レイアウトプラン紹介 (準備中)
2018年01月28日 (7)

前面展望動画 (青梅線周回山岳セクション経由・上り)

青梅線周回での山岳セクションとバイパス線との切り替えが無事,リモートで問題なく出来るようになりましたので,それを記念して動画を撮りました.昨夏に撮影して以来の撮影です.今回も前回同様,青梅線周回の上り方向で,山岳セクション経由です.トンネル内はだいぶ暗くなりましたがまだまだ遮光が必要ですね.山岳セクションは昨夏はまだ真っ白&水色の世界でしたが,だいぶ出来て来て,見栄えがするようになりました.
以前は,南武線・中央線周回でタイミングを合わせて運転するのが大変だったのですが,TOMIX 5563 TCS 自動運転ユニット N をこの夏に導入したことで,撮影も格段に楽になりました.


ところで,この動画を撮影しているのは Panasonic HX-A1H-D なのですが,買ってから 1年半近くも経っているのに,Amazon.co.jp での価格はほとんど下がっていませんね... ちょっとびっくりです.買ってからしょっちゅう撮影している訳ではありませんが,以前撮影したものを観返してみると,レイアウト作成の進捗が判って,買った価値がありましたし,いいタイミングで買えたのかなと思います.

posted at 00:00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
2018年01月27日 (6)

TOMIX 1282 電動合成枕木ポイント N-PL541-15-SY(F)

私のレイアウトには周回がふたつあり,内回りが青梅線,外回りが中央線です.といっても,立川駅から外回り周回で西方に出ると青梅線の青梅短絡線となるので,両方とも青梅線周回という気もしますが.このうち内側の青梅線周回は,昨夏,思い立って当初予定になかった「山岳セクション」への分岐を設けてあり,山岳セクションには,途中にループ線やさらなる勾配があります.この青梅線周回の山岳セクションはバイパス線?から分岐しているのですが,その分岐するポイントのうち,ループ線に近い方のポイントで転轍不良を起こしていました.
画像にあるコンクリート擁壁の内側は石こうで作った地盤 (山) なのですが,そこに石こうを流し込んだときのマスキングが不徹底で,ポイント等線路に石こうが一部流れ込んでしまい,無水エタノールで除去したのですが影響が残ってしまったようです.仕方ないので取り替えるかと,ポイントを外して確認したところきちんと動作します.あれ? 原因はポイント本体,ポイントN用駆動ユニット (F) のどちらかのはずです.原因を切り分けるために色々調べてもどちらが悪いのか判らない.なぜか,ポイントを取り外して試すとうまく動くのに,この位置に固定するとダメ.ここはコントロールボックスがある 'ホームポジション' からは一番遠く,かつ,「山」に隠れて見えない位置なので,転轍不良があると非常にストレスが溜まる場所です.何としてでも解決すべく,根本的に切り分けようと,少しもったいないのですが,新たにポイントを買うことにしました.せっかくならと,最近発売になった「合成枕木」タイプのポイントにすることにしました.

届いたので早速動作テスト.新しい本体+新しい駆動ユニットの組み合わせではちろんうまく行きます.新しい本体+これまでの駆動ユニットの組み合わせに変え,ポイントコントロール BOX を操作する位置から見えるように仮置きして試すとやはりうまく行きます.古い本体との組み合わせでもうまく動きます.あれ? 何の問題もないってこと?? よく判らないまま,レイアウトに組み込みます.やっぱり動作しません... 新しい本体と交換すれば動くはずです.が,こちらもダメ.何でだ?? 再度レイアウトから取り外して仮置きして試すと今度は動く.なぜか,レイアウトに組み込むと動かないようです.何か無理な力がかかっていて,転轍がスムースに行かないのかなぁ... これじゃ,せっかく新しいポイントを買った意味がありません.

