レイアウトプラン紹介 (準備中)
2018年11月30日 (5)

KATO 10-371 JR201系 直流通勤形電車 総武線 (カナリヤ) 6両基本セット 入線

KATO 10-371 JR201系 直流通勤形電車 総武線 (カナリヤ) 6両基本セット毎週金曜日は '入線の日' :-) 今週の入線は,201系総武緩行線色です. 201系の中央快速線色のオレンジバーミリオンのものは鉄コレで揃えているのに,なぜ立川駅と関係の薄いカナリアイエローを Nゲージ製品で揃えるのか,非常に微妙なところですが... (^_^;
とはいえこれ,総額 ¥7,373 でした.一方,以前買った鉄コレの 201系は 5両で ¥3,450.これに,パンタグラフ交換,車両やカプラーを交換するための Nゲージ化,幌装着,カプラー交換して ¥6,000 以上かかっています.そんなに資金を投入しても動力なし・前照灯/尾灯非点灯なのに加え,しょぼい紙ケースです.動力を買ったら ¥8,000 を超えますね.
それなら,ふつうの Nゲージ 6両セットで ¥7,000 ちょっとの方がむしろ安いでしょ... という訳でのチョイスでした.
(ってことは,安いからと飛びついちゃった 201系鉄コレ中央線の購入は失敗だったってことだな....)

ともあれ,そうした経緯で購入した KATO 10-371 の 201系中央緩行・総武線カナリアイエロー 6両セット.M車の動きいまいち・ステッカー使用済みという新品同様品でない記載がありましたが,どうせ走らせないのですから (^_^; 安い値段であれば最悪不動でもいいやという気持ちでヤフオク!にて落札.最近,M車台車の分解方法も覚えて,M車も分解清掃することに躊躇しなくなっていますから,走らせ過ぎでのホコリの巻き込みや,集電シューの錆びによる動作不良であれば完全に復活させられる自信が出来ましたので.
果たして,届いた車両の状態は,クハ 2両の前照灯/尾灯は盛大にちらつき,というか不灯に近い状態.これは台車の集電シューを磨いただけで完璧に元に戻りました.次に本丸 (?) の M車は... 何の問題もなくするすると走りました (^_^; あれ? ぎくしゃくなんてしないじゃないですか.まぁ,確かに多少動き出しが悪い感じかな.念のため分解清掃しましたが,やはりギアは綺麗な状態で,ホコリはほとんど付いておらず.一応集電シューを磨いて完了,です.これであればお安い買い物でした.
シールは前面・側面方向幕含めすべて「三鷹」が貼られていました.「三鷹」だと立川駅まで来てくれませんので :-) 貼り替えます.残念ながら「立川」のシールはないので,「千葉」をチョイス.前面方向幕・運行幕シールは,ガラス面に直接貼られていましたので (取扱説明書でもそうしろと書いてありますが...),ガラスを慎重に外して内部に貼付しなおしました.側面方向幕は結構いい感じに貼られていたので,「千葉」と矛盾するのですが,6両全部の 12か所をやり直すのは面倒ですし,どうせ走らせませんので (^_^; そのままにしておくことにしました.そのうち暇な時間が取れたら,"今日は一日側面方向幕貼り三昧" アゲイン,と行きましょうか.
カプラーは KATO 密連形A でしたので,そのままです.

これで整備は完了.前照灯/尾灯はムギ球ですが,整備のおかげで明るく点灯し,いい感じです.

201系(カナリアイエロー) 中央・総武緩行線 千葉駅
撮影: 千葉駅 2番線
1982年ごろ

さて,実車画像.1981〜1984年あたりの撮影だと思います.撮影場所は千葉駅で間違いありませんね.黄色の 201系はこの 1枚しか撮していませんでした.当時の興味はほとんど特急形に向かっていて,ふだん乗っている通勤形なんて目じゃなかったですからね...
もうちょっと左側から撮っておいてくれって感じですが...

さてこの総武・中央緩行線用 201系を買ったのは言うまでもなく,立川駅までの運用があったかも知れない,という理由からです.101系・103系のカナリアイエローは南武線でも使われていましたから,確実に立川駅に関係するのですが,201系は南武線では使われていなかったので,201系時代の総武線が立川まで足を伸ばしていなかったとしたら無駄になってしまい,微妙なところです.この点を確認したくて,鉄道ピクトリアルの総武・中央緩行線を特集していたバックナンバーを買ったりして調べているのですが,判然としないままです.103系時代は確かに運用があったようですから,恐らく 201系時代も立川まで来ていたのではないかと思います.


ここまでの支出額 ¥1,753,599
今回の買い物
  • KATO 10-371 JR201系 直流通勤形電車 総武線 (カナリヤ) 6両基本セット ¥7,373
posted at 00:00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
2018年11月26日 (1)

JTB 時刻表 2018年12月号……となぜか飯田線の話

JTB時刻表 2018年12月号今どきは Web でいくらでも調べられますので,時刻表なんてもう何年も買っていませんでしたが,「超リニューアル号」ということで記念にと思い,JTB 時刻表の 2018年 12月号を購入しました.Web で調べられるといっても,過去の記録を見返したいときは Web だとどんどん情報が更新されてしまって不便ですからね... たまにはこうした紙媒体 (電子書籍でもいいんですが) も買って保存しておかないといけないかも知れません.

