レイアウトプラン紹介 (準備中)
2019年08月02日 (5)

特急「おうめ」初乗車

特急「おうめ」E353系 9両編成 東京駅 1番線今年の春から運行が開始された東京〜青梅間を結ぶ短距離特急「おうめ」に本日帰宅時,初乗車しました.ふだんは青梅線・南武線を乗り継いで通勤していますが,都心にもいくつかの場所に自社事務所があって,そこで打ち合わせがあったり,都心にある客先との打ち合わせに出向くこともあります.青梅ライナーが運行されていたときは,それらの仕事が夕方から始まったり,夜終わったりしてちょうどの時間だと,青梅ライナーを使って帰宅することがたまにありました.
何せ,青梅ライナーは

 1号 18:00発
 3号 20:00発
 5号 21:30発

と 3本あって,定時まで東京駅近辺で仕事なら 1号,定時を越えて仕事だったり,品川とかで仕事だったら 3号,東京駅近辺での飲み会があったときは 5号,のような使い方が出来ていました.もっとも,それでも 1時間半〜2時間ごとですから,なかなかぴったり時間が合うことも多くなかったのですが (18:00 発の 1号には間に合わないことが多く,19:00〜19:30 発のが欲しかったところ).
それがこの春の特急「おうめ」化により,2本も減便され 1本のみとなり,下りはなんと 22:30 東京発・23:47 青梅着というふざけた時間帯に.5本あった中央ライナー下りの 7号の時間帯です.こんな時間じゃ,都心でゆっくりと酒を飲んだとき以外使えませんって...
加えて,青梅ライナーでは ¥510 (普通席)〜¥720 (グリーン席) だった乗車料金も大幅に跳ね上がり,拝島まででいずれも ¥750〜1,250 となり,グリーン車だと 7割近くの値上げです.停車駅こそ少ないものの,通勤快速と大して違わない所要時間でとろとろ走る '名ばかり特急' のくせにこのお値段とは,乗客をナメ切ってるとしか思えません.

という訳で特急化してから一度も乗ることはありませんでしたが,本日,おあつらえ向きに都心で 18:30 から 21:00 までという職場関係のパーティーがあり,東京駅到着が 22:00 ごろという時間帯になりそうでした.それならと特急「おうめ」をあらかじめえきねっとで予約して乗って来ました.

夕方だったかに予約したときはがらがら.特に,予約した 5号車は 1割程度の予約率でした.実際に乗車しても 3〜4割くらいの乗車率の印象.ほとんどが窓際のみに乗客がいて,ぱらぱらと 2人連れの客が通路側にも座っているという感じで,'相席' はほとんどない感じでした.そりゃ,こんな時間 (東京駅からなら,青梅線直通でも絶対に座れます),こんなお値段,こんな所要時間なのに,乗る酔狂な人はそんなにいませんよね...
今回,22:00 過ぎには東京駅に着いたのですが,22:10 の青梅行きに乗れば拝島には 23:22 到着.発車直前でもない限り座れました.わざわざもう 20分待って特急「おうめ」に乗ってもこの青梅行きを追い越すことはなく拝島にはその 3分後の 23:25 到着.20分くらいの差であれば,¥750 払わず素直に快速に乗るわ,という感じです.

なお,数年後に予定されているグリーン車導入後は,グリーン席に座りさえすれば特急「おうめ」「はちおうじ」にわざわざ時間を合わせて乗らなくとも,ほとんどの場合着席可能になると思われます.東京駅からだと羽村までなら営業キロは 50km 以下ですので平日は ¥770.現在の特急「おうめ」普通席よりさらに高くなりますが,利便性を考えると許容範囲ですかね.ホリデー料金なら ¥570 で,「おうめ」の価値はもはやありません.このときには廃止されそうですね...
(でもそうなると朝のライナーはどうなるのだろう?)

そんなこんなでとりあえず乗ってみた特急「おうめ」.車両はまだまだ新車の E353 で,のろのろ走っているため乗り心地は悪くありませんが,特筆すべきものはありませんでした.