そんなこんなの試行錯誤をしているうち,原因が判明しました.ここは一番遠いエリアゆえ,ポイントを動かすためのコードは大幅に延長しています.その延長部分がなんと,単にコードの電線をよじってあるだけで,ほかの場所でやっている収縮チューブできちんと固定することをしていませんでした...! (本当ははんだ付けした方がよいのでしょうが,手間を省くため,私はすべて,はんだ付けはせず,収縮チューブで固定するだけにしています)
その結果,レイアウトに組み込んだときにこの接続部分が外れかかって電流もしくは電圧が下がり,うまく動作しなかっただけのようでした.レイアウトに組み込むと,コードが引っ張られて外れかかり,転轍不良になっていたのでしょうね.この接続部分を早速収縮チューブで止めたところ,新旧本体いずれをレイアウトに組み込んだ状態でも 100% 転轍するようになりました.やれやれです... たったこれだけの原因究明・作業に,2時間くらいかかってしまいました.
非常にダサい理由でとほほなのですが,ま,これでストレスフリーで転轍出来るようになったのでよしとしましょうか.

ところでこの合成枕木ポイント,脱線防止レール?部分の上面以外の側面は両方とも無塗装なんですね... 従来タイプのポイントはきちんと塗装されてるのになぁ.どうなんですか,これって?


余った従来の TOMIX 1272 の電動ポイントは,予備部品として取っておきます.何せ,機関区を作ったときに,手持ちの余ってしまっていたポイントはすべて使い切ったので,予備がひとつもなかったので,これくらいは余らせておいてもいいでしょう.


ここまでの支出額 ¥1,226,707
今回の買い物
  • TOMIX 1282 電動合成枕木ポイント N-PL541-15-SY(F) ¥1,840
posted at 00:00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
2018年01月26日 (5)

トミックス 総合ガイド 2017-2018

TOMIX 7039 トミックス 総合ガイド 2017-2018今まで,TOMIX は 3冊,KATO を 2冊,GREENMAX 1冊のカタログを買って来ました.これまで買ったものはすべて中古 (古本) です.¥2,000 前後もの金額を出して買うのはもったいないと思っているのと,昔のカタログも,廃番になった商品を確認するのには役立つためです.しかしながら鉄道模型を始めてからあと 4か月でまる 2年.そろそろ最新版のカタログを買ってもいいんじゃないかと思っていたところ,今年の TOMIX カタログの表紙は EH200+タキ1000 ですよっ!! こりゃ買うしか (^_^; ということで最新版カタログ購入です.
……ん? でもこの EH200+タキ1000,何かおかしくないですか? なぜ右側を走っているのでしょう?

で,肝心の中身ですが,まぁ,代わり映えしませんね (^_^; Web で見れば済むものばかりですし... 相変わらず,もはや廃番と言っていいほどにどこにも在庫なしのものが大量に掲載され続けているのはどうにかして欲しいですね.今年は買っちゃったけど,やっぱり,5年に 1回くらいで and/or 古本で ¥500 以下で買うべきものかも.


……よくよく記録を見返したら,鉄道模型を初めてすぐの 2016/6 に,TOMIX の当時の最新版カタログを買っていました.この記事ではカタログについては何も言及しておらず,どおりで記憶が薄い訳です... 当時買った 2015-2016版は今年のと同じ定価 ¥1,944 だったのに,Amazon.co.jp で ¥1,527 という結構安い値段で買っていますね.何で最近は実売価格が上がっているのだろう... ポイントを考慮するとたかが ¥200 ちょっとの差ですが,それでも気になります.


ここまでの支出額 ¥1,224,867
今回の買い物
  • TOMIX 7039 トミックス 総合ガイド 2017-2018 ¥1,920
タグ:TOMIX
posted at 00:00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
2018年01月25日 (4)

YouTube Partner Program の参加条件変更

YouTube ダッシュボードYouTube Partner Program による '収益化' の基準が来月から引き上げられ,「過去 12か月の総再生時間が 4,000時間以上」かつ「チャンネル登録者が 1,000人以上」とするという発表がありました.チャンネル登録者 1,000人って,私の弱小チャンネルじゃ,10年かかっても無理ですね...
別に,YouTube の広告収入で暮らそうなどと思っていませんので (いや,そうなれればなったでうれしいですが),たとえ年間 ¥1,000〜3,000 程度でも収入があれば,レンタルサーバー代やドメイン代に充てる (足しにする) などうれしく使えて満足なのに,Google にとって儲けにならないようなコンテンツはストレージの無駄なので,載せてくれるなということなのかも知れません...

posted at 00:00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
2018年01月24日 (3)