最後に買った時刻表は "1,000号記念号" だった,2009年 5月号でした.このときも節目だからということで買ったのですね.9年ぶりの購入です.
(うーむ,これ,こないだまで私の部屋に転がっていたのだけれどどこかへ行っちゃって見当たらないや... 嫁さん実家にも見当たらず.そのうち探さないと)

今回は,旅客列車が通過することのある路線を明示したという索引地図の詳細化と,使用車両形式を記載している (ことがある) という点とが大きなリニューアルポイントのようです.貨物線は,今となっては Web や Google マップなどで詳細な情報を得られる訳で,正直,あぁそうですかという感じでしかないですね.

車両形式も同様ですね.例えば「おはようライナー」が "(189系で運転)" と記載されるなど,指定席がある列車の一部のみですが判るようになっています.その割には,「スーパーあずさ」「あずさ」「かいじ」が "(新型車両で運転)" とあるのは画竜点睛を欠くというか,何というか... (苦笑)

ま,これらの点は,冒頭に書いたとおり,紙媒体である時代のスナップショットを手許に保管しておきたいという点が買った理由のほとんどで,実際に何かを知りたいという訳ではなかったので仕方ないところでしょう.

せっかく買いましたので,久々に時刻表を目的もなく眺めました.やはり,Web を彷徨うのとはまた違う楽しさがありますね.見ていたら,195.7km とそんなに長い距離ではありませんが,全線を 6時間から 7時間近くかけて走り通す普通列車が走っている飯田線の全線乗りつぶしをしてみたくなりました.
飯田線は,KATO がやけに肩入れ (?) しているので知っているという感じです.旧型国電天国だったあそこですね.夏に買った 165系急行形が,「こまがね」としてかつて新宿から直通していた路線でもあります.

飯田線大嵐駅
撮影: 飯田線大嵐駅
2008.05.01 13:00

飯田線は,10年ほど前に,浜松にちょっとしたものを見物にクルマで行ったとき,ちらっと訪れています.そのときは,中央道を西進して,三遠南信道天竜峡 IC まで行って,長野・愛知県道 1号線で浜松まで出ました.その途中,なぜか大嵐駅に立ち寄り,天竜峡行の電車を撮影しています.2時間に 1本くらいしかない電車をよくどんぴしゃに捕まえたものだと思います... 当時は鉄分が薄い時期でしたから,狙った訳ではなく,たまたま駅が近くにあることをナビで知り,行ってみたら音が聞こえたので and/or 時刻表を見たら間もなくだったので,電車が来るまで待っていた,という感じだったと思うのですが.
車両は今は既に走っていない 119系ですね.

さて,乗り鉄に話を戻して,飯田線全線乗り通しはどれくらいの難易度なのか,プランニングです.全線乗ることを前提として,時刻表から必要部分だけを抜き出してみるとこんな感じです:

上諏訪 ── 岡谷 ── 辰野 ── 豊橋 (飯田線・上り) 豊橋 ── 辰野 ── 岡谷 ── 上諏訪 ── 茅野
(飯田線・下り)
202M 204M 22M 544M 1412M214M 554M・
554G
216M 24M 562M 568M 570M 列車番号 511M 21M 225M 519M 527M 237M 531M 539M
普通 普通 特急 普通 普通 普通 普通 普通 特急 普通 普通 普通 列車名 普通 特急 普通 普通 普通 普通 普通 普通
ワイドビュー
 伊那路2号
ワイドビュー
 伊那路4号
ワイドビュー
 伊那路1号
12:31 16:1618:2418:31 20:1621:5422:48豊 橋08:1110:08 10:4213:4214:4216:42
10:15 12:5015:1116:14 16:4618:4419:40 天竜峡12:0712:24 14:1317:1618:2420:04
09:1110:0610:14 12:4813:5415:0916:13 16:4418:4219:37 12:25 12:3314:1617:1818:2720:05
08:4509:4009:58 12:2013:2514:4315:58 16:1918:1619:11 飯 田12:40 13:0214:4217:4418:5720:30
08:4309:3512:1913:2314:4015:4916:1718:0919:09 13:0414:5017:4519:1420:31
06:1606:5009:5910:5312:4313:4715:5616:46辰 野15:4217:1919:4621:2322:38
06:3709:4510:3512:2913:3515:4316:34 岡 谷15:5317:3119:5721:3422:48
09:3216:34 16:1322:48
09:2716:30下諏訪16:2022:53
09:1916:25 上諏訪16:2522:58
16:25
茅 野16:32

