レイアウトプラン紹介 (準備中)
2018年08月31日 (5)

ワールド工芸 Nゲージ 国鉄 オヤ31 建築限界測定用試験車 "おいらん" 塗装済完成品 リニューアル品 入線

ワールド工芸 Nゲージ 国鉄 オヤ31 建築限界測定用試験車 "おいらん" 塗装済完成品 リニューアル品
オヤ31-13 仙フク
オヤ31 福島客貨車区
撮影: 福島客貨車区
1984年ごろ
(手前が上野方)

毎週金曜日は '入線の日'.今回は,こんなものを買ってしまいました... 'ワールド工芸 Nゲージ 国鉄 オヤ31 建築限界測定用試験車 "おいらん" 塗装済完成品 リニューアル品' です.ワールド工芸の車両はこれで 3両目.お値段すげー高い... 1両あたりの過去最高額をあっさりと更新です(;´Д`)
(HO 並のお値段ですよ...)

わくわくしつつも,こんなん本当に買ってよかったのかな... と後悔中.酔った状態で PC を使っているときに (っていつもか?),地元のショップの facebook にこいつが入荷しました!なんて記事が流れて来たのがいけないんです,はい.

なぜ,立川駅に直接関係ない,こんな高価なものを買ってしまったかというと... ワールド工芸のこの製品のページでこのように紹介されていました.

■花魁(おいらん)車ことオヤ31型建築限界測定車がリニューアルです。
オヤ31型11〜13号車のグループのうちから主に東日本で活躍した13号をプロトタイプに選択。
製品は測定用腕木(矢羽根)を展開した状態と回送時の腕木を閉じた状態とを選択可能です。
★再生産が決定しました。ご予約受付中です。

ほほぅ,オヤ31-13 がプロトタイプでしたか... オヤ31-13 がどこに配備されていたかを調べます.Wikipedia には JR 東日本に継承されたとしか情報がありませんでしたが,色々調べてみるとオヤ31-13 は福島客貨車区に配備されていたことは間違いなさそうです.

福島客貨車区 (福島機関区?) のオヤ31... そう,30年以上前に撮影しているんです.当時は貴重なフィルムカメラ.1枚だけしか撮っていませんが,紛れもなくオヤ31ですね.の画像 (2枚目) がその貴重な 1枚.
当時はいい時代でした.福島に住んでいる親戚を何かの理由で訪ねて数日滞在しているとき,福島機関区だったのか,客貨車区だったのか忘れましたが,電話帳で番号を調べ,「見学させて欲しい」と連絡するだけで快諾していただけました.そして訪ねて,係員につきっきりで構内をしばらく案内していただいたのでした.これはそのときに撮影したという訳です.既に東北新幹線が大宮〜盛岡間で開業していた時代です.
Web もなく,こうした写真を撮っても '拡散' する手段は鉄道雑誌か各種のイベントしかなく,情報が広がるのも,限定的な範囲にゆっくりとでしたから,こうした対応も可能だったのでしょうね.今だと,もちろんセキュリティ上の問題という面もありますが,誰かがこうした '成果' を Web とか Instagram とかに載せてしまうとあっという間に拡散して,業務に支障が出るほどの依頼が殺到してしまうため,一律に見学依頼は断らざるを得ないでしょう.
このときはほかには,マニ36,旧客各種 (当時,あのあたりでは珍しくない存在でした),50系客車,12系客車,ED71,ED75,ED78,EF71,485系「つばさ」などを撮影させてもらっています.

私が唯一見た・撮影したオヤ 31-13 をプロトタイプとして Nゲージ製品化されたのも何かの縁.せっかくなので記念に買い求めちゃいましょう,と決断したという訳です.
冒頭で立川駅と関係ない,と書きましたが,仙フク 所属で,JR 東日本に継承されたということは,マヤ50 が登場する前に,立川駅周辺でもこれが測定した可能性は十分にありますね.

さてこれ,測定用腕木を展開した状態と引っ込めた状態との両方を再現出来ます.腕木は差し込むだけなので,どちらか選んだら変更出来ないなんてことはありません.当然,まずは見た目に派手な展開した方をセット.
インレタが付属していますので,当然オヤ3113 を転写しました.妻面の「土崎工」の標記がないのが淋しいので,クモハ50054 用に買ったくろま屋のインレタから,どうせ見えないので (^_^;「大宮工」を転写してみましたが,難しい... 綺麗に転写出来ないですね.ま,どうせ読めないので,雰囲気だけでも.
カプラーは単なるアーノルドでしたので,ひとまず,KATO カプラー N に変更しておきました.

で,これ,何に牽引させるのがいいかな... やっぱり DD51 かな? ED16 かな? East i-E で挟んでみるなんてことをしてみようかとも思ったのですが (笑),とりあえず,往時を思い起こさせる感じとして (実際にあったか判りませんが) ED16 でのプッシュプルでまずはレイアウトを周回.カメラカーの方がこいつより遙かに限界がデカいかと思ったのですがそうでもなく (オーバーハングの関係?),腕木はやはり引っかかる場所があるので,実際に走らせるときは腕木は結局外す必要がありました.


