レイアウトプラン紹介 (準備中)
2018年01月01日 (1)

レイアウト進捗状況

鉄道模型を始めてから 2回目の新年を迎えました.別に,狙った訳でも調整した訳でもないのですが,この記事は節目となるこのブログの 400記事目となります.

レイアウトを作成し始めてから 1年半でやっとここまで来ました.昨年後半になって,'バックストレート' 側を急激に進めた結果,だいぶ見栄えがするレイアウトになって来ました.立川駅の西側・東側はほとんどの部分は,単にバラストを撒くだけですから,ポイントが多いためボンド水の流れ込みにさえ注意すれば,さほど手間ではなくさらに進めることが出来そうです.早いところいったん完成させて,列車を延々走らせて眺めて楽しみたいなぁ...

最近買った鉄道 (模型) 関係雑誌に出ていた広告に,

ひょっとして,最近あなたの鉄道模型に行き詰まりを感じていませんか? それは「車輌ばかり増やし過ぎ症候群」です.
 レイアウト製作は長い道のりを楽しむことができる創造の世界です.そこには自分が描く物語があります.

なんて文が載っていて,ちょいとぎくりとしました(^_^; 昨年は,ひょんなことで得たあぶく銭を使って,車輌を大幅に増備してしまって,その間,レイアウトがほとんど進捗しませんでしたからね... でもそのおかげで,立川駅を発着する車輌はほとんどを集め終わりましたので,これからは車輌の購入ペースはぐっと落ちるはずですから,今年はレイアウト進捗に力を入れた 1年に出来たらと思います.

縮小立川駅レイアウト
縮小立川駅レイアウト

ここまでの支出額 (1年7か月通算) ¥1,218,082
ここまでの買い物
  • レール ¥210,117
  • 車両 ¥642,152
  • レイアウト用品 ¥114,202
  • 情景部品 ¥251,611
タグ:レイアウト
posted at 00:00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
2017年12月31日 (7)

芝山鉄道乗りつぶし

年末年始は,成田国際空港の近くに泊まりました.ふだん,出張・旅行で慌ただしく使うだけの成田空港ですが,今回は半日,それぞれのターミナルのショップを見て回ったり,成田空港そのものを見て来ました.その一環として,京成東成田線から延びている芝山鉄道の "塗り潰し" にも行って来ました.天気が悪かった (ましてやその前日・翌日は快晴で暖かかった) のが残念でしたが...
芝山鉄道は,東成田〜芝山千代田を結ぶ,1駅 2.2km の路線です.成田空港で土地 (往来) が分断される芝山町への補償の意味合いで建設されたそうですが,成田空港は芝山町にはほとんど存在していませんし,屁理屈ですね... ま,それでも活用されているのなら構わないのですが,さて,どうなのでしょうか....