せっかくなので乗り換えなしで通しで乗る前提だと,辰野側から乗る場合,上諏訪 9:19・辰野 9:59発,16:16 豊橋着の 544M 一択となりますね.辰野 15:56・16:46 のもありますが,豊橋到着が 21:54・22:48 になってしまって,日が長い時期でも暗くなってしまいます.全線乗りつぶしをするのに,日没後に乗っているのは避けたいですね.
これに乗るように当日出発にするとスーパーあずさ 1号なら間に合います.でも 6時起きは辛いな... 豊橋に 16:16 に着いてそのまま新幹線で戻って来れば 21:00 過ぎには帰宅出来ますから,日帰りも可能 :-) 豊橋で 1泊して,翌日は路面電車見物でもしてからゆっくりと戻って来たいところですが.
逆も同様に,豊橋 10:42発・辰野 17:19・岡谷 17:31 着の 519M 1本しか事実上ありません.豊橋発 14:42・16:42 もありますが,辰野到着がそれぞれ 21:23・22:38 になってしまいますから.
こちらも,同じような時間に家を出れば東京経由の新幹線で豊橋まで行けちゃうんですねぇ... ひかりとはいえ,新幹線さすがに速いわ.岡谷ですぐにあずさ 30号に乗り継げて (却って,4分しか乗り継ぎ時間がなくて買い物も出来ませんが...),20:00 前には立川まで戻って来られます.この場合も,豊橋前泊でゆっくりしたいですね.

途中で乗り換えてよいのであれば,上りは辰野発 6:16・6:50・10:53・12:43・13:47,下りは豊橋発 08:11・10:08・13:42 という選択肢が増えますが,せっかく行くのに乗り換えってのも今ひとつな気がします.「ワイドビュー伊那路」全区間乗車を兼ねると考えれば,上りの 6:50・13:47,下りの 10:08 が選択肢に入りますが,前泊するとしても辰野 6:50 はあり得ないけれど (^_^; よって,ワイドビュー伊那路に乗りたいのであれば時計回り限定となりそうです.
でも,ワイドビュー伊那路に乗っても所要時間は 1時間弱しか変わらないんですね.それなら,鈍行列車の旅を楽しんだ方がよいような気もします.乗車時間は 6〜7時間ですから昼食さえあらかじめ用意しておけば問題ありませんし,トイレも車両に付いていますから (豊橋で深酒が出来るようにすることを考えれば,反時計回りの 544M にした方がいいかも).

という訳で,飯田線全線乗りつぶしは,日帰りも可能・1泊すれば余裕でぐるりと回って来られることが判ってしまいました.この記事を書いているうちに行きたくなってしまいました.いつ行こう? 行けるかな??


今回の支出額 ¥1,183
今回の買い物
  • JTB 時刻表 2018年12月号 ¥1,183
 
posted at 00:00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
2018年11月25日 (7)

今日は一日側面方向幕貼り三昧

KATO 10-1389 165系 急行「アルプス」昨日,KATO 10-312 や 10-361・363〜365 の運行番号シールを貼ったら,思った以上に綺麗に貼れていい感じになり,ほかのものも貼りたくなりました.幸い,3連休で時間もあるため今日は,夏に買った KATO 10-1389 165系 急行「アルプス」へシールを貼りました.
これ,方向幕のたぐいはいっさい印刷されておらず,非常にたくさん貼るシールがあります.買ったときには「急行」の全面幕と,ヘッドマーク,運行番号だけを貼っていました.最近,シール切り出し用にステンレスの短くてピンク (シールと見分けが容易に付くように敢えて派手な色) の定規も買って,シール切り出しがだいぶ楽になっているので,一挙に貼ってしまおうかと.
10-1389 には,

  • 号車番号札 (1両あたり 4つ)
  • 種別サボ (2つ)
  • 愛称サボ (2つ)
  • 行先サボ (2つ)

と,1両あたりなんと 10枚ものシールがあります.8両セットに全部貼ったら 80か所,付属編成 3両にも貼ると 120か所ですよっ!! いやぁ,'貼る楽しみいっぱい' ですね(;´Д`)

今回は,付属編成をどこ行きにするか決めかねているので,基本編成の 8両分だけにしておきました.1時間ちょっとかけて,8両分 80か所のシールの切り出し・貼付を終えました.何度かシールを飛ばしましたが,すべて近くで発見出来,事なきを得ました.ま,とりあえずきちんと貼れましたかね...
シールがなくてもおかしい感じはしませんが (特に側面は),やっぱり,あるといい感じに引き締まりますねぇ...

