楽天市場
レイアウトプラン紹介 (準備中)
2018年10月01日 (1)

鉄道ピクトリアル 1999年9月号

鉄道ピクトリアル 1999年9月号 (第49巻第9号 通巻674号)最近,南武線・青梅線・中央線各線を特集していた『鉄道ピクトリアル』誌の古本を買っては,私の '縮小立川駅レイアウト' で走らせるべき車両には何があるのかを調べています.今回は,「JR中央線今昔」という特集記事が掲載されていた 1999年9月号を購入しました.

今回の号には主に,どんな旧型国電が中央東線を走っていたかを調べるための購入です.その結果,30系 (モハ30形)/40系 (クハ55形)/50系 (クハ65形→クハ16形)/63系 (クハ79形・サハ78形)/70系 (モハ71形・クハ76形) "山スカ"/72系 (モハ72形) "山ゲタ"/80系が走っていたことが判りました.

旧型国電を集め始めると際限がありませんから,今後集めるとしても 70系・80系の 2系列くらいですかね...

また,これは何となく判っていましたが,「あずさ」は 181系で始まり,以降,183系,189系,183系 1000番台と来て,E351/E257系が使われたことが改めて確認出来ました.181系・183系 1000番台は持ってないな... (183系 1000番台と 189系は見た目がほとんど同じなのでどうでもいい気もしますが)


今回の支出額 ¥372
今回の買い物
  • 鉄道ピクトリアル 1999年9月号 (第49巻第9号 通巻674号) ¥372
posted at 00:00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
2018年09月30日 (7)

E491系 East i-E+マヤ50 5001 撮影 PartU・V

試9976M
E491系+マヤ50 5001 立川駅 5番線
撮影: 立川駅 5番線
2018.09.30 04:38
回9975M
E491系+マヤ50 5001 立川駅 5番線
撮影: 立川駅 5番線
2018.09.30 04:47
発車シーン

立川駅で水曜日に撮影した,マヤ50 を連結した East i-E が大糸線などで検測を実施し,今日,戻って来る途中で立川に再び現れますので,また撮影に行きました.今日の立川駅への入線は,八王子方から来て豊田車両センターへ戻って行く折り返しのための入線が 4:37-4:48.次に,豊田から仙台に戻るために通過するのが 13:25 ごろです.
今まで立川駅で East i-E を撮影したのは 2番線7番線待避線です.今日は八王子方からの折り返しということで,配線的に 4・5番線のどちらかしかあり得ません.いずれの場合も未撮影の番線ですから,こりゃ行かないと... という訳での決行です.って,時刻は朝 4:37! 立川駅からの始発が出たばかりの時刻で,最寄駅から電車ではたどり着けません.このため今回はクルマで立川駅南口まで.駅前のコインパーキングはがらがらで,しかも,この時間は 1時間 ¥100 というところもあり,助かりました.この時間なら,クルマで行っても電車と同じか,短い時間で到着出来ますし.

駅に着くとちょうどシャッターが上がるところでした.いやぁ,昨年度の一時期,不具合改修のために徹夜仕事が連続したときがあって,そのときが思い出されます... 4番線・5番線いずれも,次の列車は「回送」と表示されていて迷うところですが,4番線と予想して 5・6番線ホームで待機.4:35 ごろ,立っていた 5・6番線ホームに回送列車到着のアナウンスが! げ,こっちだったわということで慌てて隣の 3・4番線ホームへ移動.余裕で間に合いました.ほっ.
先頭 (東京方) のクモヤ E491-1 には検測中を示す内側のライトが点灯していますが,肝心の?マヤ50 5001 からは特段何も光は出ておらず... 2両目のモヤ E490-1 も特段架線を検測している様子はありません.えぇ...っ?! 今回は回送ではない,試9976M なので検測中だからと思って撮りに来たのになぁ...
前照灯はすぐに消されたので,八王子方へ移動して撮影.八王子方先頭となるクヤ E490-1 に前照灯が点けられました.その後,なぜかパンタグラフが降ろされます.どうやら,East i-E は進行方向最後尾のパンタグラフから給電するようですね.撮影した動画では,1枚目の画像では降ろされていた,国立方先頭となるクモヤ E491-1 のパンタグラフが上がっているのが判ります.