東成田駅周辺 東成田駅の入口は,管制塔が目の前にあります.
成田国際空港第5ゲート 案内看板に従って東成田駅へ到着... と思ってたどり着くのは「第5ゲート」.駅を含めて,ここから中が空港警備地域という訳です.
東成田駅入口 第5ゲート内には民間の警備員が 2名.特に何か質問されたり,手荷物検査されたりということはありません.挨拶して (声を掛けられて) 中へ進むとそこにやっと東成田駅の建物が.
東成田駅入口 (ゲート内) いったん東成田駅に入って,別の階段を上ると,空港区域内のこの入口に出ます.ここに,ほかのゲートから一般人がたどり着けるのか (ここから,徒歩でどこかへ行けるのか) は不明...
第2ターミナルへの連絡通路 改札手前に,第2ターミナルビル (空港第2ビル駅) への連絡通路があります.ここから 500m,徒歩 7分ほどで行けます.誰も歩いていませんが,連絡通路内は監視カメラ多数なのでまぁ安心でしょうか?
ホームへの階段脇 改札を入って,ホームに降りようとすると,明らかに仮設の囲い (壁) が...
使われていないコンコース 柵から向こうを覗いてみると,以前使われていたホームへの降り口が見えます.
東成田駅のエスカレーター 東成田駅のエスカレーター
構内のエスカレーターはほとんどが止まっています.
東成田駅 (旧 成田空港駅) ホームからはもう 1面,島式ホームがあるのが見えます.その先の壁面には,「成田空港」駅のサインが残ったまま...
芝山鉄道 芝山鉄道オリジナルの車両がある訳ではなく,運行しているのはすべて京成線のものです.車内は当然がらがらな訳です.以前は警官が必ず乗車していたようですが,今は乗っていないようです.
芝山鉄道 乗車券 運賃は片道 ¥200.東成田駅では Suica (モバイルは不可) で切符を買えますが,芝山千代田駅では現金のみ.
芝山鉄道 芝山千代田駅 芝山千代田駅到着.当然ながら単線.
芝山鉄道 芝山千代田駅 駅からは飛行機が見えます.「芝」が付くからではありませんが,何だか,海芝浦駅を思い出させる気もします.
芝山鉄道 芝山千代田駅 ここから九十九里方面に延伸の構想もあるそうですが,ま,構想だけで終わるでしょうねぇ...
芝山鉄道 芝山千代田駅 不必要に (失礼) 立派な駅舎.
芝山千代田駅前から 駅前ロータリーも不必要に (強調します) 立派です.そのロータリー越しに B滑走路に着陸する飛行機が見えますが,直線距離で 1km くらい離れているので (A滑走路からも),飛行機を間近に見るという感じではありません.
成田空港ゲート 駅の脇にあるこの入口を降りて行くと,空港区域に入れます.階段を降りたところに警備員がいます.こちらには特に表示はありませんが,ここもゲートということですね.こちらは,整備地区への入口なので,警備はより厳しいかも知れません.

という訳で,ほとんど人は乗っておらず,日中は 40分に 1本のダイヤですから,そもそも便利に使えるようなものではないですね.バスで十分なのではないでしょうか? 成田国際空港会社が 68.4%,千葉県が 14.59% 出資していますし,国からの補助金も出ているこの鉄道.成田空港建設に至る軋轢は承知していますが,それを考慮しても,結局,税金で運営されているのに等しい訳で,誰も乗っていない (たとえ 10分おきのダイヤにしても,誰も芝山千代田から成田までなんて乗らないでしょう) こんな路線を作ること自体が間違っていると思います.税金 (や,空港利用時に負担している空港利用料,運賃が結果的に投入されています) の無駄遣いですね...


今回の支出額 ¥400 (N ゲージとは直接関連しないので,支出総額としてカウントしない)
今回の買い物
  • 芝山鉄道 東成田駅〜芝山千代田駅 ¥200×2
タグ:鉄道 乗り鉄
posted at 00:00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
2017年12月30日 (6)

鉄道公園用地緑化・道路工事

青梅線周回山岳セクション引き続き,バックストレート側の整備をしています.先週作成を開始した,青梅線周回山岳セクションのループ線内の鉄道公園用地を今日は塗装だけ... と思ったら,ほかのことをやっているうちにあっという間に塗装が乾いてしまったので,フォーリッジクラスターでの緑化も.ずいぶん前に買って以来使っていなかった緑色のターフを使って,公園の芝生を作ってみましたがさて,そう見えますかね...

さて,ループ線に反ったところは今後トンネルライナーを入れ,その上に山を適当に作って行けばよいのですが,平板的な斜面になっている部分を今後どうしますかね... 細かいことを気にすれば,この鉄道公園にはどうやって人が出入りするんだという感じですので,この辺から急坂で登ってもらいましょうかね... バリアフリーも何もないですが,まぁ古い鉄道公園なのでそんなものでしょう :-)
でも,坂を下りたところからどうやってループの外へ出るんだとか,リアルさを少しでも気にし始めると,色々と無理が出て来ます...