今回の支出額 ¥750
今回の買い物
  • 特急「おうめ」指定席特急券 ¥750
   
posted at 00:00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
2019年07月26日 (5)

KATO 10-1119 115系800番台 横須賀色 増結4両セット 入線

レイアウトルームを置いている嫁さん実家には事実上,週末しか行けないため,毎週金曜日は,その週の平日に届いた車両をレイアウトルームへ持ち込む '入線の日' :-)
今週は,KATO 10-1119 115系800番台 横須賀色 増結4両セットです.10-1118 基本セットを持っていないにもかかわらず,増結セットだけを買う初の暴挙... それはなぜかというと,ちょっと長いお話になります.

"鉄道ピクトリアル" 2005年 11月号も買って情報収集した '遜色急行'.これを再現しようとするとどうなるか? 私の手許には既に,KATO 10-452 115系 1000番台横須賀色 (4両セット) と,湘南色のサロ165 が入った KATO 10-1389 165系 (8両セット) があります.さらに調べると,遜色急行「かいじ」で使われていた車両の,サロを除く 7両のうち 4両は形式が 10-452 にセットで入っているものと一致しています.すなわち,10-452・1389 で 8両中 5両まで揃っているんですね.であれば残り 3両を調達すれば,遜色急行「かいじ」8両編成が再現出来ちゃうってことです.
安く手に入る KATO 10-452 をもう 1セット買ってもよいですが,それでは面白くないし,「かいじ」に使われていた 115系は低屋根の 800番台.であればということで調べると,10-452 を買うときにも検討した KATO 10-1118・1119 の 115系800番台 横須賀色セットがまさに残り 3両に該当する形式を含んでいます.10-1118・1119 ともにまだ新品で入手可能です.M車入りの基本セットを購入してもよいのですが少々高くなりますし,M車が入っている 10-452 を既に持っていますから,8両編成を 2M6T で動かす必要もないでしょう.115系800番台は「かいじ」専用編成として遊ぶとすれば,M車も必要ありませんしね.
という訳で,基本セットを持っていないにもかかわらず,10-452 等と組み合わせることを前提として,増結セットの 10-1119 を買ってしまった次第.10-452 は古い製品ゆえアーノルトカプラーで,KATO カプラー密連形A黒に交換しています.一方,10-1119 (1118) はボディーマウント式 KATO カプラー伸縮密連形 (フックあり) となっていて,フックあり同士のため連結可能です.残る 10-1389 に含まれるサロ165 はフックなしの新性能電車用伸縮密連形ですが... まぁどうにかなるでしょう,ということで見切り発注.

KATO 10-1119 が届き,8両分揃いはしたのですが,そんな状況ですのでまずは,連結出来るようにするのが先.M車はないので,前照灯/尾灯点灯の動作確認だけして,いつもの入線整備もそこそこに,カプラー交換です.
KATO 10-452 サハ115-1027 (KATO 11-703 KATO カプラー密連形A黒 (フックあり) へ交換済み) と KATO 10-1389 サロ165-39 (新性能電車用伸縮密連形 (フックなし)) の連結ずはフックなしの新性能電車用伸縮密連形のサロ165 と連結する,今回購入した 10-1119 クモハ115 から.これは,ダミーカプラー装備の 10-452 を改造すると大ごとになりそうなので,連結を考慮して通常のボディマウント式 KATO カプラー伸縮密連形 (フックあり) を装備している 10-1119 のクモハ115 を改造することにします.165系関連で入手済みの KATO 11-730 'KATO カプラー密連形 #2 新性能電車用 長' が手許にありますので,まずはサクッとこいつと可逆交換.何の問題もありません.これで 10-1119 のクモハ115-14 と 10-1389 のサロ165-39 とが連結出来るようになりました.
は,台車マウントの KATO カプラー密連形A黒に交換済みの 10-452 のサハ115 と,KATO カプラー伸縮密連形 (フックなし) の 10-1389 のサロ165 の連結です.10-1389 側はいじりたくないので,10-452 側のカプラーを外し,これも手許にある,ボディマウント用の KATO 740681C3 クモハ165前面用 カプラーを接着するしかないかな... でもそうすると,10-452 同士の連結が出来なくなってしまうので,別の 10-452 の改造も必要になり,やはり大ごとですね... 試しに,10-452 と 10-1389 のサロ165 を少し強引に連結してみました.……あれ? 連結出来ちゃいます.'KATO カプラー密連形 #2 新性能電車用' って,フックありタイプとも問題なく? 連結出来ちゃうんですね... (*゚ー゚) 不可逆大改造が必要と思っていたこの組み合わせが,無改造で済むことになってしまいました.これはうれしい誤算.
後がこれまた難関になりそうな,10-452 のクハ115 の先頭部のダミーカプラーを連結可能な状態にすることでした.が,これは元々,増結用台車への交換が想定されていて,KATO 11-030 増結用台車 TR201 を入手しさえすれば,スカートが大きく首を振るようになって見苦しいものの,簡単に可逆改造出来るのでした.なので,11-030 も調達.安くて助かりました.サクッとこちらも可逆交換します.