さすがにこの時間ですから,同業者さんたちもいない... と思いましたが,2組ほど.5歳くらいの女の子を含む家族が一生懸命,デジカメ・スマホ・ビデオカメラを回していたのにはびっくり.まだ 5時前なんですが... ナニモノ? (^^;

今回は 11分間,5番線に停車していますから,国立方・豊田方両方から,色々と設定を変えるなどしてゆっくりと撮影出来ました.時間が余ったので,出発シーンは動画で撮影.ミュージックホーンを鳴らしての出発でした.

ところで,どうして豊田駅で折り返さないのでしょうね? 豊田車両センターは豊田駅 (下り) からしか出入り出来ませんが,配線的にも,八王子方から来た E491 などを豊田駅で折り返して豊田車両センターに入れることは可能なのですが,なぜわざわざ立川まで引っ張って来て,豊田駅を通過して豊田車両センターに入れるのでしょう... 線路容量はそりゃ立川駅の方がありますが,こんな時間であれば,豊田もがらがらのはずなのですが (やろうと思えば日野駅での折り返しも可能).謎です.

ともあれ,夜明け前の暗い時間帯でしたが,5番線での E491系 East i-E をきれいに撮影出来て満足です (^^)

回9141M
E491系+マヤ50 5001 立川駅 3番線
撮影: 立川駅 3番線
2018.09.30 13:25

いったん帰宅し,朝食を食べ,ちょっとだけ仮眠というか居眠りの後,昼食を食べて,今度は電車で再度立川駅へ出撃.今度は仙台にマヤ50 を戻すための回送シーンを撮影します.『鉄道ダイヤ情報』によると立川駅は通過のため時間が確定しませんが,国立駅での停車時間を考えると恐らく 13:25 ごろ.……果たして,予想どおりの時間に,3番線を通過して行きました.こちらもややブレがありますがほぼ思ったとおりに撮影出来ました.
昼過ぎのいい時間にもかかわらず,ご同業はほかにはほとんど目に付かず.あれぇ? みんな,興味ないのかな... と思っていたのですが,気付いてしまいました.実は 8/20〜24 の 5日間,このあたりをくまなくマヤ50 5001 を組み込んで検測していたのですね... いやはや,『鉄道ダイヤ情報』にしっかり載っていたのに見落としていました.それとも,8/20〜24 となればちょうど週の平日ばかりで,夏休みを取ってすぐで休めないためにスルーしたんだったか... いやいや,一度も見たことすらないマヤ50 も組み込まれているとなれば,そんなに忙しい時期ではなかったので,1日は休んで撮りに来たはず.見落としたんだろうなぁ (確か,前回の撮影以降,また E491系が来るのね,と 1,2回,スルーしたことがあるので,それかな...).
そのときに撮影した人が多かったため,先週水曜日・今日いずれも,がらがらだったのですかね...

朝,撮影したときに,マヤ50 などで検測している様子がなかったのは,先月下旬に検測したばかりだったので,今回は検測していなかったってことなんでしょうね (前回,高尾までは検測済みなので,高尾で実質的に「試」は終わっていたのではないかと).次の機会を待つことにしましょう...


今回の支出額 ¥100
今回の買い物
  • 駐車料金 ¥100
posted at 00:00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
2018年09月29日 (6)

E26系撮影

9011レ 信州カシオペア
信州カシオペア 立川駅 6番線
撮影: 立川駅 6番線
2018.09.29 18:29

今日は久しぶりに信州カシオペアが運行されるということで,もちろん撮影に行きました.私が 鉄道模型趣味を始め,"撮り鉄" を復活させた 2016年春以降だけでも何回か運行されていたらしいのに,気付いておらず,立川駅を 2016年春以降に不定期にであっても通過・発着している列車で未撮影なのは MUE-Train とこの E26系だけが残っていました.

今日は常磐線でのダイヤ乱れの影響を受けて 30分遅れ.ただでさえ,立川駅通過予定が 17:59 と遅い時間なのに大幅な遅れと,天候の悪さのため,すっかり暗くなってからの撮影となってしまいました.条件が悪いことは判っていたので,ISO 12800・1/320 のシャッター速度優先で撮りましたが (F3.2),連写したコマが置きピン位置に来てくれず,ボケてますね... (泣
30分の遅延を取り戻すためなのか,思った以上の速度での通過でしたし.それに,この位置からじゃ E26系というのも判りづらいですね.けれど,この暗さですからホームの明かりを使って撮るしかないですし,私の場合,'立川駅構内 (ホーム)' での撮影縛りがありますので,仕方ないところです.
でも,今回ばかりは動画で撮影しとけばよかったかなぁ...