485系 NO.DO.KA/のどか 廃車回送 & E655系「和」@立川駅の見逃し

[★ ] きっかけは忘れてしまいましたが,Web を検索してさまよっていたら,1/10 (水) に 485系 NO.DO.KA/のどか が廃車回送で,1/20 (土) には E655系「和」が団臨で,それぞれ立川駅を通過していたことが判りました.NO.DO.KA はこれまで知りませんでしたが,だいぶ前に立川駅に入線したこともあったようです.今回は中線に数分間停車して多くの撮り鉄 (葬式鉄?) も訪れていた模様です.
1/10 は平日で,昼過ぎだったようです.外せない仕事があるときは諦めも付きますが,この日は特に打ち合わせがあった訳でもなく,無理をすれば仕事を中抜けしたり,あるいは休みを取ったりも出来たはずというのが悔しさをさらに増やします.一方,1/20 は何も用事がない 1日で,ずっとレイアウトルームに籠もって作業していたので,行けたのに... (天気もよかったですからね) この日は 13時間以上も作業をして色々と進められたのはよかったのですが,とほほです.

私の車両収集・撮影基準は「立川駅で見られる車両」で,両方を揃えることを最終的な目標としています (目標というか,際限なく集めないような縛りと言った方がいいかも知れませんね).くぅ〜,NO.DO.KA は鉄道模型として発売されていないのでまだよかったのですが (今後も永遠に発売されないことを祈ります...),E655系は既に買っちゃってるしなぁ...

掲載した画像は,'常磐貨物の沿線民' さんYouTube に掲載している動画「~最後の走行~485系新潟車 NO.DO.KA NN廃車回送 立川発車」から許可をいただいた上でキャプチャ・掲載させていただくものです.感謝!
うーん,私が撮るのとまったく同じポジション... 私もこの隣で撮りたかった(;_;) ……もう二度と撮れない形式ですしねぇ.

"鉄道ダイヤ情報",ほんと役に立たないなぁ.何のために毎月買っているのか判りませんね.

posted at 00:00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
2018年01月23日 (2)

標識と信号で広がる鉄の世界 - 線路と運転のルールがわかる本 - 2冊目購入

いやぁ,数年前の豪雪ほどではありませんでしたが昨日は,30cm 以上積もりましたね.早めに帰宅したので,南武線内で非常に混んでいる区間が少し続いたくらいで,後は問題ありませんでしたが,夜遅くになって青梅線はしばらく不通になっていたようで,危ないところでした...

標識と信号で広がる鉄の世界 - 線路と運転のルールがわかる本 -さて.読んでみたいのに,既に絶版で定価以上の価格でしか手に入らず,ずっと探していた『標識と信号で広がる鉄の世界 - 線路と運転のルールがわかる本 -』を昨年,やっと入手してぱらぱらと読み進めています.
この本の存在を知って以来,なかなか手に入らず 1年半に渡って探していたのですが,買った以降,突如としてヤフオク!含め,それなりの数の出品をみかけるようになりました.どうして急に品物があふれたのでしょうね? とはいえ,Amazon.co.jp での定価以下のマーケットプレイス商品はあっという間になくなってしまいましたが...

そんな中,ヤフオク!で定価以下で出品されているものがあったので,つい,落札してしまいました.というのも,自宅で読み進めていますが,嫁さん実家でレイアウトをいじっているときに参考書として見たいことがあるので,もう 1冊あると便利かなと... そのうち引っ越そうとは思っているのですが片付けが進んでおらず,自宅と嫁さん実家との両方を維持していると,こんな感じで重複した出費が必要になるときもあってやや不経済ですね...
それはともかく,前回よりも少し値段が上がってしまいましたが,定価以下+送料で買えましたのでラッキーです.

前回,掲載されている写真が判りづらいと書きました.今回,改めて読んでみて,こりゃダメだと思われる典型的なページを見つけたので紹介します."4-7 分岐器速度制限警報箇所標" の項 (110p) です.掲載されている写真に「分岐器速度制限警報箇所標と ATS 地上子」という説明が付いていますが,いったいどれが "分岐器速度制限警報箇所標" なのでしょうか?
「縦に長い長方形の黄色い板だ」と言われても,モノクロページで色を説明しても意味ないことがなぜ判らないのでしょうかね... これがどれなのかを調べるために Web で分岐器速度制限警報箇所標で検索してもそのものズバリのものは出て来ないんですよね... そもそも,本当に "速度制限警報箇所標" という名前なのかな? と疑念を抱かせます."速度制限警報箇所標" として紹介しているページの画像を見て,この本に掲載されている写真に写っているどれが "分岐器速度制限警報箇所標 (速度制限警報箇所標)" なのかがやっと (たぶん) 判りました.