鳳車輛製造 315 中電用方向幕 中央東線という訳で,3か所の改造,うち 1か所は不可逆改造が伴うと思っていたのですが,2か所の可逆改造だけで済み,これで無事,8両が全部連結出来るようになりました.

10-452・10-1119 いずれにも,前面方向幕に貼る「急行」シールが収録されていませんでした.10-452 はともかく,遜色急行「かいじ」に使われていた 800番台なのですから,10-1119 には収録されていてもよさそうなもんなんですが... いずれにせよ,愛称板の「かいじ」も必要ですね.探してみたところ,これも鳳車輛製造が「315 中電用方向幕 中央東線」としてそのものずばりなシールを出してくれていて,取り寄せ可能だったので,こちらも調達してあります.今回も,製品名部分が,山スカ色をモチーフにしたカラーになっていますね.
先頭となる 10-1119 のクハ115 に「急行」幕と,「かいじ」愛称板を取り付けました.愛称板は,極薄の透明プラスチック板に貼り付け,それを両面テープでボディで固定する方法を採りました.
次にサボですが,[新宿-急行 かいじ-甲府] のサボはなぜか 4枚しか入っていません.最低 7両,最大で 11両編成だった遜色急行「かいじ」を再現するためのシールなのに,どういうことなんですかね... まぁ,10-452 はふつうの中電としてこれからも登場させることもあるつもりなのでこちらには貼らず,10-1119 の 3両だけに貼ることにしますか... でも,使わない側面方向幕が大量に余っている (とはいえこれらも 4両分ずつなのですが) のに,必要なものが必要な枚数ないってのはちょっとがっかりです.基本セット・増結セット分それぞれに 1枚ずつ買えってことなんでしょうかねぇ?

ここまで色々やって来て,やっと通常の入線整備です.ユーザー取付パーツは前面幌,胴受,ジャンパ線です.前面幌は中間車に封じ込めとなるクモハ115 に装着しました.中間車なのでホースなしのジャンパ栓のみとし,胴受けも取り付けません.先頭車両 (甲府方先頭) となるクハ115 にはホースありのジャンパ線を,ホース部分を黒く塗装してから取り付けました.今回も,マルチプライマーを塗ってからエナメル塗料のつや消し黒で筆塗りしましたが,カプラー交換等の作業をしながら進めたので,乾くのを待っている時間は無駄にならず効率的に進められました.最後に,胴受も取り付けます.胴受がきちんと固定出来ず,いまいちな感じです... (´・ω・`)

KATO 10-1119 115系800番台 横須賀色 増結4両セット+KATO 10-452 115系1000番台横須賀色 (「鳳車輛製造 315 中電用方向幕 中央東線」使用)それでも,目立つ赤の「急行」幕や「かいじ」愛称板も入って,ジャンパ線がうじゃうじゃしている姿はサマになります.こんな感じで無事,8両編成の遜色急行「かいじ」が堂々?完成です.

早速走らせてみます.色々とカプラーを交換したり,無理矢理連結させたりしているためうまく走るか心配していましたが,特に問題なく周回することが出来ました.ほっ.
なお,編成は,このサイトに 1970/10/1〜1976/10/30 に運行された「かいじ 6号」(509M (ほか?)) の編成が載っていたので,それを参考にして,以下のとおり組成する前提でここまで作業して来ています.