でも,これだけ苦労して貼っても,リセールバリューは確実に下がるし,そもそもこいつをあと何度レイアウトで走らせる機会があるのかと思うと... ですね.
(そうかぁ,車両を増やし過ぎて一度も走らせることなんてないやって人が,最低限のパーツも取り付けずに (TOMIX の製品だと取扱説明書が入っているビニール袋のセロテープも剥がさず) そのまま保管して,そのうちオークションに新品同様の状態で売りに出すんですね.... 私は,買った以上,最低限の整備はして手元に置いておきたいですね.で,たまに走らせるときに気になる未整備部分に少しずつ手を入れて行く感じで,完成度を高めつつ長く遊ぶ,と.今度,シール貼付前後でどれだけ違うか,走らせてみよう.たぶん全然違わないと思いますが (笑))

KATO 10-312 新103系 オレンジまだ時間 & 根気が残っていたので,ついでに,以前買って放置していたものの,このところ出番が多い KATO 10-312 新103系 オレンジです (む,4記事連続での 103系登場となりました...).クハの前面は既にシールを貼り終わっていましたが,側面方向幕がまだだったので,ペンギンモデルのものを貼付.クハには「八王子」と「新宿」を貼っていました (私の場合,走らせる方向に合わせて違う前面方向幕とする決まりです) ので,このうちの「八王子」を選択.
こちらも完璧に貼れた... はずなんですが,窓が奥まってしまい (シールの問題ではなく,ガラスパーツの精度の問題),こうやって写真を撮るといまいちな出来に見えてしまいますね.きちんと貼れてるんですがねぇ... こればかりは仕方ありません.

 
posted at 00:00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
2018年11月24日 (6)

103系冷房改造

GREENMAX 8062 AU75 クーラー装着 KATO 10-361 103系 一般形ブルー3記事連続で 103系の話題です.今週一挙 4色・16両届いた 103系.前照灯/尾灯不点灯仕様ということを知らずに買ってしまって,ちょっと残念でした.しかし,それ以上に気になったのは,非冷房車をプロトタイプとしていたこと.屋根上にはベンチレータがずらっと並んでいるだけです.これじゃ,屋根だけ見ると旧国に見えないこともないような... 101系ならともかく,私の記憶にある 103系は冷房車ではないかと... ということで,冷房車に改造することにしました.30年前ならともかく,地球温暖化が進んでいますから,今年のような猛暑だと冷房がないと熱中症患者が多数出そうですし :-)

調べてみると,どんぴしゃの型式なのかは判りませんが,グリーンマックスからそれっぽいものが出ていることが判りましたのでヨドバシ.com に注文.買ったのはそれぞれ 4個入りの AU75 と AU75G です.いずれも在庫はあったのですが,安い方の AU75G を複数注文すると到着予定日が延びちゃうので (ヨドバシ.com 用の在庫は残り 1個で,それ以上は店舗から取り寄せるのでしょう),1つだけとして,少し高いのですが AU75 を 3つ注文して合計 4セット,16個のクーラーがあっという間に注文翌日の本日,到着です.
"注文翌日" というか,注文してから 15時間くらいしか経ってないんですよね.昨日の夜中に注文して,今日の昼過ぎには到着しました.本当に便利です.わずか ¥1,500 程度の買い物なのに,送料無料で当日〜翌日配達というのが,この人手不足による送料値上げのご時世,本当に正しい姿なのか,若干気になるところではありますが...

早速,装着しました.まず,中央部のベンチレータが邪魔ですので,ひとつ外します (挿し込んであるだけなので簡単に外れます).AU75 の裏には装着用にでっぱりが 2か所ありますのでカッターで切り落としてから Gクリアで接着しました.車両は KATO 製,パーツは GREENMAX 製ということで,屋根の 'R' が合うのか心配しましたが,ご覧のとおり,違和感なく接着出来ました.いやぁ,いずれも 1/150 スケールできちんと作成されてるってことですかねぇ... すばらしき哉,日本の工業製品.

ところどころ (車両によっては) ボンドがはみ出てしまっているところもありますが,ほとんど目立たず,こんなふうに,いい感じで冷房化改造出来たと思います.ステンレスっぽく塗装しようかとも思いましたが,クーラーだけやけにキラキラしていてもどうかなと思ったのでそのまま接着.これで十分だな...


ここまでの支出額 ¥1,747,714
今回の買い物
  • GREENMAX 8062 AU75 クーラー ¥385×3
  • GREENMAX 70-6 AU75G 型集中クーラー ¥332
 
タグ
103系 車両
posted at 00:00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
2018年11月23日 (5)

KATO 10-312 新103系 オレンジ 4両セット 整備

KATO 10-312 新103系 オレンジ 4両セット昨年 6月に買った直後,前面方向幕を貼って以降,これまでほとんどしまいっぱなしだった KATO 10-312 の 103系を,先月末昨日,立て続けに出して撮影しました.このとき,前照灯/尾灯がほとんど点灯しないことに気付いてしまいました.
そこで今日は,3連休ということもあり時間が取れましたので,この 10-312 のクハ 2両を徹底的に分解整備.台車を分解して,さびが浮いていた集電シューの車両軸受け部分を精密ドライバーでごしごしと削り,車両側との接点となる部分を #2000 の紙やすりで軽くこすります.車両側も分解して床下の集電シューを同様に #2000 の紙やすりで軽くヤスることで,まったく問題なく点灯するようになりました.
走りは特に問題ない状態でしたが,ついでに M車の台車も分解して清掃.……しましたが,特に汚れもなく,分解・清掃の必要ははやり特になかったみたいです.