それより何より,悲しかったのは,牽引機がこれまでの EF64-37 ではなく,今回に限って EF64-1052 だしなぁ... 何のためにEF64 37 を買ったんだっ!! (これまた泣
ま,EF64-1052 は Nゲージ化されていないのが幸いですね...

posted at 00:00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
2018年09月28日 (5)

KATO 3038 EF58 61 お召機 入線

毎週金曜日は '入線の日' :-) ……いやいや,必ず毎週金曜日には入線があると決めている訳ではなく,その週内に届いた車両があれば,の話なのですが,先月のお盆休み以降ずっと,毎週金曜日 (+α) に何らかの車両を入線させてますね...

KATO 3038 EF58 61
KATO 3038 EF58 61

今回はかつてのお召し用電気機関車,EF58-61 です.この EF58-61 はあまりにも有名で,やっぱり持っておきたい車両のひとつですね.立川駅もかつて運行されたお召し列車の牽引機として通過しているようです.が,それだけだと収集対象を広げ過ぎな気がして,敢えて買わずに来ました.が,八高線電化の際,オヤ31-13 を牽引して品川〜八王子間を往復したという歴史を知ってしまって,堪え切れなくなりました (^_^;
早速中古で購入して,本日到着した次第.

ユーザー取付パーツは,日章旗 (or 台座),信号炎管,ホイッスル,列車アンテナ,避雷器,にぎり棒です.ちょっと多めなのは構わないのですが... なんと,アンテナだけ取付用の穴が開いておらず,ボディを外してボディ内側にあるガイド部分に 0.6mm のピンバイスで穴を 2か所開けろとの指示.鉄コレかよ... (;´Д`)
で,仕方ないので動作確認だけした状態でボディを外しにかかります... が,分解出来ない.Web で調べると,2か所にツメがあるのでそこにマイナスドライバーを入れれば簡単に外れる,というのですがダメ... そもそも,ツメは側面乗務員用扉の後ろにあるようですが,両側面に 1か所ずつしかないらしく,どっち側なのかが判りません.10分くらい四苦八苦してもダメ.結局,ツメがあるはずの位置両方にマイナスドライバー状に削った竹ひごを突っ込み,シャーシ部をピンセットでつまんで取り出しました.やっと取れた...

分解してしまえばピンバイスでの穴開けは簡単です.ボディを元に戻すこともあっけないほど簡単でした.
(あ,もしかして,このアンテナ,時代によっては取り付けられていなかったため,選択出来るように穴開けが必要にしてあったのでしょうか... まぁいいか)

ほかの屋根上機器の信号炎管,ホイッスル,避雷器も順調に装着していきます.さて次は,付属のナックルカプラーへの交換です.説明書には先台車をまず取り外す,とありますが,これまた外れません... やはり 10分くらい経過.そのうち,ステップ部分がぽろりと取れ,アーノルドカプラーも外れました.って,先台車を外す必要なんてないんじゃん... (-_-)
さらに,先台車の車輪のうち前方の方を外すだけでカプラーは交換出来ました.今回は,何か特定の客車・貨車を牽かせたい訳ではないので,アーノルドカプラーは残さないことにし,両エンドともナックルカプラーに交換.反対側も先台車を外すことなく,ナックルカプラーへ交換出来ました.

さて,次は前位側に日章旗と,後位側に台座を取り付けます.日章旗は部品が大きいので簡単でしたが,台座がこれまた面倒でした... これこそ,先台車を外した状態の方が作業し易そうです.これもどうにかこうにか完了.DD51-842 の日章旗はカチッとはめる場所がなく何だかなという感じでしたが,こちらはボディにはめ込むように作られていますので全然問題ありません (このため,日章旗を取り付けない方には台座だけのパーツを取り付ける必要があります).
最後に,にぎり棒を付けて完了です.いやぁ,これまた面倒な整備でしたね...

そんなこんなで無事,整備完了した姿.日章旗ありの前位側と,なしの後位側です.さすがお召し機,なかなかいい感じです.