 
 ←新宿
甲府・小淵沢 (1972-)→ 
号車12345678
形式 <> <>
(M)
クモハ115
-1065
モハ114
-1159
クハ115
-1208
サハ115
-1027
サロ165
-39
クモハ115
-14
モハ114
-814
クハ115
-178
カプラー改造 KATO
11-030
KATO
11-730
製品 10-452 (1) (2) (4) (3)
10-1119 (5) (6) (8)
10-1389 (4)

下線を付けたのは,実際と番台 (サロ165 は車番) が違う車両を使っているものです.以前買った 10-452 は 1000番台で,本来であればここにはクハ・クモハは 0番台 (基本番台),モハは 800番台です.サロは山スカ色のサロ165-14 が基本で,湘南色のサロ165-15 が (一度だけ?) 使われたこともあったとのこと.横須賀色のサロ165 はこの編成のためだけに用意されていたもので,マイクロエースからそのものずばりの製品が出ていますが,製品化されているのはそれだけで KATO/TOMIX からは出ていないようです.
以前「アルプス」再現用に買った 165系の KATO 10-1389 に含まれるサロのうち,4号車に入っていたサロ165-39 を持って来ています.今回買った 10-1119 を入れている,下線を付けていない 6〜8号車についても,実際に使われていた車番とは違います.実際は,マイクロエースが製品化している A4522・A4524 の解説書によると,以下のとおりだったようです.また,鉄道友の会東京支部埼玉サークルのサイトに掲載されている藤岡裕氏による "スカ色のサロ165" という PDF 資料ではまったく違う車番となっています.時期によって違っていたのですかね...

 
 ←新宿
甲府・小淵沢 (1972-)→ 
号車12345678
形式 <> <>
クモハ115 モハ114 クハ115 サハ115 サロ165 クモハ115 モハ114 クハ115
資料 MicroAce -2 -802 -176 -4 -14・15 -11 -811 -185
藤岡裕氏 -5 -805 -18 -7 -14 -7 -807 -182

クハ・クモハ・サハは 0番台,モハは 800番台で組成されていたことには変わりなく,今回の私の編成は 4両が 1000番台になってしまってはいますが,このあたりはまぁ気にしないことにしましょう...


ここまでの支出額 ¥2,066,979
今回の買い物
  • KATO 10-1119 115系800番台 横須賀色 増結4両セット ¥7,250
  • KATO 11-030 TR201 カプラー長 (ビス止) ¥352
  • 鳳車輛製造 315 中電用方向幕 中央東線 ¥588
 
posted at 00:00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
2019年07月22日 (1)

鉄道ピクトリアル 2005年11月号

鉄道ピクトリアル 2005年11月号2か月ほど前,DC 急行「アルプス」を再現するために KATO 10-1464 キハ58系 4両セットを買ったときに「アルプス」について調べてみたら,"遜色急行" と呼ばれた,近郊形電車である 115系を使った「かいじ」(「かわぐち」併結) が存在していたことを知りました.調べてみると,115系で運行されていた「かいじ」は11連 (1968/10/1〜) と 8連 (1970/10/1〜),7連 (1971/7〜) とがあったようです.このうち 8両編成の「かいじ」にはグリーン車も組み込まれていて,それは何と横須賀色に塗り替えられた 165系 (サロ165) だったとのこと.さらには,ごく一時期,湘南色のままのサロ165 も使われたことがあるそうです.
この遜色急行を特集した,そのものずばりの 115系「かいじ」が表紙を飾る号が鉄道ピクトリアルにあることが判り,安く落札出来る出物があるまで待っていました.リーズナブルな出品があったので今回落札してみました.鉄道ピクトリアルは,中央線・青梅線・南武線のことを知るため,昨年後半にバックナンバーを 10冊くらい集めましたが,久しぶりの追加です.

表紙になっているくらいですから,115系「かいじ」の詳細が載っているのを期待して買いましたが... 残念ながら,写真は多めなものの,編成図や詳細な運行期間については触れられておらず,Web で収集出来ていた範囲の情報にとどまってしまいました.これは,別に "115系「かいじ」特集" ではないのでまぁ仕方ないですけれどね.
115系 '遜色急行'「かいじ」は,高シマ から '借り入れた' サロ165-14・サロ165-15 を組み込んで運行していたようですが (借り入れの割には,115系と連結出来るように改造した上,サロ165-14 は湘南色から横須賀色 (山スカ色) に塗り替えまでしています),ほとんどの場合,サロ165-14 だけが使われていたようです.しかし,サロ165-14 が検査中はサロ165-15 を使ったようです."115系物語" という本には以下のような記述があります:

