レイアウトプラン紹介 (準備中)
2018年09月20日 (4)

鉄道ピクトリアル 1992年12月号

鉄道ピクトリアル 1992年12月号 (第42巻第12号 通巻568号)南武線・青梅線が特集されている『鉄道ピクトリアル』2014年04月号と同時に注文 (ヤフオク!の落札) していたもう 1冊が届きました.こちらは,その 12年前にも今度は五日市線を含め特集していた 1992年12月号です.送料込みでも何せ数百円と安いですから,気軽に買うことが出来ます.発売されてから 20年以上,綺麗な状態を保って保管してくれていたこれまでの所有者に感謝したいですね.

ところで最近思うのは,こうして 20年前の本を何の問題もなく読めるのも,紙という物理的な存在だからこそではないかということ.例えば Kindle のデータを,20年後に何の問題もなく読めるでしょうか? 加えて,要らなくなっても売却することが (中古で買うことが) 出来ない電子書籍.本にしろ,鉄道模型にしろ,中古市場が形成されているからこそ買う・手に入る場合もあると思います.電子書籍ではそれが出来ません.
例えば私の場合,息子が中学生になってくらいから,実家にあった中高生時代に読んだ本を持って来て,かなりの数,息子に渡しました.そのうちの結構な数を読んでいるようです.売らないとしても,このように,保管さえしておけば次世代に簡単に渡せるのが書籍です.今私が買った電子書籍を 30年後に,息子もしくは孫世代に渡すことが出来るのでしょうか? 既にフロッピーディスク (しかももしかしたら 8インチ!) なんて読めないよ,という状況が起きているのと同様,今買う電子書籍は 20年もすれば読めなくなってしまうのではないでしょうか?
20年前にフロッピーに入れたデータを,新しいメディアが出るたびに移し替え続ければ今でも読めるのと同じように,常に新しい形式に変換し続ければよいかも知れませんが,単なるデータではない電子書籍の場合,事業者側の勝手な都合でそうしたことが出来ないことも多くありそうですし,そもそも,そんな作業をし続けるのは不可能です.一方,紙なら,保管にある程度気をつければ,これらのように 20年でも 30年経っても問題なく読めるのですから.

さて,肝心の中身は,既に読んでいた 2014/4 号と当然ながら重複する部分があり,そちらに知りたいことがほとんど載っていて既に読んだ内容も多く,数件,ピンポイントで役立ったのみでした.でも,その数件の情報によって,青梅線・南武線に走っていた 101系だとか 103系だとかの運行開始日・終了日といった具体的な日付が判明したりもしましたので,これも買って損はなかったと思います.2014/4 号含めもうちょっと整理しながら読んで,後ほど情報をまとめたいと思います.


今回の支出額 ¥244
今回の買い物
  • 鉄道ピクトリアル 1992年12月号 (第42巻第12号 通巻568号) ¥244
posted at 00:00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
2018年09月18日 (2)

鉄道ピクトリアル 2014年4月号

鉄道ピクトリアル 2014年4月号 (第61巻第4号 通巻888号)何かで特集が「JR南武線・青梅線」と知ったこれを買いました.クモハ40 を組み立て72・73系電車を買い,101系の中央線色南武線 (中央緩行線) 色を買って,40系以降の電車をひととおり集めたのではと思っています.それが検証したいと思い,青梅線・南武線に以前,どんな車両が走っていたかを知るためです.……って,中身を見ずに買っているので,載っているかは 'かけ' なのですが.

今と同じ,比較的薄い本ですが,中身は濃いので読み応えがありました.クモハ40・72/73系が青梅線・南武線で走っていたことが判り (細かなバリエーションがあり過ぎて,入手したものがプロトタイプとしたものが実際に走っていたかは判然としませんが),資料として買って正解でした.TOMIX 92067 の 72/73系を先走って買ってしまった訳ですが,これも昔の青梅線・南武線 (と中央線もかな) を再現するのに適切な車両だったことが裏付けられ,ほっとしました.
さて,旧型国電は,

車両種類青梅線南武線
17m 車クモハ11
モハ10
クハ16
20m 車クモハ41
クモハ60
モハ72
クモハ73
クモハ40
クハ55
クハ79
○1964/2時点,◎1969時点

といった多種多様の形式が使われていたようで,さらには形状も多岐に渡っていたようですから,とてもじゃないですけれど「集める」ことなんて目標にはしない方がよさそうです :-)
コンプリートはしないとして,どうやら,クモハ40 と 72・73形電車は相当の期間,併用されていたようですね.となると,クモハ40・72・73形を既に集めたということで,1960年代 (もっと前?) 以降の代表的な系列は揃えられたという感じでしょうか.

(101系や 103系含め) それぞれの形式がいつからいつまで走っていたかの正確な記録が記載されていないのが少し残念ですね.このころはごちゃ混ぜ過ぎて,それどころじゃなかったのかも知れませんが...