バックストレート脇の新設道路鉄道公園を整備中のループ線部分はバックストレートの正面から見て右側に位置します.その反対側となるバックストレートの正面から見て左側のほうに,少しだけ道路を新たに作りました.先週,グレインペイントで舗装工事だけして,乾燥させていました.今日はサイズの微調整と,白いアイシーフリーテープの 1.0mm・3.0mm で路面のペイントをして完成です.
また,この区間にバラストを撒き,柵も設けることで,一挙にこの部分を完成まで持ち込みました.

コースターフの使い方がだいぶ判って来たので,全色揃えることにして,明緑色・暗緑色も買いました.どうしてこれ,色が違うと実売価格も違うんだろう...

道路は,線路脇の路地をイメージして作ったのですが,もうちょっと狭い道でもよかったかも知れませんね... これだと,センターラインがあってもおかしくない感じ.

バックストレートの,青梅線山岳セクション (山) と青梅線・中央線周回 (平地) との間に置くのにちょうどいいかな? と思い,建物コレクションをふたつ買ってみました.明日にでも設置してみようと思います.建コレを買ったのは久々かな.


ここまでの支出額 ¥1,202,175
今回の買い物
  • KATO 24-324 コースターフ 明緑色 ¥518
  • KATO 24-326 コースターフ 暗緑色 ¥604
  • TOMYTEC 002-3 建物コレクション 農家 B3 ¥1,120
  • TOMYTEC 006-2 建物コレクション 農家 F2 農家を彩る小物たち ¥900
   
タグ:レイアウト
posted at 00:00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
2017年12月29日 (5)

鉄道コレクション JR 201系四季彩 4両セット旧塗装 入線

鉄道コレクション JR201系 四季彩 旧塗装 4両セット毎週金曜日は入線の日.……って,もう年末年始休みに入っており,わずか数日ですが毎日が日曜日なので,いつでも入線出来るのですが :-)

今回入線したのは,TOMYTEC 鉄道コレクション 四季彩 旧塗装 4両セットです.今回は改造済みの「ジャンク品」ということだったのですが,ひとまず落札.届いてみてびっくりしました.Nゲージ化されていたのです.

まず,幌が各車両に完璧な出来で非常にきれいに装着されています.KATO カプラー密連形の A もしくは B のグレーが装着されていて,加工してある程度無理矢理台車に固定していますが,きちんと機能しています.また何より,鉄コレの Nゲージ化のために必須の鉄コレ動力ユニット (20m 級用 A2 と思われます) に換装されていて,これだけでも ¥2,000 以上の価値がありますね.もちろん,M車以外の T車にもすべて鉄コレ走行用パーツセットが使われて N化されています.走行も特に問題ありませんでした.
このほか,信号炎管・列車無線アンテナ・ヘッドマークも取り付けられていて,手間なしです.

確かに,カプラーなど不可逆の改造が施されていますので,表示どおり「ジャンク」なのかも知れませんが,私にとっては願ったりの改造内容でした.また,説明どおりパッケージにはやや難がありましたが,まったく問題ないですね.これで ¥3,000 しないのですから,いやぁ,いい買い物でした.


ここまでの支出額 ¥1,199,033
今回の買い物
  • TOMYTEC 鉄道コレクション JR201系 四季彩 旧塗装 4両セット ¥2,901
posted at 00:00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
2017年12月28日 (4)

KATO 7008-5 DD51 842 お召機 入線

KATO 7008-5 DD51-842 お召し機
左から TOMIX 2213 DD51 800番台,
KATO 7008-5 DD51-842 お召し機,MicroAce A8521 DD51-1805
どこぞのイベントっぽく 3台並び :-)
KATO 7008-5 DD51-842 お召し機

本日は仕事納めで早めの帰宅です.早速,今週届いたブツを持って嫁さん実家のレイアウトルームへ Go! です.今日は,前からどうしようか迷っていた,KATO 7008-5 DD541-842 お召し機を結局購入して届いたので,入線です.

YAHOO! の,プレミアム会員 6か月間無料キャンペーンで,久しぶりに春からずっと会員になっていました.前と違って,ヤフオク!・YAHOO! ショッピングで色々なキャンペーンをしていて,覚えているだけでも,以下のようなキャンペーンでの Tポイント還元があり,先月以降だけでも数千円分を超える Tポイントが付与されました (上 4 つが YAHOO! プレミアム会員のみが対象のようです).