ちなみに今回も,ワールド工芸のページには上記引用のように「ご予約受付中です」とありますが,既に再生産済みで,注文してから受注メールが来るまでにもなぜかちょっとかかりましたが (地元の店には既に入荷しているというのに...),ひょっこりと送られて来ました.相変わらず,製品に型番も付いておらず,今どき,注文しても受付メールが自動応答ではなく,対応もゆるーいワールド工芸です...


ここまでの支出額 ¥1,586,843
今回の買い物
  • ワールド工芸 Nゲージ 国鉄 オヤ31 建築限界測定用試験車 "おいらん" 塗装済完成品 リニューアル品 ¥25,920
タグ:車両
posted at 00:00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
2018年08月27日 (1)

165系ジャンパ栓塗装

KATO 10-1389 クハ165-70そういえば先週末,レイアウトルームで101系 中央・総武緩行線だったか205系 武蔵野線だったかの入線作業をしているとき,クハ165-70 に取り付けたはずのジャンパ栓がひとつ,レール上に落ちているのを発見.ありゃりゃ,もう取れちゃったのかよ... その後,何かに流用出来るかなと思ってジャンパ栓の Assy パーツを別途取り寄せたので予備はありますが,それにしてももう取れましたか...

どうせ取れたのなら,せっかくなのでホース部分を塗装しましょう.もうひとつは車両に残っていましたので,これも取り外して,手持ちのつや消しブラックで筆塗りしました.そして,再度,ボンドを使って取り付け.こんな感じになりました.今までは緑一色だったので,やはり変でしたね.この方がずっと実感的です.先週末買った,101系は 10年以上前の製品にもかかわらずジャンパ栓はきちんと塗り分けられていたのに,なんで最新製品のこれは塗り分けられていないんでしょうかね... コストダウンのためなんでしょうが,どうにかして欲しいものです.


さて,上記のように,ジャンパ栓はディティールアップのために使えるかなと,ついでの折に購入したのですが,よくよく考えるとこれ,その車両に合わせて塗装しなければいけませんね.今回塗装したケーブル部分は黒で,汎用的な色なので手持ちもありますが,装着したいと思った車両ごとに塗料を揃えるのもかなりハードル高いな... せっかく買ったのだけれど,今回のように外れてしまったときの予備としてはともかく,使い切る自信がなくなって来ました...

posted at 00:00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
2018年08月26日 (7)

立川駅撮り鉄

9352M お座敷青梅 奥多摩号
9352M お座敷青梅 奥多摩号 立川駅 4番線
撮影: 立川駅 4番線
2018/08/26 18:58

今日は,189系として唯一残っている長ナノ所属の N102編成が「木曽あずさ」上りとして運転されるので,撮影に行きました.その前に,E655系を先週撮りに行ったとき,「お座敷青梅 奥多摩号」が立川駅 4番線が入線しているとき,5番線に列車が入っていない時間が 1分間だけあり,5・6番線ホームからも撮影出来ることが判ったので,まずは先週は 485系「宴」が代走した「お座敷青梅 奥多摩号」の 485系「華」の撮影からです.
先週と同じく,定刻どおりにそれぞれの列車が発着しましたので,高尾行が 5番線に入った直後に「お座敷青梅 奥多摩号」が 4番線に到着.6番線に E353系で運用の「かいじ 117号」が定刻に到着し,発車.その後,高尾行が 5番線から発車し,4番線に停まっている 485系「華」を 5・6番線ホームから見通すことが出来,無事,撮影.そのすぐあとに 5番線には立川終着・折り返しの東京行が入って来て撮影終了です.

さて次は 1時間20分後の「木曽あずさ」上り.中途半端な空き時間です... 仕方ないので,BOOKOFF を覗いたりして時間を潰しました.立川駅前の BOOKOFF は,以前は鉄道模型が結構充実していたのですが,取り扱いを縮小しているらしく,めぼしいものは今日もありませんでした.立川駅北口は諏訪神社の例大祭?で神輿が出ており,賑わっていました.あの立川駅周辺の道路を 1車線規制して神輿が練り歩くってのはすごいですね... ん? うちのレイアウトにも反映する?? などと考えながら少し見ていましたが,暑くてすぐにビックカメラ等の冷房が利いている建物内に避難 (^_^; そんなこんなで時間を潰してから再度立川駅へ戻ります.
立川駅 2・3番線には総勢 20〜30名くらいの同業者がカメラを構えていました.2番線にも 10人弱.先週 E655系が停止しているところを撮影した位置に数人の先着者がいましたので,そこで私も狙います.今日は通過じゃありませんので,先週同様,余裕でしょう.それに 6両編成ですし.
20:19 着・20:20 発のはずですが,先行する「かいじ」か何かが人身事故の影響で遅れているようで,20:23 になってもやって来ません.この待ち時間を使って念のためカメラの設定を再度確認.コンデジでは既に撮っていて,その画質を上回るものを今日は撮りたい.編成全体に出来るだけピントを合わせた写真を撮りたいので,ISO3200 にして,出来るだけ被写界深度を稼ぐため,シャッタースピードは遅めです.コンデジよりはるかに大きなセンサーのフルサイズデジタル一眼だと被写界深度がどうしても浅くなってしまうので,ISO はある程度上げざるを得ません.シャッター速度も遅くしないとダメですね.でも先週の E655系同様,どうせ立川には停車するのでこれで大丈夫です.N102 編成はまだ来ません.うーん,やばいな,2番線には 20:39 発の青梅行が,20:34 には入って来ます.2番線にはこの始発を待つ乗客がぼちぼちと並び始めています.あと 10分あるので被りはしないでしょうが,乗客がたくさん並んでしまうと,6両編成をすべて見渡すことが出来なくなります... と思っているとやっとやって来ました.ほっ.
……と思ったのも束の間.あれ? そのスピードだと目の前のその停止目標では止まれなくない? え? 通過しちゃったよ... あれれ? 一瞬,何が起きたのか判りませんでした.そう,立川駅 3番線に停車する 6両編成が停止するのはもっと先.中央線上りの 3・4番線ホームは有効長 12両,青梅線のここ 1・2番線ホームは有効長 10両.この 2番線ホームからだと,3番線に停まっている 6両編成の先頭車両はどう頑張っても見通せないのです.
トタ 所属の 189系 M50・M51・M52 編成をここで何度も撮りましたが,そういえば,停車位置に出来るだけ近くなるよう,必ず 2番線ホームの先端まで行って,減速したところをやっと早めのシャッタースピードで止めて写していたじゃないですか.今まで,こんなホーム中程でなんて撮ってない!! (苦笑)
そのままシャッターを押してもよいのですが,1/15・F8 とかの設定になっているので,どうせ被写体ぶれして止まりません.あ然と見送るしかなく... 撮影失敗(;´Д`)