今回の支出額 ¥650
今回の買い物
  • 鉄道ピクトリアル 2014年4月号 (第61巻第4号 通巻888号) ¥650
posted at 00:00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
2018年09月17日 (1)

KATO 10-1428 115系1000番台 長野色 3両基本セット 入線

この 3連休は久々に何の予定もなく,ゆっくりと過ごせる週末となっています.昨日は,DD51 のディティールアップをした後,レイアウトルームを置いている嫁さん実家の庭の芝生に雑草が伸び放題だったので,草刈り機で雑草除去もして,綺麗になってこちらも満足.さて,一昨日に続いての入線です.今日が休みでよかった... 今日届いたのは,KATO 10-1428 115系1000番台 長野色 3両基本セットです.

中央東線列車用としては,現行の 211系 2000番台 長野色 (2代目長野色) と,過去に走っていた 115系 1000番台 横須賀色とを持っているので十分だなと思っていたのですが,保有車両のデータ整理をしていて,115系の長野色 (同) を持っていないことに改めて気付きました.歴史的には 115系 横須賀色→115系 長野色→211系 長野色ですから,中間が抜けてますね.115系の横須賀色を持っていなくて長野色を持っているのなら,古いのには興味ないぜ,と強がれるのですが,真ん中が抜けているのはまさに '間抜け'.これじゃ,115系 長野色が欲しくなってしまいます...

ホビーセンターカトーオンラインショップてな訳で,発売されてからまだ 1年半も経っていない KATO 10-1428 を探します.がっ,こんな製品なのにもう市場にほとんど残っていません(;´Д`) 自分が欲しいのを棚に上げてですが,何でこんなのが発売間もないのに残ってないの... ヤフオク!でも案外いいお値段になっています.うーむ.メインを張るような車両じゃないと思うんだけれどもねぇ... 何が人気なのでしょう?
さんざん探したら何と,'総本山' ことホビーセンターカトーのオンラインショップに 1セットだけ在庫がありました.もちろん定価で,送料もかかります.仕方ないのですがここから購入です.送料がかかって実質的に定価越えですか... とほほ.

それにしても,相変わらずホビーセンターカトーのオンラインショップのサイト作り,EC サイトとは到底思えないダメさですね.特に,詳細検索の画面がヒド過ぎます.

  • サイト全体が HTTPS になっておらず,検索画面は未だに HTTP です.なぜ HTTPS にしないのでしょう?
  • なぜ「品番」がふたつあるのでしょう?
  • "セット抱き合わせ"・"ジャンル区分名テスト" っていったい何なんですか? 株式会社ホビーセンターカトーは,開発環境と本番環境との区別すらしていないのでしょうか? あるいはこのサイト,外部からの攻撃によって改竄されているのでしょうか?

これ以外にも,注文をすると「注文内容のご案内」メール,「出荷手続きのご案内」メールがプロセスが進むにつれて送られて来るのはよいのですが,「出荷手続き」という割には荷物の追跡番号が記されていません."ゆうパック" とだけ記されていても,ほとんど何の意味も持たないのだけれど... 大丈夫なのかな,この会社.
……と思っていたら,前回は来なかったメールが日本郵便から来ました."このお知らせは、ご依頼主様からのお申込みにより送付しています。" だそうです.そこにはきちんとお届け予定日時・追跡番号が記されていました.ホビーセンターカトーからの「出荷手続きのご案内」メールが送られてから半日くらい経ってからでしたけれどね.これならまぁ許せますね.

さて,そんなこんなで届いた 10-1428.最近の製品,かつ,リニューアル品だけあっていい出来です.カプラーは KATO カプラー密連形 #2 新性能電車用で,実感的です.細かいところまできちんと再現されていますね.パンタグラフの避雷器や信号炎管が最初から取り付けられているのはうれしいポイントです.ユーザー取付部品はジャンパ栓のみ.ホースありとなしとを選ぶことが出来ます.せっかくなので,ここは当然ホースありを選択です.がこれも塗り分けられていないので,つや消し黒でホース部分を塗装しました.10-1389 の 165系のときはジャンパ栓がきちんとはまらず,ピンバイスで穴を広げましたが,今回はそうした問題は起きませんでした.
この製品は方向幕も印刷済み.「長野」です.ん〜でもなぁ,立川駅だから... 面倒なのでいつもは方向幕は貼らないのですが,方向幕なしと,違うものが印刷済みなのはちょっと違うのと,今回は 3両編成で貼るか所も少ないので,「松本」を貼りました.まぁまぁの出来映えかな.

走行もまったく問題ありません.スムースに低速から走ってくれます.やっぱり,新品は気持ちがいいですね :-)

どうせ買うなら,1年前の発売直後に買っとけば ¥3,000〜4,000 安く買えたのに... とは思いますが,諦めるしかないでしょう.プレミア価格で買わずに済んだだけラッキーと思うことにします.