まぁ,ヤフーの思う壺... という気がしなくもありませんが,期間限定ポイントになっているものも多ので,せっかくの数千円相当のポイントを無駄にしないため,ポイントを惜しげもなく投入して,欲しかったものを買おうかな,...と言う訳で購入したのがこれなのです.
別に,ポイント目当てでヤフオク!で落札したり,YAHOO! ショッピングで買い物をしたりした訳でなく,本能の赴くままに (^_^; 支払いをしていたら,数千円のキャッシュバックがあったというだけで,しかも,放置しておくとそのうち失効してしまうのなら,欲しかったものを 'もらう' 方が得策ですよね.送料も無料でしたので,言うことないです.

さてこれ,作りは非常によいのですが,日章旗がイマイチです.カチッとどこかに嵌まって固定出来るのではなく,とりあえず挿し込んでおく,という感じでの設置のようです.何回やっても思い通りに固定出来ませんでした.これだとたぶん,走らせているとそのうちどこかに落ちてしまい,それを知らずに踏んで破損... のような将来が見えてしまいしたので,ちょっと前傾姿勢になってしまいますが,説明書どおりではく,実車どおりに手すりを使って押さえるような形にして,かつ,接着剤を使って固定しました.

DD51-842実写画像秋に行った「高崎鉄道ふれあいデー」で撮影した DD51 842号機.
なおこの DD51-842,青梅線にも入線した実績があるようなので,れっきとして,立川駅にゆかりのある車両,の一環としての収集であります :-)


ここまでの支出額 ¥1,196,132
今回の買い物
  • KATO 7008-5 DD51 842 お召機 ¥5,274
タグ:車両 DD51
posted at 00:00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
2017年12月24日 (7)

鉄道公園用地整備など

バックストレート上の山昨日に引き続き,今日も青梅線周回の山岳セクションの整備を実施しました.今日は,昨日塗装したトンネルの上の「山」にまずは植樹です.3色のフォーリッジクラスターをちぎって貼り付けて行きます.こんな感じに出来上がりましたが... ふぅ,この作業だけで 2時間もかかっちまいました...
別にこの作業に精通してるとか,know-how があるとかという訳ではなく,むしろ,「山」ひとつ分にフォーリッジクラスターを使うのは初めての作業で,適当にやってみましたがいい感じで仕上がりましたかね.

ただ,一部に木工用ボンドが乾いて光っている部分が見えますね.面倒なので,地盤に木工用ボンドをまんべんなく塗布してから,フォーリッジクラスターを貼り付けて行きましたが,フォーリッジクラスターにボンドを付けてから貼る,という方式にしないとダメなのかな... ま,光っているところには後からピンポイントでフォーリッジクラスターを埋めて行けばよいだけだとは思いますが.

次は,山岳セクションのループトンネル部分に作る予定の「鉄道公園」の地盤作成です.初め,ここは全体を山にしてしまおうと思っていたのですが,青梅鉄道公園を模した鉄道公園を作ってみようと思い付きました.そこで今日は,その地盤を作るという訳です.山を切り開いたというイメージで発泡スチレンボード素板で平らな地面部分を作ります.
手前半分はプラスタークロスを使って,線路部分の既に作成してある地盤とをなめらかにつなぎます.奥の半分は,この後に作成する山につなげられるよう,スタイロフォームで斜面を表現して準備工事としました.
公園となる平面にはグレインペイントで舗装作業.現在は,アスファルトの乾き待ちです.グレインペイント,久々に使いました...

今日の作業はここまでで,こんな感じです.画像左側が乾燥待ちの現状ですが,この部分,右の画像のようにかぱっと取り外すことが出来ます.

