買うのを省略出来るんですけれどね... それだと見落としが恐いですし,期間限定の楽天スーパーポイントを消費するためでもあるので,まぁいいですかね.

今号も特段,心躍るような臨時列車情報はなし.検測車はこの間来たばかりですしね... 明後日通るはずの例の電車は例によって載ってなくて,やっぱり使えないな (買うべきではないのかもな),この雑誌,という感じです.


今回の支出額 ¥895 (N ゲージとは直接関連しないので,支出総額としてカウントしない)
今回の買い物
  • 鉄道ダイヤ情報 2018年3月号 ¥895
タグ:鉄道 撮り鉄
posted at 00:00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
2018年02月14日 (3)

KATO 25-050 Nゲージアーカイブス 〜鉄道模型3000両の世界〜

Web で何かを調べているとき存在を偶然知って,Amazon.co.jp のマーケットプレイスで定価よりだいぶ安い値段で出ていたので,買ってみました.KATO から出ていたアーカイブ版のカタログです.どうやら以前は,KATO のカタログには在庫切れのものも多数 (全部?) 掲載されていて,"カタログに載っているのに店頭にない!!" という当たり前のクレームが多く,それに対応するために在庫切れ製品はこちらのアーカイブ版に移したということのようです.
そりゃそうですよね... 掲載商品の一部しか流通在庫がなくて後は品切れ,なんてのはカタログとは言いません :-( でも,鉄道模型の場合は中古市場が確立していますから,過去にどんな製品があったか判った方がよいので,こうしたカタログ (?) はアリだと思います.もうほとんど集め終わってしまいましたが,Web サイトに既に乗っていない古い廃番済み製品を探すとき,インデクスとして 1冊持っていると便利かなと思いましたので,購入.

さて,肝心の内容.Amazon.co.jp のレビューでも載っていたので覚悟していたのですが...
全ページカラー 256ページのボリューム・印刷は問題ないです.車両形式ごとにページが割り振られており,検索も比較的し易い構成になっています.が,肝心の製品名など,製品そのものの情報がまったくありません.例えば,何度にも渡って製品化されている場合,その写真が,いったいどの品番を写したものなのか,情報がないのです.これだと,例えば "E233系 0番台が欲しいが,10-541 と 10-801 では何が違うのだろう? どちらを買うべきなのだろう?" といった判断にまったく使えません.
また,毎年出ているカタログのように,全編成が載っている訳ではないので,どの製品が何両編成だったのかすら判りませんし,電車のセットであればほとんどの場合,先頭車両しかまともに載っていません (それだと,3,000両にならないんじゃ? という気もします (苦笑)).

巻末にインデクスはあり,品番と品名,掲載ページは載っていますが,これじゃダメですね... 「どんな製品 (品番・品名) があったか」は判りますが,いつの製品か? いくらだったか? どんな構成だったか? どんな出来映え (特徴) だったか? が一切判らないので,ぱらぱらめくって,この形式もかつて製品化されたいのだな,と知るだけのことにしか役立たず,資料的価値はほとんどありませんね... こんなのを ¥1,890 で売りつけていたのですからオドロキです.
今回,古本で ¥1,140 で購入しましたが,¥500 程度が妥当な感じです...


ここまでの支出額 ¥1,254,773
今回の買い物
  • KATO 25-050 Nゲージアーカイブス 〜鉄道模型3000両の世界〜 ¥1,140
タグ:KATO
posted at 00:00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
2018年02月13日 (2)

ヘリボーンコレクション エクストラエディション 緊急出動! 救命・防災ヘリ AW139 東京消防庁

F-toys HELIBONE COLLECTION EXTRA EDTION  緊急出動! 救命・防災ヘリ AW139 東京消防庁そういえば,この 3連休のうちに届いたものがもうひとつありました.

青梅線周回の山岳セクションに「山」を作っている途中ですが,この山にヘリポートがあってもいいかなと,脈絡もなく考え始めました.そこで Nゲージスケールのヘリコプターを探してみたところ,残念ながら 1/150 というものは出ていないようで (Nゲージ用のストラクチャーとしては存在しないようです),1/144 のものが見つかりました.エフトイズというメーカーが出している食玩で,「ヘリボーンコレクションシリーズ」というヘリコプターのブラインドパッケージのガム付きおもちゃです (おもちゃ付きガム?).
これは既に 9シリーズ出ていて,毎回 6〜10種類とかのヘリが製品化されているようです.今は「緊急出動! 救命・防災ヘリ」というシリーズが最新で,まだスーパーなどの店頭でも買えるようです.この中にちょうど,東京消防庁のヘリが含まれていて,奥多摩あたりのヘリポートに駐めておくにはぴったりの機体です :-)
このヘリは AW139 というやつのようで,全長は 16.66m とのことなので,1/150 スケールとの差は 4% 強で 4.6mm ほど.111mm であるべきところが 115mm になる訳です.まぁ無視出来る差かな... 遠景として使いたいので,本当はむしろ,1/160 とか,1/200 でもいいのですけれどね...

定価は ¥583.今回のシリーズは 7種類での展開ですから,欲しい消防庁のヘリ (あるいはベル412 警視庁でもいいかも知れませんが) を手に入れようとすると,確実に手に入れる期待値としては 7個買わないとダメです.7個目でやっとアタリを引けたとすると,総額で ¥4,081 もの投資が必要となって,無駄な 6機が手許に残ってしまう... という状況は惨憺たるものでしょう.たとえ 2個目で当たっても ¥1,066.それなら,送料込みでも ¥670 というお値段でヤフオク!で出ていましたから,買いに行く手間を考えても,それを落札してしまった方が安いという訳です.