先週,E233系 0番台の台車を分解清掃をしたら,大量のホコリが出て来たので今日は,同じくらい走らせている E233系 8000番台も分解清掃してみました.が,思ったより汚れは少なく,綺麗な状態でした.……とは見えたものの,レールに戻していつものように自動運転ユニットで単純往復の運転をしてみたら,停止位置がかなり延びました.それだけ,スムースに走るようになったという訳です.やっぱり,年に 1回くらいは分解清掃した方がよさそうですね.
その分解清掃をしたときに少しこぼしてしまったこともあって,無水エタノールがそろそろなくなりそうなので,追加で買っておきました.むむ,1年前に買ったときより少し高くなってるぞ...
それと,ホロの在庫もなくなっていたので追加.これ,送料無料で安定的に買えないのがちょっと残念なところです.そこで今度は多めに 3セット,60個買っておきました.これで全部で 100個.そんなに使うのかな...
(と思っていた 1年前に買ったときにも思っていたのが使い尽くしたので)


昼過ぎ,嫁さん実家から帰って来るときに E353系が試運転しているのをみかけました.乗務員の習熟訓練でしょうか.E257系のライナーからの撤退は近そうですね.


ここまでの支出額 ¥1,622,477
今回の買い物
  • KATO 10-1428 115系1000番台 長野色 3両基本セット ¥12,580
  • 無水エタノールP 500ml ¥1,280
  • KATO Z05-0808' ホロ (灰) 20入 ¥472×3
     
posted at 00:00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
2018年09月16日 (7)

DD51 ディティールアップ

TOMIX 2213 国鉄 DD51 800形 ディーゼル 機関車
TOMIX 2213 国鉄 DD51 800形 ディーゼル 機関車

DD51 のナンバープレート作成用に朱色 4号の塗料を買って思い出しました.これまでに買っている TOMIX 2213MicroAce A8521 のそれぞれの DD51 800番台,いずれも車端部の手すりに付いているジャンパ栓受け?近辺が真っ白で,実車と違うんですよね...
そのうち,きちんと塗り分けられている KATO 7008-6 の Assy パーツを使うなどして改造しようと思っていたのですが,メーカーが違うため,当然パーツ構成も違い,ポン付けが出来ないのでどうしようかと思っていました.

今回,朱色 4号の塗料を買いましたから... 出来映えは今ひとつになるかも知れませんが,塗った方が早いだろうとということで,早速チャレンジ.


1枚目の画像が TOMIX 2213 のオリジナルの状態です.このように,手すり・ジャンパ栓受けがすべて白で表現されています.ここに,F MODELS FARBE #20 の朱色 4号を筆塗りします.

2枚目の画像が手すり部のジャンパ栓受けを朱色 4号で筆塗りしたもの.マスキングもほとんど出来ない場所ですし,非常に細かな部分ですから,おおざっぱにしか塗れていませんが,まぁ,雰囲気は出たんじゃないかと思います :-)

TOMIX 2213 国鉄 DD51 800形 ディーゼル 機関車・MicroAce A8521 DD51-1805 佐倉 ラストナンバーTOMIX 2213 のディティールアップがうまく行きましたので,続けて MicroAce A8521 も.2台並べてのショットです.ま,こんなもんでいいんじゃないですかね.遠くから見れば (走っていれば) 細かい塗り分けなんて見えませんし...

それにしても,TOMIX とマイクロエースとでだいぶ色が違いますね... TOMIX と KATO はほぼ同じです.F MODELS の塗料も TOMIX と同じ色合い.実車もこちらの方が近いと思います.

   
タグ
車両 DD51
posted at 00:00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
2018年09月15日 (6)

鉄道ダイヤ情報 2018年10月号

鉄道ダイヤ情報 2018年10月号 文句を言いつつも結局毎号回続けている『鉄道ダイヤ情報』.10月号が届きました.今号は,特集が京阪電車ということで,私にはまったく興味のない内容で残念でしたが (でもこればかりは仕方ありません),ダイヤ情報自体にはいくつか気にすべきものが掲載されていました.
まずはマヤ検ですね.ついに立川駅にマヤ50-5001 を連結した East i-E が入線します.常識的な時間に撮影出来るチャンスは 2回.こりゃ,行かないとですね... あとは始発時間帯に 1回.クルマで行きゃ,構内には入れますが,さぁて...
それと,189系 N102 編成が「かいじ 188号」として明るい時間帯に立川駅に上り電車として来ます.今後,N102 編成を撮影するチャンスは少なくなって行くでしょうから,これも押さえておきたいかな.3番線での N102 編成は既に撮影済みですが,夜間のためいまいちな写りなので,明るい時間に撮りたい.
それと珍しく,E655系の運転予定が載っています.って,これ以外にも色々走ると思うけど.

もうひとつ気付いたのは,修学旅行臨が大宮の 185系から松本の E257系になっていること.E353系の投入により余剰となった E257系が波動輸送用に移され,185系は廃車が進むってことですね.


今回の支出額 ¥895
今回の買い物
  • 鉄道ダイヤ情報 2018年10月号 ¥895
posted at 00:00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
Amazon.co.jpアソシエイト