先週,E655系を撮ったまさにその位置に同業者が先に来ていて何の疑いもなくそこに陣取ってしまったこと,先週の E655系の撮影パラメタが頭にあり,1か月前に撮ったときの状況をすっかり忘れていたことが失敗の原因です.家を出るときから既に,「動いているのをどう止めるか」ではなく,「止まっているものをどう綺麗に撮るか」しか考えていませんでしたからね... 勘違いって恐ろしい...
ま,被写体ぶれしていますしコンデジなので画質は悪いですが,1か月前に撮影はしているので,諦めましょう.N102 編成,今後,廃車に向けてのカウントダウンが進むと思いますから,立川駅にも同業者もたくさん来て,撮影環境も悪くなるとは思いますが,まだチャンスはあると思いますし.
いや〜,それにしてもこんな失敗するとは思わなかった.

回?M
E257系 0番台 立川駅 4番線
撮影: 立川駅 4番線
2018/08/26 21:30
回M 189系 長ナノ N102編成
189系 N102編成「木曽あずさ」返却回送 立川駅待避線
撮影: 立川駅 待避線
2018/08/26 21:45

さて最後は,撮り逃がした N102 編成が新宿まで行って帰って来る返却回送を狙います.これまた 1時間 20分後.この時間になるとさすがに時間をつぶせるお店は少なくなりますので,ここで夕飯.でも 40分くらいかけてゆっくりと食べるのがやっと.また立川駅に戻って来ます.5・6番線ホームの待合室で暇を持て余していると,4番線に E257系が回送で入って来ました.おっ? E257系は通常,主本線の 3番線にしか入線しません.4番線では一度だけ,回送として停まっているのを見かけて撮影しています.しかしそれは,3番線から来るはちおうじ日光号に乗車するためにホームで待っていたときで,5番線に回る余裕はなかったので,3・4番線ホームからの撮影になっていました.私は,出来るだけ向かい側のホームから撮影したいと思っているので,これは儲けものです.慌てて移動して撮影.今日は 5番線側から 485系「華」以外にも,車両としては珍しくありませんが,思わず E257系も撮影出来ました.今日 2回あった,1時間強の待ち時間のあいだ,ずっと駅にいればほかにも何か撮れたのかも知れませんね.でも暑くて無理だわ (^_^;

さて,思わぬ収穫を得て本当の最後となる N102 編成の返却回送.『鉄道ダイヤ情報』によれば '21:45-54 立川' とありますので,待避線に入ることはほぼ確実です.待避線であれば綺麗に編成全体を落ち着いて写し取れます (5番線ならそれはそれでよいです).先ほどは 5分ほど遅れていましたが,新宿での折り返し時間を短縮したのでしょう,定刻どおりにやって来ました.先ほどはたくさんいた同業者も定位置に 2人だけ.ゆっくりと落ち着いて撮影出来ました.今度は通過したりはしませんでした (笑).
今まで,待避線に停車中の N102 編成を撮影したことはなく,今日はこちらの方が重要度は高かったので,先ほどの撮影は失敗しましたが,こちらがきちんと撮れてよかったです.この直後,21:48 発の成田エクスプレスが入線して来ますので,E259系との並びも撮れたと思いますが,21:49 の青梅線で戻りたかったのでパス.まぁいいでしょう.