EC25LP 消防庁「ゆりかもめ」
ベル412EP 警視庁「おおとり」
いずれも 2014/10/18,立川防災基地内の
海上保安庁海上保安試験研究センターから撮影

早速組み立てました.「デカール」なんて貼ったのはいったい何年 (何十年?) ぶりなのだろう... 作成中の「山」に置いてみました.

実機はこんなにテカテカした塗色じゃないですね... なお,立川にある多摩航空センターで EC225LP「ゆりかもめ」(の画像上) や警視庁の 412EP「おおとり」(の画像下) は撮影したことがあるのですが,この「ちどり」(4代目) は 2017/4 に配備されたばかりなので,私が見に行った 2014年にはまだなかったのですね.また,立川ではなく江東航空センターに配備されているようなので,結局のところ見る機会はあまりないないのかも知れません.「ちどり」も「ゆりかもめ」と色は同じだと思うのですが,私が撮影した画像でも,やはりつや消しって感じですね.つや消しのクリアを吹けば艶はなくなるのだろうか?

あ... 今気が付いてしまいました.ここに載せた「おおとり」,今回の F-toys の食玩でそのものずばりの "ベル 412 警察ヘリ" としてリリースされていますね... 消防庁ヘリじゃなくて警視庁ヘリにすればよかったのかな... でも今検索してみたら,こちらは同じ出品者からは出品されておらず,¥1,200 くらいになっちゃうようですね.
ん〜,そっちも買っちゃうかこりゃ迷うな (^_^; でもなぁ,実機を撮ったものを模型でも集めるってのは Nゲージだけにしておいた方が無難かも知れませんね...


ここまでの支出額 ¥1,253,633
今回の買い物
  • F-toys HELIBONE COLLECTION EXTRA EDTION 緊急出動! 救命・防災ヘリ AW139 東京消防庁 ¥670
 
posted at 00:00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
2018年02月12日 (1)

「山」を造成しながら空気遠近法・色彩遠近法について考える

大岳山 大岳山

先週,いよいよ「山」の造成に取りかかりました.プラスタークロスで全体的に地盤を作りましたが,隅の部分は紙粘土で作ろうと,ここだけ残しておきました.今日は紙粘土を買って来たので,この部分の成形です.紙粘土は「木粉ねんど」なるものを 100円ショップで買って来ました.さて,どんな出来映えになるやら...

画像 (左) は成形が終わった状態です.そうこれ,西多摩地域からよく見える「大岳山」を作ろうとしたのですが...

先ほど,写真を撮って来ましたので比較 (画像 (右)).やばい,あまり似てなかったかも知れません.……木粉ねんどはまだたくさん残っていますから,もうちょっと作り直しますか.

気になるのは,遠くから見える「大岳山」の形 (稜線) は大岳山単独で作られているのか,別の山と重なってそう見えるのか.この写真をよくよく見ると,右側のピークは手前にある別の山のようにも見えますね... 地形図は読み慣れていませんが,地形図を見る限り,左側のピークだけが大岳山のように見えますね. Google Earth 等で確認したのですが,よく判りませんでした.うーん,どうやって作れば (何を参考にすれば) いいのかな... と思ったら,国土地理院のサイトで地形図・衛星写真を 3D 化して見る機能がありました! 国土地理院すげー...
(データファイルを一式ダウンロード出来る機能があって,自分のサーバで動かせるはずなのですが,ダウンロードするとなぜか動かないので,以下は国土地理院のサイトに直接リンクしています)ダウンロードしたファイル一式でも動くようになりました.また,航空写真での 3D 表示にも対応出来ました.国土地理院のサイトのオリジナルはこちら

大岳山
国土地理院地図 (電子国土Web) から引用

早速検証した結果,左のピークは確かに大岳山山頂,右のピークは北東に 300m ほど離れた場所で,山頂より 50m ほど低い場所であることが判りました.もっと遠い (手前) の山なのかと思いましたが,すぐ近く,大岳山の一部だったのですね.
赤い線が立川駅の方向です.緑色の円が,右側のピーク部分でした.

大岳山さて,この大岳山,立川からだと 26km くらい,青梅線に一番近い場所からでも 5km くらい離れています.私のレイアウトでも '遠景' として扱いたいのですが,レイアウトの真ん中にあるここをどうやれば遠景として見せられるのか,悩んでいます.空気遠近法 (色彩遠近法) という美術の世界に取り入れられている手法からも判るように,遠くの山はどんどん輪郭がぼんやりして,青く見えていきます.先ほどの画像は色温度を調整してありますが,実際に青梅線沿線から見るとあんな感じには見えません.
このように,遠くにある景色はだんだん空の「青」に近付いて来ます.レイアウトでもこれと同じような色合いに出来ればまさに色彩遠近法で遠景として見えるのかな? その場合,クラスターフォーリッジではあまりに大き過ぎますね.パウダー (ターフ) を撒いて表現するのかなぁ...


ここまでの支出額 ¥1,252,963
今回の買い物
  • 木粉ねんど ¥108
タグ:レイアウト
posted at 00:00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
Amazon.co.jpアソシエイト