おかげで,通電したレールに載せるだけで,当たり前ですがこのように明るく点灯するようになりました.ついでに,昨年は "この小さなエリアのシールをきちんと切り出して貼れる自信がない" ためパスした運行番号シールも切り出して貼付しました.以前貼ったときはまだデザインナイフを買っていなかったからでしたかね... 別に,躊躇するほどの小ささじゃないと思うんだけどな (^_^;
おかげで,前面が引き締まりました.「八王子」が曲がっていることは判っているのですが,何度やっても修正出来ず... 側面方向幕も同様に,見た目を引き締めるために貼りたいのですが,面倒でねぇ... (嘆息

昨日買った KATO 10-361〜365 のクハ・クモハにも,同様に運行番号を貼り付けておきました.

posted at 00:00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
2018年11月22日 (4)

KATO 10-361・363・364・365 103系ブルー・ウグイス・カナリア・エメラルドグリーン 4両セット 一挙入線

毎週金曜日は入線の日.ですが,明日は勤労感謝の日でお休みゆえ,木曜日の本日,嫁さん実家に置いているレイアウトルームに足を運ぶことが出来ました.

本日は,103系が一挙入線です. 青梅線・南武線を走っていた車両に何があったかを『鉄道ピクトリアル』誌のバックナンバーで調べたら,青梅線には京浜東北線からの転属でのスカイブルー,山手線からのウグイス,総武緩行線からのカナリアイエロー,さらには常磐緩行線のエメラルドグリーンに至るまで,全色 (?) 走っていて,しかも混結されていたことすらあったことが判りました.南武線も同様に,オレンジバーミリオン・ウグイス・エメラルドグリーンがあったようです.
別に,そんな編成を再現しなければならない必然性はない訳ですが (^_^; 何と言いますか,つい... という感じですね.おあつらえ向きに,KATO の旧製品,10-361〜365 として出ていた 103系の 4両セットが入手出来てしまいましたので.

これらを探している間に,"JR 103系通勤電車(山手線おもしろ電車)セット" がヤフオク!で ¥15,000 くらいで落札されていました.こちらは比較的最近の製品ですから,それにした方がよかったのかどうか,迷うところです.
でもこのセットは先頭車が 2両 (スカイブルーとウグイス) しか入っていませんし,各色 2両ずつですし... 高運転台車・冷房車というのは私にとってポイントが高いですし,TOMIX なのに車番も印刷済みというのはいいのですが.

一方,今回入手したのは 4両セットが 4セットで合計 16両.1両あたりわずか ¥884 で,鉄道模型ショップのジャンク箱に入っているものより確実に安いと思われます (というか,ジャンク箱を何度か確認しましたが,これだけの両数を集められるのはいつになることやら... という感じで現実的ではありませんし,1両 ¥1,000 を切ることもない感じです).

で,届いてみて初めて気付きました.これ,前照灯/尾灯が点灯しないんですね(;´Д`)  既に KATO 10-312 新103系 オレンジ 4両セットを持っているので,今回,中央線色のオレンジパーミリオンの 10-362 だけは買いませんでした.10-311〜10-315 で既に 103系高運転台車があるのに,違うバリエーションの低運転台車とはいえ何ですぐにまた 103系を製品化したのだろうとは思っていたのですが... まさか,品番が新しいこれが廉価版だったとは思いもよりませんでした.
台車はスナップオン式,集電シューすら付いておらず室内灯を入れることも出来ない (って,入れませんが...) 本当に簡易な作りですね.お前,鉄コレかよ? という... ま,でもきちんと動力も付いていますし,このお値段ならいいですかね... 各色混成の編成を再現して走らせるときは,10-312 のオレンジを先頭車に持って来れば前照灯は点灯するのでオッケー,です (苦笑).

さて,いつものように入線前整備です.まずはカプラーから.当然にアーノルドカプラーですので,KATO カプラー密連形A に交換.これ,先頭車にもダミーカプラーではなく,ご丁寧にもアーノルドカプラーが装備されているんですよね.とりあえず密連形A にしておきましたが,ジャンパー線が延びていて間抜けです.どうするかな...
手持ちの TN カプラーか,Assy パーツで買った 165系用のカプラーを無理矢理接着して取り付けるのがよさそうですが,いずれも高価な部品をこんなところに使うのもなんだかな感がありますね.お手軽には,ジャンパ線を切ってしまうことですかね.カーブでカプラーが振れて変ですが.

幌は,ボディ色で塗装されてしまっていますが幌っぽい出っ張りが表現されており,そこにさらに幌を付けるといまいちな感じになりそうなのと,どうせ走らせませんから (^_^; 今回は省略することにしました.16両・24個の幌を装着するのはかなり面倒ですし...
動力は,20年以上前の製品にもかかわらず何の問題もなく,するすると走りました.音も静かだし,スローも効きます.これらは分解清掃の必要はなさそうです.