という,2勝 1敗,1つ不戦勝?という感じの 3時間ほどの撮影となりました.廃車までに 3番線に入線する N102 編成を 2番線ホームから綺麗に撮れるかなぁ?

   
posted at 00:00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
2018年08月25日 (6)

KATO 10-1498 205系5000番台 武蔵野線 (サハ205 ドア大窓) 8両セット 入線

KATO 10-1498 205系5000番台 武蔵野線(サハ205 ドア大窓) 8両セット
2635M むさしの号
むさしの号 205系5000番台 立川駅 4番線
撮影: 立川駅 4番線
2017/05/06 10:01

本日は,今週 (8/23) 発売されたばかりの KATO 10-1498 205系5000番台 武蔵野線(サハ205 ドア大窓) 8両セットです.前から予約注文していました.うまいこと木曜日発売だったので金曜日発送となり,本日届いて,早速入線させることが出来ました.2日連続の新規入線です.

立川駅で 1日数本だけ見ることが出来る「むさしの号」で使われている 205系 5000番台.KATO からは 10-223 としてかなり前に製品化されており,入手したかったのですが,古い製品のためか,生産数が少なかったためか,オークションではプレミアム価格になっていて,安いと ¥10,000 程度で落札されていることもありますが,高いと ¥20,000 くらいのお値段.当時定価 ¥17,604 の品ですから,古いことを考えると ¥10,000 以下じゃないと... (いやいや,希望としては送料込みで ¥8,000 台かな) と思います.何度か落札しようとしましたが,いずれも敗退.入手出来ないでいました.
そんなときに,若干仕様は変わったようですがリニューアル発売された 10-1498.最新の新品が送料込みで ¥13,426 であれば,ネットオークションでの中古の落札相場より安いくらいです.もちろん,注文しました.これでやっと今現在の「むさしの号」で主に使われている車両が手に入りました.近いうちに E231系が主流になってしまいそうですから,205系が主役のうちに入手出来てよかったです.

さてこの 10-1498,品番こそ最新ですが,予想したとおり,実質的には 10-223 の再生産ですね.「サハ205 ドア大窓」とわざわざ銘打っているとおり,そこだけが 10-223 との違いで,ここだけ新規に金型を起こしたのでしょう.それ以外の仕様は 10-223 とまったく一緒で,

  • 台車マウントの KATO 密連カプラー
  • 台車はねじ留め
  • LED ではない電球の前照灯/ヘッドライト
  • ホロなし
  • 分解が面倒な構造...

という前近代的仕様のままでした(;´Д`) いくら何でも手を抜き過ぎでしょ...
このように,仕様が同じままで 10-223 から改悪されている部分もないので,どうしても 10-223 が欲しいという網羅コレクター以外は,10-1498 の新品価格を超える値段で 10-223 を買う意味はないでしょうね.
8両なことがまだ救いですが,いずれにせよ定価 ¥18.144 の価値はないと思います.

気を取り直して,まずは入線整備です.いつものようにアンテナ・避雷器・信号炎管を取り付け.予備がないので飛ばすとヤバいです.ひとつ危うく紛失しそうになりました.ホロが付いていないため,仕方ないので手持ちのホロを取り付け.げ,8両ものセットで 14個も必要ですから,手持ちの在庫がなくなっちまいましたよ... とほほ.また調達しないと.
前面方向幕は,「むさしの号」を再現したいのですから当然,八王子方に「むさしの号 八王子」,国立方に「むさしの号 大宮」を装着.いちいち床下を外して,窓パーツを傷を付けたり割ったりすることを恐れながら外さないとシールが貼れないのが面倒です.
という訳で 10-223 再生産品といっていい 10-1498,分解はしづらいし,ホロも装着したのでレールに載せるまでに非常に時間がかかりました.走りは悪くないのが唯一の救いでした.

四季島の運行初日,立川駅を通過するのを撮影しに行ったときに撮影した実車画像に合わせて,レイアウトでも 4番線の東京方から撮りましたが... こんな風に撮るのが限界.これじゃ,意味ないな (^_^;

ま,それでも,むさしの号として一番走っているこの 205系 5000番台のメルヘン顔じゃない編成を手に入れることが出来てよかったです.メルヘン顔だとちょっと違うなぁと思っていたので,コレクションとしての満足度は高めです.


ここまでの支出額 ¥1,552,073
今回の買い物
  • KATO 10-1498 205系5000番台 武蔵野線(サハ205 ドア大窓) 8両セット ¥13,426
posted at 00:00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
2018年08月24日 (5)

KATO 10-255 101系 総武緩行線色 6両基本セット 入線

KATO 10-255 101系 総武緩行線色 6両基本セット毎週金曜日は入線の日 :-) 夏休みが終わった後に届いていたのは KATO 10-255 101系カナリア色です.届いたのが今週なだけで,これも夏休み中の購入.今年の夏休みは長かった割に,宇都宮に 1泊旅行しただけだったので比較的時間があり,それでも昼間は色々とやることがあるのでだいたいは忙しく過ごしましたが,夜は酒を飲みながら PC に向かっては,ぽちり,ぽちりとつい買い物をしてしまいました (^_^; その影響がまだ今週も続いているという訳です.

さてこれ,私のレイアウトにとってはより重要なはずの 101系中央線色 (朱色1号,オレンジバーミリオン.赤?) は 4両だけがセットの鉄道コレクションで集めたくせに,脇役でしかないはずのカナリアイエロー (黄色5号,マリーゴールドイエロー) がなぜ KATO の真正 Nゲージ製品で 6両もの長大編成なのか,訳判らんところではあります.101系は私にとっては過去の車両ですから,鉄コレで十分なんですが,カナリア色は鉄コレで製品化されていないので,仕方なく...
(鶴見線 3両セットってのがありますが,さすがにそれで代用するのもねぇ...)
まぁ,鉄コレではなく Nゲージの 6両セットで送料も込みで ¥5,000 未満であればよいでしょう.