遜色急行「かいじ」のサロ165-14定期検査時には湘南色のサロ165-15が代用された
── 115系物語 -"無事是名車" 山用近郊電車50年の記録-,福原 俊一

"鉄道ピクトリアル" のこの号にも山スカ色の 115系に挟まれた湘南色のサロ165-15 の写真がカラーで掲載されています.そこには

急行用としてサロ165を組み込んだ中央線の115系.1970(昭和45)年10月改正で新設された新宿発甲府行きの急行「かいじ6号」に115系を使用(上りは朝の甲府発立川行き快速に運用)することとなり,三鷹電車区115系8連サハ1両を新前橋区より借り入れたサロ165に差し替えたもので,この運用にあたってはスカ色に塗り替えられた珍車サロ165-14が使用されたことはよく知られているが,湘南色のサロ165-15が使用されたのはこのときだけで,非常に珍しい記録である. 甲府 1971-5-5

と解説が加えられています.さて,サロ165-14 が使われたのはどれだけあったのかが知りたいところなのですが,「このとき」とはいったいいつを指すのでしょうね? 撮影者が撮影した日だけ? 撮影者は毎日観察していた訳ではないでしょうから,別の日にも使われていた可能性もあるのですが,偶然なのか知ってのことなのか,この日に撮影出来たことをもって「このときだけ」と書いているように思います.たった 1日だけのためにサロ165-14 に加えてサロ165-15 も用意しておく訳はないと思います.本当にこの 1日だけなら,「5月5日はサロ欠車」とすればいいだけの気がしますので.
ちょっと古い "鉄道ピクトリアル" にはこういう訳判らない記述が散見されるんだよなぁ... と思ったらこの文章も,いつもの大家のものでした (^_^;


今回の支出額 ¥570
今回の買い物
  • 鉄道ピクトリアル 2005年11月号 (第55巻第11号 通巻768号) ¥570
posted at 00:00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
2019年07月20日 (6)

銀河モデル N-577 行き先ステッカー 〔側面用〕209系1000番代中央快速線用貼付

今年から中央快速線(・青梅線) の運用に加わった 209系 1000番台が早速 TOMIX から模型化されたので,予約して発売と同時に購入しました.が,これ,TOMIX ゆえ側面方向幕シールなしのシロモノ.しょうがないので,調べたら銀河モデルからこの 209系 1000番台用の側面方向幕シールが早速 (というか,本体が発売されないうちから?) 発売されていたので,購入して貼付しました.初の銀河モデル製ステッカーです.

店に行くのも面倒というか時間もなく,送料もそんなに高くなかったため通販で購入.届いてびっくりしました.これ,透明シートに印刷されているんですね.KATO 製品に付属しているものに似ていますかね.で,早速デザインナイフ (アートナイフ) で切り出します.
(私はオルファのデザインナイフを使っています.道具は必要ですね... これを使うようになってから,成功率が格段に上がりました)

……が,これ,それはそれで実感的にするためには必要 (品質としてはよい) のでしょうけれど,かなり薄い透明フィルムのようで,新しい刃を使ってもきちんと切れず,切り出すと結構へろへろな状態になってしまいます.貼るときにちょっとでもやり直そうとすると,あっという間にくしゃくしゃに.かなり注意を要します.
加えて,少し大きいです.さらには,全体的に上にずれているため,どう切り出すべきか考えるのが面倒ですねぇ... '全体的に上にずれている' は,スキャンした画像のオリジナルサイズを見ていただければ判ると思いますが,よくよく見るとこれ,

中央・青梅線

のようになっています.サイズから考えると,中心部の濃い地の (狭い) 部分を切り出すのではなく,全体の広い部分を切り出すべきであるようです.しかし,それだと若干天地方向が大きい状況... 困ったもんです.
加えてこれ,同じものは 15コマずつしか収録されていません.10両編成全部に同じものを貼るためには 2枚,シールが必要です.1枚では足らず,2枚買うと 30コマずつになって,失敗なしで貼れれば 10コマも余ってしまって,何だかいまいち...