この製品の金型を使ってその後,「KOKUDEN シリーズ」なんてのを KATO は出していたんですね.... (そちらは 3両セットですが)
これが廉価版というのは知っていましたが,まさかその元がこの 10-36[1-5] だとは思いもよらなかった...

気を取り直して,いつの場所に順番に並べて撮影です.

KATO 10-312・10-361・10-363・10-364・10-365 山手線おもしろ電車?ついでに,KATO 10-312 も引っ張り出して来て,山手線おもしろ電車よろしく全色並べてみました.豪華 4M6T です.同じ時期の製品で揃っているため,4M でもきちんと走りました (^_^;
って,これを買った本来の目的は,南武線・青梅線での混色編成を再現するためだったのでした... 混色編成は転入直後の暫定的なものだったこともあって,記録が網羅的に残っている訳ではなく,実際にどんな編成がいつからいつまで運用されていたのかの全貌は判りません.
調べた範囲では唯一,Asian Railway Plaza というサイトが,南武線を走った 3色編成を紹介していて,3編成だけですが,車番含めた記録を掲載していました.また,こちらのサイト (サイト名不明) でも 103系列車編 南武線というページに綺麗な 3色の編成の写真が 1編成だけですがこちらも車番を含め出ていました.

出典
 ←川崎
立川→ 
123456
<>
<>
クモハ103
Mc
モハ102
M'
サハ103
T
モハ103
M
モハ102
M'
クハ103
Tc
link 54 153 759 319 475 582
link 53 152 760 319 475 509
link 55 154 766 319 475 509
link 55 154 359 321 477 510

さすがに,6両しかない南武線で,4色混色というのはなかったようですね... なお,京浜東北線色のスカイブルーは青梅線にはありましたが,南武線には入っていなかったようです.
これを見ると,編成は固定的なものではなく,ユニットごとに頻繁に入れ換えられていたようですね.

一方,青梅線については,そのものズバリの混色編成というサイト内の青梅・五日市線103系・1980年代 #5 というページで「オレンジ・緑・水色」の 3色で構成された 6両編成が紹介されているのですが,残念ながら,画像からはどういった色構成だったのかの肝心の情報が読み取れず... なお,「緑」というのはウグイスではなくエメラルドグリーンのようです.いずれにせよ,青梅線にも 3色混色編成があったのは間違いなさそうです.
また,鳳車輛製造のサイト内に,これまたそのものズバリの「混色編成の記録」というページがあるのですが,残念ながら青梅線・南武線の 3色以上の編成は掲載されていませんでした.

これを調べていて,もうひとつ困ったことが判明してしまいました.10-361〜10-365 は 4両セットで,こうなっています:

<>
クモハ103
Mc
モハ102
M'
サハ103
T
クハ103
Tc

南武線の 6両編成を再現するには M のモハ103 が足りません.むむ,どうすれば... ま,そのうち考えましょう (^_^;

中央線特別快速 103系 東京駅 2番線
撮影: 1981年ごろ
東京駅 2番線
青梅線 103系
撮影: 1983.03.06
御嶽〜東川井(信) 間

実車画像です.1981年ごろに東京駅と,1983年の春に青梅線で撮影したもの.当時は特急形へ興味が集中していましたので,通勤形はほとんど撮影しておらず,いまいちな写りのものしかありませんでした. 2枚目は,青梅線の御嶽駅付近に ED16 を撮影に行ったときの 1枚です.私は 101系・103系の区別がきちんと付かないのですが (^_^; これらは 2枚とも 103系で間違いないですよね...
それにしても,この 2枚に限らず,おしなべて発色がよくないのが残念なところです.

KATO 10-312・10-361・10-363・10-364・10-365さてこれらの製品は上に書いたように廉価版ですから,前面方向幕は印刷されていないのはもちろん,シールさえ付いていません (その意味では鉄コレ以下ですね).そこで,以前買った,ペンギンモデルのシールを気分を出すために貼ってみました.若干スケールが合わないんですが... かつ,買ったシールは中央線用なので,「奥多摩」がないのがちょっと痛い.なぜか「特別快速奥多摩」はあったので,代わりにそれを.……たぶん,時代考証を無視していますが,まぁいいや.


ここまでの支出額 ¥1,746,226
今回の買い物
  • KATO 10-361 103系 一般形ブルー 4両セット ¥3,148
  • KATO 10-363 103系 一般形ウグイス 4両セット ¥4,208
  • KATO 10-364 103系 一般形カナリア 4両セット ¥3,637
  • KATO 10-365 103系 一般形エメラルドグリーン 4両セット ¥3,148
     
posted at 00:00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
2018年11月21日 (3)

「ヱビス 日本の鉄道ヘッドマークメタルチャーム」"あずさ" ゲット

コンビニエンスストア限定 「ヱビス 日本の鉄道ヘッドマークメタルチャーム」先月から,コンビニエンスストア限定 「ヱビス 日本の鉄道ヘッドマークメタルチャーム」というのがヱビスビールにおまけで付いて来ていることはどこかで見てしっていましたが,特に興味なくスルーしていました (ビールは,飲み会のときの 1杯目としてしか飲みませんし).
別の用事で寄ったコンビニで,たまたま時間があったのであれこれ眺めているとこれが目に入りました.そういえばこんなの売るって言ってたよね,といくつか見てから,どんな種類があるのか,手元のスマホで検索してみると,「あずさ」もあることが判明.だったら買うかと,目の前の 20本くらいを順次見ていくと,奥の方に 2本,「あずさ」が付いている缶を発見.別に迷うほどのお値段ではありませんから,早速買って帰りました (350ml 缶の方がよかったですけれど...).