そもそも 101系カナリア色が走っていた時代,中央線・総武線緩行が立川まで来ていたのかすら判然としません.南武線には間違いなく走っていましたから,今回のこれは南武線用のつもりです.って,そんなことを言い始めると 103系カナリア色も買わないとダメかな...
調べてみると,103系時代は立川までの運用があったことは確かなようです.このページに 205系の中央・総武緩行線の画像がありますが,総武線各駅停車に 205系も使われていたんですね.これも知りませんでした.

さてこの製品,10-255 ということでかなり古いのですが,デキは悪くありません.しかも,色がきちんと塗り分けられてホース部分が黒くなっているジャンパ栓も付属していますし (ユーザ取り付け),ホロもきちんと付いています.古い製品にかかわらず走りも文句なく,びっくりしました.


ここまでの支出額 ¥1,543,223
今回の買い物
  • KATO 10-255 101系 総武緩行線色 6両基本セット ¥4,588
 
posted at 00:00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
2018年08月21日 (2)

KATO 23-543 トヨタハイエースロング3 JR 東日本

KATO 10-255 101系 総武緩行線色 6両基本セット以前,JR 東日本のロゴ入りのハイエースとプロボックス入りのセットをそれぞれ 1セット・2セット買いました.本当は詰所 (保線区? 運輸区?) には JR 東日本ロゴ入りの車両だけをたくさん並べたかったのですが,4台セットで ¥1,745 もするのにうち 1台だけが欲しい JR ロゴ入りという意味不明の商品構成のため,あまり数を買えなかったものです.
オークションで,その JR 東日本ロゴ入りのハイエースのみがおあつらえ向きにバラで売っていたので,何も考えずに買ってしまいました.1台だけで ¥1,000 弱ですから,割高なんですが... 前回買ったのはハイエースが 1台だったので,これでプロボックスと同じ 2台になるのでまぁいいかと...

早速,詰所駐車場に配置.ま,実際はこんな感じで複数台,社名入り車両 (特に緊急車両) が並んでいることは多くない感じなんですけれど,まぁせっかくなので賑やかに行きましょう :-)


ここまでの支出額 ¥1,537,623
今回の買い物
  • KATO 23-543 トヨタハイエースロング3 JR 東日本 ¥920
posted at 00:00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
2018年08月20日 (1)

KATO 10-408 253系 <成田エクスプレス> 6両基本セット 入線

KATO 10-255 101系 総武緩行線色 6両基本セット今日まで夏休み.毎日が日曜日ですので,いつでも入線出来ちゃいます.そんな夏休みの最後を飾るのは成田エクスプレスとして使われていた 253系です.
立川駅で定期旅客列車として過去に見られた,新性能電車以降の電車を改めて調べてみたら,特急列車として使われた車両の数は少なく,181系・183系・189系・253系・E257系・E259系くらいだと判りました.持っていないのは 181系と 253系だけでしょうかね.181系 (1966/12/12〜1975/12/06) はあまりにも古過ぎだと思いますが,253系は 2010/06/30 まで使われていたそうで,であれば,海外出張の折に 1回か 2回,成田まで使ったはずです (まったく記憶にありませんが,少なくとも 2007年春の出張のときは往復,乗車したようです).であればまぁいいか... と購入.
購入したのは KATO 10-408 です.KATO からは 10-182/10-183 としても製品化されているほか,TOMIX からは 98653/98654/98655 として出ています.安さにつられてというか,初めにそちらをたまたま見つけたので 10-182/183 を危うく買いそうになりましたが,このくらいのお値段であれば新しい方がよいですね... 10-182/183 は N'EX ロゴがインレタでしかも別売だったようですから,手を出さない方が恐らく無難ですね.インレタが未使用で付属していても,20年とか前の製品ですからまともにインレタが転写出来るかどうか判りませんし.きれいに転写済みのものがたまたま売られていれば別ですが.

これ,オークションで落としましたが,購入以来走行回数少のままの死蔵品で,動作確認もしていないということで,もしかしたら地雷かな... と心配したのですが,無事,きちんと走行しました.レールに載せてパワーユニットの出力を上げても走り出さず,指で押したところダッシュするという状態で,冷や汗でしたが,グリス類が固まっていたのか,そうしたことは 1発目だけで,その後は緩急いずれも問題なく走っています.全速 10週程度,スケールスピードで 2時間程度の確認走行も問題なし.ほっ.
10-182 もそうだったようですが,室内灯が標準装備.ま,電球ですけれど.1両目だけがちらつきがひどいのと,室内灯が暗いので,分解して台車を無水エタノール漬けしたり,集電板などをやすりがけするなどして整備.まぁまぁな感じにはなりました.