KATO 3038 EF58 61この KATO 3083,昨年だったかに再生産されているようで,探せばまだ買えます.調べてみると,その最新ロットはどうやら評判があまりよろしくない様子.走りがぎくしゃくするというクレームが多数上がっているように思えます.どうしようかと思っていたところ,2008年ロットで,かつ,部品はすべて未使用という状態の中古品がお手ごろ価格で見つかったので,それなら新古品と変わらない,かつ,地雷の?最新ロットを避けられるのではと,敢えて中古品を購入しました.思った通りの美品で,問題ありませんでした.走りはややぎくしゃくするかな... という気がしなくもありませんが,及第点です.

まさに今月末,マイクロエースからも EF58 61 が出るんですね.知らずにこっちを買ってしまいました.まぁ,KATO の方がいいかな.MicroAce のはずいぶんお値段高いようですし.

でも... 走らせて気付きましたが,カーブではこんな感じで先台車がぐわっと... 顎が外れた顔かよ,って感じです (苦笑).構造的に仕方ないのだとは思いますが,しかしこれは,ねぇ... レイアウトを周回させてこの状態を初めて見たときは,壊れたのかと思いましたよ.
(そういえば,気付いていなかっただけで,何台も持っている ED16 もみんなこうなのかな)

KATO 3038 EF58 61気を取り直して?,これを買うきっかけになったオロ31-13 の回送シーンを再現.うーん,見たかった (撮影したかった) なぁ...

EF58 61 はお召し指定機ですが,こんな雑用もやらされていたというのは意外でした.てっきり,お召し列車とか,特別な臨時列車とかだけに使われていたのかと思っていましたので.

KATO 3038 EF58 61さて最後のショットは DD51-842 との並び.秋の車両基地公開での 1コマ,という感じですね :-)
ふだんはここでお召し機同士,ゆっくりと休んでもらいましょう.


ここまでの支出額 ¥1,672,503
今回の買い物
  • KATO 3038 EF58 61 ¥5,724
posted at 00:00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
2018年09月27日 (4)

鉄道ピクトリアル 1994年05月号

鉄道ピクトリアル 1994年5月号 (第44巻第5号 通巻590号)最近,南武線・青梅線・中央線各線を特集していた『鉄道ピクトリアル』誌の古本を買っては,私の '縮小立川駅レイアウト' で走らせるべき車両には何があるのかを調べています.今回は,1日に数回 (現在だと平日は終着列車が 2本,土日は始発列車として 1本) だけ見られる中央・総武緩行線の '黄色い電車' の歴史を調べるため,「総武・中央緩行線」が特集されていた 1994年5月号を購入しました.

私が知りたいのは,現在のように '黄色い電車' が立川まで入線するようになったのはいつからなのか,101系・103系・201系・205系もかつて入線していたのか,です.南武線用を主目的としてカナリアイエローの 101系は既に持っていますので,101系時代も入線があっても大丈夫ですが,カナリアイエローの 103系・201系・205系は持っていません.残念ながら (?) 103系時代には入線があったことは判っていますのでそのうち買おうかなと思っていますが,201系・205系がどうだったのか... 集める対象に入るのかどうか,気になってしまう訳です.

さて,特集を全部読みましたが,"JR東日本総武・中央緩行線の車両・運転" という記事に,

 なお,総武・中央緩行線というと千葉−三鷹間のイメージであるが,夜間には総武線から武蔵小金井,立川方面への本数は少ないながらも運転している.

という記述があったほかは,特段言及されていませんでした.残念... 立川まで '黄色い電車' がやって来るのは,三鷹車両センターや旧津田沼電車区/習志野電車区の容量が足らなくて,旧武蔵小金井電車区で停泊させるためというのが定説ですが,それが本当なのか (もしそうなら,なぜ武蔵小金井ではなく立川までわざわざ走らせるのか疑問です) 確認したかったのですが...


私が知りたい,なぜ '黄色い電車' が立川 (三鷹より西) まで来るのか,それはいつから始まったのか,立川へは 101系・201系・205系も来ていたのか,については引き続き,気長にエビデンスを探すとしましょう.


今回の支出額 ¥454
今回の買い物
  • 鉄道ピクトリアル 1994年5月号 (第44巻第5号 通巻590号) ¥454
posted at 00:00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
Amazon.co.jpアソシエイト