今後も,可能な限り,こんな感じで取り外し可能なモジュール (?) 構成として作成し,レールのメンテナンスやレイアウトボード単位で取り外しが可能なように出来ればと思います.

       
posted at 00:00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
2017年12月23日 (6)

バックストレート部分進捗

今日は,E353系デビューの日ですから,撮影に行こうかとも思いましたが,どうせ今後,E353系ばかりになるのですし,まぁいいかと撮りには行かず.今週も引き続き,じっくりとレイアウト作業を進めています.今日やったのは,

  • 先週地形を作ったトンネル上の「山」の塗装
  • 「川」に石を置く
  • 青梅線周回山岳セクションの残りの部分の緑化

といったところです.

トンネルが貫く山の状況まずは,「山」の塗装です.

先週,はたと思い付いて,バックストレートの一番端をトンネルにしてみました.ここの上の「山」の地盤作成までを先週やりましたので,本日はまずは塗装です.どうせ見えなくなりますから,塗らなくてもいいくらいかも知れませんが,適当に茶色・黒色の絵の具を使ってこんな風に塗装しました.乾くのを待って,明日以降にでも植樹です.

平溝川

「山」の次は,先月から作り始めた「川」に手を入れました.

KATO の水底カラーでスタイロフォームの川底を塗っただけでは雰囲気が出ていませんので,渓流っぽく,石をごろごろさせてみようかなと.今日,発泡スチロール用ボンドや絵の具など,消耗品を買いにホームセンターに行ったとき,この用途で使えるペットコーナーで売っている水槽用か,園芸コーナーで石か砂利を買おうかな... と思っていたのですが,ふと気付いてやめ.買い物の後家に帰って見てみたら,やっぱりありました.
なぜか,下駄箱に,これまで集めた?小石や貝殻がわんさか保管されていました.どこで拾って来たのか判らんものばかりです.その中にはここで使うのにちょうどの大きさの石もたくさん含まれているし,いかにも川石と思えるものからそうでないものまで,バラエティに富んでいるので,活用するにはこいつらがうってつけです.どこかで採って,大切に持ち帰ったもののようですが,既に忘れていますので,別に思い出の大切な品でも何でもなく (^_^; 使っちゃいましょう.

ボンドをあらかじめ川底に塗布して,それっぽく石を配置.こんな感じで,石がごろごろしている平溝川が出来上がりました.これで後は,既に買ってある KATO のディープウォーターを注げば川の完成ですが,それは最後にしておこうと思います.……当分先になっちゃうかな.
でも,この状態でも明らかに「川」と判るようになって来ました.


ところで,真横から見ると,青梅線周回山岳セクションに作った軍畑鉄橋 (奥沢橋梁) へのアプローチがやけに急坂ですが... この部分,実際はこんなに勾配はなくて,むしろ逆に左側に向かって少し下がっているんだけどな.どういう具合か,相当ヤバい坂に見えちゃっています.

大きめ 模型用樹木 6センチ 50本セット「山」「川」の次は... 「木」です.

Amazon.co.jp で買い物をしていたら,よさそうな「木」を見つけました.今まで,何種類も木を買って来ましたが,4cm くらいのものばかりで,背丈がちょっと小さいんですよね... 今回見つけたものは 6cm.原寸にすると 9m ですから,建物の 2階くらいまで届く感じのもの.山の中にある巨木を表現するにはこれでもまだ小さいかも知れませんが,1本あたり ¥30 弱なのでまぁいいかなと買ってみました.早速,1本だけ試験的に設置.の画像のほぼ中心部に写っている,やや明るい緑色の葉を付けたものがそれです.幹に針金なのか,光を反射する素材が使われているようで,葉のすき間からきらきらと光って見えてしまうのがイマイチですが,それを除くと,いい感じですね.何しろ 1本 ¥30 しませんからね...

今後,要所要所にこいつを植えたいと思います.

バックストレート全景本日の作業の最後は,バックストレートを構成するレイアウトボード 2枚のうち,緑化が残っていたもう 1枚の緑化作業です.