ユーザー取り付けパーツのアンテナなどの屋根上機器もすべて取り付け,整備完了です.
……って,整備はしたけれど走らせることはもしかするともうないのか!? (^_^;


それより何より,明日,会社に本当に行けるのか心配ですね... (苦笑


ここまでの支出額 ¥1,536,703
今回の買い物
  • KATO 10-408 253系 <成田エクスプレス> 6両基本セット ¥7,980
タグ:車両 253系
posted at 00:00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
2018年08月19日 (7)

KATO 4862-1 クモ二83 800番台 横須賀色 (T) 入線

KATO 4862-1 クモ二83 800番台 横須賀色 (T)KATO 10-1389 165系「アルプス」8両セットを買い1980年代半ばの「アルプス」「こまがね・みのぶ」,「かいじ」「かわぐち」の編成を調べ,付属編成も欲しくなって結局,KATO 10-332・333 165系低屋根 6両セットを買ってしまった結果,残るのは... やっぱりこれですね (^_^;
夏休みは初日から嫁さんと宇都宮に 1泊だけですが泊まりに行き散財したのに,それ以降は家にいるものですから,ついつい買い物をしてしまいます.そしてこうして連日のように入線がある次第.

買ったのは,KATO 4862-1 クモ二83 800番台 横須賀色です.M車も用意されていますが (4861-1),10-1389 と併結するため,お安いトレーラー車の方にしました.中古で買いましたが,あまり人気はないようで,送料込みで,定価以下のお値段で買えたのでよかったですね.10-1389 との併結用には,ズバリとなる 10-1390 急行「アルプス」用事業用車 3両セットも出ていてまだ新品で買えますが,3両も要らないなってことで...

この 4862-1 は KATO カプラー密連形が付いていて,私が持っている多くの KATO の電車と連結出来ますが,肝心の 10-1339 とは連結出来ません.そこで,KATO 11-730 'KATO カプラー密連形 #2 新性能電車用 長' を購入.分解・組み立てが非常に面倒で時間がかかってしまいましたが,1エンド側だけをまずはこれに交換しました.無事,165系に併結出来るようになりました.

今回,このカプラー (敢えて「長」) を買ったのは,10-332・10-333・10-1389 で構成する165系を 12両で走らせると,12号車を先頭にしたとき,半径の小さなカーブを通過する際に 11号車が 10号車に押されて 12号車にぶつかって脱線するため,12号車 (10-1389 の 8号車,クハ165-70) と 11号車 (10-332 のクハ165-162) との連結間隔を広げたいという理由もあります.こちらは,10-332 は改造が必要だったためカプラーは接着してしまっているので今さら分解出来ません.このため,12号車としている 10-1389 に入っているクハ165-70 の後位側のカプラーを変更してみました.
早速,12号車を先頭に,1号車の後ろには 4682-1 を併結して 13両で試走.おおおぉっ... まったく脱線しません!! スムースに走ります.密連形 #2・短を密連形 #2・長に変更しても,見た目にはほとんど変わらないにもかかわらず,劇的な効果がありました.いやぁ,効果絶大.って,12号車・11号車の連結間隔をわずかに広げればよいだけなら,11号車に装着した幌を取れよという話もあるのですが (^_^;
せっかく手間をかけて装着 (接着) した幌ですし,ここだけ幌がないってのも変なので幌を外すのは避けたいと思っていました.4862-1 用に買ったカプラーに変更するだけで問題なくなれば,こんなによいことはありませんね.

さて,こうやって 10-1389・10-332・10-333・4862-1 の堂々たる合計 13両で走らせていると,ふと,気付いてみれば当たり前のことに思い当たりました.10-332・10-333 の旧製品を買ったとき,10-332 3両基本セットに入っている M車であるモハ164-861 は当たり前のように編成から外して,10-333 3両増結セットのモハ164-856 の方を 10号車として組み入れていました (モハ164 は 1両余るので).が,よくよく考えてみると,M車のモハ168-861 をここに組み入れて 2M10T にしてもよいのかも知れません.そもそも,モハ168-861 は試走すらさせていなかったのでまずは試走.相当古い製品のはずですが,無事,問題なく走りました.早速,編成に組み入れられるよう,標準のアーノルドカプラーを密連形A に交換.そして,10号車に組み入れてみました.
……ら,何の問題もなくするすると 2M で走りました.2M だからこその力強さとかスムースという感じもしませんが,悪くないです.私のレイアウトでは一部,ある部分を境に電圧がうまく伝わらず,急に電圧が変化してしまう部分があって,そこを境に急加速/急減速してしまう場所があるのですが (車両によっては問題なし),そこを通過するとき,今までよりはスムースに走るようになった気はします (この部分,そのうち改善しようと思ってはいるのですが...).