すべてのページが,というと大袈裟ですが,全編にわたってこの調子ですから,読むのに非常に苦労します.中古市場ではプレミアムが付いた値段で取引されている割には重版されないのは,こんなところに理由があるのかも知れません.


今回の支出額 ¥2,250 (N ゲージとは直接関連しないので,支出総額としてカウントしない)
今回の買い物
  • 標識と信号で広がる鉄の世界 - 線路と運転のルールがわかる本 - ¥2,250
タグ:鉄道
posted at 00:00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
2018年01月22日 (1)

立川駅東方地区整備工事 (その3)

立川駅〜国立駅周辺年明けから急ピッチで進めている,立川駅東方の,国立駅へ向かって高架橋が立ち上がるエリアの整備も,そういえばこの間の土曜日にしていました.こんな感じで前の週に '舗装' して乾燥待ちだった道路を作りました.……が,何か,色々と間違えた気がする (´・ω・`) ま,雰囲気が出てればいいということにしましょう.

隣のレイアウトボードは奥多摩の山間部に切り替わるため,'標高' が高くなっていて,このように段差があります.ここ,コンクリート擁壁にしてしまうか,草の生えている斜面にするか,悩むところです... ここも近いうちに手を付けたいところ.

posted at 00:00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
2018年01月21日 (7)

ついに「山」作成開始

ポスター昨日の土曜日は久々に,昼前から深夜にかけて 1日中,途中ご飯を外に食べに行った以外はずっとレイアウトルームに籠もって作業に没頭していました.大きな作業である背景画と,それ以外の細々した作業だけでいいかと思ったのですが,まだ気力があったので,ついに青梅線周回山岳セクションのループ部分の「山」の作成に取りかかりました.

昨日やったのはこんな感じで,まずは空調ダクトを利用したトンネルを久々にレイアウト上に設置し,その上にスタイロフォームで山の一番下層 (床) となる部分を切り出し,その上にスタイロフォームの端材で斜面を作っていきます.作っていくというよりは,その辺に散らばっているスタイロフォームの切れ端をともかく並べていき,マスキングテープで固定するという,スタイロフォームのゴミ一掃セール,みたいなものなのですが.おかげで,散らかっていたスタイロフォームがかなり片付きました.
今のところ,今までに作った,鉄道公園部分のモジュール (?) と山とを一体化させるつもりはありません.でもそれだとすき間部分をうまく処理出来るかな...?


ちなみに,今回作成した「山」はトンネルのライナーに被せてあるだけなので,この下には結構な空間があります.鉄道公園部分を含め,金のインゴットであれば数千万円分は楽勝で隠せると思います.仮にですがね,私が家宅捜索されるようなことがあったとしたら,この部分も捜索されるのでしょうか? 怪しいものは徹底的に破壊されちゃうんでしょうかね.でもそんなことをしたら,家を全部壊して壁の中とかを見ないといけませんし,明らかに怪しい部分以外は見逃されてしまう気がするんですよね.だとしたらここに数千万円分の金の延べ棒とか,あんなものとか,こんなものを隠していてもバレない気がします.警察や国税局はここまで本当に調べられるのでしょうか?

posted at 00:00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
2018年01月20日 (6)