TOMIX 98334 JR 209 1000系通勤電車 (中央線) 基本セット・TOMIX 98835 JR 209 1000系通勤電車 (中央線) 増結セット+銀河モデル N-577 行き先ステッカー 〔側面用〕209系1000番代中央快速線用 先日,青梅線内での運用に遭遇したときに確認したら,側面方向幕は「中央・青梅線」でしたので,それをチョイス.こんな感じで貼れました.TOMIX 用の室内灯を 1台だけ仮に組み込んで点灯させてみました.こんな感じです.上下方向は余るくせに,左右方向が若干足らず,室内灯を点灯させるとこんな感じですき間から光が漏れてこれまたいまいちですねぇ... ただ,室内灯を点灯させなければこの左右部分はまったく目立ちません.

シールにはそれぞれの行き先と「中央線」「中央・青梅線」の路線名表示のほか,編成番号札 (81/82) とサンシェードも付いています.せっかくなのでサンシェードも貼りましたが,TOMIX 98334 の運転室部分は完全に遮光されており,室内灯が漏れないようになっています.この結果,サンシェードを貼ってもほとんど目立ちません... まぁいいか.なお,サンシェードはガラス部品をいったん外して,裏から貼りました.なので綺麗に処理出来ますが,余計に目立たなくなりますね.
編成番号シールもあったので,車番を貼った八トタ 81編成を示す「81」を貼ろうと思ったのですが... これ,'裏貼り' 用ではなく,ガラス部品外側から貼るタイプです.せっかくの透明シールなのですから,それを活かして裏貼り可能なようにしてくれればよかったのにと思います.

という訳で,側面方向幕「中央・青梅線」シール計 20枚と,サンシェード 2枚だけを使って,ほとんどが未使用のまま残っているこのシール.これ以上に使うことはなさそうです.ヤフオク!あたりに安く出したら買ってくれる人はいるかな... でもせいぜい 1枚あたり ¥500 程度でしょうから,出品や発送の手間を考えると,それもなぁという感じですしねぇ...


ここまでの支出額 ¥2,058,789
今回の買い物
  • 銀河モデル N-577 行き先ステッカー 〔側面用〕209系1000番代中央快速線用 ¥905×2
 
posted at 00:00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
2019年07月19日 (5)

KATO 5128-2 オハフ33 ブルー 一般形 入線

KATO 5128-2 オハフ33 ブルー 一般形毎週金曜日は '入線の日' :-)
本日もつましく,1両だけの入線です.

先月,再生産されて売っていたのでつい (^_^;KATO 10-1320 スハ32系 中央本線普通列車 7両セットを購入してしまいました.このセットは,暖房車,マヌ34 がヲタ心をくすぐるんでしょうが,個人的にはあまり関係なく... 旧客を 1台も持っていなかったため,6台の旧型客車を一挙に揃えられる点に魅力を感じて私は購入しました.しかしこのセットに含まれる 6両の旧客はいずれも茶色.旧客の「色」は,元々茶色 (ぶどう色 2号) だったのものが,1964/10 以降に実施された大がかりな近代化改造工事以降,区別するために青色 (青 15号) になったようです.
私の旧型客車経験は 1980年代前半の中学生のころの常磐線・東北本線でのものがほとんどです.この頃の福島・いわきあたりではまだまだ普通列車は客車列車が中心でした.使われている車両はぶどう色 2号・青 15号まちまちで,さすがに茶色で統一された編成というのはありませんでした.
そんな記憶がありますから,茶色だけの編成というのは違和感がありますので,KATO 5127-4 オハ35 ブルー 戦後形・5128-4 オハフ33 ブルー 戦後形も購入して,6両が茶色,2両が青色の編成にしてみましたが,うーん,まだ青色が足りませんね... という訳で,新品で簡単に手に入る KATO 5128-2 オハフ33 ブルー 一般形を今回購入したという訳です.

さて,早速これまでの 8両と連結させて入線.だいぶ青率が高まりました.イメージ的には茶・青は半々という感じもしますが,まぁこんなもんですかね?


ここまでの支出額 ¥2,056,979
今回の買い物
  • KATO 5128-2 オハフ33 ブルー 一般形 ¥1,469
posted at 00:00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
Amazon.co.jpアソシエイト