これにより,こんな編成となりました (付属編成が上りと下りとで併結位置が違うなど,細かな点は表せていません):

 ←新宿

松本→ 
 ←新宿 南小谷・松本,甲府→   ←新宿 南小谷,飯田・天竜峡・平岡,身延,河口湖→ 
アルプス
9・12号
アルプス アルプス11号
こまがね・みのぶ
かいじ かわぐち
号車 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
形式
(M)
(M)
クモニ
83-803
クモハ
165-66
モハ
164-813
サロ
165-42
サロ
165-39
サハシ
165-64
クモハ
165-72
モハ
164-819
ク(モ)ハ
165-198
クモハ
165-133
モハ
164-861
クハ
165-162
クハ
165-70
製品 10-1389 1 2 3 4 5 6 7 8
10-332 2 1
10-333 1 2
4862-1
1982/3〜 (※1982/11/15 以降はサロを 1両減車)
形式
(M)
(M)
クモニ
83-803
クモハ
165-66
モハ
164-813
サロ
165-42
サロ
165-39
クハ
165-136
クモハ
165-72
モハ
164-819
ク(モ)ハ
165-198
クモハ
165-133
モハ
164-861
クハ
165-162
クハ
165-70
製品 10-1389 1 2 3 4 6 7 8
10-332 3 2 1
10-333 1 2
4862-1

ところでこの 4862-1,外観はよく出来ていると思いますし,転がりももちろん問題ないのですが,構造が今ひとつです.上記のようにカプラーを交換するためにボディを床パーツから外そうしたら,床上と床下とが分離してしまい,前照灯/尾灯の ON/OFF スイッチ部品があっけなく転がり出ました.危うく紛失・再組み立て不能に陥りそうになりました.
床下ではなくなんと,なぜか '床上' に前照灯/尾灯のスイッチが付いており,ボディを外さないと消灯スイッチにアクセス出来ません.私の場合,上記のように併結を前提としているので,片側の前照灯/尾灯は OFF にしたい.そんなにしょっちゅう ON/OFF を切り替える訳ではありませんが,スイッチを切り替える度にこれではなぁ...


ここまでの支出額 ¥1,528,723
今回の買い物
  • KATO 4862-1 クモ二83 800番台 横須賀色 (T) ¥2,700
  • KATO 11-730 KATO カプラー密連形 #2 新性能電車用 長 ¥415
 
タグ:車両 72系
posted at 15:00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
2018年08月18日 (6)

立川駅撮り鉄

9022M (?)
クラブツーリズム '【日帰り】記念乗車証付き!千葉駅から松本駅まで往復約540kmを乗車!ハイグレード車両「和(なごみ)」で優雅に松本へ' ツアー団臨
E655系 立川駅 3番線
撮影: 立川駅 3番線
2018.08.18 18:54
9352M お座敷青梅 奥多摩号
(485系「華」冷房設備故障のため「宴」で代走)
お座敷青梅 奥多摩号 485系「宴」代走 立川駅 4番線
撮影: 立川駅 4番線
2018.08.18 18:58
2683M むさしの号
2683M むさしの号 E231系0番台 立川駅 6番線
撮影: 立川駅 6番線
2018.08.18 19:06
(不明)
E257系 立川駅 待避線
撮影: 立川駅 待避線
2018.08.18 19:11
2638M むさしの号返却回送
2638M むさしの号返却回送 E231系0番台 立川駅 4番線
撮影: 立川駅 4番線
2018.08.18 19:51

今日は,E655系「和 (なごみ)」が団臨でまた立川に来るという情報を twitter だったかでだいぶ前に得ていて,昼間あった用事も無事に時間どおりに終わって余裕があったので,立川駅へ撮影に行きました.

E655系「和 (なごみ)」は,6番線での下りは既に半年前に同じくクラブツーリズムのツアー団臨で撮影しているため,スルーです.その日,3番線での上りも撮影済みなのですが,2番線に青梅線が被っていて,2番線ホームから撮影が出来なかったため,今日はそのリベンジという訳です.
今回はツアーのページで立川駅の発時刻も下りが 7:41,上りは 18:54 と判明しており,その時間,2番線には青梅線がいないことも判っていたので,安心して撮影に行くことが出来ました.
果たして 18:53,時刻どおり立川駅 3番線に入線.前回,3番線で撮影したときは返却回送だったのですが,E655系は 5両編成にもかかわらず「特11」の停止目標位置に停止していました (回送ですが立川で数分運転停車).このため,たとえ 2番線に青梅線がおらず見通しが利いたとしても,中央線上りの 3・4番線ホームより短い,青梅線の 1・2番線ホームからは停止している E655系の先頭を撮影することは出来ず,動いている間に撮影する必要がありました.今回はきちんと (?)「6」のところに停車してくれました (旅客の乗降があるので,まぁ,当たり前と言えば当たり前ですが...).このため,シャッタースピードを気にすることなく,じっくりと撮影することが出来,思った通りの構図で撮影出来ました.無事,リベンジを果たせました.
情報さえきちんと掴むようにしていれば,(このところ特になのかも知れませんが) E655系は結構走っているのですね.『鉄道ダイヤ情報』にダイヤがほとんど掲載されないのは相変わらずですが.