こんな感じでターフ・フォーリッジクラスターで緑化しました.今後は背景画を入れたら,それになじむようにフォーリッジクラスターを追加する予定です.それと,ターフを撒いた,斜面と線路との間の部分をどう処理するかを悩んでいます.この状態だとイマイチ訳の判らない状態の土地が広がってしまっているので... むしろ,土色ブレンドのターフを撒きましたが,ターフを撒かずに絵の具で茶色に塗っただけの方がよかったかも知れません...
本当はここに,田舎の農家風の家を並べられるとよいのですが,狭くてそれも難しい感じです... 畑にでもするしかないかな?

それでも,つい 2か月くらい前まではスタイロフォームの水色とサブテレイン・石こうの白だけの世界だったこのエリア,一挙にいい感じに仕上がって来ました.

ホームセンターに行ったとき,木工用ボンドと発泡スチロール用ボンドも残りが心許なくなって来たので,また買って来ました.発泡スチロール用ボンドは,先月買ったばかりなんですけれどね... レイアウト作成を始めてからもう 8・9本目です.


ここまでの支出額 ¥1,190,858
今回の買い物
  • 大きめ 模型用樹木 6センチ 50本セット ¥1,350
  • 発泡スチロール用ボンド ¥398×2
  • 絵の具 ¥88×3
  • セメダイン スーパーXハイパーワイド ¥548
  • 木工用ボンド 500ml ¥448
  • キムワイプ S-200 (12×21.5cm) 200枚 ¥378
         
posted at 00:00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
2017年12月22日 (5)

KATO 10-1447 E001形〈TRAIN SUITE 四季島〉10両セット 入線

毎週金曜日は '入線の日'.その週の平日に到着した新たな車両を,レイアウトを置いている嫁さん実家に持って行ってレールに乗せる日です.今日は,おととい発売の KATO 14-1447 TRAIN SUITE 四季島がちょうど届きましたので,寝かせることなく,すぐさま入線です.
定価は税込みで ¥30,240 ですが,ポイントを考慮すると消費税・送料込みで ¥23,900 で買えましたので,よかったんじゃないかなと思います.これも,ヤフオク!で儲けた 'あぶく銭' での購入ですが,同じものなのであれば安く買えるに越したことはないですからね.

予約したときは詳細情報がよく判らなくて,前照灯・尾灯以外にもいくつか「光る」か所があることは知れたのですが,室内灯がないと光らないのかが不明だったので,念のため KATO の純正室内灯も 10両分,購入しました.せっかくのセットですしね...
なのでまずは室内灯の取り付け.これに思った以上に難儀しました... 床下部分までボディで覆われている形状なので,まず,床下とボディとを外すのが一苦労です (E655系もそうでした).加えて,両先頭車はなぜか,集電板を差し込んだだけではうまく点灯してくれず,何度も付けたり外したりの試行錯誤が必要でした.そのうち,取れちゃいけない部品がぽろっと取れて組み立てるなど,無駄な時間が...
今回のこのセットは,全車両に既に専用の形状をした導光板が取り付けられており,集電板と発光モジュールをセットするだけで室内灯は設置完了です (11-213 等に付属している導光板やフィルタは使いません).そこまでやるのなら,定価の高いセットなのですから,室内灯も標準装備とすべきだと思いますね...
なお,ユーザー取り付けパーツは (オプションのその室内灯以外は) 一切ありません.

室内灯を装備しなくとも,5号車のラウンジの暖炉・門柱灯,6号車のダイニングのテーブルライトは初めから点灯する仕様となっています.ここだけ点灯されても... という感じなので,室内灯はむしろ必須かも知れませんね.車輪が綺麗な状態なこともあり,走行中のちらつきもなく点灯してくれます.
走りも安定していますし,ふだんからレイアウト上に載せておいて走らせたいですが... もったいないかな.しばらくの間走らせたら,大事にしまっておきたいと思います.……って,持っている 40 以上の編成 (基本+増結は 1編成として数えた場合) のうち,ふだんから走らせているのは 5編成くらいに過ぎず,ほとんどが収納したままなんですけれどね.

実車を写した 2枚目の画像は,5月に初めて「四季島」が立川駅を営業運転で通過したときに撮影したもの.

