レイアウトプラン紹介 (準備中)
2019年01月08日 (2)

開館40周年特別展 青梅線開通120周年 図録

開館40周年特別展 青梅線開通120周年 図録2014年秋,青梅市郷土博物館が「青梅線開通 120周年」という特別展を実施していたことをたまたま知りました.この特別展の図録も発行されていたようです (定価 ¥1,500).増刷するほどの人気だったようで,当然ながら既に売り切れています.ヤフオク!などで探してみましたが,割高な価格で出しているものしかなく,読めないままでいました.
ふだん活用していないと思い付かないもので,青梅線沿線に住んでいるのだからと検索してみたら,あっさり (^_^; 住んでいる市の図書館でも持っており,借りることも可能でした.まずは図書館,という発想にならないのはヤバいな... 当然ながら青梅市の図書館だと,分館含め相当数所蔵しているようです.

ヤフオク!で買うとしてもまずは内容を確認してからと思い,早速借りて来ました.私が知りたかった新性能電車以降の運行記録については,「Ⅺ 戦後の青梅線」という章のうち,「8 電車の新性能化」節 (98〜99p) でわずか十数行触れられているだけでした.……よく考えると,そりゃそうか,これは「図録」であって「記念誌」ではなかったですね,いやはや.101系・103系・201系・E233 系の具体的な運行開始・終了日を,博物館が出している資料で確定させたかったのですけれどね.

しかしながら,「青梅線年表」の 107p には,

西暦 元号 事  項
2007平成1911 5E233系電車運用開始

とありますが,各種資料や JR 東日本八王子支社の 2006/12/1 付プレスリリースを見ても,2016/12/26 の誤りなことは明らかです.うーむ,博物館の刊行物とはいえ,いまいちですな.博物館の展示ですから資料が中心となるのは考えてみれば当然で,私が期待した 101系・103系・201系の色々な写真がたくさん展示されている訳もなく,図録も同じでした.そういう目的のためにプレミア価格で買うほどのものでは残念ながらありません.

開館40周年特別展 青梅線開通120周年 図録鉄道とは関係ないことで面白かったのは,「砂利運送後払運賃報告書」なる大正 12年の書類.

一般的に,戦前までは日本語を横組みしたとき右書き (右から左へ) し,戦後になって現在のような左書きになった,と理解されていることが多いかと思います.私もそう思っていました.父親の実家の,戦前に作られた墓には家名が横書きになっている部分があり,「道鉄」のように右書きになっています.小学生のころそれを見てびっくりした覚えがあります.が,最近,当時のそうした文字は「右 (横) 書き」したのではなく,単に 1文字ずつ「縦書き」しただけだと知りました.すなわち,横書きという概念はなく,縦書きで 1文字書いただけでスペースが尽きてしまったので次の行,すなわちその左に移っただけ,なんだそうです.すなわち,戦前は縦書きだけが (主に) 存在し,日本語の横書きは存在しなかった,という訳です.
ところがこの資料,「後拂報告書」とか「小作驛」「大正12年1月29日」など,すべて左書きです.大正時代ですから縦書きでもよいと思うのですがなぜか横書き.数字がたくさん書かれる書類ですから,右書きはありえません.当然,左書きなんです.こんな風に当時は,左書き・(実質的な) 右書きが混在していたのですね.というか,この書類のように横書きは今と同じ右書き,通常は縦書きで,看板のような横長のものは縦書きの延長としてたまたま右書きに見える状態,だったのですね.

posted at 00:00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
2019年01月07日 (1)

水田作成

TOMYTEC ジオコレエクストラ ジオラマ素材 001-2 水田2 使用例昨日,青梅線周回山岳セクションのループ部にある「山」の一応の完成をみましたが,その合間にもう 1か所,少しだけ作業をしました.ここは既にターフを撒いてスタイロフォームの '地' は見えなくなっていた場所なのですが,空き地のままで,どうしたもんかなと思っていた場所です.青梅線周回の山岳部ループとバイパス?との分岐点の三角地帯で,線路と川とに囲まれた小さなスペースです.ここ,道路がないのでどうやって出入りするのか不明な場所です (^_^;
ここに,目に付いたジオコレのジオラマ素材「水田」を使って,田んぼを表現してみました.こんな感じで完成です.

買って来て,ちょうどいい大きさにカットして初めて気付きましたがこれ,単に切って置いただけでは '水田' にはなりませんね... なぜなら,あぜ道の方が水田より高い位置になければならず,スタイロフォームの地面を掘り下げるか,周囲を高くしないとダメです.今回は,木粉ねんどを使ってあぜ道を作り,絵の具で塗装,その上に何色かのターフを撒いて仕上げました.また,このように切り取ると,本来なら,あぜ道の周囲は少し,稲が植えられていないスペースがあるはずのですが,ぎゅうぎゅうに植わっている状態となり,いまいちです... 単純・簡単そうでいて,実はそうでもない素材な感じです.


ここまでの支出額 ¥1,784,694
今回の買い物
  • TOMYTEC ジオコレエクストラ ジオラマ素材 001-2 水田2 ¥668
posted at 00:00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
2019年01月06日 (7)

鉄道公園部分緑化

青梅線周回山岳セクションのループ部の山今年の最初のレイアウト作成は,青梅線周回山岳セクションのループ部にある「山」の植林でした.この山は,昨年 1月に着手し,スタイロフォームでの造成,2月にはプラスタークロスでの地盤作成塗装まで順調に進んでいたのですがそれから 10か月近く... (色を塗っちゃうと何か,安心しちゃうんですよね)
ようやく,今年になって植林しました.