これ,材質は不明ですが,メタルチャームというだけあって,ふにゃふにゃしたものではないしっかりした作りで,キーホルダーとしても役立ちそうです.レイアウトルームに「鍵」があればその鍵を付けておくにはおあつらえ向きですが,和室に鍵がかかる扉なんてものがある訳もなく... かといって,嫁さん実家の鍵を付けておくのに使うのも微妙です.結局,買ったものの使い道ない感じで,まんまとサッポロビールの策略に載せられただけのようです (苦笑).

停めた 183系のヘッドマーク位置にあわせてこのメタルチャームを置いて撮影すると面白い絵になるかも,なんて思って色々とトライしてみましたが,大きさが違い過ぎてダメでした (^_^; せっかく車両を並べたのに,何したいのか判らない写真になっちまいました.とほほ.


今回の支出額 ¥332
今回の買い物
  • サッポロビール ヱビスビール 500ml缶 ¥332
 
posted at 00:00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
2018年11月16日 (5)

KATO 10-195 113系 1500番台 (横須賀線色) 8両基本セット 入線

KATO 10-195 113系1500番台 (横須賀線色) 8両基本セット毎週金曜日は '入線の日'.今日の新規入線車両は横須賀色の 113系 (1500番台) です.狙った訳ではなく,たまたま 2週連続でスカ色車両の入線です.

なぜスカ色 113系なのかと言うと... 立川駅で見ることが出来る現行の車両はほぼ集め終わったので,過去の車両もぼちぼち集めています (別に,集めないとならないことは決してないのですが...).その一環として,183系 0番台1000番台も買ってしまいました.
以前も書いたとおり,小学校〜高校まで総武本線沿線に住んでいた私にとって,中央線直通総武緩行線の黄色の 103系・201系,横須賀線直通総武快速線のスカ色 113系,房総L特急群の 183系 0番台が私の鉄道の原風景にあります.既に揃えている 183系のお供にスカ色 113系も欲しいとは前から思っていました.そんな中,安いセットがヤフオク!で見つかって,競合もなくすんなりと落とせたので,無事入線という訳です.

今回買ったのは KATO 10-195 の 113系 1500番台 (横須賀線色) 8両基本セットです.シールが一部貼付 (使用) 済みだったり,ケースに痛みがあると記されていたりと,完全品でないとの断りがありましたが,写真を見る限りそんなには悪くなさそうでしたので,思い切って落札.
付属のユーザー取り付けパーツのアンテナと信号炎管は既に取り付けられていました.シールは,前面方向幕部分のみ貼付されていましたが,付け方がイマイチだったので修正しました.問題なくリカバリ出来ました.ついでに,先頭車両だけ「千葉」の側面方向幕を貼付してみました.肝心の動力と前照灯/尾灯は,手で押さないと走り出さない & 走ってもぎくしゃく動作,ちらつく状態でした.そこで最近はよくやっている分解清掃を実施.先頭車両とM車の台車を分解し,集電シューを一部は #2000 の紙ヤスリを使いつつ磨きます.その結果,ぎくしゃく運転はまったく問題なくなり,スローから最高速まで異音もなくスムースに走りますし,ちらつきもなくなりました.
ケースは,恐らくこの時代はあったであろう隅の三角の紙がなかったり,ケース内部を覆う薄い透明プラスチック製のシートが折れていたりしますが,車両本体は無事,いい感じで走行するように整備出来ました.
古い (2000年製造?) 製品なので,カプラーはアーノルドカプラーでした.そこで,KATO カプラー密連形 A へ交換.つなげてしまえば密連形 A でも問題ない感じです.
すべての整備には 2時間くらいかかってしまいましたが,8両セットで ¥5,000円弱,1両あたりわずか ¥600 程度ですから,とてもお買い得な品物だったと思います.

先頭車+M車のみでの試走も問題ないのでフル編成にして改めてレイアウトを周回させます.小窓がずらっと並ぶのが圧巻の 2両のサロを含む 8両編成だとさすがに見応えがありますね.走らせてしまえば 113系も 115系も区別つかないだろうと 115系をまずは買っていましたが,この 8両セット,買ってよかったです.