これにより,立川駅を現在,発着・通過する臨時列車のうち,持っているのは以下の 14編成となりました.

判っている範囲で,臨時列車として使われている車両で Nゲージとして今日現在発売されているものはすべて揃っています.見落としがあったり,新規に入線するものがない限り,コンプリート状態が継続するはずです.


ここまでの支出額 ¥1,187,074
今回の買い物
  • KATO 10-1447 E001形〈TRAIN SUITE 四季島〉10両セット ¥26,500
  • KATO 11-213 LED 室内灯 クリア 電球色 6両分入 ¥2,857
  • KATO 11-214 LED 室内灯 クリア 電球色 ¥547×4
posted at 00:00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
2017年12月18日 (1)

高架部分改良など

高架橋端そう言えば昨日は,前から気になっていたけれども買っていなかった TOMIX 3020 ステップを結局買って,高架橋部分の改良工事に取りかかりました.

というのも,立川駅東方で国立方面に向けて高架が立ち上がる部分の処理をどうしようか,前から迷っていました.なぜなら,高架橋端は,外回りの中央線周回は 1822 高架橋付 PC レール HS280-PC(F) を流用して,内回りの青梅線周回は 1873 高架橋付 PCレール HC243-45-PC(F) を使っていますが,いずれも結構な段差になってしまいます.画像はこの部分をサブテレインによる勾配ではなく高架橋にした夏の時点のものですが (内回りは現在の状態と違います),こんな感じです.
仕方ないので,スタイロフォームの中に可能な限り高架橋を手で押し込んで,段差が目立たなくなるようにしていましたが,それでも全体的な勾配の関係で完全に段差をなくすことは出来ないでいました.このため,こんな風にサブテレインを使って手前の勾配を表現していました.本来ここは,3020 ステップを使って勾配を立ち上げるのが TOMIX の製品設計のようです.

しかし...

TOMIX 3020 ステップ (2個入)TOMIX 3020 ステップを使うと,こんな感じになってしまいます (画像は TOMIX 公式サイトから引用).
明らかに変じゃありませんか? ステップが立ち上がるまでの間,線路がバラストとともに空中に浮いてしまっています.この下にスタイロフォームやサブテレイン,石膏などで地盤を作ればよいのでしょうが,両脇にバラストもないってのもこれまた変に思います.

これだと,ステップを買っても,さらにそのステップ回りを処理するのにかなりの労力がかかりそうで嫌だったため,お安い製品ではありますが,購入は見送っていました.

しかし,こうすればよいのでは?という処理方法がふと思い付いたので購入.施工してみました.それがこんな感じ.

ステップは階段が 11段ありますが,下から 6段分をスタイロフォームの中に押し込んでしまいます.こうすると,ステップ中央のレール部分が,地盤から少し顔を出すだけになります.全部押し込んでしまってもよいのですが,そうすると勾配が急になってしまうため,4% 勾配を保つには高架を延長しなくてはなりません.このため,ほどほどのところでやめた結果です.
スタイロフォームの中に押し込んだ部分と,その手前に置いたサブテレイン部分に石こうを流して固めてしまいます.こうすることで,ステップの段数を抑えて,かつ,水平部とのつながり方が実感的に表現出来たのではないかと思います.ステップを取り付けたことで,架線柱取り付け部もきちんと活用出来そうです.
最終的には,石こう部分にはバラストを撒いてレールを固定したいと思います.勾配を付けてあるので,バラスト散布も問題なく出来る... はず.僅かな量の石こうを作ったことがなくて塩梅が判らず,薄い (水っぽい) 石こうが出来てしまったため,数時間程度では完全に硬化しませんでした (^_^; このため日曜日は,マスキングを外して,マスキングしたところに滲んだ部分を削っただけで終わりです.来週,磨きと塗装ですね.でも,やすり掛けするほどではないように思いますので,このまま塗装しちゃおうかな.