年末年始休暇最終日の今日は部分日蝕ということで,撮影道具一式は嫁さん実家に置いてあるので,嫁さん実家に行ってまずは日蝕を撮影.その後,山の植林の続きで,鉄道公園部分と周辺部にも植林しました.KATO 24-320 のフォーリッジクラスターを使い尽くしてしまい,明緑色・暗緑色の 2色だけでの作業です.やっぱり単調になるので,緑色はコースターフでごまかしました.ま,これでも問題なさそうですね.

鉄道公園敷地周辺の斜面 2か所はもうちょっと木を増やそうかなとも思いますが,この状態でもまぁいいかなという気もします.転落防止・進入防止に柵を立てればいったん完成ですかね.

ふだんは鉄道 (模型) 以外の画像は載せませんが,せっかくなので,部分日蝕の写真を.

部分日蝕
撮影: 2019/01/06 10:06:20
撮影データ: 300mm/F2.8+2X リアコンバーター,F3.2・1/320,ISO100,MF,ND1000 フィルタ・三脚使用.トリミング・縮小
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【1/16 1:59までポイント10倍】【即配】 76X76mm PRO-ND1...
価格:6697円(税込、送料無料) (2019/1/6時点)


posted at 00:00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
2019年01月05日 (6)

KATO 10-1170 101系ジャンパ紛失...

KATO 10-1170 101系800番台中央線 6両基本セット昨年末に買ったばかりの KATO 10-1170 の 101系.レールに載せたままだったのですが,片付けようと年明けに見てみたら,片側 (東京方) の先頭車に 2つ取り付けたはずのジャンパ栓が見当たりません.え... (;´Д`) もちろんケース内も探しますがありません.てか,ジャンパ栓を装着しててからすぐにレールに載せて走らせ,その後,まだ一度もケースに戻してないし.結構な周回数を走らせましたので,走行中に取れたのではとレイアウトの中央線周回上を探してみますが見つかりません... とほほ.
ケースの中で取れていたり,せめて,どこかで飛ばしたことが判っていれば捜索のしようもありますが,レイアウト上でなくなったとすればこりゃ絶望的だな...

こんなときに備えて (?),昨夏に買っておいた KATO の Assy パーツ,Z04-8631 KE76 ジャンパ栓を流用して類似品を作ることにしました.とほほ.
KE76 はグレーなので,塗装しなければいけません.そこで,昨日,立川に行ったついでに,朱色 1号 オレンジバーミリオンの瓶入り塗料を調達.さらについでに使い尽くしたフォーリッジクラスター KATO 24-320 も探しましたが,3色あるうちのこれだけが品切れ... とほほ.
未だに大量に余っているターフ・バラストで懲りたので,フォーリッジクラスターは少なめに買っていましたが,欲しいときにこうして品切れだと本当に困るので,やっぱり多少の余裕は必要だったようです.

KE76 は,101系の (なくしていない方の) ジャンパとあまりにも形状が違うので,それっぽく削って形を整えました.サフ吹き後,筆塗りで塗装.グリーンマックスの朱色 1号は確かにいい感じにオレンジバーミリオンになっていました.KATO 10-1170 のボディ色に較べるとやや薄いですかね... むしろ,純正のジャンパ栓の色の方がかなり変です.
だいぶオーバースケール気味ですが,ないよりはまぁいいかな...

という訳で,どうにかあくまでもそれっぽく,ですがリカバリ出来ました.

ところで,運行番号幕が,パーツのバリによってきちんと嵌まっていませんね... 反対側はいったん外してバリを除去したのですが,そういえばこちらはまだでした.そのうちこれも調整必要です.


ここまでの支出額 ¥1,784,026
今回の買い物
  • GREENMAX 鉄道カラー 11 朱色1号 ¥272
posted at 00:00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
2019年01月04日 (5)

貨物列車@立川駅 3番線

2080レ
2080レ (南松本〜千葉貨物,石油返空) 立川駅 3番線
撮影: 立川駅 3番線
2019/01/04 13:56

今日,ちょいと立川まで用事があって出掛けたとき,今日は平日だということを思い出し,カメラを持って出掛けました.今まで 2番線ホーム越しの撮影が出来ていない,3番線を通過する貨物列車を撮影するためです.前に書いたように,以前,明らかに休日に 3番線を通過する 2080レ を撮影している (このときは 3番線ホームから) のに,その後撮りに行ってみるとなぜか来ないという謎?の 2080レ.私が撮りに行くのは原則として休日なので,私はまだ年末年始休暇中ですが世間的には平日に戻っている今日なら,と思った訳です.
果たして,'土曜日曜運休だけれど土曜日曜日の時刻' という謎な 13:39 には来ませんでしたが,'平日の時刻' の 13:56,通過して行きました.

立川駅を通過する上り貨物列車のほとんどは 4番線に入り,いったん運転停車して中央線快速電車をやり過ごしてから発車するパターンが多く,3番線をそのまま通過する列車は多くなく,撮影機会が限られます.このため,今まで撮影出来ていなかったのですが,ようやく撮影出来ました.

久々にカメラを取り出したら,設定が狂っていて,ややミスショットとなってしまいました.平日は (2番線が空いていて,3番線を見通せる) この時間に通過することが判りましたので,そのうちまた行くとしましょう.

posted at 00:00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
Amazon.co.jpアソシエイト