で,青梅線ホーム 1番線に停まっていた青梅行にそのまま乗って帰ろうと思ったのですが,何やら 4番線に 485系「宴」と思われる車体が.うーむ,そんなもんが今日走っている訳がないのだが... 慌ててホームを移ります.確かに 18:59 発川崎行「臨時」と案内されています.5番線には中央線の車両が止まっていますが,確認すると 18:58 発とのこと.であればチャンスがあります! 上りの 3・4番線ホームではなく,下り 5・6番線ホームへ移動します.停まっていた 1727T 高尾行がちょうど発車,無事クリアになりました.こちらも停止しているのでじっくりと撮影.問題ありません.が,すぐに次の立川終着の 1803T だったかが入線して来て,「宴」は見えなくなってしまいました.ほとんど「点と線」の世界です.
で,これ,昨年までは「快速 お座敷みたけ清流号」として,今年は「お座敷 青梅 奥多摩号」として 485系「華」が使われて運行されるはずだった臨時列車でした.どうやら,「華」2号車の空調設備が故障したため,8/18・19 の 2日間は「宴」で代走することになったようです.昨年乗ったときの 4番線での「華」は,5番線に中央線が被ってしまい,5番線からの撮影は出来ていなかったのですが,今のダイヤだとわずか 1分程度ですがクリアになる時間があることが判りました.「お座敷 青梅 奥多摩号」は明日 8/19 以降だと翌週の 8/25・26 にも運行されますから,修理なった「華」狙いで来週もまた撮影に行きますかね...

で,ここまでいてしまったら,19:01 の「むさしの号」八王子行はすぐですから,当然確認します.運用調査サイトには情報が上がっていませんので,8連の停止位置で実車を待ちます... げっ (?),E231系 0番台が来ました... ついにこの目で確認です.もちろん撮影.けれど今日,なぜかピンぼけ写真を量産しており,この E231系 0番台むさしの号も歩留まりが悪く,若干とほほでした (せっかく,この後の発車直前の,車側灯が消灯していて,客もほとんどいない状態も撮影したのにそれは使える状態ではなく... うーむ,マウントをゆがめるなどしてしまっただろうか?
さぁて,今まで撮影出来ていなかった E231系むさしの号の八王子行が来てしまった以上,八王子で折り返しての返却回送がこの後数十分以内にあるのは判っています.今日,むさしの号として運行されている E231系を初めて見たということは,返却回送でこの通る 3番線 or 4番線でもまだ見たことがない訳で... スジが判りませんが,まぁ,待ってるしかないですね... という訳でさらに立川駅滞在を延長.

4番線にタキ1000 が入って来たので (牽引機は 5番線に中央線快速が被っていて見えず.でも音がどう見ても EH200) それをとりあえず撮影してみたり,待避線に E257系が入って来たので撮影.そういえば,待避線にいる E257系 0番台も撮影したことがありませんでした.珍しい車両ではありませんが思わぬ収穫です (ここで 189系は M52 編成しか撮影出来ず,M50・M51 編成を撮り逃がしたのが心残りです...).

この直後,中央線上りホームで非常ボタンが押されたようで,構内の列車非常停止警報器が全部鳴り響いてチョーうるさい状態に.4番線の貨物列車が発車したばかりだったので,5m も進まないうちにけたたましい音を立てて緊急停止.4番線で何か起きたのかな? むむ,これが大したことがなければよいけれど,ヤバいことが起きたとすると E231系の返却回送を撮れないばかりか,ヘタすると家に当分帰れなくなります... さぁて,何が起きたのか... げ,3番線には E353系がホーム端で停まっています.駅員がぱらぱらと走っているのが見えます.
結果的に大したことはなかったようで,まず下りから復旧.上りホームでの安全確認のため停止していたということで,数分後,無事全線が再開されました.

4番線の表示が「回送」となっていたので,すぐに来るかと思って待っていたのですが,一向に E231系は現れず.それから 40分くらい経ってだいぶ待ちくたびれた 19:50 ころ,やっと来ました.3番線の通過じゃなくてよかったです (いずれにせよ 3番線でも撮りたいんですが).先ほどの 6番線に続き,4番線での E231系 0番台武蔵野線色もゲット.はぁ〜,やっとこれで帰れます (^_^;


いやはや,駅にいれば色々と撮れますね.秋になって涼しくなったら,1日,ずっといて色々と撮ってみようかな.立川駅を通過する車両は (E26系カシオペアを除いて) すべて撮れましたが,すべての系列をすべての番線で撮影する '完全撮影' はまだなので,それを目指すためにも.
異常気象な今年の夏の猛暑ですが,今日はだいぶ涼しくて,1時間ほど駅にいても特に汗をかくこともなく,よかったです.

posted at 00:00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
2018年08月17日 (5)

建物コレクション 016-4 狭小住宅A-4

ジオコレ 建物コレクション 016-4 狭小住宅 A-45月に発売されたらしいジオコレ (建コレ) をひとつ買いました.今回で 4回目の発売となる「狭小住宅A」です.青梅線周回と,青梅線周回の山岳セクションとの間にある細長い土地に建物が欲しいなぁと前から思っていて,まさにこの狭小住宅がぴったりのサイズだったので.ま,奥多摩近辺をイメージしている田舎の光景の割には土地が狭くて,こんな狭小住宅が建っているのもちょっと変 (もっと古い家が本当はあるべき) なのですが,隣に既に置いている広めの農家が位置の農地を売って,建売住宅 2軒が建ちました,ってストーリーで (^_^;
今回も,ベースは使わず,地面にバラストを撒いていかにも砂利を敷きましたという感じにして,直接ストラクチャーを置いています.

ん? 何か右側が傾いているな... そのうち治しましょう.


ここまでの支出額 ¥1,526,023
今回の買い物
  • TOMYTEC 建物コレクション 016-4 狭小住宅A-4 ¥1,110
posted at 00:00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
Amazon.co.jpアソシエイト