また,先月末に買った TOMIX 3237 コンクリートアーチ橋 S70 2本セットに付属していたのは 70mm の通常のレールでしたが,これを配置した私のレイアウトの 'バックストレート' 区間は PC レールで統一していますから,PC レールに置き換えるためにレールを買いました.ただしこの位置,72.5mm の方がぴったりなので,S70 ではなく S72.5 を.コンクリートアーチ橋自体は S70 レールがぴったり入る長さですが,ワイド PC レールでなければどんなストレートレールでもここに嵌まりますので問題ありません.


ここまでの支出額 ¥1,155,286
今回の買い物
  • TOMIX 3020 ステップ (2個入) ¥259
  • TOMIX 1013 ストレート PC レール S72.5(F) 4本入 ¥480
 
タグ:レイアウト
posted at 00:00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
2017年12月17日 (7)

トンネル竣工

本日も 6 時間ほど,青梅線周回の山岳セクションの作業を進めました.

前から思っていたのですが,嫁さん実家に行って Nゲージをいじっていると,ほぼ毎回,6時間くらい経つと飽きて来たり,疲れて来たりして帰ろうかな... という気になって来ます.疲れて来て注意力が下がって来ると,無駄な脱線も多くなったりします.もしかすると,私の集中力はどんなに続いても 6時間なのかも知れません... 実は今日は,昨日がっつり作業したせいか,4時間くらいで集中力が切れてもういいかなという感じになっていました.楽しいことでも,毎日毎日は無理なのかも知れません.

新規作成トンネル昨日,ループ線との段差部分を切り通しのように擁壁としてしまうことを思いつき,施工したのですが,残りの部分はトンネルにしてしまったらどうだろうと思いつきました.トンネルにしたいのは青梅線周回と中央線周回とで複線になっている部分で,距離は 150mm〜185mm.ポータルとライナーは津川洋行の「NA-22 トンネルポータル複線用 (石積タイプ) トンネルライナーセット」にしようと思いますが,これに付属しているライナーは 50mm のがふたつですので,100mm にしかならずちょっと足りません (まぁ,100mm でもよいのですが,そうすると色々と作成しなければいけない部分が増えてしまう訳で...).
そこで探してみたらなんと,モーリンから「TGW LA116 レンガ複線トンネルポータル用」ライナーなんてのがあるじゃないですか (笑).この幅 (長さ) は 100mm なので,NA-22 にセットのポータルひとつと組み合わせれば 150mm,ふたつを使えば 200mm のトンネルが出来てばっちりです.早速,鉄道模型ショップに出掛けて無事,本日欲しかったこのふたつをゲット (わざわざ電車で出掛けたので,在庫があってよかった...).総額 ¥2,344 の投資です.

こんな感じで,思ったとおりのトンネルが出来ました.画像手前側は山岳地帯,向こう側は都市部という情景の境の役割をこのトンネルが果たします.

新規作成トンネル上の山トンネルの上は「山」にすることにしました.スタイロフォームの端材で大まかに形を作りマスキングテープで仮留め.その上にプラスタークロスで地面を作って行きました.
スタイロフォームの凸凹がそのまま見えてしまって,方墳というか,ピラミッドみたいな形になってしまっていますが,フォーリッジクラスターで緑化すれば気にならなくなる... はずです.
また,トンネルポータルとのすき間や,境目も,今回作成した「山」にフォーリッジクラスターをはみ出して付ければ,見えなくなるのではと思っています.

この山,外せるように作ってあります.いつでも,1枚目の画像の状態に戻せます.短いトンネルなのでレール掃除もトンネルの両側から綿棒を入れるなどして出来そうですが,山とトンネル自体を外してメンテした方が簡単だと思いますので,このようにしてみました.

次の週末には塗装でしょうかね.


ここまでの支出額 ¥1,154,547
今回の買い物
  • 津川洋行 NA-22 トンネルポータル複線用 (石積タイプ) トンネルライナーセット ¥1,469
  • MORIN TL-34 トンネルライナー TGW LA116 レンガ複線トンネルポータル用 ¥875
 
posted at 00:00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
Amazon.co.jpアソシエイト