シーンチェンジ用 'ついたて' (壁) に背景画設置

今日は久しぶりに,嫁さん実家のレイアウトルームでまる 1 日過ごしました.たまたま今日は一切の用事がなく,かつ,昨日遅い時間まで何かやるべきことがあったり,次の日,朝から用事があったりしたりということもなく,早起き出来て 1日何も用事がなく夜更かしも出来るという完璧なオフの日でした.
そんな今日の作業に相応しく,ちょうど今週,TOMIX の EH200 以外にも届いていたものがありました.それは,大型ポスターです.私が作成している '縮小立川駅レイアウト' にある青梅線周回 (内側)・中央線周回 (外側) の真ん中に,発泡スチレンボード素板をシーンチェンジのための目隠しとして先月設置しました.というのも私のレイアウトは,コントローラーを置いている正面側 2/3 は立川駅周辺,その反対側のバックストレート部分の 1/3 は奥多摩付近を再現しています.立川駅周辺から奥多摩にかけてをゆるやかに情景を変えていくほどの広さではありませんので,ばっと 'シーンチェンジ' するために,それぞれの位置からの目隠しとなる壁を立てて,立川駅周辺・奥多摩周辺ふさわしい背景画を貼ろうと考えました.
ポスター年末年始休暇中にかなりレイアウトの作業を進めることが出来たおかげで,先月からの約 1か月で奥多摩周辺の情景を反映したバックストレート部分がかなり出来て来ましたので,まずは奥多摩側に背景画を貼ろうかと.レイアウトボードに貼り付けた発泡スチレンボード素板は以前,勤務先の売店でタダで配っていたパンフレットを分解した B5 サイズのもので,これを 6枚使っています.横幅は 126cm.青梅線周回の山岳セクションに設けたループ部分に張り出した壁まで含めると 160cm を超えます.今まで撮影した画像を適当に印刷して貼っていってもよいのですが,A4 を 4枚とか 5枚とかで印刷すると継ぎ目がどうしても目立ってしまって,気になること必定です.ここまでデカいものを 1枚で済ませるとなると,さすがにそこいらのホームセンターで売っているポスターでも賄えません (それに,ホームセンターで売っているようなポスターではそもそも,欲しい絵のものはなかったのですが).
そこで Web で探したところ,AllPosters という海外サイト (日本語にも完全対応です) でかなり大きなものまで売っていることが判明.どれにするか迷いましたが,フランスのバスク地方を写したという農村風景のポスターを購入.このサイトには特大アートプリントという商品があり,横 183cm×縦 122cm という期待どおりの大きさです.ベッドの上で広げるとちょうどの大きさでした.比較用に置いた DD51 の大きさからも,そのデカさが判ります.シカゴからの発送で,注文後 4日ほどかかって発送され,その 2日後の航空便に乗って合計 12日で到着しました.

こんなに大きなポスターを買ったものの,横はフルに使いますが,縦は 30cm 分ほどしか使いません.初めは,既に貼った発泡スチレンボード素板に直接貼り付けようと思ったのですが,既に壁としてそびえ立っているところに綺麗に貼るのは相当難しそう,というのと,2 つのレイアウトボードに別れているバックストレート部分にこのポスターを貼ってしまうと,レイアウトボードを分割出来なくなってしまいます.それでは,せっかく高いお金を出して取り寄せたポスターを切断しなければなりませんので,新たに 1mm の塩ビ板で '屋上屋' ならぬ '壁横壁' を作り,そこに切り抜いたポスターを貼ることにしました.
まずは,これまでの作業でほぼ出来た青梅線周回山岳セクションの稜線をなぞって型紙を作り,塩ビ板をその型紙どおりに切り取ります.これで 126cm×30cm の新たな壁が出来ました.今度はその塩ビ板の壁を型紙として使い,慎重にポスターを切断.そして,スプレーのりで塩ビ板の壁にポスターを貼り付けました.スプレーのりは昨年夏にループを作り始めたときに既に用意していたもので,使うまでに 5か月かかりました (^_^; スプレーのり使うのなんて,30年ぶりな気がします.これ,かなりデカいのしか売っていなかったのでやむなく買いましたが,二度と使いそうにありません...

シーンチェンジ用 'ついたて' に背景画このようにして作成した背景画を貼った '壁' を,これまで設置してあった発泡スチレンボード素板の壁の横に立て,この背景画とレイアウトの間のすき間にはフォーリッジクラスターを押し込んで,境目が見えないように処理して完成です.背景画は発泡スチレンボード素板の壁に両面テープで固定しました.両面テープでの固定なので,いざとなれば簡単に外すことが出来るはずです.
完成した風景がこちら.本当は,空がもっと青い方がよかったのと,そこに雲がいくつかぷかぷかと浮かんでいる風景が欲しかったのですが,なかなかどんぴしゃなものは売っていない訳で... ま,ピレネー山脈の割には案外,奥多摩の風景にマッチしているんじゃないかと思います :-)
なお,ポスターの最上部の空の部分は今回使っていませんので,これはこれで,空の背景画としてどこかで使うことも可能です.