113系1000'番台 千葉駅唯一,いまいちな点は,色ですね... スカ色は青 15号 色見本+クリーム 1号 色見本 ですが,クリーム 1号が濃過ぎる気がするんですよね... 私の記憶色としてはもっと薄いです.に載せた実車画像は,古いプリントからのスキャンのため,全体の色合い・明るさ調整を強烈に行っているので,クリーム色が記憶色よりかえって薄くなってしまっていますが,どちらかというとこちらの方が記憶色に近い色合いです.
ま,最大の問題は... これも私のレイアウトではほとんど走らせる機会が来ないだろうということですね (^_^;

さて,この実車画像は,恐らく千葉駅で 1981年ごろに撮影したもの.113系 1500番台を写したものは残念ながら残っておらず,これは 1000'番台だと思われます.この列車は横須賀線・総武快速線ではなく,内房線・外房線方面のローカル電車ですね.東京駅〜錦糸町の地下区間で使うために投入された 113系 1000'番台ですが,このように房総半島各線の普通列車で使われることも多かったようです.

このように,主に横須賀線・総武線快速や千葉以東の千葉県内各線で使われていた 113系横須賀色ですが,臨時列車として立川駅にも入線したことがあるようです.よってこれは,私が作っている '縮小立川駅レイアウト' に備えるべき形式のひとつなんです :-)


ここまでの支出額 ¥1,732,086
今回の買い物
  • KATO 10-195 113系1500番台 (横須賀線色) 8両基本セット ¥4,890
  • KATO 11-703 KATOカプラー密連形A黒 ¥336×3
 
posted at 00:00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
2018年11月15日 (4)

鉄道ダイヤ情報 2018年12月号

鉄道ダイヤ情報 2018年12月号さて,本日は唯一毎号買っている鉄道関係雑誌『鉄道ダイヤ情報』の発売日.そろそろ惰性 (惰行?) になりつつありますが,結局買っています.
撮り鉄を本分にしてしまうといくら時間があっても足りませんし,乗り越えられない技術的な壁にすぐぶつかりそうなことはそれこそ『鉄道ダイヤ情報』などに掲載されている鉄道写真を見ても判っていますので,手を出さないようにしています.私の場合あくまでも,作成している '縮小立川駅レイアウト' の資料として,立川駅での各番線に発着する車両を撮影することのみを主眼としています.このため,有名撮影地の多摩川橋梁がすぐ近くにありますし,その先には "トタS" もあったりしますが,足を踏み入れないようにしています (^_^;
立川駅での各系列×各番線での写真を撮り始めてから約 2年経って,だいぶ撮り貯められて来たこともあって,残念ながら今回も,心躍るダイヤは載っていませんでした...

本当はもっとたくさんあるはずですが,ほとんど載っていない E655系「和 (なごみ)」のダイヤが 1本だけ載っていたのが少し印象的でしたが,それだけかな... 甲種輸送も撮りに行きたいとは思うのですが,これも手を出すべきかどうか悩むところですし,多客期に向けた運行ではないため,土日じゃないことも多いので,手を出しづらいところです.西武鉄道とか東急とかの車両の回送が多いようですが,私鉄にまったくと言っていいほど興味のない私にとっては,縁遠いものばかりですし...


今回の支出額 ¥895
今回の買い物
  • 鉄道ダイヤ情報 2018年12月号 ¥895
posted at 00:00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
2018年11月09日 (5)

鉄道コレクション 国鉄70系中央東線 4両セット 入線

鉄道コレクション 国鉄70系中央東線 4両セット毎週金曜日は,その週に到着した車両を,嫁さん実家にあるレイアウトルームに持って行って入線させる '入線の日' :-) 今週も 1編成届きました.今日は鉄コレです.鉄コレの入線は約 2か月・16本ぶり.今回買ったのは「国鉄 70系中央東線 4両セット」.
立川駅を行き交う車両のうち現行のものは (一部の系列・番台違いを除き) ほとんど集め終わり,過去の車両も集め始めており,その一環です.かつて中央東線を走っていた近郊電車の旧型国電,70系ですね.

さて,早速整備です.動力ユニットは "TM-09 動力ユニット 20m級用B" が指定されていますが,もうどこでも売っていないようですね.調べると,"TM-17 動力ユニット 20m級用B2" が代用可能なようです.しかし,どうせ走らせませんし,動力ユニットは非常に値段が高いので,とりあえず購入は見送り.走行用パーツセットとパンタグラフ交換のみとすることとしました.カプラーはいつものように KATO カプラー密連形A に交換します.
さらに,いつものように「幌」を装着.なお,この製品にはユーザー取付部品はありません.

4両しかありませんので,カプラー交換・幌の取り付けをしてもそんなに時間がかからないのがうれしいです (^_^;
ん〜,せっかく整備したのに,走らないとやっぱりいまいち盛り上がりませんね... という訳であっさりと終了,です.


ここまでの支出額 ¥1,726,188
今回の買い物
  • TOMYTEC 鉄道コレクション 国鉄70系中央東線 4両セット ¥4,910
  • TOMYTEC TT-03R 鉄コレ走行用パーツセット ¥864×2
  • TOMIX 0224 パンタグラフPS13形 (ランボード付) ¥756
 
posted at 00:00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
Amazon.co.jpアソシエイト