今日は冒頭に書いたように,久々に長時間作業をしました.そのおかげで,懸案だった背景画も綺麗に設置出来ましたし,ふだん無意味にぐるぐると走らせている 189系 M51編成の動きがおかしくなっていたのでM車の台車の分解清掃も出来ましたし,レイアウトルームの掃除・整理整頓も出来て,鉄道模型にどっぷりとハマって充実した 1日となり,リフレッシュ出来ました.


ここまでの支出額 ¥1,222,947
今回の買い物
  • 特大アートプリントポスター (183cm×122cm) ¥6,082
  • 塩ビ板 (1,850mm×900mm×1mm) ¥1,780
  • 絵の具 ¥83×3
タグ:レイアウト
posted at 00:00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
2018年01月19日 (5)

TOMIX 9180 JR EH200形 電気機関車入線

TOMIX 9180 JR EH200形電気機関車毎週金曜日は「入線の日」:-) しばらく車両購入はしていなかった... 気がしましたが,年末年始休暇中にDD51-842 お召し機鉄コレの 201系四季彩 旧塗色とを立て続けに買ったばかりでしたね... それからまだ半月しか経ってませんでした.
ともあれ,今回購入したのは TOMIX から 2017/11/17 に発売された EH200 です.

EH200 は既にEH200-1 (KATO 3045)EH200 量産型 (KATO 3045-1) との 2台を購入済みで 3台目となってしまい,どんだけ EH200 が好きなんだ,という感じですが,KATO と違って TOMIX のこれは 8軸集電・8軸駆動というのが何よりの魅力です.KATO の EH200 は,かなり重く,私の持っている機関車 (電車もかな) の中では一番走行が安定していますし,比較的簡単に全軸集電に改造出来るようではありますが,TOMIX のこれは,改造しなくともそれ以上の走りが期待出来ますからね.
それに今回は,11月に色々と楽天市場で購入したときに発生したこいつを全額ポイントで支払えるくらいのポイントが今月になってやっと付いたので,実質負担額がゼロなのでつい購入です.本当はこうして発生したポイントは,日用品の消耗品とかを買えば家計に役立つのですが... まぁいいや (楽天の思う壺ですかね).

機番は今回も撮影済みのものがなかったので,8 にしました.本当は,既に持っている KATO のを 24 にしたので,23 にしようと思ったのですが,あっさり,パーツを切断後に紛失してしまい... もうどうでもよくなって 8 です(;´Д`) 早速走らせてみました.全軸集電・駆動の効果か,スローが非常に効きます.KATO の EH200 では止まってしまう条件の悪い場所でも TOMIX のこれはのろのろと止まらずに進みます.でもこれ,全軸駆動ではあるようですが,本当に全軸集電なんでしょうか? なぜなら,2 車体間でつながっているのはジョイントだけなので,配線は特につながっていないように見えるのです.ジョイントにより動力は全軸に伝えているのでしょうが,モーターは片側の車体にしか付いていなくて,そのモーターへの集電はその車体側のみでやっているように見えるのですが... 何か勘違いしているのかな?

TOMIX 9180 JR EH200形電気機関車・KATO 3045 EH200このように,走りはいいのですが致命的な欠点がありました.それは前照灯.光量が圧倒的に不足しています.点いているのか判らないくらいです (てっきり,初期不良かスイッチで OFF になっているために点灯していないのだと思いました).この画像は KATO 3045 との比較.左が今回買った TOMIX 9180,右が KATO 3045 です.色温度がそもそも違いますが,それはよいとして,TOMIX 9180 はライトボックス内だけで点灯している一方,TOMIX 3045 はライトボックス外に光がたくさん漏れているのが判るかと思います.明るい部屋で走らせていると,肉眼だと TOMIX 9180 は点灯していることがほとんど確認出来ません... ダメでしょこれじゃ...


加えて,前から気になっていた,こばるの「マンホール」もついでに購入.ありゃ,1セットのつもりだったのに,2セット買ってしまった... 1セットあたりマンホールは合計 15個入っているので,私のレイアウトの道路中にマンホールを貼りまくらないといけないな(;´Д`)


ここまでの支出額 ¥1,214,837
今回の買い物
  • TOMIX 9180 JR EH200形 電気機関車 ¥8,100
  • こばる MP-02 マンホールと側溝のフタ ¥639×2
 
タグ:EH200 車輌
posted at 00:00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
Amazon.co.jpアソシエイト